ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

2018ドラフト12球団情報まとめ TOP  >  広島のドラフト情報

広島のドラフト情報(2018年4月)

4月28日
東洋大・甲斐野央(動画)を視察。この日は最速155キロをマークし、2回投げ無失点。広島・苑田スカウト統括部長は「あのスプリットは、プロでも打てない。今すぐプロで抑えをできる」と称賛した。

4月27日
埼玉栄・米倉貫太(動画)を視察。4回投げ2安打、無失点、9奪三振の投球に、広島・尾形スカウトは「伸びしろがある」と話した。

4月25日
東洋大・甲斐野央(動画)を視察。157キロをマークし、広島・苑田スカウト統括部長は「今すぐにでもウチの抑えをやってもらいたい」と絶賛した。

4月21日
亜細亜大・頓宮裕真(動画)について、広島・苑田スカウト統括部長は「軸がしっかりしていて、タイミングの取り方がうまい。パワーがあっても自分のタイミングでしか打てない打者は厳しいが、頓宮は相手に合わせて打てるのがいいところだ」とコメントした。

4月18日
亜細亜大・頓宮裕真(動画)を視察。2打席連続弾を放った打撃に、広島・苑田スカウト統括部長は「ツボに来れば(スタンドに)入れる力を持っている」と絶賛した。

4月17日
関東第一・石橋康太を視察。打っては3安打2打点、守っては二盗を阻止しする活躍に、広島・苑田スカウト統括部長は「体が強いね。いい打撃をしている」と高評価した。

4月16日
新日鉄住金広畑・坂本光士郎(動画)を視察。6回2/3を投げ6安打、6四死球、4失点の投球に、 広島・鞘師スカウトは「コントロールにばらつきはあるが、キレはいい。安定感が出れば評価はもっと上がる」と話した。

4月12日
東洋大・上茶谷大河(動画)を視察。9回4安打、1失点の投球に広島・苑田スカウト統括部長は「馬力があって制球もいい」と話した。

4月11日
東洋大・梅津晃大(動画)を視察。MAX153キロを計測し、広島・苑田スカウト統括部長は「簡単に打てない。まだまだ(球は)速くなる」と高く評価した。

4月10日
東洋大・上茶谷大河(動画)が中大戦で16三振を奪い6安打完封。広島をはじめ日米15球団のスカウトが視察した。

4月9日
汎愛・羽田野温生(動画)が常翔学園戦に登板し、6回を6安打、6三振、無失点。広島など7球団スカウトが視察した。

4月7日
日大鶴ヶ丘・勝又温史を視察。147キロを計測し、広島・尾形スカウトは「黒田さんみたい。東京ナンバー1ですね」と評価した。

4月2日
智弁和歌山・林晃汰(動画)を視察。高校通算34号ソロ本塁打を放ち、広島・鞘師スカウトは「あんな打球はプロでもなかなか見られない。ごまかしでは打てないし、今大会ナンバー1のホームランだと思う」と評価した。

4月1日
大阪桐蔭・根尾昂(動画)を視察。広島・鞘師スカウトは「投げても打っても走っても、能力は計り知れない。全部高いレベルで、すごい選手。大会の主役です」と話した。
[ 2018年04月28日 12:35 ] カテゴリ:広島のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

広島のドラフト情報(2018年3月)

3月30日
星稜の2年生右腕・奥川恭伸(動画)を視察。6回2/3を投げ5安打、無失点の投球に広島・苑田スカウト統括部長は「馬力があるね。バランスよく腕が振れているし、体も強そう」 と評価した。

3月29日
彦根東・増居翔太(動画)を視察。9回投げ5安打、自責点3、奪三振9の投球に広島・苑田スカウト統括部長は「一番投手らしい投手」と高く評価した。

3月27日
大阪桐蔭・藤原恭大(動画)を視察。5打数2安打の活躍に広島・苑田スカウト統括部長は「現時点では、野手で大学、社会人を含めてもナンバー1。カモシカみたい」と絶賛した。

3月25日
来年のドラフト候補、日大三・井上広輝(動画)を視察。6回を投げ2安打、無失点、5奪三振。最速147キロをマークし、広島・白武スカウト部長は「コントロールが安定したら来年、上位候補になり得る」と高評価した。

3月19日
報徳学園・小園海斗(動画)を視察。高校通算28号本塁打を放つ活躍に、広島・鞘師スカウトは「ホームランバッターじゃないけど、飛ばす力もある」と評価した。

3月15日
智弁和歌山・林晃汰(動画)を視察。広島・鞘師スカウトは「スイングが速い。(高校)日本代表の4番になれる。ドラフト上位候補でしょう」と絶賛した。

天理・太田椋(動画)が乙訓との練習試合で2打数1安打、1四球。広島・阪神・オリックスなど7球団のスカウトが視察した。

3月13日
ホンダ・齋藤友貴哉(動画)を視察。8回5安打1失点(自責0)の好投に広島・高山スカウトは「大学時代より力強さがある。今後も見ていきたい素材」と評価した。

3月12日
東芝・岡野祐一郎(動画)が東京ガス戦に登板し、7回2/3を投げ3安打、無失点の投球。広島をはじめ全12球団、米1球団の計13球団のスカウトが視察した。

3月11日
報徳学園・小園海斗(動画)を視察。6回に中越え適時二塁打を放つなどの活躍に、 広島・鞘師スカウトは「(ドラフト1位の)12人に入る可能性がある」と話した。

3月9日
大阪桐蔭・根尾昂(動画)が関西学院との練習試合で高校通算21本目の本塁打をマーク。広島など5球団が視察した。

3月8日
明治大・逢沢崚介(動画)が上武大とのオープン戦で3打数2安打、盗塁も決め俊足ぶりを見せつけた。広島とDeNAのスカウトが視察した。
[ 2018年03月30日 16:33 ] カテゴリ:広島のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

広島のドラフト情報(2017年12月~2018年2月)

1月12日
広島はスカウト会議を開き、268人リストアップ。高校生では報徳学園・小園海斗(動画)大阪桐蔭・藤原恭大(動画)、大学生は日体大・松本航(動画)、同・東妻勇輔(動画)の両右腕を含む計6人の映像を確認。広島・苑田スカウト統括部長は「目玉選手はこの時点では見当たらない。小園は順調にいけば、目玉になる可能性もある」と評価し、同・松田オーナーは「投手は素材よりも即戦力がほしい」とコメントした。

デイリースポーツによると、「今年のドラフト戦略は春季キャンプで補強ポイントを見極めてから方向性を決める。次回のスカウト会議は5月に行われる予定」とのこと。

12月14日
広島・苑田スカウト統括部長は来年のドラフト戦略について「キャンプを見てから補強ポイントを決めたい」との方針を示した。早実・野村大樹(動画)報徳学園・小園海斗(動画)らの名前を挙げ「今年の清宮(日本ハム)のような話題性のある選手はいないが、負けないぐらいの選手はいる。数は来年の方が多い」と説明した。
[ 2018年01月12日 17:00 ] カテゴリ:広島のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

広島のドラフト情報(2017年11月)

11月23日
1位指名の広陵・中村奨成(動画)と入団交渉を行い、契約金1億円プラス出来高、年俸800万円で仮契約した。広島・白武スカウト部長は「将来性のある走攻守そろった選手。順調にいけば開幕1軍もあるかもしれないが、まずは焦らずやって欲しい」と話した。

11月19日
育成1位指名の菰野・岡林飛翔(動画)と入団交渉を行い、支度金300万円、年俸240万円で仮契約した。「プロ入りする実感が湧いてきた。1日でも早く支配下登録されるよう頑張る。しっかり走り込んで、まずは常に140キロ後半を投げられる投手になる」などと話した。

11月18日
6位指名の中部学院大・平岡敬人(動画)と入団交渉を行い、契約金2500万円、年俸500万円で仮契約した。広島・松本スカウトは「直球に力があるので、あとはケガをしない体を作ることと投げる自信をつけることだけ。自分のいいところを見せてアピールしてほしい」と期待した。

11月17日
育成3位指名の小笠・佐々木健と入団交渉を行い、支度金300万円、年俸240万円で仮契約した。広島・松本スカウトは「身長が高くて運動神経もいい。第二の薮田ぐらいのポテンシャルがある」と太鼓判を押した。

11月14日
3位指名の日本文理大・ケムナブラッド誠(動画)と入団交渉を行い、契約金5000万円、年俸700万円で仮契約した。広島・田村スカウトは「未完成な部分が多いけど、大きなエンジンを生かしてくれれば、今までにいないような凄い投手になる素質はある」と話した。

11月11日
来年ドラフト候補の創成館・伊藤大和(動画)おかやま山陽・有本雄大(動画)を視察。広島・苑田スカウト統括部長は「2投手とも腕の振りがいい。担当(スカウト)に、これから追いかけてほしい選手」と評価した。

5位指名の霞ケ浦・遠藤淳志(動画)と入団交渉を行い、契約金3000万円、年俸は480万円で仮契約した。広島・尾形スカウトは「球持ちが良くて体のバランスがよい。体格が大きくなれば、もっと速い球を投げられる。3、4後には1軍でローテーションの一角を担ってもらえれば」などと話した。

11月10日
4位指名の二松学舎大付・永井敦士(動画)と入団交渉を行い、契約金3500万円、年俸500万円で仮契約した。同選手は「広角、逆方向への強い打球と足がアピールポイント。鈴木誠也選手のような、誰からも愛される選手になれるよう頑張りたい」などと話した。

11月8日
育成2位指名の大曲工・藤井黎来(動画)と入団交渉を行い、支度金300万円、年俸240万円で仮契約した。広島・近藤スカウトは「力のある直球と切れのあるフォークボールを持っている。早く支配下に上がって活躍してほしい」と話した。

11月7日
2位指名の熊本工・山口翔(動画)と入団交渉を行い、契約金6000万円、年俸600万円で仮契約した。広島・田村スカウトは「大人の体になったらどんな球を投げるのか楽しみ。タイプ的に先発完投、沢村賞を目指してほしい」などと期待した。

11月3日
5位指名の霞ヶ浦・遠藤淳志(動画)に指名挨拶。広島・尾形スカウトは「球持ちが良く、投げ方、バランスがいい。縦のカーブもあり、楽天の岸のよう。(1年目は体作りに専念し)3~4年後ぐらいに体ができてくれればいい」と期待した。

育成3位指名の小笠・佐々木健に指名挨拶。広島・松本スカウトは「佐々木選手のようなサイズ(身長189センチ)で50メートルを5秒台で走れるような投手はいない。これで体ができればすごい。薮田(広島)のようになれる。育成だからといって遠慮しなくていい。先輩にどんどん質問して吸収して」などと話した。

11月2日
4位指名の二松学舎大付・永井敦士(動画)に指名挨拶。広島・尾形スカウトは「右方向に力強い打球を打てるのは誠也(広島)に似ている。粗削りな部分はあるが体の力強さ、脚力、能力が高い。ケガがなく、練習もできる。新井さん(広島)のようです」などと話した。

6位指名の中部学院大・平岡敬人(動画)に指名挨拶。広島・松本スカウトは「リーグ戦で結果は出ていないが、魅力は伸びしろの大きさ。薮田(広島)も大学で2試合しか投げていないが、今年15勝した。体重も筋力もついてくれば150キロ後半のパワーピッチャーに成長できる」などと話した。

11月1日
3位指名の日本文理大・ケムナブラッド誠(動画)に指名挨拶。広島・田村スカウトは「恵まれた体格からの角度あるストレートが魅力。大きく縦に割れるカーブもいいものがある。体力面や細かい技術はまだまだだけど、佐々岡さんのようになってくれれば」と期待した。
[ 2017年11月23日 18:17 ] カテゴリ:広島のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

広島のドラフト情報(2017年10月)

10月31日
2位指名の熊本工・山口(動画)に指名挨拶。広島・田村スカウトは「マエケンが入ってきたときのよう。スケールの大きい投手になる」などと話した。

10月28日
1位指名の広陵・中村(動画)に指名挨拶。広島・白武スカウト部長は「肩の強さや足の速さなど3拍子そろった選手だと思うので、今後、チームの要として育ってほしい」などと話した。

10月27日
26日にドラフト会議が行われ、広島は以下の選手を指名した。

広島東洋カープ
1位中村奨成 (広陵高・捕)動画
2位山口翔 (熊本工高・投)動画
3位ケムナブラッド誠 (日本文理大・投)動画
4位永井敦士 (二松学舎大付高・外)動画
5位遠藤淳志 (霞ヶ浦高・投)動画
6位平岡敬人 (中部学院大・投)動画
育1岡林飛翔 (菰野高・投)動画
育2藤井黎來 (大曲工高・投)動画
育3佐々木健 (小笠高・投) 


▼ドラフト後の広島・緒方監督のコメント
「残っていましたね。ホッとした。素材的に抜群の選手。甲子園での活躍も記憶に新しい。打撃だけでなく肩もフットワークもいい。遠い将来ではなく、近い将来に打てる捕手に育ってほしい」


10月26日
スカウト会議を開催し、広陵・中村(動画)の1位指名を確認。抽選の場合は緒方監督がくじを引く。指揮官は「よその球団に取られないことを祈るだけ」などと話した。抽選に外れた場合は即戦力投手の指名に切り替える方針。

10月24日
東京大・宮台(動画)を視察。広島・苑田スカウト統括部長は「この秋で一番。抜け球もなく、キレがあった」と高評価した。

広島・苑田スカウト統括部長が早実・清宮(動画)を分析。高3の時点で清原(PL学園)は田淵幸一タイプ、松井(星稜)は長嶋茂雄タイプ、清宮は王貞治タイプという将来的な見通しを抱いたそうだ。清宮のプロ1年目は「130打席(規定打席数は443)で10本いくかどうかという感じ」と予想した。

10月18日
慶応大・岩見(動画)を視察。広島・苑田スカウト統括部長は「これだけ飛ばすとは・・・。これまで、アマのホームラン打者では清原(和博)が1番だと思っていたけど、打球の強さ、速さは岩見の方が上。両サイドの難しい球も打てるようになった。もっと早めに始動して、軸(右足)に力をためれば、楽に3割打てる」と絶賛した。

10月15日
スカウト会議を開催し、広陵・中村(動画)を1位指名することを公表。広島・松田オーナーは「肩が強いし、(打撃では)インサイドのさばきがうまい。それだけの能力を持った選手。(指名を黙っておくのが)苦しくなっちゃった。15年はキャッチャーの心配はいらなくなる。広島のファンは喜んでもらえると思う」などと1位指名の理由を説明。

広島・苑田スカウト統括部長は1位公表理由を「他球団に(指名に)来てくれるなということを願って」とけん制する意味もあることを明かした。

この日は74人まで指名候補を絞り込み、約40選手を映像でチェックした。デイリースポーツ広島版は、「指名人数については、5~6人になるのが濃厚で、素材重視の指名になる可能性が高まった」としている。

10月13日
広島、巨人など6球団がBFL兵庫・田中(動画)に調査書の記入を依頼したことが分かった。田中は7月の巨人との練習試合で2本塁打を含む4安打6打点。9月19、20日の楽天戦でも2試合連発と好調で、ここにきてプロの評価が高まっている。

10月12日
国学院大・山崎(動画)を視察。広島・苑田スカウト統括部長は「足もあるしチームに1人は欲しいタイプの選手ですよ」とコメントした。

10月10日
JX-ENEOS・柏原(動画)同・斉藤(動画)を視察。広島・高山スカウトは「2人とも実戦的に投げられる。大崩れしない」と評価した。

10月9日
慶応大・岩見(動画)を視察。広島・苑田スカウト統括部長は「大したもの。あれだけ内を攻められたのに逃げなかった。対応力が上がった」とコメントした。

広陵・中村(動画)を視察。広島・白武スカウト部長は「何年、何十年に一人の捕手。うちのチームに必要な足と肩は文句がない。打撃はまだ粗削りだけど、パワーはある」と高評価した。

10月8日
東京大・宮台(動画)を視察。広島・苑田スカウト統括部長は「バランス良く投げているしリズムをつかめている。プロでも十分通用する」と評価した。

慶応大・岩見(動画)を視察。広島・苑田スカウト統括部長は「どれだけ練習しても、あの飛距離は出ません。一生懸命走って、守って、お客さんを喜ばせられる選手」と評価した。

10月6日
東京大・宮台(動画)について広島・苑田スカウト統括部長は「指名候補には十分入ってくる」とコメントした。

10月3日
早実・清宮(動画)を指名回避することが決定。広島・松田オーナーは「(面談に)行かないということは、(指名を)しないということ。ものすごい選手だと思うが、うちのスタイルに合わない。(野手では)現場は足の速い選手を求めている」と話した。

10月2日
仙台大・馬場(動画)を視察。3安打完封、14奪三振の快投に広島・近藤スカウトは「このくらい投げられるのはわかっている」とコメントした。
[ 2017年10月31日 15:03 ] カテゴリ:広島のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
ドラフト投票
リンク
QRコード
QR