ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

ドラフト12球団情報まとめ TOP  >  阪神のドラフト情報 >  阪神のドラフト情報(2018年9月)

阪神のドラフト情報(2018年9月)

9月29日
スカウト会議を開催。阪神・佐野アマ統括スカウトは「(リストは)80人程度。志望届とかで変わってくると思います」と話し た。大阪桐蔭・根尾昂(動画)同・藤原恭大(動画)らに加え、大学生では東洋大の上茶谷大河(動画)同・甲斐野央(動画)同・梅津晃大(動画)日体大の松本航(動画)らが上位候補となっているもよう。

関西大・山本隆広(動画)阪神など複数球団のスカウトが視察。「調子は悪かったが、最後の一本を打たせなかったのが良かった」と、6安打完封した。

9月27日
阪神の球団幹部は電鉄本社で坂井オーナーへの定例報告会を行った。出席した谷本副社長は「営業面の報告と、あとは編成面について少し。ドラフトの全選手のリストを渡して、この中から選びますという話をしました」と今秋のドラフト会議(10月25日)へ向けた報告を行ったことを明かした。
 
星槎道都大・福田俊(動画)阪神など5球団のスカウトが視察。すでにプロ志望届を提出済みの左腕は6回投げ2安打13奪三振の好投で勝利に貢献した。

9月23日
創志学園の2年生・西純矢(動画)阪神など複数球団のスカウトが視察。来年のドラ1候補右腕は7回投げ被安打3、無失点、9奪三振と好投した 。

9月20日
亜細亜大・中村稔弥(動画)を視察。阪神・谷本球団本部長は「良かった。140キロ未満でも空振りが取れていた」と評価した。

東洋大・上茶谷大河(動画)を視察。阪神・谷本球団本部長は「思っていた以上に良い投手と感じました。見たのは横からですが、きれいな美しいフォームで。ボールも伸びていてスライダーも切れていました」と評価した。

国学院大・清水昇(動画)を視察。阪神・谷本球団本部長は「良い投手ですね。彼も即戦力じゃないですか」と話した。

大船渡の2年生・佐々木朗希(動画)を視察。阪神・葛西スカウトは「将来は160キロ出そう。もっともっと良くなる素質を持っている」と高評価した。

9月19日
日本大・長沢吉貴(動画)をリストアップしていることが分かった。阪神球団関係者は「赤星氏より上」と足の速さを評価。その他、大阪ガス・近本光司(動画)立命館大・辰己涼介(動画)ら同じ俊足外野手も注目していく。

青山学院大・河端優馬(動画)阪神など複数球団のスカウトが視察。開幕戦から先発した3試合をすべて完封と圧巻の投球を披露した。

9月16日
立命館大・辰己涼介(動画)阪神など10球団のスカウトが視察。今季初安打を放ち、通算安打数を105に伸ばした。

関西大・山本隆広(動画)阪神など10球団のスカウトが視察。右肘の剥離骨折で今春は棒に振ったが、直球の最速は147キロを計測し「7、8割くらいまで戻ってきた」と手応えも口にした。

9月15日
トヨタ自動車・富山凌雅(動画)阪神など10球団のスカウトが視察。阪神2軍を相手に5回投げ3安打、1失点と好投した。阪神はスカウト3人態勢で視察。先発型の即戦力左腕は今秋ドラフトで重要な補強ポイントとなり今後もマークを続けていく。

9月7日
金足農・吉田輝星(動画)に1位指名する可能性があることが分かった。スポニチによると、阪神球団幹部は「実力的には、吉田君は即戦力投手として評価しています。投球フォームも、投げるボールも完成度が高い。大学進学という話も入っていますが、プロ志望となれば1位候補に入ってくるでしょう」と話しているとのこと。

9月4日
阪神球団幹部は「昨年のようなこと(早実高・清宮指名を9月下旬に表明)はしないと思います。戦略的なこともありますから」と、1位指名を当日まで公表しない方針を明かした。

9月3日
立命館大・山上大輔(動画)同・辰己涼介(動画)阪神など7球団のスカウトが視察。山上は14三振を奪う力投をみせるも、辰己は4打数無安打に終わった。

9月2日
ドラフトが近づいてきたため、9月1日からスカウト陣に箝口令が敷かれていることが分かった。U18アジア選手権には3日から畑山チーフアマスカウトが、4日から佐野統括スカウトらが宮崎へ駆けつける予定。




[ 2018年09月29日 19:05 ] カテゴリ:阪神のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
ドラフト投票
リンク
QRコード
QR