ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

2020ドラフト12球団情報まとめ TOP  >  楽天のドラフト情報

楽天のドラフト情報(2020年6月~7月)

7月8日 
二松学舎大付・秋広優人投手兼一塁手(動画)浦和学院・美又王寿投手(動画)を視察。楽天・鷹野スカウトは秋広について「楽しみな素材なのは間違いない」と話した。

7月6日 
静岡商・高田琢登投手(動画)楽天など11球団のスカウトが視察した。

6月28日 
東北公益文科大・赤上優人投手(動画)を視察。楽天・後関スカウト部長は「直球の強さもスライダーのキレもある。素材としてはいい」と評価した。

6月15日 
亜細亜大・矢野雅哉遊撃手(動画)NTT東日本・上川畑大悟遊撃手(動画)を視察。楽天・沖原スカウトは「矢野は肩の強さが魅力。上川畑も守備力は十分」と評価した。

八戸学院大・大道温貴投手(動画)楽天など8球団のスカウトが視察し、楽天のスピードガンでは自己最速に並ぶ150キロを2度マークした。

6月10日 
JFE東日本・今川優馬外野手(動画)を視察。楽天・後関スカウト部長は「フルスイングが魅力。あとは内角をしっかりさばけるか今後も見ていきたい」と話した。

6月2日 
新型コロナウイルスの感染拡大のため自粛されていたプロ野球のスカウト活動が1日、解禁となった。楽天はオンライン会議で、今週末の社会人のオープン戦から視察を再開することなどを確認した。
[ 2020年07月08日 17:29 ] カテゴリ:楽天のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

楽天のドラフト情報(2020年4月~5月)

5月16日 
8月に開催予定の夏の甲子園大会が中止濃厚となったことについて、楽天・後関スカウト部長は「高校生の部活動が再開し、私たちが視察できる環境が整ったら、可能な限り練習を見に行きたい」と話した。

4月27日 
横浜商大・藤村哲之(動画)について、楽天・鷹野スカウトは「真っ直ぐで攻めるタイプの投手です。スライダーなどの変化球も右打者の膝元に投げるし、インコース攻めで左打者をのけ反らせる。空振りのとれるチェンジアップもある。欲を言えばもう少しスピードが出ればおもしろい。リーグ戦をしっかり見ていきます」とコメントした。

4月3日 
コロナ感染拡大の影響で7月開催の社会人野球・日本選手権が中止になることが決定。楽天・後関スカウト部長は「視察する機会は減るけど、過去のデータがあるから(伸び幅を)イメージしてやるしかない」と話した。

[ 2020年05月16日 19:31 ] カテゴリ:楽天のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

楽天のドラフト情報(2020年1月~3月)

3月25日 
上武大・古川裕大(動画)を視察。JX―ENEOSとのオープン戦で捕手でスタメン出場すると8回の守備からは遊撃の守備につき、楽天・沖原スカウトは「スローイングがよくなっているし、ショートも見せてもらった」と守備力を高く評価した。

3月22日 
仙台大・宇田川優希(動画)を視察。慶応大とのオープン戦で5回を投げ1安打2失点の投球に、楽天・後関スカウト部長は「身長184センチと体があるし、球が強いので楽しみ。上位の可能性も」と評価した。

3月6日 
日本高野連はセンバツ大会が無観客で開催される方針が決まったことで、プロ野球の各球団にスカウトが入場できないことを通達した。これを受け、楽天・後関スカウト部長は「球場で生で視察した方がいろいろと細かく確認できることもありますが、こればかりはどうしようもない。テレビで見て気になる選手がいれば、後日、見に行くことになると思います」と話した。

3月2日 
日本体育大・森博人(動画)を視察。日大とのオープン戦に3番手で登板し2回無安打無失点に抑え、楽天・後関スカウト部長は「この時期としては良かったと思う。1年間しっかり見ていきたい」と好評価した。
[ 2020年03月26日 00:23 ] カテゴリ:楽天のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

楽天のドラフト情報(2019年11月~12月)

11月22日 
ドラフト3位指名の慶大・津留崎大成(動画)と入団交渉を行い、契約金6000万円、年俸1000万円で基本合意した。球界のマッチョと言えばオリックス・吉田正が知られるが「対戦してみたい。それよりぜひ一緒にトレーニングをしてみたい」と、ラブコールを送っていた。

11月22日 
ドラフト3位指名の慶大・津留崎大成(動画)と入団交渉を行い、契約金6000万円、年俸1000万円で基本合意した。球界のマッチョと言えばオリックス・吉田正が知られるが「対戦してみたい。それよりぜひ一緒にトレーニングをしてみたい」と、ラブコールを送っていた。

11月19日 
ドラフト5位指名の九産大・福森耀真(動画)と入団交渉を行い、契約金3500万円、年俸700万円で合意した。福森は「少しずつプロの実感が湧いてきた。ファンの皆さんには最速154キロのストレートを見てほしい。多くの人から応援されて日本を代表する選手になりたい」と球団を通じてコメントした。

11月18日 
中京大中京の2年生・高橋宏斗(動画)を視察。明徳義塾を相手に7回投げ4安打無失点、最速148キロをマークし、楽天・後関スカウト部長は「順調にいけば、上の方で名前が挙がる可能性はある」と評価した。

11月11日 
ドラフト1位指名の大阪ガス・小深田大翔(動画)と入団交渉を行い、契約金1億円、年俸1500万円で契約に合意した。「積極的に走っていきたいですし、警戒される中でも盗塁を決めていきたい。肩の強さで言えば、甲斐選手の印象が強いですけど、甲斐選手からも決めたいですね」と目を輝かせた。

11月9日 
ドラフト6位指名のホンダ鈴鹿・滝中瞭太(動画)と入団交渉を行い、契約金3000万円、年俸900万円で合意した。楽天・山田スカウトは「右、左打者に関係なく内角に投げ切れるのが持ち味。チームに貢献してくれる選手になってくれると思う」と期待した。

11月8日 
ドラフト7位指名の明石商・水上桂(動画)と入団交渉を行い、契約金2500万円、年俸560万円で合意した。楽天・愛敬スカウトは「インサイドワークやフットワークのいい捕手。守備力に期待したい」と話した。

11月6日 
ドラフト4位指名の都城東・武藤敦貴と入団交渉を行い、契約金3000万円、年俸560万円で合意した。楽天・大久保スカウトは「高校生の中で身体能力が抜群。3、4年後には外野のレギュラーの一角を担える選手になってほしい」と期待した。

11月5日 
ドラフト2位指名の智弁和歌山・黒川史陽(動画)と入団交渉を行い、契約金6000万円、年俸650万円で合意。プロで対戦したい選手の一人にロッテに1位指名された大船渡・佐々木朗希投手を挙げ「こういう投手を打たないとプロではやっていけないと感じた。悔しい思いをした投手は打ちたい」と語った。

11月2日 
育成4位指名の誉・沢野聖悠(動画)と入団交渉を行い、支度金200万円、年俸230万円で合意した。

11月1日 
育成3位指名の米ハワイ大・山崎真彰(動画)と入団交渉を行い、支度金300万円、年俸300万円で合意した。
[ 2019年11月23日 07:36 ] カテゴリ:楽天のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

楽天のドラフト情報(2019年10月)

10月30日 
育成2位指名の鹿児島城西・小峯新陸(動画)と 入団交渉を行い、支度金200万円、年俸230万円で契約合意した。

10月29日 
育成1位指名の大分高・江川侑斗(動画)と入団交渉を行い、支度金200万円、年俸230万円で契約合意。楽天・大久保スカウトは「一番キャッチャーに必要な必要な観察力、洞察力、向上意識の高さという部分も非常に評価している」と話した。

10月16日 
東邦・石川昂弥(動画)が1位候補に急浮上していることが分かった。楽天球団関係者は「10年に1度、出てくるかの逸材。将来の主砲候補として調査している」と説明。

10月5日 
大船渡・佐々木朗希(動画)と面談。楽天・宮越スカウトは「プロ野球がこんな世界というのを話しました」と説明。約50分間、本人からの質問も含めて、ゆっくりと話し合った。

10月1日 
明治大・森下暢仁(動画)を視察。早大戦に先発して8回2/3を7安打4失点(自責点0)の投球に、楽天・福田プロアマスカウトアドバイザーは「制球力、キレ、スピードの3要素を全て持っている。コンディションさえ整えば、2ケタ勝てる」と高評価した。
[ 2019年10月30日 16:05 ] カテゴリ:楽天のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
アクセス
リンク
QRコード
QR