ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

2020ドラフト12球団情報まとめ TOP  >  ヤクルトのドラフト情報 >  ヤクルトのドラフト情報(2019年6月)

ヤクルトのドラフト情報(2019年6月)

6月24日 
横浜・及川雅貴(動画)を視察。日大三との練習試合で3回を投げ3安打2失点(自責1)。MAX147キロをマークし、ヤクルト・伊東編成部長は「先日も良かったし、今日も安定していた。一時期の不調を脱した感はある。暴れるような球もほとんどない。いい左投手はどのチームもほしい。非常にいいものを見させてもらいました」と評価した。

6月18日 
大船渡・佐々木朗希(動画)明大・森下暢仁(動画)の2投手を最高ランクに位置付けていることが判明。記事によると、ヤクルト球団関係者は「Aランクの中で順位付けはしていないが、2人がその位置付けであるのは間違いないでしょう。(森下は)将来的に先発ローテーションの軸になれる投手だと評価している。(佐々木の)潜在能力は類を見ない。将来性は計り知れない」と話しているとのこと。

6月15日 
スカウト会議を開催。263人をリストアップし、1、2位指名候補を12人に絞った。衣笠オーナー代行兼球団社長、伊東編成部長も出席し、1位候補の大船渡・佐々木朗希(動画)星稜・奥川恭伸(動画)、明大・森下暢仁(動画)各投手ら7選手の映像を確認。橿渕聡スカウトグループデスクは「(候補選手は)投手が多いという確認をした。うちの補強ポイントに合うかもしれない」と話した。

6月14日 
明治大・森下暢仁(動画)を視察。東洋大戦で9回投げ7安打完封、MAX152キロをマークし、ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは「来年のローテーションを考えていくか、3年後を見るかということで変わるが、現時点で即戦力では森下が一番」と絶賛した。

6月12日 
東海大・海野隆司(動画)を視察。立命館大戦で二盗を2度刺し、いずれも三振ゲッツーを完成させるなど捕手として高い能力を見せ、ヤクルト・伊東編成部長は「守備だけならすぐ使える。2位までじゃないと獲れないでしょ」と高評価した。

宮崎産業経営大・杉尾剛史(動画)を視察。環太平洋大戦で9回6安打2失点で完投勝利に、ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは「相手や状況を見ながら、大人の投球ができていた」と好評価した。

6月11日 
創価大・杉山晃基(動画)を視察。大工大戦に登板しMAX148キロ止まりも7回5安打1失点と好投。ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは「本来は力で押す投球。そういう意味では、変化球中心という違った一面を見せた。将来的には、広島・大瀬良タイプかなとみてている」と評価した。

6月8日 
青森山田・堀田賢慎ヤクルトをはじめ12球団のスカウトが視察。盛岡四戦で7回投げ5安打8奪三振、無失点。最速148キロを計測した。

6月2日 
星稜・奥川恭伸(動画)を視察。砺波工を相手に6回投げ2安打無失点、最速150キロを計測し、ヤクルト・伊東編成部長は「プロでもなかなかいない。能力の高さ」と評し、同・橿渕スカウトグループデスクは「どこまでレベルアップするか。より上を求めてしまう選手」と絶賛した。




[ 2019年06月24日 10:22 ] カテゴリ:ヤクルトのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
アクセス
リンク
QRコード
QR