ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

2019ドラフト12球団情報まとめ TOP  >  日本ハムのドラフト情報 >  日本ハムのドラフト情報(2019年11月~12月)

日本ハムのドラフト情報(2019年11月~12月)

12月3日 
興国の2年生・浅利太門(動画)日本ハムなど3球団のスカウトが視察していることが判明。185センチの長身から投げ下ろす角度ある速球が武器の右腕投手。

11月20日 
ドラフト4位指名のJX-ENEOS・鈴木健矢(動画)と入団交渉を行い、契約金4500万円、年俸850万円で仮契約を結んだ。鈴木は仮契約を終え、「緊張しました。これからファイターズの一員となる自覚が芽生えた」と意気込みを語った。

11月16日 
ドラフト5位指名の創価大・望月大希(動画)と入団交渉を行い、契約金3500万円、年俸770万円で仮契約を結んだ。日本ハム・大渕スカウト部長は、似たタイプの投手として石川直を挙げ「まだ伸びしろは、たくさんあると思っている。特長は角度のある真っすぐとカーブ。できれば先発としていきたいですね」と期待した。

11月15日 
ドラフト7位指名の東日本国際大・片岡奨人(動画)と入団交渉を行い、契約金2000万円、年俸700万円で仮契約を結んだ。日本ハム・大渕スカウト部長は「身体的にも前向きで誠実な面も伸びる要素はたくさん。伸びしろに期待している」と評価した。

11月14日 
ドラフト3位指名の京都国際・上野響平(動画)と入団交渉を行い、契約金3500万円、年俸530万円で合意した。日本ハム・大渕スカウト部長は「守備の正確性を評価した。黙々と練習できる、職人肌の性格なのもいい」とコメントした。

11月13日 
ドラフト6位指名の広島文化学園大・梅林優貴と入団交渉を行い、契約金2000万円、年俸700万円で仮契約を結んだ。日本ハム・加藤スカウトは「清水や宇佐見を脅かす存在になれる。リーダーシップもあるし、捕手としての素養がある」と話し、同・大渕スカウト部長は「(指名できたのは)スカウティングチームの連携プレーができた喜ばしい結果。プロ野球の中でも十分に目立つ肩」と期待した。

11月12日 
ドラフト1位指名のJFE西日本・河野竜生(動画)と入団交渉を行い、契約金1億円プラス出来高5000万円、年俸1500万円で仮契約を結んだ。「高く評価していただき、ありがたいです。それに恥じないように、責任を持って、どんどんチームにアピールしていきたい」と力強く語った。

11月9日 
ドラフト2位指名の東海理化・立野和明(動画)と入団交渉を行い、契約金7000万円、年俸1100万円で仮契約を結んだ。立野は「小さい頃からずっと思っている。それしかないです。誰もが思っていることだと思うので」と将来の目標を1億円プレーヤーと掲げ、一流プレーヤーへの仲間入りを目指すと誓った。




[ 2019年12月05日 02:57 ] カテゴリ:日本ハムのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
ドラフト投票
リンク
QRコード
QR