ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 スカウト評価
2018指名予想 12球団情報まとめ 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

12球団ドラフト情報まとめ TOP  >  DeNAのドラフト情報 >  DeNAのドラフト情報(2017年10月)

DeNAのドラフト情報(2017年10月)

10月28日
1位指名の立命館大・東克樹(動画)に指名挨拶。DeNA・吉田スカウト部長は「負けず嫌いな顔をしている。ローテーションを1年間守ってくれる投手になってほしい」などと話した。

10月27日
26日にドラフト会議が行われ、DeNAは以下の選手を指名した。

横浜DeNAベイスターズ
1位東克樹 (立命館大・投)動画
2位神里和毅 (日本生命・外)動画
3位阪口皓亮 (北海高・投)動画
4位斎藤俊介 (JX-ENEOS・投)動画
5位桜井周斗 (日大三高・投)動画
6位寺田光輝 (BCリーグ石川・投)動画
7位宮本秀明 (パナソニック・内)動画
8位楠本泰史 (東北福祉大・内)動画
9位山本祐大 (BCリーグ滋賀・捕)動画
育1中川虎大 (箕島高・投)動画


▼ドラフト会議後のDeNA・ラミレス監督のコメント
「1位で素晴らしい選手をとれて満足。東選手はポテンシャルが高い。制球も素晴らしいが、球種のコンビ、スピードは150キロ以上。何より精神面でセルフコントロールできる」


 10月26日
スカウト会議を開催。1位候補をJR東日本・田嶋(動画)立命館大・東(動画)早実・清宮(動画)履正社・安田(動画)の4人に絞り込み、ドラフト当日に決定することになった。スポーツ紙のDeNAドラフト1位予想も割れ、日刊スポーツと報知は田嶋、スポニチ、サンスポ、デイリー、中スポの4紙は清宮1位と予想している。

10月24日
JX-ENEOS・斎藤(動画)を視察。DeNA・八馬スカウトは「球種もいろいろあるし、実戦向き」と評価した。

10月22日
22日も雨天順延となった場合、25日に横浜市内で開催予定のスカウト会議にラミレス監督が出席できない可能性が浮上。ドラフト1位を最終決定する重要な会議だが、報知によると「その場合、高田GMがチームを離れて会議に出席することになりそうだ」・・・とのこと。

10月17日
日刊スポーツは、DeNAが星槎国際湘南・本田(動画)を上位候補にリストアップしていると報道。記事によると、球団首脳は「間違いなくプロに行ける選手。3位だと残っていないかもしれない。ただ、うちは地元だからというのはない。いい選手を指名するというスタンスです」と説明したとのこと。

10月9日
慶応大・岩見(動画)を視察。DeNA・河原スカウトは「左翼の守備を度外視していいほど、打球の飛距離が飛び抜けている。どうしてもスラッガーが欲しい球団では上位に入ってくるかもしれない」とコメントした。

10月8日
慶応大・岩見(動画)を視察。DeNA・欠端西日本スカウトグループリーダーは「飛ばす力はずばぬけている」と評価した。

10月3日
ラミレス監督の甥っ子、BCリーグ・群馬のヨンデル・ラミレス投手(動画)をリストアップしているもよう。DeNAの2軍施設で行われた入団テストを受験。スポーツ報知によると、球団幹部は「ドラフトに向けてのテスト。いい選手がいれば指名するということ」と話し、育成枠での指名を検討しているとのこと。

早実・清宮(動画)と面談。DeNA・吉田編成スカウト部長は「いつの間にかという感じで時間が過ぎた。向こうの考えを聞こうと思っていて、こちらは育成の方針や施設の説明をした。そうしたら、清宮君から『筒香選手は、どうしてあのようになったのか?』と聞かれ、それを最初から説明したよ」とコメント。清宮は興味津々だったとのこと。




[ 2017年10月28日 17:20 ] カテゴリ:DeNAのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
ドラフト投票
リンク
QRコード
QR