ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
2017ドラフト
情報まとめ
ホームに
もどる

12球団ドラフト情報まとめ TOP  >  ヤクルトのドラフト情報 >  ヤクルトのドラフト情報(2017年8月)

ヤクルトのドラフト情報(2017年8月)

8月18日
広陵・中村(動画)についてヤクルト・小川SDは「もともと評価は高かった。うちはまだ決まっていないが、捕手というポジションだし、(甲子園での活躍で)1位指名されるくらいに評価を上げたと思う」と高評価。

8月17日
横浜・増田(動画)についてヤクルト・斉藤スカウトは「選球眼が良く、反対方向にも強い打球が打てる。外角球を意識しながら、内角の球に対しては体をクルッと回転させて左方向に長打を打てる技術もあります。ボールを長く見られるので三振が少なく、率を残せる。神奈川大会の5本塁打で長距離砲のイメージがあるかもしれませんが、本来は中距離打者。将来的には3割、20本塁打をコンスタントに打てる。巨人の長野タイプです」と高評価。

8月16日
ヤクルト・小川SDはドラフト会議の上位候補について「大学や社会人を見て決めることだから」と前置きしたうえで、「広陵の中村(動画) はよかった。あとは早実・清宮履正社・安田は(ドラフトの)上位候補に入る」とコメント。

8月14日
天理・神野(動画)を視察。ヤクルト・小川SDは「二、四回と2打席連続本塁打を打った。進学希望と聞いたが、2本ともリストの強さやパワーを感じた。地元では天理のバレンティンとまでいわれているそうで、注目される甲子園ではメンタルの強さを発揮した」と高評価。

二松学舎大付・永井(動画)を視察。ヤクルト・小川SDは「5打数5安打。2打席目はしっかりしたスイングで4番らしい打球を放った。次戦では本塁打が期待される」と高評価。

8月13日
北海・阪口(動画)を視察。ヤクルト・小川SDは「バランスのよさに目を奪われた。球場表示で148キロという直球のスピードはもちろん、1メートル86、80キロと恵まれた体からの角度があるボールは魅力。柔らかなテークバックで、真上からコンパクトに投げ下ろすような右腕の使い方もいい」などと高評価。

8月12日
広陵・中村(動画)を視察。 ヤクルト・小川SDは「能力の高さを証明してくれた。肩も長打力も捕手としてのフットワークも、一つ一つで能力の高さを感じた。高校生の捕手では抜けている存在」と高評価。

横浜・増田(動画)を視察。ヤクルト・小川SDは「5回の三盗成功からは、試合における意識の高さも感じられた」と高評価。

8月11日
花咲徳栄・西川(動画)を視察。ヤクルト・小川SDは「タイミングの取り方や、1球で仕留めたい場面で仕留める力を見せてもらった。守備では、風で戻された打球に対してダイビングキャッチ。球際の強さも大事なことだ。痛めていた肩の状態は詳しくはわからないが、打撃、足、捕球と野球のセンス、雰囲気を感じた」などと高評価。

8月10日
盛岡大付・平松(動画)を視察。ヤクルト・小川SDは「パワーピッチャーで、一回にも九回にも143キロが表示された。縦、横のスライダー、カーブといった変化球でも腕が振れ、死球もあったが、インサイドで空振りもとれていた」などと評価。

8月9日
波佐見・内野(動画)を視察。ヤクルト・小川SDは「鋭いスイングにパンチ力を感じ、4打席目には変化球を右前適時打にしたバットコントロールのうまさ、柔らかさも持ち合わせている。これが高校通算18本目。右投げ左打ちで中学時代は捕手。1メートル75、83キロの体形で、大阪桐蔭高時代の森友哉捕手タイプの長距離打者として楽しみ」などと高評価。

8月5日
横浜・増田(動画)についてヤクルト・橿渕スカウト部デスクは「2、3回戦とかでなく、投手の攻めるレベルが高くなっていくに従って決める。ウチの山田のように勝負強さが際立っている」と絶賛。

8月1日
青藍泰斗・石川(動画)をヤクルト・小川SDは「この春から夏にかけてみた高校生の投手では1番でしょう」と高評価。




[ 2017年08月18日 14:08 ] カテゴリ:ヤクルトのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
ドラフト投票
リンク
QRコード
QR