ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

12球団ドラフト情報まとめ TOP  >  巨人のドラフト情報 >  巨人のドラフト情報(2017年10月)

巨人のドラフト情報(2017年10月)

10月31日
育成1位指名の盛岡大付・比嘉(動画)に指名挨拶。巨人・柏田スカウトは「まずはプロのスピードになれて、体力、筋力を一回りスケールアップしなければいけない。下地は十分に持っている。将来的にはショート、内野手のレギュラーとして期待している」などと話した。

育成2位指名の常磐・山上(動画)に指名挨拶。巨人・吉武スカウトは「右の先発完投型になってほしい」と期待した。

10月28日
来年のドラフト候補、東洋大・甲斐野(動画)を視察。巨人・岡崎スカウト部長は「球に力がある。来年が楽しみ」と評価した。

10月27日
26日にドラフト会議が行われ、巨人は以下の選手を指名した。

読売ジャイアンツ
×清宮幸太郎 
×村上宗隆 
1位鍬原拓也 (中央大・投)動画
2位岸田行倫 (大阪ガス・捕)動画
3位大城卓三 (NTT西日本・捕)動画
4位北村拓己 (亜細亜大・内)動画
5位田中俊太 (日立製作所・内)動画
6位若林晃弘 (JX-ENEOS・内)動画
7位村上海斗 (奈良学園大・外)動画
8位湯浅大 (健大高崎高・内) 
育1比嘉賢伸 (盛岡大付高・内)動画
育2山上信吾 (常磐高・投)動画
育3笠井駿 (東北福祉大・外) 
育4田中優大 (羽黒高・投) 
育5広畑塁 (立正大 ・捕)動画
育6小山翔平 (関西大・捕) 
育7折下光輝 (新野高・内)動画
育8荒井颯太 (関根学園高 ・外)動画


▼ドラフト後の巨人・高橋監督のコメント
「評価が高い順にとれた。野手を多めにというのは最初からそういう方針。(捕手2人の指名は)野手としての評価も高い。打撃もそうだし身体能力も高いから可能性はあるということ」


 10月26日
スカウト会議を開催。巨人・鹿取GMは「野手が多くなると思う」と野手中心のドラフト戦略を確認。1位候補は昨日と変わらず3人。報知は外れ1位候補として履正社・安田(動画)九州学院・村上(動画)の2人を挙げている。

10月25日
スカウト会議を開催。巨人・岡崎スカウト部長は1位指名について「まだ決まっていない。1位は当日。最後の最後でないと誰とはいえない。(候補は)3人ぐらい。(投手と野手)両方です」と3人に絞り込んだことを明言。

それでもスポーツ報知は「早実・清宮(動画)を1位指名する方針で固まっており、その他に評価が高いのは九州学院・村上(動画)、履正社・安田(動画)、横浜・増田(動画)」と報じた。

スポニチは、巨人が、啓新・牧(動画)を上位指名候補としてリストアップしていると報道。記事によると、球団関係者は「高校生の投手では上のレベル」と話すなど、高く評価しているとのこと。

10月23日
横浜商大・渡辺(動画)に巨人を含む7球団から調査書が届いていることが判明。同投手は「指名があればどの球団でも行く」と12球団OKの構え。

10月22日
大阪ガス・岸田(動画)の指名を検討しているもよう。日刊ゲンダイによると、「関係者の話を総合すると、巨人はどうやら3位での指名を狙っているようだ。しかし、他球団の動向次第では、2位に繰り上げて指名に踏み切ることもありそうだ」・・・とのこと。

岡山商大・近藤(動画)を視察。巨人・渡辺スカウトは「広島の岡田に似ている」と評し、真っすぐ、変化球とも低めに集められれば「十分、先発ローテで回っていける」と評価した。

明治大・斉藤(動画)に全12球団から調査書が届いていることが判明。巨人の福王・東日本統括スカウトは「抜けるボールも投げられるようになり、幅が広がった」とコメントした。

10月21日
中央大・鍬原(動画)を視察。巨人・井上チーフスカウトは「真っすぐの質がいい。先発でもリリーフでも適性がある」と評価した。

大阪市立大・土井(動画)に巨人から調査書が届いていることが判明。

10月20日
巨人が今季から現場首脳陣の意見も重視しながら、ドラフト選定作業を進めることになった。中日スポーツによると、「鹿取GMがドラフト戦略の見直しに動き、コーチ陣に候補選手を映像でチェックするように依頼。スカウト陣が二重、三重で確認した候補選手を、最終チェックする場を設けた」・・・とのこと。

10月18日
関西国際大・黒岩(動画)に巨人、阪神の2球団から調査書が届いていることが判明。同投手は17日の天理大戦後、「プロに入ることができれば、終盤の1イニングを任されるような投手になりたい」とコメントした。

10月14日
巨人・高橋監督が読売新聞東京本社を訪問。早実・清宮(動画)について渡辺主筆らから質問を受けたそうで、指揮官は「どれくらいの確率なんだろうか、1位以外もチームには大事な部分だから、どういった選手が挙がっているのかという話も聞かれました」と明かした。サンスポによると、広陵・中村(動画)の話題も出たとのこと。

10月13日
巨人、広島など6球団がBFL兵庫・田中(動画)に調査書の記入を依頼したことが分かった。田中は7月の巨人との練習試合で2本塁打を含む4安打6打点。9月19、20日の楽天戦でも2試合連発と好調で、ここにきてプロの評価が高まっている。

10月11日
亜細亜大・高橋(動画)を視察。巨人・井上チーフスカウトは「左であれぐらいの直球が投げられれば、1軍で使える」と評価した。

10月4日
奈良学園大・宮本(動画)を視察。巨人・益田スカウトは「即戦力野手であることは間違いない。実戦向きだね」。巨人・井上チーフスカウトは「将来性がある選手。(7回の適時打は)持ってますね」とそれぞれ評価した。

中央大・鍬原(動画)を視察。巨人の福王・東日本統括スカウトは「安心して見ていられる。それだけコントロールが良いということ」と高評価した。

10月3日
早実・清宮(動画)と面談。球団トップの石井一夫球団社長ら、この日面談した10球団の中で最多5人が出席。巨人・岡崎スカウト部長は「今まではテレビとか球場で遠くで見てましたけど、1メートルくらいのところで見ると、すごく雰囲気があるし、好青年だなと感じました。聡明な感じがします。自分の高校時代を考えると、素晴らしいと思いました」とコメントした。ポスティング移籍の話は出なかった模様。

10月2日
仙台大・馬場(動画)を視察。巨人・岡崎スカウト部長は「パワー系の投手。直球と落ちる球(のコンビネーション)がいい」と高評価した。




[ 2017年10月31日 14:50 ] カテゴリ:巨人のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
ドラフト投票
リンク
QRコード
QR