ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

ドラフト12球団情報まとめ TOP  >  広島のドラフト情報 >  広島のドラフト情報(2018年10月)

広島のドラフト情報(2018年10月)

10月26日 

広島の2018ドラフト指名選手
順位選手名所属位置動画
1位小園 海斗報徳学園高動画
2位島内 颯太郎 九州共立大動画
3位林 晃汰 智弁和歌山高動画
4位中神 拓都 市岐阜商高動画
5位田中 法彦 菰野高動画
6位正随 優弥 亜細亜大動画
7位羽月 隆太郎 神村学園高動画
育1大盛 穂 静岡産大動画


10月25日 
スカウト会議を開催。報徳学園・小園海斗(動画)を中心に議論を進めたとみられるが、緒方監督が日本シリーズに向けたチームの練習で不在だったこともあって、広島・松田オーナーは「緒方と話をせんと、どうにもならない。なかなか決まらない」。広島・苑田スカウト統括部長は「(監督から)即戦力の投手が欲しいという要望を聞いている」と明かした。

静岡産業大・鈴木彩隼(動画)広島など4球団から調査書が届くも、育成指名の場合、社会人野球へ進むことが分かった。

10月24日 
三菱重工広島・杉山一樹(動画)倉敷商・引地秀一郎(動画)の両右腕投手に広島をはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。ともに上位指名濃厚と言われている。

八戸学院大・高橋優貴(動画)広島をはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。リーグ新記録となる通算301奪三振を達成した左椀投手。

富士大・鈴木翔天(動画)広島をはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。左から最速149キロの直球を武器にスライダー、チェンジアップなど多彩な変化球を操る。

10月23日 
日本通運・生田目翼(動画)広島をはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。最速151キロを誇る社会人ナンバー1投手でドラフト上位指名が確実視されている。

10月21日 
立命館大・辰己涼介(動画)を視察。広島・鞘師スカウトは「足と肩はすぐに通用する。来季、開幕から試合に出ても不思議ではない」と絶賛した。同選手には広島をはじめ全12球団から調査書が届いていることも判明

10月19日 
金沢星稜大・泉圭輔(動画)広島をはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。187センチの長身から長い手足を生かした角度のある直球が武器の右腕投手。

東洋大・梅津晃大(動画)を視察。広島・苑田スカウト統括部長は「即戦力とは考えないが、将来20勝できるような投手」と評した。

10月18日 
名城大・栗林良吏(動画)広島をはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。最速は153キロでスライダーなど変化球を交えて勝負する右の本格派投手。

10月16日
早稲田大・小島和哉(動画)を視察。広島・苑田スカウト統括部長は「手元でボールがくる。評価は上がるし、上位もある」と高評価した。

トヨタ自動車・富山凌雅(動画)広島をはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。9月に行われた阪神2軍とのプロアマ交流戦では、先発で5イニング3安打1失点。10球団のスカウトが見つめる前で好投した。

10月14日 
早稲田大・小島和哉(動画)を視察。連続無失点は27回で止まったが9回1失点と踏ん張り、広島・苑田スカウト統括部長は「球の質も良くなった」と評価した。

10月13日 
スカウト会議を開催。1位指名の最有力候補には、東洋大・甲斐野央(動画)大阪桐蔭・藤原恭大(動画)報徳学園・小園海斗(動画)の3人が挙がった。広島・松田オーナーは「(投手か野手か)どっちが欲しいかという話になると(ドラフト)前日に(緒方)監督と話をしないといけない。どうせ抽選になるんじゃろうから。一本釣りとかを考えられるような幅がない」と話した。当日は5人程度を指名予定で、指名が重複した場合のくじは緒方監督が引く見込み。

プロ志望届提出済みの聖心ウルスラ学園・戸郷翔征(動画)広島など8球団との面談を終えていることが判明した。最速149キロを誇る右の本格派で上位指名の可能性もある。

10月11日
金足農・吉田輝星(動画)がプロ志望届を提出したことについて、広島・松田オーナーは「当然、1位候補になる選手。有能な投手だし、投球がうまい。うちがダメでも、ぜひセ・リーグに来てほしい」と話した。

10月10日
亜細亜大・頓宮裕真(動画)を視察。1試合2本塁打を放ち、広島・苑田スカウト統括部長は「凄いパワー。大学生右打者では一番」と高く評価した。

10月8日
今秋ドラフトについて広島・苑田スカウト統括部長は「うちは育成の広島と呼ばれている。周りがオッとなるような指名をしたい。ただ、現場からは『即戦力の投手がほしい』という要望もあるし」 と話した。特に報徳学園・小園海斗(動画)に熱視線を送っているもよう、

広島・松田オーナーは「(今年のドラフトは)野手中心にいかないといけない年」とコメント。

10月6日
大学進学が囁かれていた金足農・吉田輝星(動画)が近日中にプロ志望届を提出することになり、広島・苑田スカウト統括部長は「夏から見た高校、大学の投手でナンバーワンだろう。間違いなく1位候補の1人」と評価した。

大阪桐蔭・根尾昂(動画)、藤原恭大(動画)、柿木蓮(動画)、横川凱(動画)がプロ志望届を提出したことを受け、広島は調査のため訪問。4選手と面談したものと思われる。




[ 2018年10月26日 22:58 ] カテゴリ:広島のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
ドラフト投票
リンク
QRコード
QR