ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

2019ドラフト12球団情報まとめ TOP  >  楽天のドラフト情報 >  楽天のドラフト情報(2018年11月~12月)

楽天のドラフト情報(2018年11月~12月)

11月20日 
5位指名の山形中央・佐藤智輝と入団交渉を行い、契約金3000万円、年俸600万円で契約合意。楽天・長島スカウト部長は「本人には、高校の先輩である石川直也(日本ハム・山形中央高出)のように早く1軍デビューしてほしいと伝えた。数年後には1軍の主力となってほしい」と話した。

11月19日 
6位指名の明大・渡辺佳明(動画)と入団交渉を行い、契約金3000万円、年俸750万円で合意。楽天・後関チーフスカウトは「まずはショートでやってほしい。1軍で活躍を期待しています。肩はウチの山崎(17年ドラフト3位)より強いと思う。あとは140試合を乗り切るプロの体力をつけること。飛ばすことより、体の芯を強くしてほしい」と課題を掲げた。

11月18日 
7位指名の立正大・小郷裕哉(動画)と入団交渉を行い、契約金2700万円、年俸700万円で契約合意。楽天・沖原スカウトは「スピードがあるのは分かっているし、広角に打てるしパンチ力もある。肩も素晴らしい。(入団時の)田中より完成度は高いし、1年目から勝負できる」と期待した。

11月17日 
8位指名の富士大・鈴木翔天(動画)と入団交渉を行い、契約金2500万円、年俸700万円で合意。楽天・宮越スカウトは「球質、ボールの角度はプロで十分やっていける。自分の力を発揮すれば、開幕から1軍の戦力になれる」と期待した。

11月16日 
4位指名のSUBARU・弓削隼人(動画)と入団交渉を行い、契約金5000万円、年俸1000万円で契約合意した。楽天・後関昌彦アマスカウトグループマネージャーは「左投手はウチの長年の課題。先発でも中継ぎでも、戦力になると期待感を持って指名している」と話した。

11月14日 
育成2位指名の山岸ロジスターズ・則本佳樹(動画)と入団交渉を行い、支度金200万円、年俸250万円で契約合意。楽天・山田スカウトは「タイプ的には兄とは逆でパワーと言うよりは、変化球のキレとストレートの質で勝負するタイプ。150キロでなくても、140キロ前後で打者が空振りやファウルになる質、キレや伸びのあるボールを目指して欲しい」と話した。

11月13日 
2位指名の大商大・太田光(動画)と入団交渉を行い、契約金7000万円、年俸1200万円で合意。「プロでは走塁のスペシャリストの方もいると思うので、もっともっとレベルアップしないといけない。日本ハムの西川選手らをアウトにしなければならないのでもっと頑張らないと」と話した。

11月12日 
3位指名の倉敷商・引地秀一郎(動画)と入団交渉を行い、契約金5000万円、年俸600万円で合意。楽天・星野副会長(故人)は生前、母校に入学した引地のことを「いい後輩が入ってきたんだよ」と周囲に話し、その成長を楽しみにしていたという。引地は「星野さんの分まで頑張りたい。日本を代表する投手になっていきたい」と話した。

11月11日
育成1位指名の八千代松陰・清宮虎多朗(動画)と入団交渉を行い、支度金200万円、年俸250万円で合意した。

11月10日 
1位指名の立命館大・辰己涼介(動画)と入団交渉を行い、契約金1億円、年俸1500万円で契約に合意。「1日も早くレギュラーになって、チームの顔になりたい」などと話した。




[ 2018年11月20日 13:51 ] カテゴリ:楽天のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
ドラフト投票
リンク
QRコード
QR