ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

ドラフト12球団情報まとめ TOP  >  楽天のドラフト情報

楽天のドラフト情報(2018年11月)

11月20日 
5位指名の山形中央・佐藤智輝と入団交渉を行い、契約金3000万円、年俸600万円で契約合意。楽天・長島スカウト部長は「本人には、高校の先輩である石川直也(日本ハム・山形中央高出)のように早く1軍デビューしてほしいと伝えた。数年後には1軍の主力となってほしい」と話した。

11月19日 
6位指名の明大・渡辺佳明(動画)と入団交渉を行い、契約金3000万円、年俸750万円で合意。楽天・後関チーフスカウトは「まずはショートでやってほしい。1軍で活躍を期待しています。肩はウチの山崎(17年ドラフト3位)より強いと思う。あとは140試合を乗り切るプロの体力をつけること。飛ばすことより、体の芯を強くしてほしい」と課題を掲げた。

11月18日 
7位指名の立正大・小郷裕哉(動画)と入団交渉を行い、契約金2700万円、年俸700万円で契約合意。楽天・沖原スカウトは「スピードがあるのは分かっているし、広角に打てるしパンチ力もある。肩も素晴らしい。(入団時の)田中より完成度は高いし、1年目から勝負できる」と期待した。

11月17日 
8位指名の富士大・鈴木翔天(動画)と入団交渉を行い、契約金2500万円、年俸700万円で合意。楽天・宮越スカウトは「球質、ボールの角度はプロで十分やっていける。自分の力を発揮すれば、開幕から1軍の戦力になれる」と期待した。

11月16日 
4位指名のSUBARU・弓削隼人(動画)と入団交渉を行い、契約金5000万円、年俸1000万円で契約合意した。楽天・後関昌彦アマスカウトグループマネージャーは「左投手はウチの長年の課題。先発でも中継ぎでも、戦力になると期待感を持って指名している」と話した。

11月14日 
育成2位指名の山岸ロジスターズ・則本佳樹(動画)と入団交渉を行い、支度金200万円、年俸250万円で契約合意。楽天・山田スカウトは「タイプ的には兄とは逆でパワーと言うよりは、変化球のキレとストレートの質で勝負するタイプ。150キロでなくても、140キロ前後で打者が空振りやファウルになる質、キレや伸びのあるボールを目指して欲しい」と話した。

11月13日 
2位指名の大商大・太田光(動画)と入団交渉を行い、契約金7000万円、年俸1200万円で合意。「プロでは走塁のスペシャリストの方もいると思うので、もっともっとレベルアップしないといけない。日本ハムの西川選手らをアウトにしなければならないのでもっと頑張らないと」と話した。

11月12日 
3位指名の倉敷商・引地秀一郎(動画)と入団交渉を行い、契約金5000万円、年俸600万円で合意。楽天・星野副会長(故人)は生前、母校に入学した引地のことを「いい後輩が入ってきたんだよ」と周囲に話し、その成長を楽しみにしていたという。引地は「星野さんの分まで頑張りたい。日本を代表する投手になっていきたい」と話した。

11月11日
育成1位指名の八千代松陰・清宮虎多朗(動画)と入団交渉を行い、支度金200万円、年俸250万円で合意した。

11月10日 
1位指名の立命館大・辰己涼介(動画)と入団交渉を行い、契約金1億円、年俸1500万円で契約に合意。「1日も早くレギュラーになって、チームの顔になりたい」などと話した。
[ 2018年11月20日 21:32 ] カテゴリ:楽天のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

楽天のドラフト情報(2018年10月)

10月26日 

楽天の2018ドラフト指名選手
順位選手名所属位置動画
×藤原 恭大   
1位辰己 涼介 立命館大動画
2位太田 光 大阪商大動画
3位引地 秀一郎 倉敷商高動画
4位弓削 隼人 スバル動画
5位佐藤 智輝 山形中央高 
6位渡辺 佳明明治大動画
7位小郷 裕哉 立正大動画
8位鈴木 翔天 富士大動画
育1清宮 虎多朗 八千代松陰高動画
育2則本 佳樹 山岸ロジスターズ動画


10月25日 
スカウト会議を開催。1位候補は大阪桐蔭・根尾昂(動画)を含めた野手3人に変化なし。遊撃手の補強は急務でホンダ・木浪聖也(動画)も指名候補に入っている模様。

日本通運・生田目翼(動画)について、楽天・後関スカウト部マネジャーは「球威があり、抑えとしては昨年から実績を残している。この夏は先発で7イニングいけていたので、どちらでも戦力になるとみている」と高評価した。

10月24日 
スカウト会議を開催。ドラフト1位指名候補を大阪桐蔭・根尾昂(動画)を含めた野手3人に絞った楽天・石井GMは「(1位候補は)3人。野手です。内野手?根尾君含めて」と明言した。同GMは「競合でも行くのか、避けるのか」と、24日にも会議を開き、他球団の動向などもにらみながらシミュレーションを重ねる。

三菱重工広島・杉山一樹(動画)倉敷商・引地秀一郎(動画)の両右腕投手に楽天をはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。ともに上位指名濃厚と言われている。

八戸学院大・高橋優貴(動画)楽天をはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。リーグ新記録となる通算301奪三振を達成した左椀投手。

富士大・鈴木翔天(動画)楽天をはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。左から最速149キロの直球を武器にスライダー、チェンジアップなど多彩な変化球を操る。

10月23日 
日本通運・生田目翼(動画)楽天をはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。最速151キロを誇る社会人ナンバー1投手でドラフト上位指名が確実視されている。

10月21日 
立命館大・辰己涼介(動画)を視察。楽天・愛敬スカウトは「西武・秋山の体を小さくした感じですかね。間違いなく1位の12人に入る存在。足と肩は今、プロに入っても1軍でトップレベル。アマチュアではトップでしょう。バットもしっかり振れるし、慣れてくれば。ポテンシャルは高い」と絶賛した。同選手には楽天をはじめ全12球団から調査書が届いていることも判明

八戸学院大・高橋優貴(動画)を視察。楽天・長島スカウト部長は「全国的に見ても貴重な左投手。上位クラスは間違いない」と高評価した。

法政大・中山翔太(動画)を視察。ネット裏で楽天・沖原スカウトがビデオ撮影するなど、25日のドラフトへ向けて最終チェックした。

10月19日 
金沢星稜大・泉圭輔(動画)楽天をはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。187センチの長身から長い手足を生かした角度のある直球が武器の右腕投手。

10月18日 
東洋大・上茶谷大河(動画)を視察。楽天・長島スカウト部長は「試合中に修正できるのが魅力」と話した。

名城大・栗林良吏(動画)楽天をはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。最速は153キロでスライダーなど変化球を交えて勝負する右の本格派投手。

10月17日 
国学院大・清水昇(動画)を視察。楽天・長島スカウト部長は「先発もリリーフもできて、スタミナもある。1位候補の12人に入ってくる可能性は十分にある」と高く評価した。

立正大・伊藤裕季也(動画)を視察。楽天・沖原スカウトは「最近注目されている。勝負強い良い打者」と評した。

10月16日
トヨタ自動車、富山凌雅(動画)楽天をはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。9月に行われた阪神2軍とのプロアマ交流戦では、先発で5イニング3安打1失点。10球団のスカウトが見つめる前で好投した。

10月13日 
プロ志望届提出済みの聖心ウルスラ学園・戸郷翔征(動画)楽天など8球団との面談を終えていることが判明した。最速149キロを誇る右の本格派で上位指名の可能性もある。

10月10日
亜細亜大・頓宮裕真(動画)楽天など12球団のスカウトが視察。1試合2本塁打、5打点と自慢の長打力をみせつけた。

10月9日
明治大の3年・森下暢仁(動画)を視察。楽天・早川副会長補佐は「149キロの直球が低めにいって、カーブでうまく緩急をつけていた」と評価した。

10月8日
大阪桐蔭・根尾昂(動画)を1位指名の筆頭候補に挙げていることが分かった。日刊スポーツによると、東北の球団として金足農・吉田輝星を推す声もあったが、正遊撃手候補の獲得、育成が最優先事項と判断されたようだ。
[ 2018年10月26日 21:55 ] カテゴリ:楽天のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

楽天のドラフト情報(2018年9月)

9月29日
東洋大・梅津晃大(動画)について、楽天・長島スカウト部長は「彼に必要なのは経験。来年プロ入りして1年目に2ケタ勝てるかというと、そうではない。2年後、3年後にローテーションで投げている大きな姿を描ける素材。チーム状況によって評価ははっきり分かれる。ポテンシャル、可能性では今年の大学・社会人で1番。1位指名の12人に入っても不思議はない」と高評価した。

9月23日
創志学園の2年生・西純矢(動画)楽天など複数球団のスカウトが視察。来年のドラ1候補右腕は7回投げ被安打3、無失点、9奪三振と好投した。

9月17日
大船渡の2年生・佐々木朗希(動画)を視察。MAX[157キロをマークし、楽天・宮越スカウトは「まだ体ができていないのにこの球。伸びしろがある」と絶賛した。

9月9日
法政大・中山翔太(動画)を視察。楽天・長島スカウト部長は「右でパンチ力があるし、変化球をうまく拾えるようになった。がむしゃらなプレースタイルも評価できる」と高評価した。

9月6日
金足農・吉田輝星(動画)を視察。楽天・長島スカウト部長は「プロ志望届を出すかどうかが大前提。スカウト部としては、もちろん上位の評価をしている。高校生だけど即戦力と見ている」と話した。

9月4日
大阪桐蔭・根尾昂(動画)を視察。楽天・長島スカウト部長は「しっかりバットを振れている。いい選手であることには間違いない」と高評価した。

9月2日
東洋大・上茶谷大河(動画)を視察。楽天・仁村スカウト部副部長は「大学生で完成度は一番だし、今が成長期」と絶賛した。
[ 2018年09月29日 21:22 ] カテゴリ:楽天のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

楽天のドラフト情報(2018年8月)

8月30日
大阪桐蔭・根尾昂(動画)について、楽天・後関スカウトは「慣れないナイターで、相手は大学のトッププレーヤーたち。慣れていない木製バットでもこれだけの結果を残してしまう。甲子園でもそうだったが、大観衆の大舞台で魅せる。『持っている』というのは、こういうことを言うんだろうね」と話した。

浦和学院・渡辺勇太朗(動画)について、楽天・仁村スカウト部副部長は「長身で手足が長いのに腕のたたみ方がうまい。並の投手は開きが早くなってしまうけど、それがない。今年は根尾、藤原、小園といった高校生で魅力的な野手が多いが、ドラフト1位で投手を狙う球団はおそらく取りに来る。1発目の指名で競合があれば、外れ1位で(名前を)呼ばれる可能性は非常に高い」と話した。

8月29日
大阪桐蔭・根尾昂(動画)を視察。楽天・長島スカウト部長は「左投手から2本打てるのは、右側の壁が崩れないから。木製は慣れ。今日もしっかり打てている。この大舞台で自分の間でプレー出来ている。魅力たっぷりの非常に楽しみな高校生」と評価した。

8月28日
金足農・吉田輝星(動画)について、楽天・石井GMは「12球団で12人しか選ばれない1位候補の一人という評価。素晴らしい選手。ぜひ東北でプレーしていただければとすごく思う。こればっかりはご縁なんで。(秋田から)通過して東京へ行っちゃうかもしれない。何とか仙台で降りていただきたいなと思います」と話した。

8月18日
大阪桐蔭・根尾昂(動画)について、楽天・仁村スカウト副部長は「スキーをやったり、他の選手と比べてちゃんと野球をやってこなくて、これだからね。去年の夏、今年の春、夏と見てきて守備やピッチングとかの成長はものすごい。投手にしろ、野手にしろ、このままどっちかをやり込めば、どこまでいくのか分からない。けがもしづらいし、悪いところが見当たらない」と評した。

報徳学園・小園海斗(動画)について、楽天・仁村スカウト副部長は「体も大きくなっているし、何といっても肩と足が抜群で走攻守、精神面などいろいろ考えても本当にいい選手。高校生ではない。今すぐにプロでも我慢して使ってもできるぐらい能力はある。打てて走れて守れてと、そういうショートはなかなかいない。トリプルスリーができる能力を持っている。山田哲(ヤクルト)や坂本勇を超えられる能力はある」と評した。

8月14日
大阪桐蔭・根尾昂(動画)藤原恭大(動画)を視察。楽天・長島スカウト部長は「根尾君も藤原君も素晴らしい。この2人と小園君(報徳学園)は1位じゃないと取れない」と絶賛した。

8月13日
浦和学院・渡辺勇太朗(動画)を視察。楽天・長島スカウト部長は「長い腕のたたみ方など大谷の投げ方に似ていて、順調に育てばローテーションの柱になる好素材。(ドラフト1位の)12人以内の可能性もある」と高く評価した。

8月12日
報徳学園・小園海斗(動画)を視察。楽天・長島スカウト部長は「ドラフト会議では1位の12人で消えるでしょう。難しいショートで高校生ながら1年目からレギュラーを争える。即戦力に近い。根尾と小園の2人はずば抜けて居る」と絶賛した。

8月11日
木更津総合の2年生・根本太一(動画)を視察。MAX149キロを計測し、楽天・長島スカウト部長は「あのボールを見たら、おぉーとなる。これからが楽しみ」と高く評価した。

8月10日
創志学園の2年生・西純矢(動画)を視察。4安打完封、16奪三振の力投に、楽天・長島スカウト部長は「ウチの則本タイプかな。来年の(ドラフト)上位候補としてみていく」と絶賛した。

8月9日
金足農・吉田輝星(動画)を視察。MAX148キロの速球を武器に14三振を奪い、楽天・長島スカウト部長は「今年の高校生の右投手では一番。直すところがない。けん制、フィールディング、マウンドさばき、全部がうまい。センス、完成度の高さを例えるなら桑田かな」と高評価した。

花咲徳栄・野村佑希(動画)を視察。高校通算57号本塁打を含む2安打2打点の活躍に、楽天・沖原スカウトは「インコースの打ち方がうまい。手首の柔らかさなど、独特の良さ、天性のものがある」と絶賛した。

8月7日
大阪桐蔭・根尾昂(動画)を視察。楽天・長島スカウト部長は「潜在能力が高い。楽しみな選手。ドラフト1位の12人に入るだろう」と評価した。

大阪桐蔭・藤原恭大(動画)を視察。楽天・長島スカウト部長は「藤原は体格、体力、スピードでプロの即戦力レベルとみている」と高く評価した。

大阪桐蔭・柿木蓮(動画)を視察。9回6安打1失点の投球に、楽天・長島スカウト部長は「柿木のフォークボールは、高校生では簡単には打てない」と評した。

8月6日
中央学院・大谷拓海(動画)を視察。3打数無安打と快音は出なかったが、楽天・後関スカウトグループマネジャーは「けが明けでも柔らかな打撃は魅力。リストワークのいい打者」と評価した。
[ 2018年08月31日 00:33 ] カテゴリ:楽天のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

楽天のドラフト情報(2018年7月)

7月22日
浦和学院・渡辺勇太朗(動画)を視察。6回投げ4安打無失点、MAX146キロをマークし、楽天・沖原スカウトは「素材の良さは高校生ではトップクラス。上背もあるし、肘の使い方も柔らかい」と高評価した。

7月20日
大体大浪商・立石健(動画)を視察。7回投げ2失点、7奪三振、最速140キロを計測し、楽天・愛敬スカウトは「変化球でカウントが取れるし、まとまっている。ホームランを打ったように体に力もある」と評価した。

7月19日
樟南・松本晴(動画)を視察。20奪三振の快投を演じ、楽天・長島スカウト部長は「伸びしろがある。球の質が良く、力もある。将来が楽しみ」 と評価した。

7月18日
日大鶴ヶ丘・勝又温史を視察。この日は登板はなく、外野手として出場し4打数2安打。楽天・沖原スカウトは「投手としてなら、西口(前西武)のようなタイプ。今日は柔らかい打撃をしていた」と話した。

倉敷商・引地秀一郎(動画)楽天など8球団のスカウトが視察。9回投げ3安打1失点、13奪三振と好投した。

7月16日
池田の2年生・白川恵翔(動画)を視察。8回2安打無失点、MAX140キロをマークし、楽天・山下スカウトは「球が力強い。来年の成長が楽しみ」と評価した。

7月13日
花咲徳栄・野村佑希(動画)を視察。2安打を放つ活躍に、楽天・長島スカウト部長は「あのファウルと、その後に簡単に右に安打を打って、(六回には)右中間の二塁打も見られてよかった。高校生の右打者のトップクラスは増田(明秀日立)と2人。木のバットでも楽しみ」と絶賛した。

7月11日
大船渡の2年生・佐々木朗希(動画)を視察。最速154キロ、平均球速は140キロ台後半をたたき出し、楽天・宮越スカウトは「今年でもドラフト1位候補。身体能力は高いし、球もまだ速くなる。来年は横浜の左腕・及川と双璧になる」と高評価した。
[ 2018年07月22日 16:53 ] カテゴリ:楽天のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
ドラフト投票
リンク
QRコード
QR