ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

ドラフト12球団情報まとめ TOP  >  巨人のドラフト情報 >  巨人のドラフト情報(2018年11月~2019年2月)

巨人のドラフト情報(2018年11月~2019年2月)

2月8日 
JR東日本・太田龍(動画)を目当てに巨人をはじめ全12球団のスカウトがグラウンドに訪れ、野球部に新年のあいさつを済ませていることが分かった。最速153キロの速球を武器にする右の本格派投手。

1月8日 
明治大・森下暢仁(動画)が始動。巨人など5球団のスカウトが視察に訪れた。森下は「ドラフト1位で行きたい、じゃなくて、1位で行く!という気持ちでいます」と抱負を語った。

11月20日 
6位指名の聖心ウルスラ学園・戸郷翔征(動画)と入団交渉を行い、契約金3000万円、年俸500万円で仮契約。「できるだけ早く1軍で投げたい。ずっと巨人で過ごしたい」と未来を見据えた。

11月18日 
大船渡の2年生・佐々木朗希(動画)巨人など日本2球団、米国4球団(フィリーズ、パイレーツ、オリオールズ、アスレチックス)が視察。高校の秋の練習試合をメジャースカウトが視察するのは異例。フィリーズの大慈弥功環太平洋部長は「大谷に匹敵する。向こうで活躍できるポテンシャルは十分に持っている」と絶賛した。

5位指名の折尾愛真・松井義弥(動画)と入団交渉を行い、契約金3500万円、年俸500万円で仮契約。巨人・武田西日本統括スカウトは「191センチの体で俊敏な動き、走れる、守れる、身体能力が非常に高い。(目指して欲しい選手は)柳田くんですかね。それくらい大きなスケールの選手になってほしい」と期待した。

11月17日 
育成4位指名の敦賀気比・黒田響生(動画)と入団交渉を行い、支度金200万円、年俸240万円で仮契約。巨人・木佐貫スカウトは「三遊間の深い位置からでも強い送球ができる肩は魅力。打撃も磨き、看板選手になってほしい」と期待した。

11月16日 
4位指名の大阪桐蔭・横川凱(動画)と入団交渉を行い、契約金4000万円、年俸500万円で仮契約。「(中日1位の)根尾は一緒のリーグなので、対戦することがあれば抑えたい。負けないようにしたい」と抱負を語った。

育成1位指名の健大高崎・山下航汰(動画)と入団交渉を行い、支度金200万円、年俸240万円で合意した。

11月14日 
3位指名の松商学園・直江大輔(動画)と入団交渉を行い、契約金5000万円、年俸500万円(推定)で仮契約。巨人・木佐貫スカウトは「まだ高校生なので鍛えてもらって体の厚みをつけて、先発完投型の投手になってほしい」と望んだ。

育成3位指名の旭川大高・沼田翔平(動画)と入団交渉を行い、支度金200万円、年俸240万円で仮契約。「1年目は体作り。将来は菅野さんのような、勝たせる投手になりたい」などと話した。

11月13日 
2位指名の明秀日立・増田陸(動画)と入団交渉を行い、契約金6000万円、年俸600万円で仮契約。巨人・青木スカウトは「彼の魅力はアグレッシブさ。まだまだ伸びる要素がある」と期待を寄せた。

11月11日 
育成2位指名の岐阜第一・平井快青と入団交渉を行い、支度金200万円、年俸230万円で合意。巨人・青木スカウトは「しっかりと体をつくれば、直球、フォークとももっとよくなる」と今後の伸びしろに期待した。

11月10日 
1位指名の八戸学院大・高橋優貴(動画)と入団交渉を行い、契約金1億円(プラス出来高5000万円)、年俸1500万円で仮契約。巨人・柏田スカウトは「ストレートの強さと三振を取れる投球スタイルを評価した」と述べ、活躍に期待した。




[ 2019年02月08日 14:03 ] カテゴリ:巨人のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
ドラフト投票
リンク
QRコード
QR