ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

2020ドラフト12球団情報まとめ TOP  >  巨人のドラフト情報 >  巨人のドラフト情報(2019年10月)

巨人のドラフト情報(2019年10月)

10月29日 
上武大の3年生・古川裕大(動画)を視察。巨人・内田スカウトは「来年の候補に入ってくる捕手。もう3回くらい見ているけれど、いつも本塁打を打っている。長打力はすごい」と評価した。

10月16日 
巨人・原監督はドラフト会議で1位指名をする選手について、「果たして言うのが正しいのか。言わないで、巨人は誰にいくんだろうっていう方が(ファンにとっても)夢があると思うけどね」とし、事前の公言は控える可能性を示した。

東海大相模・遠藤成(動画)を指名候補に挙げていることが分かった。巨人・原監督にとっては高校の後輩にもあたる左打ちのスラッガー。今日16日のスカウト会議で、指名に踏み切るか最終判断するとみられる。

10月13日 
星稜・山瀬慎之助(動画)をリストアップしていることが判明。同選手は今季限りで現役引退した阿部慎之助捕手と同名の強肩捕手で、星稜・奥川恭伸(動画)とバッテリーを組み、同校を甲子園準優勝に導いた。

駿河総合・紅林弘太郎(動画)に全12球団から調査書が届いていることが判明。巨人・円谷スカウトは「坂本勇人が入団した頃の姿とダブる。それより上かもしれない」とコメントした。

10月8日 
大船渡・佐々木朗希(動画)と面談。巨人・長谷川スカウト部長は「筋が通ったというか、私たちが話しているときも目線をそらさず、この時間を充実したものにしようという気持ちが伝わってきました」と印象を語った。巨人側からは育成方針や施設などについて説明。質問は特になかったという。

10月7日 
立命館大・坂本裕哉(動画)を視察。近畿大を相手に9回投げ6安打8三振、MAX148キロをマークし、巨人・渡辺スカウトは「夏に調子を落としていたけど上がってきた。楽しみな選手」と評価した。

10月5日 
スカウト会議を開催。1位候補に当たるA評価は大船渡・佐々木(動画)星稜・奥川(動画)明大・森下(動画)ら計8人。巨人・長谷川スカウト部長は1位指名を公言しなかったが「自分の中で決まっている。決めている」とした。

星稜・奥川恭伸(動画)と10月3日に面談を行ったことが判明。巨人・長谷川スカウト部長は「ものすごく指が長くてびっくりした。日本人の中でも突出しているんじゃないかな」と話した。

創志学園・西純矢(動画)と10月2日に面談を行ったことが判明。巨人・長谷川スカウト部長は「首がすごく太いし下半身しっかりしている。バッターに向かっていく姿勢とか、一番(原)監督が好きなタイプじゃない」とコメント。

10月4日 
大阪ガス・小深田大翔(動画)を視察。阪神2軍とのプロアマ交流戦で4打数2安打をマークし、巨人・岸スカウトは「足が一番の武器。体が小さい割には、しっかりスイングができるし、広角に打てる技術もある。全国を見た中でも、社会人の即戦力として一番、名前が挙がっている選手。うちを含めて、他球団も確実に評価していると思う」と絶賛した。

10月3日 
大船渡・佐々木(動画)星稜・奥川(動画)明大・森下(動画)ついて、巨人・原監督は「一気に3人指名できるんだったら、3人取りたいね。それくらい3人とも素晴らしいね。それだけ3人ともずば抜けた素材であるということ。どこの球団もそう思っているだろうし、どこも迷っているんじゃないかな」と話した。

スポーツニッポンは東海大・海野隆司(動画)を巨人が1位候補にリストアップしていると報道。大船渡・佐々木朗希、星稜・奥川恭伸らを本命とする中で、阿部慎之助捕手の今季限りの引退に伴い、海野が急浮上したもよう。




[ 2019年10月29日 18:45 ] カテゴリ:巨人のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
アクセス
リンク
QRコード
QR