ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 指名予想 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

2018ドラフト12球団情報まとめ TOP  >  ソフトバンクのドラフト情報

ソフトバンクのドラフト情報(2018年1~4月)

4月22日
報徳学園・小園海斗(動画)が兵庫大会2回戦でまさかの敗退。フトバンクなど5球団のスカウトが視察に訪れた。

4月19日
近畿大の3年生・谷川刀麻(動画)ソフトバンクなど4球団のスカウトが視察した。

4月18日
亜細亜大・頓宮裕真(動画)を視察。2打席連続弾を放った打撃に、ソフトバンク・宮田スカウトは「強さと柔らかさを証明した。大学屈指のホームラン打者」と絶賛した。

4月16日
横浜の2年生・及川雅貴(動画)を視察。MAX149キロを計測し、ソフトバンク・荒金スカウトは「体も大きくなったし来年の有望株」と評価した。

4月13日
館山総合・相川亮太を視察。最速135キロ止まりだったが、ソフトバンク・福元スカウトは「左の大型左腕ですから、将来的に楽しみな投手」と話した。

4月11日
東洋大・梅津晃大(動画)が中大戦で7回を投げ1失点(自責0)、7奪三振、MAX153キロを計測。ソフトバンクをはじめ12球団のスカウトが視察した。

4月10日
東洋大・上茶谷大河(動画)が中大戦で16三振を奪い6安打完封。ソフトバンクをはじめ日米15球団のスカウトが視察した。

4月9日
日体大・松本航(動画)を視察。12回投げ5安打、無失点の好投にソフトバンク・作山アマスカウトチーム補佐は「いろんな球を意図を持って投げている。変化球も多いし投球の幅が広い。手元で伸びる真っすぐに打者が差し込まれている」と評価した。

4月8日
日体大・東妻勇輔(動画)を視察。ソフトバンクのスピードガンで152キロをマークした。

東海大・飯嶋海斗(動画)を視察。ソフトバンク・永井球団統括本部編成育成部長兼スカウト室長は「左(打者)はしっかりと抑えている。面白いよ」と評価した。

4月1日
大阪桐蔭・藤原恭大(動画)を視察。右膝負傷のケガが長引いて万全ではないが、ソフトバンク・稲嶺スカウトは「力強く振ることはできている」と評価した。

大阪桐蔭・根尾昂(動画)を視察。ソフトバンク・稲嶺スカウトは「技術ではなく根尾君の素質を見ている。能力は高いです」と評価した。

3月30日
ソフトバンク・永井球団統括本部編成育成部長兼スカウト室長がセンバツ高校野球のドラフト候補を総括。

大阪桐蔭・柿木蓮(動画)について「下半身が太いし、鍛えられている。非常にいい素材」と絶賛。同・根尾昂(動画)「どのポジションでも魅力。どこで大きく羽ばたくのかなという感じ。阪神の鳥谷タイプ」と評価。同・藤原恭大(動画)についても「足が速いし、バットが振れるのは魅力」と評した。

投手では、創成館・川原陸(動画)について「体(身長184センチ)が大きい割に変化球の制球を見ても手先が器用。球速が上がってくれば、もっと良くなる」明徳義塾・市川悠太(動画)「去年から成長している」と評価。

松山聖陵・土居豪人(動画)について「手足の長さに対して、今の時点では筋力が足りていない感じはあるが、化けたらすごい投手になるかもしれない」と指摘。また、智弁和歌山・林晃汰(動画)のスイングの力強さを「目についた」と高く評価した。

3月20日
八戸学院大・高橋優貴(動画)を視察。5回投げ4安打、7四球、4三振、4失点と制球に不安をのぞかせたが、ソフトバンク・作山チーフスカウト補佐は「四球になったりしているが、ボールの質は左腕でトップクラス」と評価した。

3月13日
ホンダ・齋藤友貴哉(動画)が明治安田生命戦に登板し、8回5安打1失点(自責0)の好投。ソフトバンクをはじめ全12球団とフィリーズのスカウトが視察した。

3月12日
東芝・岡野祐一郎(動画)が東京ガス戦に登板し、7回2/3を投げ3安打、無失点の投球。ソフトバンクをはじめ全12球団、米1球団の計13球団のスカウトが視察した。

2月24日
日本体育大・松本航(動画)同・東妻勇輔(動画)を視察。ソフトバンク・福山アマスカウトチーフは「それぞれに魅力があり、年間を通じてしっかり評価をしていきたい投手」と話した。

2月17日
東洋大・梅津晃大(動画)同・甲斐野央(動画)を視察。ともに最速150キロを超える右の本格派投手。ソフトバンク・宮田スカウトは「梅津は球がうなっている。発展途上ではあるが、甲斐野とともに上位候補」と評価した。

1月10日
今秋ドラフト候補の東海大・青島凌也(動画)が同大グラウンドで始動。ソフトバンク、DeNAのスカウトが訪れた。右腕は「プロに行きたいです。チームでは日本一、個人では最優秀投手賞のタイトルが目標」とプロ志望を表明した。

1月9日
今秋ドラフト上位候補、埼玉栄・米倉貫太(動画)が始動。東北高時代にダルビッシュを指導した若生監督が「力はダルビッシュの同じ時期より上」と絶賛する逸材をソフトバンク、ヤクルトのスカウトが視察した。

1月7日
明治大のドラフト候補・逢沢崚介(動画)渡辺佳明(動画)が始動し、ともにプロ志望を表明。この日はソフトバンクなど3球団が視察に訪れた。

1月6日
NTT東日本・堀誠(動画)が始動。ソフトバンクのスカウトがあいさつに訪れる中、連覇を見据えて「大事な所を任されるようにしたい」と意欲を示した。

ソフトバンクはスカウト部門の再編でさらなるチーム強化を図る。北海道・東北担当の作山和英スカウトが全国をカバーする投手担当を兼任する。08年ドラフト5位で摂津を獲得するなど、投手の目利きには定評があり、異例の全国投手担当になった。

1月4日
西日本スポーツによると、ソフトバンクはドラフト1位指名候補として大阪桐蔭・根尾昂(動画)報徳学園・小園海斗(動画)天理・太田椋(動画)の3人の高校生内野手をリストアップしているもよう。記事によると、今宮が順調なら19年に国内FA、20年には海外FA権を取得し、次世代の内野の要を獲得しておくことは常勝軍団を目指す球団にとって自然な流れだ・・・とのこと。
[ 2018年04月22日 13:45 ] カテゴリ:ソフトバンクのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

ソフトバンクのドラフト情報(2017年12月)

12月28日
ソフトバンクは岩井隆之氏を来季から九州地区担当スカウトとして招へいすることが分かった。同氏は日ハムスカウト時代に木村拓也(享年37)をドラフト外で獲得。横浜スカウト時代には大分工高の内川をドラフト1位指名し入団させるなど手腕に定評がある。

12月2日
ソフトバンクは球団統括本部編成・育成部長兼スカウト室長に同本部ディレクターだった永井智浩氏(1997ドラフト1位)が就任したと発表した。2軍監督に就任した小川一夫氏の後任。

育成3位指名の沖縄尚学・砂川リチャード(動画)と入団交渉を行い、支度金300万円、年俸360万円で契約合意した。ソフトバンク・福山スカウト室アマスカウトチーフ補佐は「体の大きさ、肩の強さもあるが、何より野球小僧で野球を愛していることが、一番の伸びる要素になる。熱意を持って挑戦すると言ってくれてうれしい」と話した。
[ 2017年12月29日 05:00 ] カテゴリ:ソフトバンクのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

ソフトバンクのドラフト情報(2017年11月)

11月28日
5位指名の秀岳館・田浦文丸(動画)と入団交渉を行い、契約金3500万円、年俸500万円で契約合意した。対戦したい選手に日ハム1位・清宮をあげ、「他の選手とは違う雰囲気があった。でも、抑える自信はある」などと話した。

11月27日
1位指名の鶴岡東・吉住晴斗(動画)と入団交渉を行い、契約金8000万円、年俸800万円で契約合意した。ソフトバンク・作山スカウトは吉住が目標とする160キロについて「出ますよ。裸を見たことがあるが、脂肪が少ない(筋肉量の多い)85キロくらいのアスリート体形。もっといい体になるはず」と進化に太鼓判を押した。

11月26日
3位指名の横浜・増田珠(動画)と入団交渉を行い、契約金5000万円、年俸600万円で契約合意した。増田は長崎出身で、国民的人気を誇る歌手で俳優の福山雅治と同じ小、中学校に通った。「長崎の顔になりたい。福山さんの次は増田と言ってもらえるように」と夢を語った。

11月24日
育成1位指名の学法石川・尾形崇斗(動画)と入団交渉を行い、支度金300万円、年俸360万円で契約合意した。「球が速いのは当然で、どういう球を投げるか。分かっていても打てない直球を投げたい」などと話した。

11月22日
育成5位指名の立花学園・日暮矢麻人と入団交渉を行い、支度金300万円、年俸360万円で契約合意した。「(合意で)身が引き締まった。早く福岡に行きたい」などと話した。

11月20日
2位指名の専修大・高橋礼(動画)と入団交渉を行い、契約金7000万円、年俸1200万円で契約合意した。同選手は「これまで見たこともない金額を提示していただいた。この数字を超えていく成績を残し続けたい。中継ぎでバリバリ投げたい」などと話した。

11月18日
4位指名の国士舘大・椎野新(動画)と入団交渉を行い、契約金4500万円、年俸800万円で契約合意した。同選手は「ユニホームに袖を通して、実感が湧いた。いずれはソフトバンクを代表する投手に成長して開幕投手を務めたい」などと夢を語った。

11月16日
来年ドラフト候補の日本体育大・東妻勇輔(動画)を視察。ソフトバンク・宮田アマスカウトチーフ補佐は「スプリットが独特で、奥行きが使える投手。(来秋ドラフト候補に)入ってくるでしょう」と高評価した。

育成4位指名の早稲田大・大竹耕太郎(動画)と入団交渉を行い、支度金300万、年俸400万で契約合意した。ソフトバンク・山本スカウトは「貴重な左腕ですし、本当に緩急とコーナーワークと大胆に生かした繊細なピッチングのできる非常にクレバーな選手でもあります」などと評価した。

11月11日
スカウトから転身するソフトバンク・小川一夫2軍監督(1972南海5位)が会見し「スカウトの形で携わってきて、それぞれに期待ある選手ばかり。個々の選手は、必要なものを持っている。それを生かしていきたい」と抱負を語った。

11月9日
来年ドラフト候補のトヨタ自動車・富山凌雅(動画)を視察。ソフトバンク・山崎スカウトは「降板するまでしっかり試合をつくった。きょうは球速こそ出ていなかったが、来年のドラフト候補と言える投球を見せてくれた」と評価した。

11月8日
育成2位指名の東農大北海道・周東佑京(動画)と入団交渉を行い、支度金300万円、年俸400万円で契約合意した。ソフトバンク・永山スカウトチーフは「どうしても欲しかった選手。体は細いが、脚力が抜群で鍛えれば全て良くなる」と期待した。

育成6位指名のBCリーグ新潟・渡辺雄大(動画)と入団交渉を行い、支度金300万円、年俸400万円で契約合意した。ソフトバンク・山本アマスカウトは「春先の巨人(3軍)相手の投球に成長を感じた。その後、素晴らしい数字もついてきた。まずは左打者相手に働き場所を確保してほしい」などと話した。

ソフトバンクの小川一夫編成・育成部長兼スカウト室長が来季、ソフトバンク2軍監督に復帰することが7日、分かった。2011年からの3年間は2軍監督を務めており、5年ぶりの復帰となる。

11月7日
4位指名の国士舘大・椎野新(動画)に指名挨拶。ソフトバンク・宮田アマスカウトチーフ補佐は「今は体の線が細いからね。体をしっかり鍛えれば、球速はどんどん上がる。スケールの大きい投手になってほしい」と期待した。

11月5日
来年ドラフト候補の大阪桐蔭・根尾昂(動画)を視察。ソフトバンク・稲嶺スカウトは「(投手としても打者としても)どちらもいい。投手として指名する球団もあるのでは」と話した。

11月3日
育成1位指名の学法石川・尾形崇斗(動画)に指名挨拶。ソフトバンク・作山スカウトは「高校生としては体ができている。球威のあるボールとマウンドでの闘争心もありプロ向き。(高校の)後輩を担当できてうれしい気持ちがある。支配下登録を目指して、一歩一歩成長してほしい」などと期待した。

11月2日
5位指名の秀岳館・田浦文丸(動画)に指名挨拶。ソフトバンク・福山アマスカウトチーフ補佐は「先発も中継ぎもできるバランスの取れた投手。WBC代表となって国際大会で2度目のベストナインを目指してほしい」と期待した。

育成5位指名の立花学園・日暮矢麻人に指名挨拶。ソフトバンク・荒金スカウトは「DeNA・筒香のようなタイプで打席での雰囲気もある。大きく育ってほしい」などと話した。

11月1日
3位指名の横浜・増田珠(動画)に指名挨拶。入団すれば三塁手として育成する方針で増田も既に練習に着手。ソフトバンク・荒金スカウトは「あの元気はダイヤモンドの中で生きる。内川や松田の姿を見て学んで、ファンにも愛される選手になってほしい」と期待した。

[ 2017年11月28日 20:49 ] カテゴリ:ソフトバンクのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

ソフトバンクのドラフト情報(2017年10月)

10月31日
2位指名の専修大・高橋(動画)に指名挨拶。ソフトバンク・荒金スカウトが「希少価値が高い」と評価する右腕「日本一の投手陣に割り込めるか不安もあるけど、投げてみたい」などと意気込みを語った。

10月28日
1位指名の鶴岡東・吉住(動画)に指名挨拶。ソフトバンク・作山スカウトは「(キャッチャーの)真後ろから投球を見た時、このボールは怖いと感じた。王会長と工藤監督からは『将来的にチームを引っ張ってくれる選手になってほしい』と言われている」などと話した。

10月27日
26日にドラフト会議が行われ、ソフトバンクは以下の選手を指名した。

福岡ソフトバンクホークス
×清宮幸太郎 
×安田尚憲 
×馬場皐輔 
1位吉住晴斗 (鶴岡東高・投)動画
2位高橋礼 (専修大・投)動画
3位増田珠 (横浜高・外)動画
4位椎野新 (国士館大・投)動画
5位田浦文丸 (秀岳館高・投)動画
育1尾形崇斗 (学法石川高・投)動画
育2周東佑京 (東農大北海道・内)動画
育3砂川リチャード (沖縄尚学高・内)動画
育4大竹耕太郎 (早稲田大・投)動画
育5日暮矢麻人 (立花学園高・外) 
育6渡辺雄大 (BCリーグ新潟・投)動画


▼ドラフト後のソフトバンク・工藤監督のコメント
「(くじ3連敗は)つらいなんてものじゃない。(清宮とは)運命の出会いではなかった。(吉住は)体に力があってバネがある。昔で言うと渡辺久信のように直球で押していけるような投手ですね」


 10月26日
ソフトバンクは早実・清宮(動画)を1位指名することを公表。王球団会長は「やっぱり魅力がありますよ、プロ野球(選手)としてね。順調に育ってほしいし、育てたい」などと話した。

スポニチは、ソフトバンクが早稲田大・大竹(動画)の指名を検討していると報道。球団関係者も「センスがある」と評価しているとのこと。

10月24日
西日本スポーツは、「SH(ソフトバンク)、田浦獲り」と1面大見出しで報道。記事によると、秀岳館・田浦(動画)には「9球団から調査書が届いており、ホークスは当初、育成指名も含めた獲得を視野に入れていたが、順位を上げてでも獲得に動く可能性がある」・・・そうだ。

明治大・斉藤(動画)を視察。ソフトバンク・山本スカウトは「もともと左打者には嫌らしさがある。右にもスクリュー系で、コースを“ハの字”に使えるようになった」と高評価した。

10月3日
早実・清宮(動画)と面談。ソフトバンク・三笠球団統括本部統括本部長は「ぜひホークスに来てほしい、というお話をさせていただいた」とし、「あの王会長でも初めて30発以上を打ったのが4年目だった。じっくり、いい環境の中でいい選手に、日本を代表する選手になってほしい」と話したとのこと。ポスティングについての話題は出なかったもよう。

10月2日
早実・清宮(動画)が他球団からポスティングでのメジャー移籍を容認する声が出ていることについて、ソフトバンク・後藤球団社長は「FA権は選手の権利だが、ポスティングは従来うちでは認めていない」と明言した。
[ 2017年10月31日 15:17 ] カテゴリ:ソフトバンクのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

ソフトバンクのドラフト情報(2017年9月)

9月29日
早実・清宮(動画)にソフトバンク、日本ハム、ヤクルト、西武、巨人、阪神の計6球団が調査書記入を依頼した。

9月28日
ヤマハ・鈴木(動画)を視察。ソフトバンク・小川編成部長は「(1位)候補が、いい投球を見せてくれた」と高評価した。

9月26日
プロ志望届を提出した奈良学園大・宮本(動画)に調査書の提出を依頼。宮本へは現在のところ、阪神、巨人、ソフトバンクの3球団のもよう。

9月24日
ソフトバンク・王球団会長は早実・清宮(動画)について「やっぱり欲しいよね。バッターとしての技術もそうだし、ネームバリューもある」と事実上のドラフト1位指名宣言。競合について「記録になるんじゃないの?8つかな?それは超えるだろう」と過去最多を予想し、「工藤監督の方がクジ運がいいからね。外れたら一生言われちゃう(笑い)」とコメントした。

9月23日
西日本スポーツは早実・清宮(動画)「相思相愛!?ソフトバンク1位最有力」と1面大見出しで報道。ソフトバンク・三笠球団統括本部統括本部長は「もちろん(1位指名の)候補の一人です。充実したファーム施設、3軍制もあって試合数も経験できる、プロ野球界を代表する選手を育成できているという、環境や実績面もある」とアピール。

9月7日
早実・清宮(動画)を視察。ソフトバンク・小川編成育成部長兼スカウト室長は「木のバットでこう打つんだ、というのが分かった打球では。右の壁ができるようになった」と評価した。

9月3日
早実・清宮(動画)を視察。ソフトバンク・小川編成育成部長は「(大飛球は)海外のボールは飛ばないから日本なら入っている。木のバットでも問題ない」と評価した。
[ 2017年09月29日 20:01 ] カテゴリ:ソフトバンクのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
ドラフト投票
リンク
QRコード
QR