ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 指名予想 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

2018ドラフト12球団情報まとめ TOP  >  中日のドラフト情報 >  中日のドラフト情報(2017年9月)

中日のドラフト情報(2017年9月)

9月30日
日刊スポーツによると、内野手の奈良学園大・宮本(動画)国学院大・山崎(動画)を上位指名候補にリストアップしているもよう。中日球団関係者が奈良学園大学関係者に「状況によるけど、上位指名もある」と漏らしているという。それに関して中日・正津スカウトは「二塁手が空いている。京田は来年もやってくれると思うし、二遊間が固まれば」とコメント。

広陵・中村(動画)がプロ志望届を提出。中日スポーツによると、中日は担当の音スカウトが10月3日に広陵高を訪問し、中井監督を通じて調査書を手渡す予定とのこと。中日・音スカウトは「捕手としての能力、資質は変わらず高く評価しています」とコメントした。

9月29日
中日スポーツによると、ハズレ1位に青藍泰斗・石川(動画)が浮上しているもよう。担当の中日・正津スカウトは「スピードボールを低めに投げられるのが素晴らしい。変化球も多彩で三振を取れる。強さと柔軟性を兼ね備えていて、まだまだ伸びる要素がある。ポテンシャルを考えれば12人に入ってくるでしょう」とコメントした。

9月28日
来週中にも早実・清宮(動画)と事前面談を行う模様。中日・中田スカウト部長は「(面談に)行くということは、ドラフト1位の最有力候補の1人と受け止めていただいて構いません。誠心誠意、答えられることは説明していきます」とコメントした。なお中日スポーツによると、中日はポスティング制度の適用を入団前には確約しないとのこと。記事によると、「コンプライアンスの観点からもポスティング容認を指名や入団の条件にするのは問題だ。竜としては特Aという高い評価と熱意を伝え、施設面や育成面を含め、提示できる内容を実直に伝えるほかないということだ」・・・とのこと。

9月27日
慶大・岩見(動画)を視察。中日・石井スカウトは「タイミングの取り方がよくなり、山崎武(元中日)のようになった。いずれは50本打てる選手。ドラフト会議では2位では取れないかもしれない」と高評価した。

埼玉栄・米倉(動画)を視察。中日・正津スカウトは「角度があって腕の振りより球が走る。来年は注目されるでしょう」とコメントした。

9月25日
早実・清宮(動画)の獲得指令を出していた中日・白井オーナーは広陵・中村(動画)について「チーム内にはいろんな意見がある。(手薄な)キャッチャー優先で考えるべきと。両方とも捨てがたいな」と中村も1位候補に浮上していることを認めた。

慶応大・岩見(動画)を視察。中日の石井スカウトは「何かしでかしてくれそうな期待を持たせる選手」と評価した。

9月23日
早実・清宮(動画)がプロ志望を表明したことについて中日・白井オーナーは「欲しんだけども、もう1人いるからな」広陵・中村(動画)にも興味。

中日・西山球団代表は清宮を「特Aの評価。何年かに1人の選手であることは間違いない。もし最終決定することになれば、よそと競合してもそう(入札)する」と話すも「まだ(清宮に)最終決定したわけではない」と強調した。

9月15日
JR東日本・田嶋(動画)を視察。被安打3、失点1で完投した投球に中日・中田スカウト部長は「打者は球を絞り切れない」とコメントした。

9月14日
中央大・鍬原(動画)を視察。中日・中田スカウト部長は「秋の内容で評価が変わることはない」と不動の高評価。

9月3日
武蔵大・本田(動画)を視察。中日・石井チーフスカウトは「先発でも中継ぎでも使える。体の使い方が上手」とコメントした。




[ 2017年09月30日 20:08 ] カテゴリ:中日のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
ドラフト投票
リンク
QRコード
QR