ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

12球団ドラフト情報まとめ TOP  >  オリックスのドラフト情報 >  オリックスのドラフト情報(2017年10月)

オリックスのドラフト情報(2017年10月)

10月28日
来年ドラフト候補の倉敷商・引地(動画)をオリックス、阪神などのスカウトが視察。同投手はこの日最速144キロをマークするなど来年の注目選手に挙げられている。

10月27日
26日にドラフト会議が行われ、オリックスは以下の選手を指名した。

オリックス・バファローズ
1位田嶋大樹(JR東日本・投)動画
2位鈴木康平(日立製作所・投)動画
3位福田周平(NTT東日本・内)動画
4位本田仁海(星槎国際湘南高・投)動画
5位西村凌(SUBARU・捕)動画
6位西浦颯大(明徳義塾高・外)動画
7位広沢伸哉(大分商高・内)動画
8位山足達也(ホンダ鈴鹿・内)動画
育1稲富宏樹(三田松聖高・捕)動画
育2東晃平(神戸弘陵高・投)動画
育3比屋根彰人(飛龍高・投) 
育4木須デソウザフェリペ(御殿場西高・捕) 


▼ドラフト後のオリックス・福良監督のコメント
「(1位抽選に勝ち)うれしいよりホッとした。ウチは先発の枚数が足りない。田嶋投手にはそこを期待している。即戦力と考えている。ローテに入って1年間、フルに働いてもらいたい」


10月26日
JR東日本・田嶋(動画)を1位指名することを公表。オリックス・長村球団本部長は「うちは先発ローテの一角を任せられる投手というのが補強ポイント。左右を問わず、最高の評価をしている。(指名は)揺るぎませんので、公言します」などと話した。

10月25日
スポーツ報知は、オリックスが御殿場西・木須を隠し玉としてリストアップしていると報道。記事によると、球団関係者は「高卒の捕手を獲得して育成しないと。捕手は何人いてもいい」と、育成も含め複数の捕手指名をめざしているとのこと。

10月24日
日刊スポーツは、オリックスがトヨタ自動車・藤岡(動画)を野手の指名リストの最上位にリストアップしていると報道。課題の二遊間強化を図れる存在として検討しているそうだ。

10月22日
日刊スポーツは「Bs、田嶋1位確定」とタイトルを打ち、「オリックスが今秋ドラフトの1位指名をJR東日本・田嶋(動画)に決めたことが21日、分かった」と報じた。

岡山商大・近藤(動画)を視察。オリックス・柳川スカウトは「上位候補であることは間違いない」と評価した。

明治大・斉藤(動画)に全12球団から調査書が届いていることが判明。オリックス・長村球団本部長は「角度のあるボール。スライダーで横の幅も使えているし、チェンジアップなどで緩急も使えている。左では田嶋(JR東日本)、東(立命大)と並んで上位」とコメントした。

10月19日
オリックス・宮内オーナーはドラフト戦略について「意見を差し挟む余地はない」と前置きしつつ「現状からいくとピッチャーですね。おそらく必要なんだろうなと思う」と話し、早実・清宮(動画)の指名回避が決定的に。ドラフト1位はJR東日本・田嶋(動画)ら即戦力投手に絞り込むことが濃厚になった。

10月16日
日刊スポーツによると、オリックスはBCリーグ新潟・渡辺(動画)をリストアップしているもよう。同投手は技巧派の変則左腕で、オリックスの補強ポイントにも合致するものと思われる。

10月14日
3日連続でスカウト会議を開催。今回はオリックス・福良監督も加わり、JR東日本・田嶋(動画)早実・清宮(動画)ら約30人の映像を確認。同監督は「投手も野手も良い選手はいる。何人取るかを含めて本部長に任せている」と説明。長村球団本部長は、「上位候補には面白い選手はいる。しっかり戦略を立てて、やっていく」と話した。

10月13日
2日連続でスカウト会議を開催。オリックス・長村球団本部長は1位候補を5名程度に絞ったことを明言。JR東日本・田嶋(動画)立命大・東(動画)履正社高・安田(動画)らが入っているもようで、同部長は「球団としての選手のランク付けは終わった。明日(13日)は福良監督に上位候補のビデオを見てもらう」と話した。

スポーツ報知によると、オリックスはNTT東日本・福田(動画)をリストアップしているもよう。記事によると、球団関係者が「競わせたいけど、選手が足りない」と話すなど、二塁、遊撃が手薄で、トヨタ自動車・藤岡(動画)日立製作所・田中(動画)奈良学園大・宮本(動画)らもリストアップしたとのこと。

スポニチによると、オリックスはBFL兵庫・田中(動画)を下位で指名する可能性があるとのこと。

日刊スポーツによると、オリックスは大分商・広沢(動画)の下位指名を検討しているもよう。記事によると、守備面の評価が高く成長すれば明豊(大分)出身のソフトバンク今宮のような存在にと期待しているようだ。同じく真颯館・高木(動画)もリストアップ。

10月12日
スカウト会議を開催。大学生、社会人選手の評価付けをし、すでに終えている高校生の評価と合わせ約80人をリストアップ。オリックス・長村球団本部長は「指名人数や補強ポジションなどはこれから考えていく」早実・清宮(動画)については「良い選手と分かっているし1位評価。当日まで煮詰めていく」とし、指名の公言についても「うちは当日まで公言できないでしょう」とまだ何も決まってないことを強調した。

サンケイスポーツは、オリックスが独立リーグ・滋賀ユナイテッドの山本捕手(動画)を今秋のドラフト指名候補に入れていると報道。記事によると視察した球団関係者が「うちは絶対的に捕手の数が少ない。若くて魅力的」と話しているとのこと。同チームの泉外野手(動画)もリストアップしているもよう。

10月10日
広陵・中村(動画)を視察。オリックス・柳川スカウトは「打撃だけじゃなくて肩も足もあるし、視野も広い。今年のアマチュア全体でナンバー1の捕手という評価は変わらない」とコメントした。

10月9日
広陵・中村(動画)を視察。オリックス・柳川スカウトは「こんな捕手はしばらくは出てこない」と高評価した。

10月8日
慶応大・岩見(動画)を視察。オリックス・由田スカウトは「当たればホームラン。広角に一発を打てて、夢を見せられる選手」と評価した。

10月3日
早実・清宮(動画)と面談。オリックス・長村球団本部長は「こちらから育成方針、環境などを話しました。清宮君から質問はなく、ポスティングの話などはしていません」と説明した。

10月2日
オリックス・長村球団本部長は早実・清宮(動画)の将来的なメジャー挑戦におけるポスティングシステムの利用について「(清宮との面談で)話を聞いてみないと分からないこともある。要望を聞いた上で、全て前向きに検討する」とコメントした。

10月1日
明治大・斉藤(動画)を視察。オリックス・長村球団本部長は「左ではJR東日本・田嶋、立命大・東と並んで上位に入ってくる」と高く評価した。




[ 2017年10月28日 15:26 ] カテゴリ:オリックスのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
ドラフト投票
リンク
QRコード
QR