ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

2019ドラフト12球団情報まとめ TOP  >  中日のドラフト情報 >  中日のドラフト情報(2018年11月)

中日のドラフト情報(2018年11月)

11月25日 
東邦の2年生・石川昂弥(動画)を視察。中日・米村スカウトは「押し込む力があるから打球が速い。上位に入ってくる」と高く評価した。

11月24日 
横浜の2年生・及川雅貴(動画)を視察。中日・小山スカウトは「今日は思った通りに投げられなかったところもあったと思うが、ポテンシャルはすごい。まだ体も大きくなるだろうし、もっと良くなる」と評価した。

11月22日 
3位指名の三菱重工名古屋・勝野昌慶(動画)と入団交渉を行い、契約金6500万円、年俸1200万円で仮契約。話をしてみたい選手に松坂の名を挙げ「アメリカも経験している。どういう考えをもっているか聞いてみたい」と話した。

11月13日
星稜の2年生・奥川恭伸(動画)を視察。中日・中田スカウトディレクターは「カウント球と勝負球のメリハリが利いている。三振を狙ってるわけじゃないんだろうけど、コントロールがいいから簡単に追い込むことができて、結果として三振が増えている」と高く評価した。

11月12日
4位指名の関東第一・石橋康太(動画)と入団交渉を行い、契約金4000万円、年俸600万円で仮契約。憧れの捕手はヤクルトで活躍した古田敦也で「勝てる捕手としてチームとしてリーグ優勝や日本一を大きな目標に置きたい」と話した。

11月11日
星稜の2年生・奥川恭伸(動画)を視察。中日・中田スカウトディレクターは「素材は抜群だったが、下半身の使い方が良くなり、制球も良くなった。ドラフト1位12人に入るのは間違いない」と絶賛した。

5位指名の山梨学院・垣越建伸(動画)と入団交渉を行い、契約金3000万円、年俸550万円で仮契約。1位指名の根尾とは中学時代に飛騨高山ボーイズのチームメートで当時はエース・根尾、2番手・垣越。中日での競演を待ち望んだ。

11月10日
東邦の2年生・石川昂弥(動画)を視察。中日・中田スカウトディレクターは「大型打者でありながら、穴が少ない。上位候補に挙がるのは間違いない」と高く評価した。

2位指名の東洋大・梅津晃大(動画)と入団交渉を行い、契約金8000万円、年俸1200万円で仮契約。10月中旬、母親が脳出血で倒れ、宮城・仙台市内の病院に入院した。契約金を何に使うかと聞かれると「母の入院代に回したいです。特にほしいものはないです」と話した。

11月8日
6位指名の大阪商業大・滝野要(動画)と入団交渉を行い、契約金3000万円、年俸720万円で仮契約。中日・米村チーフスカウトは「大学4年間、けがをすることもなく、野球に対して真摯で努力を惜しまない。本塁打も打てる選手になる」と期待した。

11月5日
1位指名の大阪桐蔭・根尾昂(動画)と入団交渉を行い、契約金1億円プラス出来高5000万円、年俸1500万円で仮契約。「ポジションはショート一本でいかせてくださいとお伝えしました。ショートはすべてのプレーに関わるチームの顔というか、一番の花形のポジション。憧れの場所、大事なところだと思う」と脱二刀流を宣言した。

11月3日
東海理化・立野和明(動画)を視察。中日・中田スカウトディレクターは「肩周りが柔らかく、見るたびに良くなっている。1位候補に入ってくる」と絶賛した。




[ 2018年11月25日 16:04 ] カテゴリ:中日のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
ドラフト投票
リンク
QRコード
QR