ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

2018ドラフト12球団情報まとめ TOP  >  広島のドラフト情報 >  広島のドラフト情報(2017年12月~2018年2月)

広島のドラフト情報(2017年12月~2018年2月)

1月12日
広島はスカウト会議を開き、268人リストアップ。高校生では報徳学園・小園海斗(動画)大阪桐蔭・藤原恭大(動画)、大学生は日体大・松本航(動画)、同・東妻勇輔(動画)の両右腕を含む計6人の映像を確認。広島・苑田スカウト統括部長は「目玉選手はこの時点では見当たらない。小園は順調にいけば、目玉になる可能性もある」と評価し、同・松田オーナーは「投手は素材よりも即戦力がほしい」とコメントした。

デイリースポーツによると、「今年のドラフト戦略は春季キャンプで補強ポイントを見極めてから方向性を決める。次回のスカウト会議は5月に行われる予定」とのこと。

12月14日
広島・苑田スカウト統括部長は来年のドラフト戦略について「キャンプを見てから補強ポイントを決めたい」との方針を示した。早実・野村大樹(動画)報徳学園・小園海斗(動画)らの名前を挙げ「今年の清宮(日本ハム)のような話題性のある選手はいないが、負けないぐらいの選手はいる。数は来年の方が多い」と説明した。




[ 2018年01月12日 17:00 ] カテゴリ:広島のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
ドラフト投票
リンク
QRコード
QR