ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

ドラフト12球団情報まとめ TOP  >  巨人のドラフト情報 >  巨人のドラフト情報(2018年10月)

巨人のドラフト情報(2018年10月)

10月26日 

巨人の2018ドラフト指名選手
順位選手名所属位置動画
×根尾 昂   
×辰己 涼介    
1位高橋 優貴八戸学院大動画
2位増田 陸 明秀日立高動画
3位直江 大輔松商学園高動画
4位横川 凱大阪桐蔭高動画
5位松井 義弥折尾愛真高動画
6位戸郷 翔征聖心ウルスラ高動画
育1山下 航汰健大高崎高動画
育2平井 快青 岐阜第一高 
育3沼田 翔平 旭川大高動画
育4黒田 響生 敦賀気比高動画


10月25日 
大阪桐蔭・根尾昂(動画)を1位指名することを公表巨人・長谷川スカウト部長は「1位は根尾でいきます。全員の総意。原監督を含め、映像を確認して、どんなことがあっても1位で入札することを決定しました」と話した。

履正社医療スポーツ専門学校・玉村欣梧を育成枠で指名を検討していることが判明。172センチと小柄な捕手だが、大体大浪商高時代は通算30本塁打を放った。

10月24日 
スカウト会議を開催。大阪桐蔭・根尾昂(動画)が1位指名の筆頭候補に挙げられている。巨人・原監督は「まず1番最初の、自分の中での戦いの火ぶたはドラフトなのかなと思う。有望な選手を発掘することがプロ野球にとって大事な役目」と就任後の初仕事へ意欲を示した。

大阪ガス・近本光司(動画)を2位指名で狙っていることが判明。外れ1位候補には同じく外野手の立命大・辰己涼介(動画)が挙がっているもよう。「巨人は岡崎前スカウト部長が熱心で、よく立命大のグラウンドに来ていた。一時は密着マークのような状態で、巨人はよっぽど外野手が欲しいんだと他球団は噂していました」(パ・リーグスカウト)

三菱重工広島・杉山一樹(動画)倉敷商・引地秀一郎(動画)の両右腕投手に巨人をはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。ともに上位指名濃厚と言われている。

八戸学院大・高橋優貴(動画)巨人をはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。リーグ新記録となる通算301奪三振を達成した左椀投手。

富士大・鈴木翔天(動画)巨人をはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。左から最速149キロの直球を武器にスライダー、チェンジアップなど多彩な変化球を操る。

10月23日 
日本通運・生田目翼(動画)巨人をはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。最速151キロを誇る社会人ナンバー1投手でドラフト上位指名が確実視されている。

10月21日 
立命館大・辰己涼介(動画)巨人をはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。同選手は3年連続で大学日本代表に選出されているアマチュア球界屈指の外野手で各球団の評価も高くハズレ1位の有力候補と言われている。

10月19日 
金沢星稜大・泉圭輔(動画)巨人をはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。187センチの長身から長い手足を生かした角度のある直球が武器の右腕投手。

10月18日 
名城大・栗林良吏(動画)巨人をはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。最速は153キロでスライダーなど変化球を交えて勝負する右の本格派投手。

10月16日
金足農・吉田輝星(動画)に対し、巨人など3球団が同校を訪れ中泉一豊監督に調査書を手渡して会談した。

トヨタ自動車・富山凌雅(動画)巨人をはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。9月に行われた阪神2軍とのプロアマ交流戦では、先発で5イニング3安打1失点。10球団のスカウトが見つめる前で好投した。

10月13日 
プロ志望届提出済みの聖心ウルスラ学園・戸郷翔征(動画)巨人など8球団との面談を終えていることが判明した。最速149キロを誇る右の本格派で上位指名の可能性もある。

10月12日
東洋大・上茶谷大河(動画)を視察。4回2/3を1安打無失点の好救援に、巨人・井上チーフスカウトは「調子を戻して、内角に攻めた投球ができている」と称賛した。

10月10日
プロ志望届を提出済みの大阪桐蔭・根尾昂(動画)藤原恭大(動画)柿木蓮(動画)横川凱(動画)と面談。約10分ずつ面談した巨人・渡辺スカウトは「非常に有意義でした」と話した。

亜細亜大・頓宮裕真(動画)巨人など12球団のスカウトが視察。1試合2本塁打、5打点と自慢の長打力をみせつけた。

10月9日
立命館大・辰己涼介(動画)巨人など10球団のスカウトが視察。9回に右前打を放つと二盗を決め脚力も見せつけた。

また、関西大・山本隆広(動画)巨人など5球団から調査書が届いてることが分かった。

10月7日
投手としても評価が高い大阪桐蔭・根尾昂(動画)について、巨人・井上チーフスカウトは「まずショート(遊撃)から。将来的に長くレギュラーで、の期待がある」と話した。

10月6日
スポーツ報知は大阪桐蔭・根尾高(動画)を1位指名する方針で固まったと1面で大きく報道。この日はスカウト会議を開催。巨人・岡崎スカウト部長は「今日は確認です。(他球団の)シミュレーションもしてないですね。プロ志望届もそろそろ出そろうし、(リストから)カットされる選手も含めてね」とリストの精査を主眼に置いたことを説明した。

10月4日
金足農・吉田輝星(動画)について、巨人・鹿取GMは「金足農の吉田を指名?いい投手ですよね。球にスピンが利いてて。甲子園を沸かせましたしね。まあ、せっかくああ(巨人に行きたい)言ってくれていますし、気持ちに応えたいですよね」と話した。

球団内では即戦力投手を指名すべきという意見が上がっていることについて同GMは「そうですね。東洋大には3人いて、日体大にも2人いい投手がいますよね。それに比べて高校生の吉田は即戦力じゃない?うーん、でもいい投手ですから。吉田は1位最有力? はい。プロ志望届を出せば、そうなります」と明言した。




[ 2018年10月26日 21:50 ] カテゴリ:巨人のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
ドラフト投票
リンク
QRコード
QR