ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 スカウト評価
2018指名予想 12球団情報まとめ 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

12球団ドラフト情報まとめ TOP  >  阪神のドラフト情報 >  阪神のドラフト情報(2017年12月)

阪神のドラフト情報(2017年12月)

12月31日
阪神・畑山チーフスカウトは大阪桐蔭・根尾昂(動画)について「投げれば速いボール、打てば飛ばす、走れば速い。いろんな可能性を見ていきたい」とコメントした。

スポーツニッポンによると、阪神は大阪桐蔭・根尾昂(動画)同・藤原恭大(動画)報徳学園・小園海斗(動画)を密着マークしてくもよう。記事によると阪神球団関係者は「関西の高校生なら根尾、藤原、小園。3人とも、まだ清宮、安田クラスの目玉というわけではないが、一冬を越えて、体ができてきたら、一気に目玉になる可能性を秘めている選手。担当スカウトが追いかけていくことになるだろう」と話しているとのこと。

12月28日
スポーツニッポンによると、阪神はホンダ鈴鹿・平尾奎太(動画)をリストアップしているもよう。記事によると球団関係者は「左腕で体格もあるし、球速も高校、大学時代に比べて格段に上がっている。高校時代から好素材として注目していたが、大学、社会人で大きく成長。社会人では1年目から日本代表に入って、このままでも十分、指名候補だが、さらに来年、実績を残せば、一気に上位候補になる可能性も秘めている」と話しているとのこと。

12月27日
サンケイスポーツによると、阪神は八千代松陰・清宮虎多朗を調査しているもよう。記事によると球団関係者が「いい投手だという情報は入っている。高校生はひと冬越えて、大きく成長する。140キロいかなかった投手も、急に球速が上がることがある。いま清宮くんの最速は145キロらしいが、身長も高く、150キロを出す可能性は高い」と話しているとのこと。

12月24日
サンケイスポーツによると、阪神は来秋ドラフト候補として富士大・鈴木翔天(動画)に熱視線を送っているもよう。記事によると、富士大野球部の豊田監督は鈴木投手について「球速も速く、投げ方も全盛期の(巨人)内海投手のよう。僕は小野(富士大→阪神)や多和田(富士大→西武)以上だと思う」と太鼓判。

12月22日
スポーツニッポンによると、阪神が来秋ドラフトに向け、倉敷商の引地秀一郎(動画)をリストアップしているもよう。記事によると球団関係者が「体は大きいし、強いボールを投げる。この1年で、どれだけ成長するか楽しみ」と話しているとのこと。

12月19日
来年ドラフト候補の報徳学園・小園海斗(動画)について阪神・熊野スカウトは「走攻守、全てで平均より上。中でも打撃が長けている。直球でも変化球でもタイミングを取れる。1打席目に凡退しても、2打席目以降はしっかり対応する。簡単にできないし、天性のものがある。足は十分速くて魅力的だけど、ここには注文がある。走者がいない時に出塁したら、積極的に仕掛けてほしい。守備も悪くはないし、足もアピールできれば当然、来年のドラフトでは上位候補になるでしょう」と話した。

12月6日
スカウト会議を行い、来年のドラフトに向け高校生野手を中心にリストアップしていくことが明らかになった。球団関係者は「22歳以上の野手はある程度、どのポジションにもそろってきたから、そう(高校生中心に)なっていくよね」と語った。




[ 2017年12月31日 18:02 ] カテゴリ:阪神のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
ドラフト投票
リンク
QRコード
QR