ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

2018ドラフト12球団情報まとめ TOP  >  ヤクルトのドラフト情報 >  ヤクルトのドラフト情報(2017年12月~2018年2月)

ヤクルトのドラフト情報(2017年12月~2018年2月)

2月20日
サンスポによると、ヤクルトは今秋ドラフトの上位指名候補として大阪桐蔭高・藤原恭大(動画)をリストアップしているもよう。記事によるとヤクルト球団関係者は「打撃が良くて、足もある。守備もうまい。現役時代の稲葉監督のようなイメージ。体が大きく、スケールを感じさせる。(外野手のチーム平均年齢は30.1歳で)若い選手で外野の専門家がいない。筆頭候補になる」と話しているとのこと。

1月9日
今秋ドラフト上位候補、埼玉栄・米倉貫太(動画)が始動。東北高時代にダルビッシュを指導した若生監督が「力はダルビッシュの同じ時期より上」と絶賛する逸材をソフトバンク、ヤクルトのスカウトが視察した。

1月6日
今秋のドラフト戦略についてヤクルト・衣笠球団社長は「育成は継続しないといけない。早い話になりますが、最低3人、できれば4人の高校生を取って、強いチーム作りを心掛けていきたい」と語った。

柿木蓮(動画)横川凱(動画)根尾昂(動画)山田健太(動画)藤原恭大(動画)ら今秋ドラフト候補がそろう大阪桐蔭高が始動。ヤクルト、阪神、中日、オリックスの4球団が視察した。

12月30日
村上宗隆(2017ヤクルト1位)の2学年上の兄で、東海大・村上友幸投手(2年)をドラフト候補として注視していることが分かった。ヤクルト・斉藤スカウトは「2年生ですし、伸びしろがあります。まだオープン戦でしか投げていないけど、楽しみな投手。身長が高く、他の選手より頭一つ抜けている。弟がドラフト1位だから刺激を受けているようです」と説明。小川監督も「2年後にどうなるか楽しみ。村上のお父さんに『(兄を)よろしくお願いします』といわれた」と話した。

12月2日
2位指名の三菱重工広島・大下佑馬(動画)と入団交渉を行い、契約金7500万円、年俸1200万円で仮契約した。




[ 2018年02月20日 19:58 ] カテゴリ:ヤクルトのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
ドラフト投票
リンク
QRコード
QR