ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 スカウト評価
2018指名予想 12球団情報まとめ 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

12球団ドラフト情報まとめ TOP  >  阪神のドラフト情報 >  阪神のドラフト情報(2018年2月)

阪神のドラフト情報(2018年2月)

2月25日
法政大・森田駿哉(動画)を視察。昨年2月に手術を受け復活登板で1回を無安打、無得点に抑え、阪神・葛西スカウトは「これからもっと良くなる」と話した。

2月24日
阪神2軍が3月27日に今秋のドラフト上位候補・山本隆広(動画)擁する関大と練習試合を行うことが分かった。矢野2軍監督がスカウトとなって直々にチェックすることが可能となる。同投手は2015年まで阪神で投手コーチを務め、現在は母校・関大でアドバイザリースタッフを務める山口高志氏の教え子で、「山口高志2世」の呼び声高い右腕投手。

1月27日
スポニチによると、阪神はドラフト1位候補としてリストアップしている大阪桐蔭・根尾昂(動画)遊撃手として評価していることが分かった。球団関係者は「根尾君は投手としても素晴らしい素材ですが、プロでは遊撃手でしょう。肩が強くて足も速く、守備範囲が広い。打撃もシュアで長打力もある。いい内野手になる条件を持ち合わせています」と話しているとのこと。

1月20日
下は阪神タイガースの2018編成&スカウトの顔ぶれです。(週刊ベーボール1月29日号を参考)

阪神の2018編成&スカウト一覧
球団本部本部長谷本 修
球団本部アマスカウト統括スカウト佐野 仙好
球団本部アマスカウトディレクター課長永吉 和也
球団本部アマスカウト統括補佐畑山 俊二
球団本部アマスカウト熊野 輝光
球団本部アマスカウト山本 宣史
球団本部アマスカウト平塚 克洋
球団本部アマスカウト葛西 稔
球団本部アマスカウト田中 秀太
球団本部アマスカウト吉野 誠
球団本部アマスカウト筒井 和也


1月9日
阪神はスカウト会議を開催、約200人をリストアップした。大阪桐蔭・根尾昂(動画)同・藤原恭大(動画)報徳学園・小園海斗(動画)と、近畿に金の卵が多数そろい、阪神・佐野統括スカウトは「注目していきたいです」と話した。

また、これまで中国地方の一部と九州を担当していた田中秀太スカウトが九州エリア専任となる。佐野統括スカウトは「大会を地区ごとに行うので、そういう方がベターではないか」と説明した。

1月6日
今秋ドラフト候補がそろう大阪桐蔭高が始動、阪神など4球団スカウトが視察した。阪神・畑山スカウトは根尾昂内野手(動画)について「打撃に関しては自分の形がだいぶ作れてきている。投手というのも含めて、いろんな可能性を秘めた選手。同世代の中での圧倒的な力を見せていくのを、夏までに期待したい」などと話した。




[ 2018年02月25日 08:31 ] カテゴリ:阪神のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
ドラフト投票
リンク
QRコード
QR