ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

2018ドラフト12球団情報まとめ TOP  >  中日のドラフト情報 >  中日のドラフト情報(2018年10月)

中日のドラフト情報(2018年10月)

10月21日 
八戸学院大・高橋優貴(動画)を視察。中日・米村チーフスカウトは「腕がしっかり振れているので150キロは投げられるでしょうし、チェンジアップなど決め球があることも精神的な自信につながっている」と高評価した。

立命館大・辰己涼介(動画)中日をはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。同選手は3年連続で大学日本代表に選出されているアマチュア球界屈指の外野手で各球団の評価も高くハズレ1位の有力候補と言われている。

10月20日 
菰野・田中法彦(動画)に11球団から調査書が届いていることが判明。中日、日本ハムなどは部長、チーフ級が面談に訪れたもよう。

10月19日 
金沢星稜大・泉圭輔(動画)中日をはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。187センチの長身から長い手足を生かした角度のある直球が武器の右腕投手。

10月18日 
立命館大・辰己涼介(動画)について、中日・米村チーフスカウトは「肩はプロに入ってもトップクラス。シートノックを見るだけでも価値がある。身体能力がすごい」とコメントした。

名城大・栗林良吏(動画)中日をはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。最速は153キロでスライダーなど変化球を交えて勝負する右の本格派投手。

10月16日
トヨタ自動車、富山凌雅(動画)中日をはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。9月に行われた阪神2軍とのプロアマ交流戦では、先発で5イニング3安打1失点。10球団のスカウトが見つめる前で好投した。中日・中原スカウトは「持ち味のストレートに加えて、変化球をさらに磨けば、プロでも大きな戦力になる」と評価 した。

大阪桐蔭高・根尾昂(動画)について中日・与田監督は「いい顔してますよね。走攻守というものがしっかりできている選手。僕自身、高校生の時にあんな力は全くなかったので、スーパーマンのように見えます」と好印象を口にした。また「本人が望むことは何か、しっかり把握してやっていきたい。二刀流なんてことが本当に我がチームで実現されれば、また皆さんが楽しみにしていただけると思う」と二刀流での起用に前向きだった。

10月13日 
プロ志望届提出済みの聖心ウルスラ学園・戸郷翔征(動画)中日など8球団との面談を終えていることが判明した。最速149キロを誇る右の本格派で特に中日、日本ハム、阪神の評価が高く上位指名の可能性がある。

金足農・吉田輝星(動画)のもとへ調査書を届けに訪れた。中日・山本スカウトは「すでに話している通り、根尾(大阪桐蔭)の1位は変わらない。失礼な言い方かもしれないが、残っていればということ」と外れ1位候補の一人として評価していることを伝えたという。

10月12日 
スカウト会議を開催。ドラフト1位は大阪桐蔭高・根尾昂(動画)の指名を公表しており、中日・米村チーフスカウトは「候補を100人程度に絞った。高校生を中心に6、7位まで指名すると思う」と説明した。

またハズレ1位に立命館大・辰己涼介(動画)が有力候補の1人として浮上していることが分かった。辰己が1位入札で消えた場合には、浦和学院・渡辺勇太朗(動画)東洋大・梅津晃大(動画)ら、投手の指名も平行して検討するもよう。

10月11日 
大阪桐蔭・横川凱(動画)の指名を検討していることが分かった。中日・米村チーフスカウトは「今年はドラフト候補の左腕が少ない中で、潜在能力の高さが際立つ」と高評価するなど“山本昌2世”ともいえる逸材だ。3位以降での指名を検討しており、大阪桐蔭・根尾とのダブル獲得を狙う。

また山梨学院・垣越建伸(動画)の上位指名を検討していることも判明。大阪桐蔭・根尾とのつながりが強く、飛騨高山ボーイズ時代の僚友。

金足農・吉田輝星(動画)がプロ志望届を提出したことについて、中日・山本スカウトは「ウチは根尾君を1位指名すると発表しているが、クジを外して、吉田君が残っていた場合には(外れ1位指名を)考える」と話した。

亜細亜大・頓宮裕真(動画)を視察。3試合連続本塁打を放ち、中日・正津スカウトは「これで評価がまた上がる」と話した。

10月10日
亜細亜大・頓宮裕真(動画)を視察。1試合2本塁打を放ち、中日・正津スカウトは「力があるね。一発で仕留められる」と高く評価した。

10月6日
大阪桐蔭・根尾昂(動画)を1位指名する方針を正式表明。中日・森監督は「根尾君を素直に評価している。ウチとすれば一番必要な選手。ぜひ、地元に近い中日で、ひと花もふた花も咲かせて頂ければ。ウチはいろんな人がほしい。根尾は内野もできるし、外野もできるし、投手もできる。打撃も良い。体も大丈夫」などと話した。

本番まで3週間を切ったタイミングでの1位公表について同監督は「駆け引き・・・ですか。いざとなってひっくり返ることも、ないこともないということは・・・ありません!」。

10月4日
大阪桐蔭・柿木蓮(動画)について、中日・中田アマスカウトディレクターは「柿木は間違いなく(ドラフト2位までの)上位24人に入ってくる」と高く評価した。

10月3日
浦和学院・渡辺勇太朗(動画)を視察。中日・中田アマスカウトディレクターは「大谷(エンゼルス)のようなピッチャーになれる素材」と高評価した。

報徳学園・小園海斗(動画)中日など複数球団のスカウトが視察。3回に中堅左へ同点の適時二塁打を放つなど存在感を発揮した。

10月2日
大阪桐蔭・根尾昂(動画)を視察。中日・中田スカウトディレクターは「タイプ的にいえば、西武の松井だよね。身体能力、バネ、遠くへ運べる力。投手からしたら、一番嫌なタイプ。ポジションはショートかなと思うけど、それは本人次第。投手、外野、どこでもできる。単独(指名)でいけるとは思っていません。複数球団がいくでしょう」と話した。




[ 2018年10月21日 23:08 ] カテゴリ:中日のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
ドラフト投票
リンク
QRコード
QR