ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

2019ドラフト12球団情報まとめ TOP  >  西武のドラフト情報

西武のドラフト情報(2019年4月)

4月17日 
JFE西日本・河野竜生(動画)西武など12球団のスカウトが視察。西濃運輸戦で7回を投げ2安打0封、自己最速を1キロ更新する149キロをマークした。

4月7日 
大船渡・佐々木朗希(動画)を視察。U18高校日本代表候補1次合宿の紅白戦で2回を投げ6奪三振、MAX163キロをマークし、西武・潮崎編成グループディレクターは「いま1軍に入っても飛び抜けているのでは。松坂大輔も1年目から良かったけれど、能力やポテンシャルでは大輔のさらに上をいっている。スタミナとかは大輔の方があると思う」 と絶賛した。

4月1日 
大船渡・佐々木朗希(動画)西武をはじめ12球団のスカウトが視察。作新学院(栃木)との練習試合で今季初登板し、3回投げ6奪三振。自慢の直球は最速156キロをマークした。
[ 2019年04月17日 21:34 ] カテゴリ:西武のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

西武のドラフト情報(2019年3月)

3月24日 
星稜・奥川恭伸(動画)を視察。センバツ1回戦・履正社戦で先発し、毎回の17奪三振、3安打完封。MAX151キロをマークし、西武・渡辺GMは「ある程度完成されているけれども、伸びしろもたくさんある。スライダー、フォークもハイレベルにある。これからさらに高いレベルにいくと思うよ」と絶賛した。

3月15日 
創志学園・西純矢(動画)西武など6球団のスカウトが視察。慶応高との練習試合に先発し5回を投げて1安打9奪三振、無失点。この日の最速は148キロだった。

履正社・井上広大(動画)西武など2球団のスカウトが視察。下級生中心の関西大との練習試合で2ランを含む4打数3安打2打点と大活躍した。

3月14日 
来年のドラフト候補、セガサミー・森井絃斗(動画)を視察。JFE西日本戦に登板し5回投げ1安打無失点。MAX150キロをマークし、西武・潮崎編成Gディレクターは「ポテンシャルが高い。来年が楽しみ」と評価した。

3月13日 
東海理化・立野和明(動画)を視察。パナソニック戦で9回投げ被安打5、2失点、MAX149キロをマークし、西武・潮崎編成ディレクターは「ポテンシャルの高さを感じる。変化球も何でも放れて、十分でしょう」 と高評価。西武・前田スカウト部長も「イメージとしてはまさにウチの西口タイプ。でも大学時代にフォークを投げてなかったから、その時点と比べると立野は楽しみ」と絶賛した。

東邦・石川昂弥(動画)西武など2球団のスカウトが視察。打っては2安打、投げては最速139キロ直球とチェンジアップで的を絞らせず6回からの4イニングを1安打無失点と投打で存在感を発揮した。

3月11日 
日大三・井上広輝(動画)西武など数球団のスカウトが視察。霞ケ浦との練習試合に登板し、3回を投げ2安打、4奪三振の無失点に抑えた。

3月10日 
横浜・及川雅貴(動画)を本気モードの6人態勢で視察。5回を投げ1安打無失点、MAX151キロをマークし、西武・渡辺GMは「迫力がある。これからも見ていく素材であることは間違いない」と評価した。

星稜・奥川恭伸(動画)西武など4球団のスカウトが視察。3回を2安打1失点(自責点0)、4奪三振を奪って147キロをマークした。
[ 2019年03月24日 21:48 ] カテゴリ:西武のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

西武のドラフト情報(2019年1月~2月)

2月28日 
奈良学園大・菅田大介(動画)西武など2球団のスカウトが視察。パナソニックを相手に5回投げ11安打7失点とパッとせず、同投手は「今の変化球の精度では社会人には通用しない」と振り返った。

パナソニック・片山勢三(動画)西武など2球団のスカウトが視察。3打数1安打1打点2四球で今季初打点をマークし、片山は「去年より球の見え方や入り方が数段レベルアップしている」と話した。

2月27日 
明治大・森下暢仁(動画)がホンダ熊本とのオープン戦に登板し、4回を投げ打者13人に対して、被安打3、5奪三振で無失点。西武など6球団のスカウトが視察した。

2月8日 
JR東日本・太田龍(動画)を目当てに西武をはじめ全12球団のスカウトがグラウンドに訪れ、野球部に新年のあいさつを済ませていることが分かった。最速153キロの速球を武器にする右の本格派投手。

1月8日 
明治大・森下暢仁(動画)が始動。西武など5球団のスカウトが視察に訪れた。森下は「ドラフト1位で行きたい、じゃなくて、1位で行く!という気持ちでいます」と抱負を語った。

1月7日 
星稜・奥川恭伸(動画)が始動。西武など3球団のスカウトが視察に訪れた。「(注目されることは)今年1年の成長次第で良くなることもあれば悪くなることもあると思うので、今はしっかりやれることをやって、来年のこの時期に(記事などで)書かれるような選手になっていればと思います」と話した。

東洋大・佐藤都志也(動画)が始動。西武など2球団のスカウトが視察に訪れた。佐藤は高校時代もプロ志望届を提出したが、指名漏れ。「悔しかったですね。反骨心でやってきた」と2度目のチャンスに懸ける。
[ 2019年02月28日 11:58 ] カテゴリ:西武のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

西武のドラフト情報(2018年11月~12月)

11月28日 
4位指名の東日本国際大・粟津凱士(動画)と入団交渉を行い、契約金4000万円、年俸1000万円で契約合意。「大学では1試合1試合、学ぶことがあった。プロでも多くの刺激をもらって成長したい」と意欲十分に宣言した。

11月22日 
育成2位指名の北海・大窪士夢(動画)と入団交渉を行い、支度金350万円、年俸280万円で契約合意。西武・水沢スカウトは「大きいだけではなく、器用さもあり、いろんな可能性を秘めている」と期待した。

2位指名の浦和学院・渡辺勇太朗(動画)と入団交渉を行い、契約金7000万円、年俸650万円で合意。「2桁勝利を挙げて、チームを優勝に導ける投手になりたい」と決意表明した。

11月21日 
6位指名のセガサミー・森脇亮介(動画)と入団交渉を行い、契約金3000万円、年俸1000万円で合意した。

11月18日 
大船渡の2年生・佐々木朗希(動画)西武など日本2球団、米国4球団(フィリーズ、パイレーツ、オリオールズ、アスレチックス)が視察。高校の秋の練習試合をメジャースカウトが視察するのは異例。フィリーズの大慈弥功環太平洋部長は「大谷に匹敵する。向こうで活躍できるポテンシャルは十分に持っている」と絶賛した。

11月16日 
3位指名の三菱自動車岡崎・山野辺翔(動画)と入団交渉を行い、契約金6000万円、年俸1200万円で合意。西武・安達アマチュア担当は「1軍の選手の刺激にもなってほしいし、レギュラーにもなってほしい。期待しています」とエールを送った。

5位指名の遊学館・牧野翔矢(動画)と入団交渉を行い、契約金2500万円、年俸600万円で合意。「自分のセールスポイントは肩の強さ。将来は森選手のような打てるキャッチャーになりたいです」と抱負を口にした。

7位指名の富士大・佐藤龍世(動画)と入団交渉を行い、契約金2000万円、年俸600万円で合意。西武・水沢スカウトは「元気とガッツあるプレー、人間性を評価した」と話した。

11月14日 
1位指名の日体大・松本航(動画)と入団交渉を行い、契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1500万円で合意。西武・渡辺SDは「ストレートもそう。変化球も多彩。一番は試合をつくる能力にたけている」と話した。
[ 2018年11月28日 14:52 ] カテゴリ:西武のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

西武のドラフト情報(2018年10月)

10月26日 

西武の2018ドラフト指名選手
順位選手名所属位置動画
1位松本 航 日本体育大動画
2位渡辺 勇太朗浦和学院高動画
3位山野辺 翔 三菱自動車岡崎動画
4位粟津 凱士 東日本国際大動画
5位牧野 翔矢 遊学館高動画
6位森脇 亮介 セガサミー動画
7位佐藤 龍世 富士大動画
育1東野 葵 日本経済大 
育2大窪 士夢 北海高動画
育3中熊 大智 徳山大動画


10月25日 
藤嶺藤沢・矢沢宏太(動画)を指名候補に入れていることが判明。西武・鈴木球団本部長は「二刀流だよ。どっちもいい」と高い評価を与えた。

ドラフト1位について西武・渡辺SDは「結論は明日までに持ち越します。2人のどちらか。普通に考えたら投手。だが、数年に1度ぐらいのポテンシャルを持った野手がいる」と話すにとどめ具体的に名前は出さなかった。

10月24日 
三菱重工広島・杉山一樹(動画)倉敷商・引地秀一郎(動画)の両右腕投手に西武をはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。ともに上位指名濃厚と言われている。

八戸学院大・高橋優貴(動画)西武をはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。リーグ新記録となる通算301奪三振を達成した左椀投手。

富士大・鈴木翔天(動画)西武をはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。左から最速149キロの直球を武器にスライダー、チェンジアップなど多彩な変化球を操る。

10月23日 
日本通運・生田目翼(動画)西武をはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。最速151キロを誇る社会人ナンバー1投手でドラフト上位指名が確実視されている。

10月21日 
立命館大・辰己涼介(動画)西武をはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。同選手は3年連続で大学日本代表に選出されているアマチュア球界屈指の外野手で各球団の評価も高くハズレ1位の有力候補と言われている。

10月19日 
金沢星稜大・泉圭輔(動画)西武をはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。187センチの長身から長い手足を生かした角度のある直球が武器の右腕投手。

10月18日 
名城大・栗林良吏(動画)西武をはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。最速は153キロでスライダーなど変化球を交えて勝負する右の本格派投手。

10月16日
トヨタ自動車、富山凌雅(動画)西武をはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。9月に行われた阪神2軍とのプロアマ交流戦では、先発で5イニング3安打1失点。10球団のスカウトが見つめる前で好投した。

10月14日
日体大・松本航(動画)を視察。西武・渡辺SDは「先発タイプの投手は常に調子がいいとは限らない。悪いなりにも試合をつくるのが勝てる投手の条件。松本君はそれを持っている」と完成度の高さを評価した。

10月13日
大阪桐蔭・根尾昂(動画)を1位指名する可能性が浮上。チーム防御率4.24の投手陣強化が急務となっているが、現場からは選手層の薄い野手、特に内野手強化を希望する声が上がっているとのこと。

10月11日
金足農・吉田輝星(動画)がプロ志望届を提出したことについて、西武・渡辺SDは「1位候補だし人気になるよね。ウチは志望届を出した時点で(戦略を)再検討となっていた。持っているものは甲子園で実証済みだからね」と話した。

亜細亜大・頓宮裕真(動画)を視察。3試合連続本塁打を放ち、西武・渡辺SDは「長打力は目を見張るね」と評価した。

10月10日
東洋大・梅津晃大(動画)を視察。DeNAのスピードガンは152キロが計測され、西武・渡辺SDは「将来的な魅力がたっぷり」と高評価した。

亜細亜大・頓宮裕真(動画)西武など12球団のスカウトが視察。1試合2本塁打、5打点と自慢の長打力をみせつけた。
[ 2018年10月26日 02:32 ] カテゴリ:西武のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
ドラフト投票
リンク
QRコード
QR