ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

2019ドラフト12球団情報まとめ TOP  >  ソフトバンクのドラフト情報 >  ソフトバンクのドラフト情報(2018年11月~12月)

ソフトバンクのドラフト情報(2018年11月~12月)

12月31日
来年ドラフト1位候補として大船渡・佐々木朗希(動画)創志学園高・西純矢(動画)星稜・奥川恭伸(動画)と3人の高校生投手をリストアップしていることが分かった。ソフトバンク・永井スカウト室長は「現時点で、ずっと見続けていかなければいけない3人であることは間違いない」と、高校生3投手への密着マークを来秋まで各担当スカウトに続けさせる考えを示した。

11月28日
1位指名の東洋大・甲斐野央(動画)と入団交渉を行い、契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1500万円で合意。ソフトバンク・永井スカウト室長は「真っすぐとフォークは一級品。1イニングなら今でも抑えられるんじゃないか」と話した。

7位指名の三菱日立パワーシステムズ・奥村政稔(動画)と入団交渉を行い、 契約金3000万円、年俸1000万円で合意。「統一契約書を目にして改めて実感が湧いた。(来年)2月のキャンプからアピールして結果を出したい」と話した。

11月24日
3位指名の早実・野村大樹(動画)と入団交渉を行い、契約金5000万円、年俸600万円で入団に合意。ソフトバンク・王球団会長は「広角に打てるし、そういう打撃を期待する」などと話した。

11月22日 
4位指名のR東日本・板東湧梧(動画)と入団交渉を行い、契約金6000万円、年俸1000万円で合意。ソフトバンク・宮田アマスカウトは「クレバーな投球ができる。先発や中継ぎで活躍した摂津正投手のようになってほしい」と期待した。

2位指名の三菱重工広島・杉山一樹(動画)と入団交渉を行い、契約金7000万円、年俸1200万円で合意。「しっかりと自覚を持って全てに取り組みたい。キャンプの施設はすごかった。成長できる場だと思ったし、楽しみです」と話した。

11月18日 
育成1位指名の神村学園・渡辺陸と入団交渉を行い、支度金300万円、年俸360万円で契約合意した。

11月16日 
育成4位指名の西日本短大付・中村宜聖と入団交渉を行い、支度金300万円、年俸360万円で契約合意した。

11月14日 
5位指名の石見智翠館・水谷瞬(動画)と入団交渉を行い、契約金3500万円、年俸500万円で合意。ソフトバンク・作山スカウトは「トリプルスリー(3割、30本塁打、30盗塁)を狙える素材。スケールの大きな選手になってほしい」と期待した。

11月12日 
6位指名の金沢星稜大・泉圭輔(動画)と入団交渉を行い、契約金3000万円、年俸800万円で契約合意。現在もトレーニングを欠かさず「いい状態で(来年の新人合同)自主トレに入れるようにしたい。プロでは150キロ、155キロと投げられるようになりたい」などと話した。




[ 2018年12月31日 13:54 ] カテゴリ:ソフトバンクのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
ドラフト投票
リンク
QRコード
QR