ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

12球団ドラフト情報まとめ TOP  >  阪神のドラフト情報 >  阪神のドラフト情報(2017年10月)

阪神のドラフト情報(2017年10月)

10月29日
4位指名の上武大・島田(動画)に指名挨拶。阪神・吉野スカウトは「足が一番のアピールポイント。盗塁はピッチャーとの対戦なので、経験してもらうしかないと思う。実戦の中で成長していってくれれば」などと話した。

育成1位指名の上武大・石井(動画)に指名挨拶。阪神・吉野スカウトは「能力は高い選手。自信さえつけば、結果はついてくる」と期待した。

10月28日
1位指名の仙台大・馬場(動画)に指名挨拶。阪神・葛西スカウトは「先発しても、(試合の)中盤から終盤にかけてスピードが落ちない。春からこの秋にかけて、不調の時期がなかった」などと話した。

倉敷商・引地(動画)を阪神、オリックスなどのスカウトが視察。同投手はこの日最速144キロをマークするなど来年のドラフト候補に挙げられている。

10月27日
26日にドラフト会議が行われ、阪神は以下の選手を指名した。

阪神タイガース
×清宮幸太郎 
×安田尚憲 
1位馬場皐輔 (仙台大・投)動画
2位高橋遥人 (亜細亜大・投)動画
3位熊谷敬宥 (立教大・内)動画
4位島田海吏 (上武大・外)動画
5位谷川昌希 (九州三菱自動車・投)動画
6位牧丈一郎 (啓新高・投)動画
育1石井将希 (上武大・投)動画


▼ドラフト後の阪神・金本監督のコメント
「(馬場は)馬力のあるというか、球速も150キロを超える。タフなピッチャーという印象です。うちは先発の枚数が足りないので、チーム状況を考慮しての指名だった」


10月26日
デイリースポーツはヤマハ・鈴木(動画)を阪神の外れ1位候補、BCリーグ滋賀・山本(動画)を同・隠し玉と大きく報道。山本については「ドラフト3、4位以降での獲得を狙う」としている。

スポニチは上武大・島田(動画)を虎の隠し玉と大きく報道。記事によると10月14日には佐野統括スカウトを含む3人が上武大を訪れ最終チェックしたとのこと。同じく滝川二・高松(動画)も指名候補に入れているようだ。遊撃手では立教大・熊谷(動画)の指名も検討しているもよう。

スポーツ報知は、佐渡・菊地(動画)を阪神の隠し玉と報道。

10月25日
日刊スポーツは、阪神は外れ1位候補の筆頭に立命館大・東(動画)を挙げていると報道。明治大・斉藤(動画)亜細亜大・高橋(動画)らもリストアップしているもよう。

10月23日
デイリースポーツによると、阪神はドラフト3位~4位あたりで遊撃手を指名する予定とのこと。記事では国学院大・諸見里(動画)立大・熊谷(動画)NTT東日本・福田(動画)の名前を挙げている。

滝川二・高松(動画)を阪神がリストアップしていることが判明。報知によると「現時点で高松は下位指名候補だが、他球団の動向次第では順位が繰り上がる可能性もある」・・・とのこと。

スポニチは阪神の外れ1位候補に履正社・安田(動画)が急浮上と1面で大きく報道。その他、サンスポ大阪版はBCリーグ信濃・山崎(動画)を虎(阪神)の隠し玉と報道した。

10月22日
岡山商大・近藤(動画)を視察。球団方針によりスカウトのコメントはなかったが、デイリースポーツは近藤を「虎の恋人」と報じた。

10月21日
デイリースポーツは「清宮外れたらドラ1~3まで即戦力投手」と裏一面大見出しで報道。記事では、外れ1位で明大・斉藤(動画)、2位以下で亜大・高橋(動画)三菱自動車岡崎・山本(動画)専大・高橋(動画)の名前を挙げている。

10月19日
阪神・金本監督はドラフトについて「うちはもう清宮1位指名で決定しています」と断言。さらに「何とか運がいい人と出会って、お参りにいって、当たりくじを引けるようにしたい」と徹底した準備をして臨む方針を語った。

10月18日
関西国際大・黒岩(動画)に阪神、巨人の2球団から調査書が届いていることが判明。同投手は17日の天理大戦後、「プロに入ることができれば、終盤の1イニングを任されるような投手になりたい」とコメントした。

10月17日
岡山商大・近藤(動画)に12球団全てから調査書が届ていることが判明。デイリースポーツによると、阪神は6月の近藤の登板に佐野アマ統括スカウトら総勢12人で視察。担当の山本スカウトは「体が大きいし、真っすぐは球速が出るというのもあるけど、力があるから魅力」と高い評価を与えていたとのこと。

10月14日
スカウト会議を開催し指名候補選手の最終確認を行った。今ドラフトで5~6人を指名する予定で、阪神・佐野アマ統括スカウトは「うちとしては70人くらいのリストの中で、みんなと話し合いをして、意見を聞いた」と説明した。すでに1位指名は早実・清宮(動画)で決定済み。

日刊スポーツによると、阪神は立教大・熊谷(動画)を上位候補にリストアップしているもよう。記事によると、「内野手も重要な補強ポイントで、奈良学園大・宮本丈内野手とともに、俊足、強肩の熊谷を高く評価している」とのこと。

サンケイスポーツによると、阪神は専修大・高橋(動画)をリストアップしているもよう。記事によると、専修大・斎藤監督が「特に阪神のスカウトが熱心に見てくれている」と話したとのこと。

10月10日
立命館大・東(動画)に11球団スカウトが集結。阪神は和田SAをはじめ最多の8人態勢で視察した。(球団方針によりスカウトのコメントなし)

10月9日
スポニチは阪神のハズレ1位に東京大・宮台(動画)が急浮上していると1面大見出しで報道。記事によると、阪神・佐野アマ統括スカウトが連日、球場まで足を運び視察。球団幹部も「魅力ある選手。故障歴や弱点などを正確に把握し、こちらである程度(の時間をかけて)、見ることができるというのであれば(上位指名も)いいと思います」と高く評価したとのこと。

10月4日
奈良学園大・宮本(動画)を3人態勢で視察。担当の山本アマスカウト、畑山チーフスカウト、佐野アマスカウトも加わるクロスチェックで、その動きを追った。(ドラフト間近のため球団方針によりスカウトのコメントなし)

中央大・鍬原(動画)を本気モードの6人態勢で視察した。(ドラフト間近のため球団方針によりスカウトのコメントなし)

10月3日
早実・清宮(動画)と面談。育成プランなどこの日のために作成した資料を用いて熱く説明。阪神・佐野アマ統括スカウトは「ウチとしては、1位で指名させていただきます、と伝えた。育成という中で、こういう形でやっていますよと(説明した)」と話した。

10月1日
阪神は明治大・斉藤(動画)を高野球団本部長を含む4人態勢で視察。ドラフト前のためスカウトのコメントなし。




[ 2017年10月29日 14:59 ] カテゴリ:阪神のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
ドラフト投票
リンク
QRコード
QR