ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

2018ドラフト12球団情報まとめ TOP  >  阪神のドラフト情報 >  阪神のドラフト情報(2018年10月)

阪神のドラフト情報(2018年10月)

10月21日 
立命館大・辰己涼介(動画)を視察。阪神球団幹部は「即戦力と聞いています。スカウトからの報告では1年目からレギュラーを張れる力を持っているとの評価」と話し、1位入札の競合抽選に外れた場合、1位指名の可能性もある。同選手には阪神をはじめ全12球団から調査書が届いていることも判明

この日、第1試合で登場した阪神・矢野監督と同じ桜宮高出身の関西大・山本隆広(動画)もリストアップしているもよう。

10月19日 
金沢星稜大・泉圭輔(動画)阪神をはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。187センチの長身から長い手足を生かした角度のある直球が武器の右腕投手。

10月18日 
セ・リーグ最下位に沈みドラフト2巡目はパ・リーグ最下位の楽天の次に指名する権利を得た。球団幹部は「例えクジを外しても、外れ1位を2人獲得できるようなもの」と説明。大阪桐蔭・根尾昂(動画)を競合覚悟で1位指名する可能性が強まった。

聖心ウルスラ学園・戸郷翔征(動画)を上位候補としてリストアップしていることが分かった。宮崎県高校選抜の一員としてU18日本代表戦に救援登板し、大阪桐蔭・藤原恭大、根尾昴手から三振を奪い、注目を集めた右の本格派投手。

即戦力左腕の獲得も目指していることが判明。早稲田大・小島和哉(動画)新日鉄住金広畑・坂本光士郎(動画)らの評価が高いもよう。特に坂本は13日、スカウト5人態勢でチェック。

名城大・栗林良吏(動画)阪神をはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。最速は153キロでスライダーなど変化球を交えて勝負する右の本格派投手。

10月16日
トヨタ自動車、富山凌雅(動画)阪神をはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。9月に行われた阪神2軍とのプロアマ交流戦では、先発で5イニング3安打1失点。10球団のスカウトが見つめる前で好投した。

10月13日 
スカウト会議を行いドラフト候補80人をリストアップ。1位候補について阪神・佐野統括スカウトは「現場の話を聞いていないので。これからです」と明言を避けた。前日、阪神・葛西スカウトが金足農・吉田輝星(動画)と面談したことについても「うちは調査にいった人には各スカウトが面談をしていますから」と慎重に言葉を選んだ。

一方でスポーツニッポンは大阪桐蔭・根尾昂(動画)をドラフト1位入札の最有力候補に挙げていると大きく報道。記事によると阪神球団幹部は「球団内で、やはり1位は誰もがワクワクする選手を指名したいという意見が出ています。それなら根尾君。今年一番、華のある選手」と話しているとのこと。

プロ志望届提出済みの聖心ウルスラ学園・戸郷翔征(動画)阪神など8球団との面談を終えていることが判明した。最速149キロを誇る右の本格派で特に阪神、日本ハム、中日の評価が高く上位指名の可能性がある。

10月12日
プロ志望届を提出した金足農・吉田輝星(動画)のもとへ阪神・葛西スカウトが訪問。同校の中泉監督に調査書を手渡し、吉田輝星本人を交えた面談も行った。まずは3人で15分間。吉田の退席後も約30分間、会談が続いた。

10月10日
亜細亜大・頓宮裕真(動画)阪神など12球団のスカウトが視察。1試合2本塁打、5打点と自慢の長打力をみせつけた。

10月9日
関西大・山本隆広(動画)阪神など10球団のスカウトが視察。被安打7、12奪三振、1失点完投で今秋4勝目を挙げた。また阪神など5球団から調査書が届ていることも判明した。

明治大・逢沢崚介(動画)を視察。1安打1盗塁で2-1での勝利に貢献し、阪神・谷本球団副社長兼球団本部長は「盗塁をしていましたね。(盗塁)失敗もしていましたが。足が速い選手はいい。(本拠地が広い)甲子園ですから」と高評価した。

10月8日
富士大・鈴木翔天(動画)阪神など11球団のスカウトが視察。「真っすぐのキレはよくなってきている」と今春痛めた左ヒジの状態も7、8割ほどに回復し、6回2失点7奪三振と好投した。

10月6日
大学進学が囁かれていた金足農・吉田輝星(動画)が近日中にプロ志望届を提出することになり、阪神・谷本球団本部長は「すぐ出てくるんじゃないかという評価。高校野球を見ている時ですけど。下半身がしっかりしてそうですね。力強い球も投げていますので。変化球のキレに磨きをかけたらもっといいピッチャーになるのでは。(評価は)高いですね。金本監督も気に入っていたと思います。ああいう力投型で」などと話した。

10月3日
報徳学園・小園海斗(動画)阪神など複数球団のスカウトが視察。3回に中堅左へ同点の適時二塁打を放つなど存在感を発揮した。

10月2日
大阪桐蔭・根尾昂(動画)阪神など複数球団のスカウトが視察。打っては通算32号本塁打となる先制2ラン、投げては自己最速150キロを計測するなど、投打に活躍した。

10月1日
阪神のドラフト1位候補に大阪桐蔭・根尾昂(動画)が再浮上しているもよう。報知によると、根尾が再評価された最大の理由はメンタル面。親会社の阪神電鉄幹部は「プレッシャーの強い環境で成功するための精神的な強さと賢さを備えている」と称賛。人気球団に入団しても苦しむことはないと分析。




[ 2018年10月21日 22:58 ] カテゴリ:阪神のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
ドラフト投票
リンク
QRコード
QR