ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

2018ドラフト12球団情報まとめ TOP  >  ヤクルトのドラフト情報 >  ヤクルトのドラフト情報(2018年6月)

ヤクルトのドラフト情報(2018年6月)

6月25日
高岡商・山田龍聖(動画)ヤクルトをはじめ12球団のスカウトが視察していることが分かった。身長182センチの大型左腕投手。

6月24日
東洋大・甲斐野央(動画)が大学日本代表選考合宿の紅白戦で最速153キロをマークし2三振を奪う好投。ヤクルトをはじめ12球団のスカウトが視察した。

湖西・水野喬日ヤクルトをはじめ12球団スカウトが視察に訪れていることが判明。身長177センチ、右投右打。最速145キロ。

6月15日
スカウト会議を開催し約60人に絞り込んだ。1位候補として大阪桐蔭・藤原恭大(動画)同・根尾昂(動画)東洋大・上茶谷大河(動画)同・甲斐野央(動画)同・梅津晃大(動画)らが挙がった。ヤクルト・伊東編成部長は「(現状は)投手陣の年齢層が高い。これから選手の補強ポイント、他球団の動き、現場の要望を受けて考えていきたい」と話した。

6月14日
東洋大・上茶谷大河(動画)同・梅津晃大(動画)が九産大戦で登板。ヤクルトをはじめ12球団のスカウトが視察する中、上茶谷が2回1/3を6失点、梅津が4回1/3を4失点と、ともに乱調で初戦で敗れた。

6月12日
立命館大・辰己涼介(動画)を視察。4打数2安打2打点と結果を出し、ヤクルト・橿淵スカウトグループデスクは「肩と足はトップレベルと見ていて、きょうのようにいい所でタイムリー、それもレフトオーバーが打てるパンチ力もついてきた。攻守走で糸井(阪神)タイプに成長する素材」と高評価した。

6月9日
金足農・吉田輝星(動画)が東北大会・専大北上戦で9回投げ3安打、8奪三振、1失点。MAX146キロを計測。ヤクルトをはじめ12球団のスカウトが視察した。

6月8日
明桜・山口航輝(動画)が東北大会・磐城戦で130メートル弾を放つなど2安打3打点の活躍。ヤクルトをはじめ11球団のスカウトが視察した。

6月5日
ホンダ・斎藤友貴哉(動画)を視察。7回投げ3安打、無失点、9奪三振の投球に、ヤクルト・伊東編成部長は「アマチュアではトップクラス。(ドラフト1位の)12人に間違いなく入る」と高評価した。

6月1日
パナソニック・吉川峻平(動画)がNTT西日本から12三振を奪い2失点完投。ヤクルトをはじめ12球団のスカウトが視察した。




[ 2018年06月25日 18:56 ] カテゴリ:ヤクルトのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
ドラフト投票
リンク
QRコード
QR