ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 指名予想 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

2018ドラフト12球団情報まとめ TOP  >  オリックスのドラフト情報 >  オリックスのドラフト情報(2018年1~4月)

オリックスのドラフト情報(2018年1~4月)

4月21日
亜細亜大・中村稔弥(動画)を視察。中央大相手に9回1失点、10奪三振の投球に、オリックス・古屋編成部副部長は「ピッチングに意図がある。(前回登板から)修正してきた」と評価した。

4月18日
亜細亜大・頓宮裕真(動画)が中央大戦で2打席連続弾。オリックスをはじめ12球団のスカウトが視察した。

4月12日
東洋大・上茶谷大河(動画)を視察。9回4安打、1失点の投球にオリックス・古屋編成部副部長は「ストライク先行でコースに投げ分けられる」と話した。

4月11日
東洋大・梅津晃大(動画)が中大戦で7回を投げ1失点(自責0)、7奪三振、MAX153キロを計測。オリックスをはじめ12球団のスカウトが視察した。

駒沢大・白銀滉大(動画)を視察。MAX149キロを計測し、オリックス・古屋編成部副部長は「速いボールを投げるね」と話した。

4月10日
東洋大・上茶谷大河(動画)が中大戦で16三振を奪い6安打完封。オリックスをはじめ日米15球団のスカウトが視察した。

4月4日
大阪桐蔭・根尾昂(動画)について、オリックス・谷口スカウトは「タイプ的には松井稼頭央(西武)選手。肩があって足があって長打も打てて率も残せる。理想としてはそういう選手」と評価した。

4月1日
大阪桐蔭・根尾昂(動画)を視察。オリックス・谷口スカウトは「スピードガンの表示よりも早く見えるし、初速と終速の差がない。投手か打者かを選ぶのは、後からでも十分間に合う。誰にもできることじゃないし、いろいろ経験してほしい」と話した。

3月31日
大阪桐蔭・藤原恭大(動画)について、オリックス・古屋編成部副部長は「右膝を痛めていても、走る姿勢がいい。総合面でナンバー1」と評価した。

3月30日
明徳義塾・市川悠太(動画)について、オリックス・古屋編成部副部長は「数少ない横手投げでタフ」と話した。

3月27日
大阪桐蔭・藤原恭大(動画)を視察。5打数2安打の活躍にオリックス・長村球団本部長は「いい足しとる。走攻守、高いレベル。高校生ではトップレベルでしょうね。(大阪桐蔭は)他のチームと比べてもチーム力はすごい。個々の能力が高い」と評価した。

大阪桐蔭・柿木蓮(動画)を視察。6回投げ2安打、無失点、10三振の投球にオリックス・長村球団本部長は「フィニッシュが強くて球が指にかかっていた。球のキレ、角度がある」と評価した。

3月15日
天理・太田椋(動画)が乙訓との練習試合で2打数1安打、1四球。オリックス・阪神・広島など7球団のスカウトが視察した。

3月13日
ホンダ・齋藤友貴哉(動画)が明治安田生命戦に登板し、8回5安打1失点(自責0)の好投。オリックスをはじめ全12球団とフィリーズのスカウトが視察した。

3月12日
東芝・岡野祐一郎(動画)が東京ガス戦に登板し、7回2/3を投げ3安打、無失点の投球。オリックスをはじめ全12球団、米1球団の計13球団のスカウトが視察した。

3月6日
オリックスはスカウト会議を開き、「山口高志2世」の関大・山本隆広(動画)をドラフト上位候補に挙げた。オリックス・長村球団本部長は「当然、リストに入っている。これから始まるリーグ戦も見に行きたいと思っている。月に1回は担当スカウトから報告を受けて、判断していきたい」などと話した。山本は、オリックスの前身の阪急OBで、関大のアドバイザリースタッフを務める山口高志氏(1974阪急1位)の教え子。

3月4日
東洋大と楽天2軍のオープン戦を視察。東洋大・梅津晃大(動画) についてオリックス・古屋編成部副部長は「 排気量が多い」と高い潜在能力を評価した。

2月24日
日本体育大・松本航(動画)同・東妻勇輔(動画)を視察。オリックス・谷口スカウトは「プロのキャンプを見て来た後ですが、2人ともそれに劣らないくらいボールの威力がある」と話した。

2月17日
東洋大・梅津晃大(動画)同・甲斐野央(動画)を視察。オリックス・古屋編成部副部長は「梅津は腕の振り下ろし方が(エンゼルスの)大谷みたい」と高く評価した。

2月6日
デイリースポーツによると、オリックスは今秋ドラフト1位候補として大阪桐蔭・藤原恭大(動画)を徹底マークするもよう。記事によると、藤原は小6だった2012年のNPB12球団ジュニアトーナメントでバファローズジュニアのエース兼主力打者としフル回転。本塁打を放つなど大活躍し、オリックス・球団関係者は「彼はバファローズジュニアでプレーしていますから縁があると思っています」と話しているとのこと。

1月12日
オリックスはスカウト会議を開き、約300人をリストアップ。大阪桐蔭・根尾昂(動画)同・藤原恭大(動画)報徳学園・小園海斗(動画)と並び、天理・太田椋(動画)に注目していくことが判明した。太田についてオリックス・長村球団本部長は「大阪桐蔭の根尾君と藤原君、報徳学園の小園君らと一緒に去年から見ている。ええ体しているしね。ひと冬越して、どのくらい成長するのかを見て。春、夏と見ていきたいね」と話した。太田の父・暁氏はオリックス打撃投手を務めている。

1月6日
柿木蓮(動画)横川凱(動画)根尾昂(動画)山田健太(動画)藤原恭大(動画)ら今秋ドラフト候補がそろう大阪桐蔭高が始動。阪神、中日、ヤクルト、オリックスの4球団が視察した。

12月23日
日刊スポーツによると、オリックスは18年のドラフト1位候補に大阪桐蔭・根尾昂(動画)藤原恭大(動画)を挙げ、密着マークを実施するもよう。記事によると、根尾についてオリックス・球団関係者は「先輩の中田翔(日本ハム)のように大学生、社会人でできることが今できている」と評価。関西担当は同校OBの谷口スカウトというパイプを生かし、地元の逸材を徹底マークするとのこと。

12月18日
2位指名の日立製作所・鈴木康平投手(動画)は登録名に決まっている「K-鈴木」のユニホームを初お披露した。「やってやる! という気持ちが強い。登録名が『K-鈴木』になるので、奪三振王を目指したいです。名前のイニシャルがKですし、三振のKでもある。いいですよね。先発がやりたい。勝てる投手になりたい」などと話した。




[ 2018年04月21日 17:36 ] カテゴリ:オリックスのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
ドラフト投票
リンク
QRコード
QR