ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

2018ドラフト12球団情報まとめ TOP  >  中日のドラフト情報

中日のドラフト情報(2018年1~2月)

2月24日
日本体育大・松本航(動画)同・東妻勇輔(動画)を視察。中日・松永編成部長は「松本くんはコントロールが良くてゲームをしっかり作れる。東妻くんはパワー系。2人ともこの時期にケガなくこれだけ投げられたら十分」と話した。

1月25日
中日のドラフト戦略について中日・西山球団代表は「地域に密着した、地域の皆さんに愛される球団にならなければいけない、ということは全体の大方針としてあらためて求めている。今までも軽視してきたわけではないが、地元の逸材は逃さない、という姿勢を再確認し、着手している。昨年のドラフトはその意志を明確に示すよう取り組んだ。今年は中部地区担当のスカウトも1人増員した。編成部門の組織改革を図ったのもその一環」と話した。

1月24日
東邦・扇谷莉(動画)について中日・中原スカウトは「バランスのいいフォームから切れのある球を投げる。伸びしろを感じる」とコメントした。

1月8日
大阪商業大・太田光(動画)を視察。中日・米村スカウトは「勝たせるすべを知っている頭脳派。古田(元ヤクルト)クラスかな」と高評価した。

1月7日
スカウト会議を開催し、約40人をリストアップ。中日・松原編成部長は「地元出身、東海地区の選手が多め。地元にいい選手があれば、よそに取られることなくうちで活躍してもらい、地元に愛されるチームにしたいというのは、オーナーも社長も言われていること」と、地元重視を強調。

中日・米村チーフは「出身も含めて東海地区と言う中には、岐阜県飛騨市出身の大阪桐蔭・根尾(動画)も入っているし、大学なら名城大・栗林(動画)の評価が高い」と2選手の名を挙げた。

 1月6日
柿木蓮(動画)横川凱(動画)根尾昂(動画)山田健太(動画)藤原恭大(動画)ら今秋ドラフト候補がそろう大阪桐蔭高が始動。阪神、中日、ヤクルト、オリックスの4球団が視察した。

1月1日
中日は今秋ドラフトで大阪桐蔭・根尾昂(動画)を獲得できた場合、二刀流で育成していくプランがあることが判明。中日・中田スカウト部長は「本音で言うと、(投手も野手も)両方いける。最終的には本人次第だが、当然(投打の)2つともやらせたいというのがある。(野手なら)遊撃手。中学時代からずっと注目していた。ぜひともプロを志望してほしい」と話した。
[ 2018年02月24日 13:34 ] カテゴリ:中日のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

中日のドラフト情報(2017年12月)

12月31日
日刊スポーツによると、中日は名城大・栗林良吏(動画)を密着マークしていくもよう。記事によると、中日・中田スカウト部長は「今年もそうだったけど、素材がよく、地元志向というのは来年も変わらないと思う。(岐阜出身の)大阪桐蔭・根尾もそうだけど、名城大・栗林もその一人」とコメント。担当の清水スカウトは「おもしろい選手。順調に成長してきた。大きなケガがなく、ずっと投げられていることが一番評価できる」と話した。

12月28日
中日は来年からスカウト部と編成部を統合することが分かった。西山球団代表は「これまでプロ、アマに分かれていた編成部門を一つにまとめる。有機的に選手調査をするとともに、情報を一本化することが目的」と説明。中田宗男スカウト部長は、編成部のアマ部門を統括する「スカウトディレクター」に就任する。また地元の中部エリアのスカウトを2人から3人に増員することも決まった。

12月12日
来年ドラフト候補の大阪桐蔭・根尾昂(動画)をマークしていくことが判明。中日・中田スカウト部長は「高山(岐阜)の子だし、スピードもある。うちとしては欲しい選手に間違いない。中学から見ているし、いい選手だということは分かっている。松井稼頭央みたい。打球を飛ばすことができる」と話した。
[ 2017年12月31日 19:32 ] カテゴリ:中日のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

中日のドラフト情報(2017年11月)

11月20日
1位指名のヤマハ・鈴木博志(動画)と入団交渉を行い、契約金1億円(プラス出来高5000万円)、年俸1500万円で仮契約した。「抑えが好きだし、セーブのタイトルを取りたい」とクローザーに意欲を示した。

11月18日
6位指名の市西宮・山本拓実(動画)と入団交渉を行い、契約金2500万円、年俸550万円で仮契約した。6位という下位指名について「下からはい上がれという神様からのメッセージ」などと話した。

11月17日
5位指名の中京大中京・伊藤康祐(動画)と入団交渉を行い、契約金3000万円、年俸550万円で仮契約した。「荒木選手に話を聞きたい。二塁走者のときの打球判断が難しい。最短距離でベースを回るコツも教わりたい」などと話した。

11月16日
3位指名の滝川二・高松渡(動画)と入団交渉を行い、契約金5000万円、年俸600万円で仮契約した。「1億円は稼いでみたい金額です。25歳くらいまでに到達してみたい」などと夢を語った。

11月12日
来年ドラフト候補の中央学院・大谷拓海(動画)を視察。中日・佐藤スカウトは「体に力がある。ひと冬越えて、どうなるか」と期待した。

11月11日
4位指名の花咲徳栄・清水達也(動画)と入団交渉を行い、契約金4000万円、年俸600万円で仮契約した。同投手はプロ入りに向けて高校時代からの「1キロ飯食トレ」を継続すると話した。

中日・白井オーナーはヤマハ・鈴木博志(動画)を1位指名したことについて、「浜松で静岡の販売店の総会があった後、販売店主が次から次へと来て『ヤマハの鈴木知っとるか。彼はナンバーワンだから、ぜひ指名してほしい』と。それで帰って聞くと『すごいピッチャーです。とらせてほしい』。とらせてほしいじゃなく、何が何でもとれと言ったんだ。ただ、誰が一番だと聞くと『中村(広陵高)にしたい』と言う。ウチはキャッチャーがいないから。ところで、鈴木はどうするんだと聞いたら『外れ1位でとりたい』と。それなら言うことはない。中村が外れたのは想定外だが、まあ予定通りということなんだよ」などと話した。

11月10日
2位指名の青藍泰斗・石川翔(動画)と入団交渉を行い、契約金6000万円、年俸700万円で仮契約した。中日・中田スカウト部長は「力強さとしなやかさを備えた、類いまれな素材。しっかり体をつくり、エースとして10年活躍してほしい」と期待した。

11月8日
3位指名の滝川第二・高松渡(動画)に指名挨拶。中日・中田スカウト部長は「ナゴヤドームは広いし、とにかく走り回れる選手が欲しかった。走力はプロでも10年に1人出るかどうか」と評価した。

6位指名の市西宮・山本拓実(動画)に指名挨拶。中日・中田スカウト部長は「(今夏の兵庫大会準々決勝の)報徳戦で初めて生で見て衝撃を受けた。バッターに向かう姿勢がいい」などと話した。

11月7日
育成2位指名の龍谷大・石田健人マルク(動画)と入団交渉を行い、支度金200万円、年俸300万円で仮契約した。中日・米村スカウトは「底知れぬ素質がある。大化けするかも」と期待した。

11月6日
育成1位指名の四国IL徳島・大蔵彰人(動画)に指名挨拶。入団交渉も行われ、支度金200万円、年俸300万円で契約合意した。同投手は「支配下契約してもらうために貪欲にやっていきたい」などと話した。

11月3日
5位指名の中京大中京・伊藤康祐(動画)に指名挨拶。中日・中田スカウト部長は「打撃にパンチ力があるし、肩も足もある。セカンドも守れるけど、センターというポジションが適任。レギュラーで長くやってくれると思っている」と期待した。

中日スカウトの石井昭男氏が打撃コーチに転身。同氏は「ほとんどの選手を知っている。僕らが見て、入れたんだから(見る目に)自信を持っている」とメリットを強調。また「入団時よりうまくなっている感覚があまりない。ソフトバンクの選手を見ると野球を素直にやっている。中日はみんな同じ形になっていて、個性がない。コーチの問題ではなく、本人のとらえ方の問題。考えすぎて、反対の方にいってしまうことが中日では多々ある。何がよくて獲得したかを本人に言ってあげたい」と話した。

11月2日
来秋ドラフト候補の日本体育大・松本航(動画)を視察。中日・佐藤スカウトは「横の角度があるし、直球もスライダーも低めに集められる」と評価した。

2位指名の青藍泰斗・石川翔(動画)に指名挨拶。中日・中田スカウト部長は「石川投手は力強さとしなやかさを兼ね備えていて、無限の可能性がある。本人が言うように日本のエースに育って欲しい」などと話した。

11月1日
4位指名の花咲徳栄・清水達也(動画)に指名挨拶。中日・中田スカウト部長は「力でねじ伏せられる野茂英雄のようなタイプ。ウイニングショットであれだけのフォークを投げられる投手は、他にはいない。将来的に球界を代表する投手になる素質は、十分にある」と評価した。
[ 2017年11月20日 14:06 ] カテゴリ:中日のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

中日のドラフト情報(2017年10月)

10月28日
1位指名のヤマハ・鈴木(動画)に指名挨拶。中日・森監督は「いの一番でなくてごめん。残っていてくれてありがとうと伝えた。きれいなフォームだし、伸びしろはまだまだある。もっと速くなる。本人も160キロを目指すと言っているしね。後ろ(抑え)をやりたいという人はなかなかいない。やりたいならやらせましょう」などと話した。

10月27日
26日にドラフト会議が行われ、中日は以下の選手を指名した。

中日ドラゴンズ
×中村奨成 
1位鈴木博志 (ヤマハ・投)動画
2位石川翔 (青藍泰斗高・投)動画
3位高松渡 (滝川二高・内)動画
4位清水達也 (花咲徳栄高・投)動画
5位伊藤康祐 (中京大中京高・外)動画
6位山本拓実 (市立西宮高・投)動画
育1大蔵彰人 (四国IL徳島・投)動画
育2石田健人マルク (龍谷大・投)動画


▼ドラフト後の中日・森監督のコメント
「全ポジションほしいんだけど、捕手か投手かと最後まで考えた。鈴木は競合すると思っていた。体が大きくてスピードボールを投げられるのが魅力。若い人たちにはどんどん伸びてほしい」


10月26日
スカウト会議を開催し、広陵・中村(動画)を1位指名の本命とする基本方針を固めた。ただしドラフト当日、ヤマハ・鈴木(動画)の一本釣りが確実と判断されれば「もう一度話し合う余地はある」(中日・中田スカウト部長)。中日スポーツによると、当日の朝ぎりぎりまで可能性を探るとのこと。

また中京大中京・伊藤(動画)を育成を含めて指名を検討していることが判明。記事によると6球団から調査書が届いたとのこと。

日刊スポーツによると、中日はドラフト2位候補に九州学院・村上(動画)花咲徳栄・西川(動画)を挙げているもよう。

スポーツ報知は、市立西宮・山本(動画)を中日の隠し玉とし、下位指名を検討していると報道。同紙によると八重山商工・平良(動画)もリスト入りしたもよう。

10月24日
慶応大・岩見(動画)について中日・石井チーフスカウトは「守備は試合に出ていれば慣れる。我慢して使えば、すぐに30~40本打てる」と評価した。

10月23日
龍谷大・石田(動画)四国IL高知・西川(動画)を育成枠で獲得を検討していることが判明。石田は東邦高出身、西川は大府高出身と、ともにご当地選手。

10月22日
仙台大・馬場(動画)を視察。中日・石井チーフスカウトは「(ストライクを取る)引き出しを2つ、3つ、持っている。アマの投手ではなかなかいない」と評価した。

10月21日
中央大・鍬原(動画)を視察。中日・正津スカウトは「直球の力はある。上位候補」と評価した。

10月20日
岐阜経大・与座(動画)について中日・清水スカウトは「制球力に優れたものがあって、プロの世界でも活躍できる。左打者への変化球を磨けばもっと良くなる」とコメントした。

10月19日
菰野・岡林(動画)に中日など5球団から調査書が届いていることが判明。中スポによると、同投手はドラフト指名漏れした場合に備え、地元の社会人チームへの入社が内定しているとのこと。

10月18日
慶応大・岩見(動画)を視察。中日・中田スカウト部長は「今回、足が速い選手が求められているが、一発のある選手となれば文句なしに岩見君だね。ストライクは100%打ちにいくが、ボールには手を出さない。打率もよくなり、変化球を打てている」と高評価した。

10月14日
中日・森監督が白井オーナーへドラフトの中間報告。同オーナーは、「くじ引きになって外れたときに、どういう手を打つのか、など、いろいろ聞かせてもらった」と話した。

10月13日
スカウト会議を開催し、ドラフト1位候補を早実・清宮(動画)広陵・中村(動画)ヤマハ・鈴木(動画)JR東日本・田嶋(動画)青藍泰斗・石川(動画)の5人に絞った。中日・中田スカウト部長は「現段階では方向性を決めただけ。(この中から指名することは)間違いない」。また同部長は個人的な評価として「俺は鈴木(ヤマハ)。救援だけでなく、先発でも9回に150キロが簡単に出る。ポテンシャルが高い」とし、石川については「単独指名を狙うなら推したい」と力説した。

10月12日
日刊スポーツは、中日が早実・清宮(動画)の指名を回避する可能性が浮上したと報道。記事によると中日・森監督は「今騒がれている素晴らしい人(清宮)がいるが、まだ(候補選手の)全員を見たわけではない。スカウトがどう思っているのか。球団の意向もある。現場の意見は言わせてもらいながら、最終的には(ドラフト会議)前日に決めると思う」と含みをもたせたとのこと。清宮回避なら新たな1位候補としてヤマハ・鈴木(動画)の名前が浮上する・・・としている。

10月10日
立命大・東(動画)を視察。中日・中田スカウト部長は「本来は右打者の懐にどんどん直球を投げ込んでくる。きょうは状態が良くない中、いろいろな球種を使っていた。安定感がある。間違いなく1位候補。12人の中に入ってくる」と高評価した。

日刊スポーツは中日が中京大中京・伊藤(動画)を指名する可能性があると報道。記事によると「昨年は東邦のエースだった藤嶋を5位で指名。2年連続で地元の逸材獲得に動く」とのこと。

10月8日
慶大・岩見(動画)を視察。中日・佐藤スカウトは「前で飛ばせるようになった。山崎武司さんみたいになってほしい」と評価した。

東大・宮台(動画)を視察。中日・佐藤スカウトは「バランスを意識して投げている。終盤はバテていたけれど、リラックスして安定した投球だった」と評価した。

10月4日
中央大・鍬原(動画)を視察。中日・中田スカウト部長は「決め球のシンカーは上(プロ)でも通用する。1位指名の可能性もある」と高評価した。

中京大中京・伊藤(動画)がプロ志望届を提出。中日スポーツによると地元・中日など複数球団から進路について問い合わせが届いているとのこと。

10月3日
早実・清宮(動画)と面談。中日・中田スカウト部長は「チームがこういう状況なので清宮君の力がどうしても必要です」と熱いラブコール。育成プランについては他球団のように資料は用意せず「出てくる選手は自力で上がってくる。必要なのは、精神面の強さと豊富な練習量。それを持っているのが君だよ」と話したとのこと。

10月2日
中央学院・大谷(動画)を視察。中日・佐藤スカウトは「来年の千葉の注目選手」と評した。

10月1日
明大・斉藤(動画)を視察。中日・佐藤スカウトは「左で先発もできることがわかり、評価が上がり、(今秋ドラフトでは)上位候補でしょう」と分析した。

早実・清宮(動画)が将来的なポスティング制度でのメジャー挑戦を希望していることについて中日・西山球団代表は「最初からダメですというつもりは全くない」と語り、近日中に行われる面談で事実上ポスティングOKを提示するもよう。
[ 2017年10月28日 14:55 ] カテゴリ:中日のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

中日のドラフト情報(2017年9月)

9月30日
日刊スポーツによると、内野手の奈良学園大・宮本(動画)国学院大・山崎(動画)を上位指名候補にリストアップしているもよう。中日球団関係者が奈良学園大学関係者に「状況によるけど、上位指名もある」と漏らしているという。それに関して中日・正津スカウトは「二塁手が空いている。京田は来年もやってくれると思うし、二遊間が固まれば」とコメント。

広陵・中村(動画)がプロ志望届を提出。中日スポーツによると、中日は担当の音スカウトが10月3日に広陵高を訪問し、中井監督を通じて調査書を手渡す予定とのこと。中日・音スカウトは「捕手としての能力、資質は変わらず高く評価しています」とコメントした。

9月29日
中日スポーツによると、ハズレ1位に青藍泰斗・石川(動画)が浮上しているもよう。担当の中日・正津スカウトは「スピードボールを低めに投げられるのが素晴らしい。変化球も多彩で三振を取れる。強さと柔軟性を兼ね備えていて、まだまだ伸びる要素がある。ポテンシャルを考えれば12人に入ってくるでしょう」とコメントした。

9月28日
来週中にも早実・清宮(動画)と事前面談を行う模様。中日・中田スカウト部長は「(面談に)行くということは、ドラフト1位の最有力候補の1人と受け止めていただいて構いません。誠心誠意、答えられることは説明していきます」とコメントした。なお中日スポーツによると、中日はポスティング制度の適用を入団前には確約しないとのこと。記事によると、「コンプライアンスの観点からもポスティング容認を指名や入団の条件にするのは問題だ。竜としては特Aという高い評価と熱意を伝え、施設面や育成面を含め、提示できる内容を実直に伝えるほかないということだ」・・・とのこと。

9月27日
慶大・岩見(動画)を視察。中日・石井スカウトは「タイミングの取り方がよくなり、山崎武(元中日)のようになった。いずれは50本打てる選手。ドラフト会議では2位では取れないかもしれない」と高評価した。

埼玉栄・米倉(動画)を視察。中日・正津スカウトは「角度があって腕の振りより球が走る。来年は注目されるでしょう」とコメントした。

9月25日
早実・清宮(動画)の獲得指令を出していた中日・白井オーナーは広陵・中村(動画)について「チーム内にはいろんな意見がある。(手薄な)キャッチャー優先で考えるべきと。両方とも捨てがたいな」と中村も1位候補に浮上していることを認めた。

慶応大・岩見(動画)を視察。中日の石井スカウトは「何かしでかしてくれそうな期待を持たせる選手」と評価した。

9月23日
早実・清宮(動画)がプロ志望を表明したことについて中日・白井オーナーは「欲しんだけども、もう1人いるからな」広陵・中村(動画)にも興味。

中日・西山球団代表は清宮を「特Aの評価。何年かに1人の選手であることは間違いない。もし最終決定することになれば、よそと競合してもそう(入札)する」と話すも「まだ(清宮に)最終決定したわけではない」と強調した。

9月15日
JR東日本・田嶋(動画)を視察。被安打3、失点1で完投した投球に中日・中田スカウト部長は「打者は球を絞り切れない」とコメントした。

9月14日
中央大・鍬原(動画)を視察。中日・中田スカウト部長は「秋の内容で評価が変わることはない」と不動の高評価。

9月3日
武蔵大・本田(動画)を視察。中日・石井チーフスカウトは「先発でも中継ぎでも使える。体の使い方が上手」とコメントした。
[ 2017年09月30日 20:08 ] カテゴリ:中日のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
ドラフト投票
リンク
QRコード
QR