ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

12球団ドラフト情報まとめ TOP  >  日本ハムのドラフト情報 >  日本ハムのドラフト情報(2017年11月)

日本ハムのドラフト情報(2017年11月)

11月17日
1位指名の早実・清宮幸太郎(動画)と入団交渉を行い、契約金1億円プラス出来高5000万円、年俸1500万円で仮契約した。同じ一塁手の主砲・中田について問われ「これから練習して(今は)一つも勝ってるところはないけど、飛距離だったり本塁打の数だったりは負けないようにしたい」などと話した。

11月16日
来年ドラフト候補の日本体育大・東妻勇輔(動画)を視察。日本ハム・山田スカウト顧問は「前の登板(九州共立大戦)は救援で150キロが出ていたし、中大の鍬原(巨人ドラフト1位)より安定感があると思った」と評価した。

7位指名の東大・宮台康平(動画)と入団交渉を行い、契約金2500万円、年俸750万円で仮契約した。日本ハム・大渕スカウト部長には「世の中に変革をもたらし、いままでの既存のものを変えてもらいたい」との願いから「チェンジメーカーになってほしい」と託された。

11月15日
2位指名のNTT東日本・西村天裕(動画)と入団交渉を行い、契約金7000万円、年俸1200万円で仮契約した。同投手は「判子を押して、だんだんと実感がわいてきた。先発、中継ぎ、抑えとどこでもやります」などと話した。

11月14日
4位指名の創志学園・難波侑平(動画)と入団交渉を行い、契約金3500万円、年俸520万円で仮契約した。球団が考えている二遊間での起用について同選手は「守備でも打撃でも個性を生かしている(先輩の)中島卓也選手が目標。少しずつ成長し、追い付いて追い抜けたら」と話した。

11月12日
5位指名の白鴎大足利・北浦竜次(動画)と入団交渉を行い、契約金2500万円、年俸520万円で仮契約した。同投手は「いろいろな話を聞くことができ、プロ入りの実感がわいた。一日も早くユニホームを着てプレーしたい」と話した。

日本ハム・山田スカウト顧問は明治神宮大会を視察し、大阪桐蔭のメンバーについて「立浪や片岡がいた時代のPL学園みたいだね。レベルが違う。特に、藤原と根尾。センバツ大会でも優勝候補筆頭でしょう」と話した。

11月10日
3位指名の柳ヶ浦・田中瑛斗(動画)と入団交渉を行い、契約金4500万円、年俸540万円で仮契約した。同投手は「プロ野球選手になれるんだと実感した。これからは、お金をもらって野球をするだけに簡単に妥協したり弱音を吐いたりはできない。気を引き締めて練習に励みたい」などと話した。

6位指名の東北学院大・鈴木遼太郎(動画)と入団交渉を行い、契約金2500万円、年俸750万円で仮契約した。同投手は「実感がとても湧いてきた。自覚を持って行動しないといけない。栗山監督の期待に応えたい」などと話した。

11月3日
3位指名の柳ヶ浦・田中瑛斗(動画)に指名挨拶。日本ハム・大渕スカウト部長は「指先の感覚が鋭く、打者の内角と外角へ自在に球を操れる。プロはコントロールが命。2~3年目で先発を任せられるよう育てたい」と話した。

11月2日
4位指名の創志学園・難波侑平(動画)に指名挨拶。内野手評価での指名で、日本ハム・大渕スカウト部長は「運動能力が高く、個性的なプレーをするところが気に入っている」。同・加藤スカウトは「初球から自分の形で振っていく積極性がある。将来的には田中賢介のような選手になってほしい」と期待した。

5位指名の白鴎大足利・北浦竜次(動画)に指名挨拶。日本ハム・西スカウトは「184センチの高身長から繰り出す真っすぐが魅力。いずれ1軍のローテーションに入って、勝ちに貢献してくれれば」などと話した。

11月1日
6位指名の東北学院大・鈴木遼太郎(動画)に指名挨拶。日本ハム・西スカウトは「外角低めへの速球と多彩な変化球で緩急をつけられる投手。先発陣の一角として勝てる選手に育ってほしい」などと期待した。




[ 2017年11月17日 17:39 ] カテゴリ:日本ハムのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
ドラフト投票
リンク
QRコード
QR