ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

2019ドラフト12球団情報まとめ TOP  >  阪神のドラフト情報 >  阪神のドラフト情報(2019年7月)

阪神のドラフト情報(2019年7月)

7月28日 
創志学園・西純矢(動画)を視察。倉敷商との準決勝で8回を投げ10安打2失点で敗退も、自己最速の154キロをマークし、阪神・山本スカウトは「精神的に大人になった。見てきた中で一番真っすぐに力がある」と高く評価した。

7月27日 
履正社・井上広大(動画)をスカウト5人態勢で視察。桜宮戦で高校通算44本目となる先制ソロを放つ活躍に、阪神・渡辺スカウトは「大きいのが打てる。非常に楽しみ」と評価した。

7月26日 
大船渡・佐々木朗希(動画)について、阪神・谷本副社長兼球団本部長は「ずっと映像は見ていました。一流なのは間違いない。(4回戦で)194球も投げられたのも投げ方がいいからでしょう」と改めて高評価し、佐々木が選ばれる可能性の高い、8月26日の高校日本代表VS大学日本代表を自ら視察する予定があることも明かした。

創志学園・西純矢(動画)を視察。岡山東商戦で9回を6安打1失点12奪三振の好投に、阪神・山本スカウトは「去年からだいぶ成長したと思う」と評価した。

7月25日 
星稜・奥川恭伸(動画)を視察。遊学館を相手に7安打1失点13奪三振、MAX151キロをマークし、 阪神・畑山統括スカウトは「(スライダーは)彼の持ち味のよい球。完成度が高い。自分のピッチングスタイルを確立している。大きく崩れることもないし。球速も上がっているし、仕上げてきたかな」と評価した。
 
大船渡・佐々木朗希(動画)を視察。一関工との準決勝で15三振を奪い2安打完封し、阪神・葛西スカウトは「程良い力みで、しっかりと試合をつくれている。フォークも良かったね」と評価した。

和歌山東・落合秀市(動画)を本気モードのスカウト5人態勢で視察。市和歌山に9回7安打4失点、最速146キロをマークした。

7月24日 
創志学園・西純矢(動画)を視察。倉敷古城池を相手に6回2安打無失点、最速149キロをマークし、阪神・山本スカウトは「評価は変わらない。1位候補という評価」と話した。

7月22日 
大船渡・佐々木朗希(動画)を視察。盛岡四戦で12回投げ7安打2失点、MAX160キロを計測し、阪神・畑山統括スカウトは「(今年)一番の評価だと思っている。だんだん状態も上がっているし、ギアももっと上げられると思う」と絶賛した。

星稜・奥川恭伸(動画)を視察。2回を投げ無安打無失点、阪神のスピードガンで153キロをマークし、阪神・筒井スカウトは「モノが違う。春先に力んで高めにいっていた150キロとは違って、コース、高さともに、ある程度のところにきての球速というのは春と違うところ。今後も期待したい」と話した。

7月20日 
専大松戸・横山陸人(動画)を視察。八千代松陰を相手に6回0/3を投げ本塁打を2本浴びるなど5失点(自責2)とイマイチも、阪神・畑山統括スカウトは「高校生でこれだけのサイド投手は希少」と評した。

7月19日 
大船渡・佐々木朗希(動画)を視察。コールド勝ちで6回参考ながらノーヒットノーランで一戸を撃破。最速155キロをマークし、阪神・和田TAは「投手としていろいろなことを察知しながら投げている。変化球のキレもいいし、コントロールもいい。一級品だよ」と高評価した。

7月17日 
大船渡・佐々木朗希(動画)を視察。この日はMAX147キロ止まりも、阪神・和田TAは「かなり(球速を)抑えていたが、ポテンシャルは高い。あれだけ足を上げてもコントロールできるのは高い技術。変化球も一級品だし、いい投手。いろんなものも察知しながら投げていた。もっと見たかったね」と評価。 
 
 阪神・葛西スカウトは「外角に変化球も決まって、フォームのバラつきもなくなってきている。スライダーもカウントを取るのと振らせるのと投げ分けていた。あと3つくらいギアは上げられる」
と話した。

7月15日 
和歌山東・落合秀市(動画)を視察。星林を相手に6回投げ2安打1失点、MAX147キロをマークし、阪神・渡辺スカウトは「(阪神・秋山と)体形や体格も似ている。直球だけでなく変化球でカウントを取ったり、決め球がある。関西でも上のレベル」と高評価した。

7月14日 
創志学園・西純矢(動画)を本気モードのスカウト6人態勢で視察。岡山南との1回戦で7回を2失点10奪三振、MAX151キロをマークし、阪神・山本スカウトは「1位候補というのは変わらない。(序盤乱調も)今日はいい勉強になったのでは。精神的に成長したなと思います」と話し、阪神・和田TAも「立ち上がり苦しんでいたけど、修正力が備わっている。去年の春よりフォームがおとなしくなったけど安定感が増した」と高評価した。

7月13日 
花咲徳栄・韮沢雄也(動画)を視察。4球団のスカウトが見守る中で4安打2打点と活躍し、阪神・畑山統括スカウトは「バットコントロールがうまい。コースへもしっかりと対応している」と評価した。

7月12日 
常総学院・菊田拡和(動画)を視察。阪神・平塚スカウトは「タイミングの取り方がうまくなった。ボールを押す力もある」と高評価した。

7月11日 
光泉・吉田力聖(動画)を視察。彦根総合戦で3回1/3を投げ4安打無失点。最速141キロ止まりも、阪神・筒井スカウトは「フォームが安定し、スピードガンでは140キロ台も出ていた。良い投手」と評価した。

7月10日 
前橋商・井上温大(動画)を視察。富岡戦で8回を6安打1失点、最速142キロを計測し、阪神・吉野スカウトは「ボールのキレ、コントロールがいい。体ができてくればもっとよくなる」と高く評価した。

7月7日 
東邦・石川昂弥(動画)を視察。天白戦で高校通算54号の先制2ランを放ち、阪神・筒井スカウトは「素晴らしい打球。右に大きい打球を打てるのがいいところだが、まさにその打撃。高校の右の野手では間違いなく高い評価になる」と絶賛した。

大船渡・佐々木朗希(動画)を視察。柏木農との練習試合に登板し5回1安打1四球で無失点、MAX152キロをマークし、阪神・葛西スカウトは「不調の波を見たことがないし、安定感もすごい。体力もありそうだし、連投も大丈夫でしょう」と高評価した。

7月2日 
大船渡・佐々木朗希(動画)の密着マークを続けていくことが判明。阪神・谷本球団本部長は「スーパーな存在でしょう。引き続き上位選手として注目していきます」と明かした。

7月1日 
有明・浅田将汰(動画)阪神、楽天、巨人、日本ハムなどが熱心に視察していることが分かった。投打両方で評価されている熊本の大谷2世。

大船渡・佐々木朗希(動画)を視察。由利との練習試合で3回を3安打無失点、最速153キロをマークし、阪神・葛西スカウトは「身長190センチ台の投手が力をセーブして投げるのは難しい技術。故障なくしっかり投げているのを確認できてよかった。この夏は全試合マークしていく」と高く評価した。





[ 2019年07月29日 00:18 ] カテゴリ:阪神のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
ドラフト投票
リンク
QRコード
QR