ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

2018ドラフト12球団情報まとめ TOP  >  オリックスのドラフト情報

オリックスのドラフト情報(2017年11月)

11月28日
3位指名のNTT東日本・福田周平(動画)と入団交渉を行い、契約金6000万円、年俸1000万円で仮契約した。「仮契約を終えて改めて気持ちが引き締まりました。自分のセールスポイントは走攻守の総合力だと思いますので、その中のひとつも欠けることなく、しっかりとアピールしていきたいと思います」と話した。

11月25日
5位指名のSUBARU・西村凌(動画)と入団交渉を行い、契約金4000万円、年俸750万円で仮契約した。同選手は「キャッチャーですが、走ることにも自信があるので、走攻守でしっかりアピールして、今までにないキャッチャーになりたいと思っています。1年目からチームの戦力になり、優勝、日本一に貢献できるようにがんばります」などと話した。

11月23日
育成3位指名の飛龍・比屋根彰人と入団交渉を行い、支度金300万円、年俸250万円で仮契約した。「入団後は技術面もそうですが、まずはけがしない体づくりをしっかりしていきたいと思います。将来的には中村紀洋さんのようなホームランバッターになれるように頑張ります」と話した。

11月22日
4位指名の星槎国際湘南・本田仁海(動画)と入団交渉を行い、契約金4000万円、年俸500万円で仮契約した。オリックス・中川アマスカウトグループ長は「球の力で押すウチの黒木タイプに成長してほしい」と期待した。

11月21日
育成1位指名の三田松聖・稲富宏樹(動画)と入団交渉を行い、支度金300万円、年俸250万円で仮契約した。オリックス・谷口スカウトは「初めて見た時の肩の強さが忘れられない。試合でも何度も(盗塁を)二塁で刺していた。育成だが、すぐに支配下(登録選手)になれる力がある。楽しみな戦力」 と話した。

7位指名の大分商・広沢伸哉(動画)と入団交渉を行い、契約金2000万円、年俸480万円で仮契約した。オリックス・山口スカウトは「今後、感謝や謙虚な心を持って取り組み、球団の看板選手になってほしい」と語った。

育成4位指名の御殿場西・木須デソウザフェリペと入団交渉を行い、支度金300万円、年俸250万円で仮契約した。オリックス・牧田チーフスカウトは「これまでやってきたことを続け、下からはい上がってきてほしい」と期待した。

11月18日
8位指名のホンダ鈴鹿・山足達也(動画)と入団交渉を行い、契約金2000万円、年俸700万円で仮契約した。担当のオリックス・谷口スカウトは「走攻守三拍子そろった選手。チームに足りないところを補う選手になれる」と期待した。

11月17日
1位指名のJR東日本・田嶋大樹(動画)と入団交渉を行い、契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1500万円で仮契約した。背番号は井川と同じ29に決まり、「井川さんの名前は知っていますが、プロ野球に興味がなかったので・・・。僕は僕なので、周りは気にせず『29』は田嶋だと知ってもらえるように頑張りたい」などと話した。

育成2位指名の神戸弘陵・東晃平(動画)と入団交渉を行い、支度金300万円、年俸250万円で仮契約した。オリックス・谷口スカウトは「直球の質がいい。体をつくれば1軍でも活躍できる」と期待した。

11月16日
2位指名の日立製作所・鈴木康平(動画)と入団交渉を行い、、契約金8000万円、年俸1200万円で仮契約した。オリックス・牧田チーフスカウトは「186センチの長身から投げ下ろす角度のある直球が武器。160キロを出せるポテンシャルはある」と話した。

11月12日
来年ドラフト候補の明徳義塾・市川悠太(動画)を視察。オリックス・柳川スカウトは「高校生で140キロを投げられるサイドスローはなかなかいない。走り込んで、一冬越えてからが楽しみ」と期待した。

11月10日
6位指名の明徳義塾・西浦颯大(動画)と入団交渉を行い、契約金3000万円、年俸480万円で仮契約した。背番号は00に決まり「ゼロからという意味で、いい番号。小さい頃からイチロー選手に憧れていたので、簡単にはつけられないとは思うが、いつか51番をつけてみたい」などと話した。

4位指名の星槎国際湘南・本田仁海(動画)に指名挨拶。オリックス・中川アマスカウトグループ長は「ウチとしては高く評価していて、4位指名までよく残っていた。指名できてラッキーだと思っている。じっくり、成長してほしい投手」と期待した。

育成3位指名の飛龍・比屋根彰人に指名挨拶。オリックス・牧田スカウトは「ノリさん(中村紀洋)みたいになってほしい。まずは、支配下選手になることだけど、5年後にクリーンアップを打てる打者になってほしい」などと話した。

オリックス・福良監督は2位指名の日立製作所・鈴木康平(動画)を直々に視察。3回2/3を投げ4失点も154キロを計測し「力強い直球を投げていた」と評価。春季キャンプで先発、リリーフの適性を見極める方針を示した。

11月8日
オリックス・福良監督は3位指名のNTT東日本・福田周平(動画)を直々に視察。「足はいける。スタートも切れていたし。肩も大丈夫だし動きも悪くない。ショートの争いに入ってくれたら」と高評価した。

11月7日
育成4位指名の御殿場西・木須デソウザフェリペに指名挨拶。オリックス・牧田スカウトは「身体能力の高さ、肩の強さはすごい。オリックスのユニホームを着て育ててみたいと思った。現在はホームの体当たりが禁止されているし、でかい捕手より、俊敏性のある選手が求めれる」などと期待した。

オリックス・福良監督は1位指名のJR東日本・田嶋大樹(動画)を直々に視察。6回1/3投げ4失点KOと投球内容はよくなかったが、「力を入れた真っすぐが良かった。変化球も、どんな球種でもストライクが取れる。左打者の内角にも投げられるし、四球で崩れる投手じゃない。先発ローテ?そのつもりです」と期待した。

11月6日
来年ドラフト候補の大阪桐蔭・根尾昂(動画)を視察。オリックス・谷口スカウトは「松井稼頭央選手みたい。(投打)どちらも魅力的。時期は早いけど、根尾、藤原は1位候補でしょう」と評価した。

11月4日
1位指名のJR東日本・田嶋大樹(動画)に指名挨拶。オリックス・長村球団本部長は「まだまだ伸びしろもある。大きく育ってもらいたい。ゆくゆくは球界を代表するような投手を目指してもらいたい」と話した。

3位指名のNTT東日本・福田周平(動画)に指名挨拶。オリックス・長村球団本部長は「ガッツがあってリーダーシップの取れる選手。考え方もしっかりしているし、チームを引っ張っていける存在」と評価した。

11月3日
2位指名の日立製作所・鈴木康平(動画)に指名挨拶。オリックス・長村本部長は「東京ドームとかでも投げたけど、京セラのマウンドが一番合うと言っていた。なおさら期待できますね」などと話した。

7位指名の大分商・広沢伸哉(動画)に指名挨拶。オリックス・山口スカウトは「(一塁へ3.8秒で走った俊足にほれ込んでの指名と明かし)、走攻守三拍子そろったバランスの良さもある。2020年の東京五輪までに1軍の戦力となり、日の丸を背負うような選手になってほしい」と期待した。

11月2日
6位指名の明徳義塾・西浦颯大(動画)に指名挨拶。オリックス・柳川スカウトは「2年生の時の甲子園での満塁本塁打は強烈だった。持ち前の走攻守や肩を生かして頑張ってもらいたい」。同・内匠スカウトも「三拍子そろっていて将来が非常に楽しみ。プロでもさらにレベルアップして、チームの勝利に貢献してほしい」と期待した。
[ 2017年11月28日 21:20 ] カテゴリ:オリックスのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

オリックスのドラフト情報(2017年10月)

10月28日
来年ドラフト候補の倉敷商・引地(動画)をオリックス、阪神などのスカウトが視察。同投手はこの日最速144キロをマークするなど来年の注目選手に挙げられている。

10月27日
26日にドラフト会議が行われ、オリックスは以下の選手を指名した。

オリックス・バファローズ
1位田嶋大樹(JR東日本・投)動画
2位鈴木康平(日立製作所・投)動画
3位福田周平(NTT東日本・内)動画
4位本田仁海(星槎国際湘南高・投)動画
5位西村凌(SUBARU・捕)動画
6位西浦颯大(明徳義塾高・外)動画
7位広沢伸哉(大分商高・内)動画
8位山足達也(ホンダ鈴鹿・内)動画
育1稲富宏樹(三田松聖高・捕)動画
育2東晃平(神戸弘陵高・投)動画
育3比屋根彰人(飛龍高・投) 
育4木須デソウザフェリペ(御殿場西高・捕) 


▼ドラフト後のオリックス・福良監督のコメント
「(1位抽選に勝ち)うれしいよりホッとした。ウチは先発の枚数が足りない。田嶋投手にはそこを期待している。即戦力と考えている。ローテに入って1年間、フルに働いてもらいたい」


10月26日
JR東日本・田嶋(動画)を1位指名することを公表。オリックス・長村球団本部長は「うちは先発ローテの一角を任せられる投手というのが補強ポイント。左右を問わず、最高の評価をしている。(指名は)揺るぎませんので、公言します」などと話した。

10月25日
スポーツ報知は、オリックスが御殿場西・木須を隠し玉としてリストアップしていると報道。記事によると、球団関係者は「高卒の捕手を獲得して育成しないと。捕手は何人いてもいい」と、育成も含め複数の捕手指名をめざしているとのこと。

10月24日
日刊スポーツは、オリックスがトヨタ自動車・藤岡(動画)を野手の指名リストの最上位にリストアップしていると報道。課題の二遊間強化を図れる存在として検討しているそうだ。

10月22日
日刊スポーツは「Bs、田嶋1位確定」とタイトルを打ち、「オリックスが今秋ドラフトの1位指名をJR東日本・田嶋(動画)に決めたことが21日、分かった」と報じた。

岡山商大・近藤(動画)を視察。オリックス・柳川スカウトは「上位候補であることは間違いない」と評価した。

明治大・斉藤(動画)に全12球団から調査書が届いていることが判明。オリックス・長村球団本部長は「角度のあるボール。スライダーで横の幅も使えているし、チェンジアップなどで緩急も使えている。左では田嶋(JR東日本)、東(立命大)と並んで上位」とコメントした。

10月19日
オリックス・宮内オーナーはドラフト戦略について「意見を差し挟む余地はない」と前置きしつつ「現状からいくとピッチャーですね。おそらく必要なんだろうなと思う」と話し、早実・清宮(動画)の指名回避が決定的に。ドラフト1位はJR東日本・田嶋(動画)ら即戦力投手に絞り込むことが濃厚になった。

10月16日
日刊スポーツによると、オリックスはBCリーグ新潟・渡辺(動画)をリストアップしているもよう。同投手は技巧派の変則左腕で、オリックスの補強ポイントにも合致するものと思われる。

10月14日
3日連続でスカウト会議を開催。今回はオリックス・福良監督も加わり、JR東日本・田嶋(動画)早実・清宮(動画)ら約30人の映像を確認。同監督は「投手も野手も良い選手はいる。何人取るかを含めて本部長に任せている」と説明。長村球団本部長は、「上位候補には面白い選手はいる。しっかり戦略を立てて、やっていく」と話した。

10月13日
2日連続でスカウト会議を開催。オリックス・長村球団本部長は1位候補を5名程度に絞ったことを明言。JR東日本・田嶋(動画)立命大・東(動画)履正社高・安田(動画)らが入っているもようで、同部長は「球団としての選手のランク付けは終わった。明日(13日)は福良監督に上位候補のビデオを見てもらう」と話した。

スポーツ報知によると、オリックスはNTT東日本・福田(動画)をリストアップしているもよう。記事によると、球団関係者が「競わせたいけど、選手が足りない」と話すなど、二塁、遊撃が手薄で、トヨタ自動車・藤岡(動画)日立製作所・田中(動画)奈良学園大・宮本(動画)らもリストアップしたとのこと。

スポニチによると、オリックスはBFL兵庫・田中(動画)を下位で指名する可能性があるとのこと。

日刊スポーツによると、オリックスは大分商・広沢(動画)の下位指名を検討しているもよう。記事によると、守備面の評価が高く成長すれば明豊(大分)出身のソフトバンク今宮のような存在にと期待しているようだ。同じく真颯館・高木(動画)もリストアップ。

10月12日
スカウト会議を開催。大学生、社会人選手の評価付けをし、すでに終えている高校生の評価と合わせ約80人をリストアップ。オリックス・長村球団本部長は「指名人数や補強ポジションなどはこれから考えていく」早実・清宮(動画)については「良い選手と分かっているし1位評価。当日まで煮詰めていく」とし、指名の公言についても「うちは当日まで公言できないでしょう」とまだ何も決まってないことを強調した。

サンケイスポーツは、オリックスが独立リーグ・滋賀ユナイテッドの山本捕手(動画)を今秋のドラフト指名候補に入れていると報道。記事によると視察した球団関係者が「うちは絶対的に捕手の数が少ない。若くて魅力的」と話しているとのこと。同チームの泉外野手(動画)もリストアップしているもよう。

10月10日
広陵・中村(動画)を視察。オリックス・柳川スカウトは「打撃だけじゃなくて肩も足もあるし、視野も広い。今年のアマチュア全体でナンバー1の捕手という評価は変わらない」とコメントした。

10月9日
広陵・中村(動画)を視察。オリックス・柳川スカウトは「こんな捕手はしばらくは出てこない」と高評価した。

10月8日
慶応大・岩見(動画)を視察。オリックス・由田スカウトは「当たればホームラン。広角に一発を打てて、夢を見せられる選手」と評価した。

10月3日
早実・清宮(動画)と面談。オリックス・長村球団本部長は「こちらから育成方針、環境などを話しました。清宮君から質問はなく、ポスティングの話などはしていません」と説明した。

10月2日
オリックス・長村球団本部長は早実・清宮(動画)の将来的なメジャー挑戦におけるポスティングシステムの利用について「(清宮との面談で)話を聞いてみないと分からないこともある。要望を聞いた上で、全て前向きに検討する」とコメントした。

10月1日
明治大・斉藤(動画)を視察。オリックス・長村球団本部長は「左ではJR東日本・田嶋、立命大・東と並んで上位に入ってくる」と高く評価した。
[ 2017年10月28日 15:26 ] カテゴリ:オリックスのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

オリックスのドラフト情報(2017年9月)

9月22日
オリックス・長村球団本部長は早実・清宮(動画)について「指名するかどうかは別にして、いい選手であることは間違いない。高校生離れしている」とコメント。

それに関してサンスポは「オリックスは清宮と同じ一塁手が多く、補強ポイントとは合致しない。JR東日本・田嶋(動画)ら即戦力投手を中心にリストアップしている」と報道した。

9月21日
スポニチはオリックスのドラフトについて、「即戦力左腕の補強は緊急課題で、JR東日本の最速152キロ左腕・田嶋(動画)らが有力候補となりそうだ」と報道した。

9月20日 
日刊スポーツは、オリックスはドラフト上位指名を投手優先にする方針と報道。記事によるとチーム関係者が『特に左投手が欲しい』と補強ポイントを挙げたとし、JR東日本・田嶋(動画)立命大・東(動画)らを軸に検討していくとのこと。

9月4日
立命大・東(動画)を視察。オリックス・長村球団本部長は「即戦力になる。左ではトップレベル」と高評価した。
[ 2017年09月22日 19:43 ] カテゴリ:オリックスのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

オリックスのドラフト情報(2017年8月)

8月27日
広陵・中村(動画)を視察。オリックス・中川アマスカウトグループ長は「対応力が高い。ヘッドの使い方が上手だし、木製に合っている」とコメントした。

8月18日
広陵・中村(動画)を視察。オリックス・柳川スカウトは「大舞台でこれだけ打てるのは、それだけの力があるということ。こんな捕手は本当に、いない。アマチュアの中でナンバー1捕手。(2本塁打した)1試合目で、(評価は)12人の中に入っているんじゃないですか」と高評価した。

8月17日
スカウト会議を開催。オリックス・長村球団本部長は、今秋ドラフト候補の高校生を早実・清宮(動画)履正社・安田(動画)約50人に絞り込んだと説明した。

8月12日
広陵・中村(動画)を視察。オリックス・長村編成部長は「リストが利いたパンチ力のある打撃が魅力。肩も強いし、足もあるし、フットワークもいい、高校トップクラスです」

オリックス・柳川スカウトも「1年生のときから見てきましたが、逆方向(右方向)への本塁打は初めて。今年のアマチュアの中で1番の捕手」と高評価した。
[ 2017年08月27日 18:08 ] カテゴリ:オリックスのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

オリックスのドラフト情報(2017年7月)

7月27日
市立西宮・山本(動画)を視察。オリックス・長村本部長は「全身を使ってあれだけの球が投げられるのは大したもの。下半身が強い」と高評価した。

7月20日
金沢西・柳橋を視察。オリックス・由田スカウトは「低めのスライダーのコントロールがいいので、高校生は手こずるだろう」と高評価した。

7月17日
星槎国際湘南・本田(動画)を視察。オリックス・由田スカウトは「状態が上がってきた。伸びしろがあるし楽しみ。うちで言えば黒木のようなタイプ」と高評価した。

三田松聖・稲富(動画)を視察。スカウト評なし。

7月15日
霞ヶ浦・遠藤(動画)を視察。オリックスの牧田チーフアマスカウトは「堂々としたマウンドさばきだった。あの体のバランスは育てたい素材」と高評価した。

履正社・安田(動画)を視察。オリックス・中川スカウトグループ長は「勝負しにきたら、きっちり仕留められる。最初の12人じゃないと厳しいでしょう」と高評価した。

7月10日 
真颯館・高木(動画)を本気モードの4人態勢で視察。オリックス・長村球団本部長は「しっかり振れているし、しなやかさがある」と高評価した。
[ 2017年07月27日 11:59 ] カテゴリ:オリックスのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
ドラフト投票
リンク
QRコード
QR