ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

2019ドラフト12球団情報まとめ TOP  >  ソフトバンクのドラフト情報

ソフトバンクのドラフト情報(2019年11月)

11月28日 
ドラフト1位指名のJR西日本・佐藤直樹(動画)と入団交渉を行い、契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1600万円で合意した。ソフトバンク・永井編成育成本部長は「層の厚い野手陣に割り込める十分な素材。パワーもあるし、将来はクリーンアップを打つ可能性も秘めている」と期待を寄せた。

11月27日 
ドラフト3位指名の東北福祉大・津森宥紀(動画)と入団交渉を行い、契約金6000万円、年俸1100万円で仮契約した。ソフトバンク・福山スカウトチーフは「うちにいない貴重な右サイド。ケンカ投法は勝ちゲームのセットアッパーむき。近い将来、大事な試合を任せられる即戦力になってほしい」と話した。

11月26日 
ドラフト2位指名の東海大・海野隆司(動画)と入団交渉を行い、契約金7000万円、年俸1200万円で合意した。ソフトバンク・福山チーフスカウトは「久々にこれだけ肩の強い捕手を見た。守備だけならすでにプロでも一線級。打撃も大振りせず、バットコントロールも持っている。(甲斐)拓也の尻にも火が付くでしょう」と 期待した。

11月23日 
ドラフト5位指名の慶応大・柳町達(動画)と入団交渉を行い、契約金4000万円、年俸760万円で合意した。ソフトバンク・福山チーフスカウトは「よく5位まで残っていた。秋山(西武から海外FA)のようになる可能性を秘める。現時点では、打撃で教えることはないかも。広角に打て、初対戦の投手でも苦にしない」と話した。

11月21日 
中京大中京の2年生・高橋宏斗(動画)を視察。ソフトバンク・山本スカウトは「ひと冬越えるのが楽しみ。来年のドラフトで中心になってくる」と評価した。

11月17日 
ドラフト4位指名の東海大札幌・小林珠維(動画)と入団交渉を行い、契約金4000万円、年俸460万円で仮契約を結んだ。ソフトバンク・福山スカウトチーフは「松田宣浩の若い時に髪形も含めて似てる。しっかりしてる骨格も。体が頑丈でスピードとパワーもある」と評価した。

11月14日 
育成7位指名の山形中央・村上舜(動画)と山入団交渉を行い、支度金300万円、年俸360万円で合意した。

11月13日 
育成1位指名の黒沢尻工・石塚綜一郎(動画)と入団交渉に臨み、支度金300万円、年俸360万円で合意した。

11月11日 
育成5位指名の城北・舟越秀虎と入団交渉を行い、支度金300万円、年報360万円で合意した。

11月2日 
育成6位指名の千原台・荒木翔太と入団交渉を行い、支度金300万円、年俸360万円で合意した。

11月1日 
育成4位指名の興南・勝連大稀(動画)と入団交渉に臨み、支度金300万円、年俸360万円で合意した。
[ 2019年11月29日 04:36 ] カテゴリ:ソフトバンクのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

ソフトバンクのドラフト情報(2019年10月)

10月11日 
大船渡・佐々木朗希(動画)と面談。ソフトバンク・福山チーフスカウトは「ホークスがめざせ世界一!という球団スローガンを掲げていることをはじめ、充実した練習施設や3軍制を敷いていることなどについて伝えさせていただきました」と説明。評価については「最上位候補の1人。私の20年のスカウト人生の中で、彼ほど素材感のすごい選手はいない。最終地点が想像つかない」と絶賛した。

10月6日 
昨日に続いて2日連続でスカウト会議を開催。約4時間かけて全リストアップ選手の確認作業を終えたが、1位指名選手の確定には至らなかった。

10月5日 
スカウト会議を開催。今年から各地区担当スカウトがそれぞれリストアップした指名候補選手をプレゼンテーションする形で会議を進行。リストアップした選手は50人前後いるもようで、ソフトバンク・三笠GMは「今日は、指名選手全体の評価の確認」と説明した。

10月3日 
スポーツ報知は「ソフト佐々木ドラ1最有力」と見出しを打ち、ソフトバンクが大船渡高・佐々木(動画)をドラフト1位の最有力候補に挙げていると報道。取材に応じたソフトバンク・三笠GMは「千賀くんのように、世界を代表するようなピッチャーになれる素材。ピッチャーとしては大谷くん(現エンゼルス)より、素材が上じゃないかというのがスカウトの評価」と、賛辞を並べた。
[ 2019年10月12日 02:44 ] カテゴリ:ソフトバンクのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

ソフトバンクのドラフト情報(2019年9月)

9月23日 
大商大・大西広樹(動画)ソフトバンクなど3球団のスカウトが視察。神戸学院大戦に登板し、3安打完封と好投した。

9月22日 
慶応大・津留崎大成(動画)を視察。東京大戦で2回投げ無安打無失点の投球に、ソフトバンク・福山アマスカウトチーフは「ウチにいた五十嵐亮太みたいなタイプ。球に力がある」と絶賛した。
 
9月7日 
大船渡・佐々木朗希(動画)を視察。U18W杯・韓国戦で先発するも、右手中指の血マメの影響でわずか1回、19球で降板。ソフトバンク・永井スカウト部長は「今日を参考にするとかわいそう。制球で苦しむタイプではない。マメが気になったのでしょう。もう少し見たかったです」と話した。
 
9月6日 
星稜・奥川恭伸(動画)を視察。U18W杯・カナダ戦で7回2安打1失点、18奪三振をマークし、ソフトバンク・永井編成育成本部長は「良すぎ。自分の思ったところに投げているから(国際大会の)ストライクゾーンにも対応できる」と絶賛した。

9月3日 
大船渡・佐々木朗希(動画)を視察。試合では登板なかったがブルペンで計85球を投げ込み、ソフトバンク・永井編成育成本部長は「血マメを心配していたけど、大丈夫そうだね。本人は気にしてないと思う。全然投げられた」とコメントした。
[ 2019年09月24日 02:14 ] カテゴリ:ソフトバンクのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

ソフトバンクのドラフト情報(2019年8月)

8月27日 
明治大・森下暢仁(動画)を視察。高校日本代表-大学日本代表戦で2回を投げ1安打1失点(自責0)の投球に、ソフトバンク・永井編成育成本部長は「今日は短いイニングで(いつも以上に)力を入れて投げていたけど、良いボールを投げていた。すぐに(プロでも通用する)という選手」と評価した。

大船渡・佐々木朗希(動画)を視察。高校日本代表-大学日本代表戦で1回無安打無失点、2奪三振の投球に、ソフトバンク・永井編成育成本部長は「伸びしろという部分では一番いい。これからどう伸びていくんだという楽しみが大きい。(1位候補は)当然です」と絶賛した。

また興南・宮城大弥(動画)について永井本部長は「変化球でカウントを整えられるし、けん制も巧み。自滅する感じがしない」。登板機会がなく6番DHで出場し3打数0安打に終わった有明・浅田将汰(動画)については「しっかり振れていた」と評した。

8月17日 
30日から開催されるU-18W杯(韓国)に全スカウトを派遣することが分かった。同大会には大船渡・佐々木朗希(動画)の選出が決定的。ソフトバンク・福山アマスカウトチーフは「特に今年は佐々木君をはじめ有望な選手が多い。絶対に抜け漏れがないようにしたい」と説明。佐々木については「国際大会という舞台。リミッターを外した最高のパフォーマンスを見逃さないようにしたい」と強調した。

8月14日 
ソフトバンク・永井編成育成本部長が甲子園ドラフト候補を総括した。

大船渡・佐々木朗希(動画)
「彼中心のドラフトになる。佐々木君にいくのか、いかないのかで変わる。いいのは、もう分かっているので」


星稜・奥川恭伸(動画)
「コントロール、変化球の質。投げるレベルが高く、既にゲームメークができる。佐々木君か、奥川君の将来性を取るか。各球団の方針次第」


津田学園・前佑囲斗(動画)
「投手らしい投手。伸びしろも感じるし、春より全然良かった」

近江・林優樹(動画)高松商・香川卓摩(動画)
「小柄で細身の左腕ですが、2人とも指先の感覚がいいし、将来が楽しみな存在」

八戸学院光星・武岡龍世(動画)
「ボディーバランスがいい。足もあるし、センスがある。選抜のときより、打球も飛んでいるイメージがある」

履正社・井上広大(動画)
「体に力がついて、選抜よりずっと良くなった。まだ、ぼてっとした子どもの体ですから、上の世界で体をつくれば、もっとすごくなるでしょう」

筑陽学園・進藤勇也(動画)
「肩の強さだけじゃなく、送球の正確性、ストライク送球の確率が圧倒的に高いですね」と能力の高さに二重丸をつけた。

智弁和歌山の東妻純平(動画)
「体は小さめだけど、打撃に力もあるし、動きも速い。ウチの(甲斐)拓也っぽいです」

智弁和歌山・黒川史陽(動画)「二塁、三塁が守れて、打つ方もいいのは魅力」

8月8日 
星稜・奥川恭伸(動画)を視察。甲子園1回戦・旭川大高戦でMAX153キロをマークし9回3安打完封。ソフトバンク・永井編成育成本部長は「1位指名も十分考えられる。球を操れる投手は、プロに入っても早く出てくる。奥川君はそういうタイプ。コントロールが本当に良いので、打者からしたら逆に怖さは少ないのかもしれない」と高く評価した。
[ 2019年08月28日 10:18 ] カテゴリ:ソフトバンクのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

ソフトバンクのドラフト情報(2019年7月)

7月25日 
日大三・井上広輝(動画)を視察。桜美林を相手に6回8安打2失点の投球に、ソフトバンク・永井編成育成本部長は「本調子ではないと思いますが、直球も変化球もボールを操れる。指先の感覚が優れた選手」と話した。
 
和歌山東・落合秀市(動画)ソフトバンクなど12球団のスカウトが視察。市和歌山戦で9回7安打4失点、最速146キロをマークし、試合終了後、プロ志望を表明した。

7月24日 
昌平・米山魁乙(動画)を視察。聖望学園戦で4回投げ無失点、MAX144キロをマークし、ソフトバンク・永井編成育成本部長は「球速以上にボールは来ていると思う。十分候補」 と評価した。

7月19日 
大船渡・佐々木朗希(動画)を視察。コールド勝ちで6回参考ながらノーヒットノーランで一戸を撃破。最速155キロをマークし、ソフトバンク・三笠球団統括本部長は「彼中心のドラフトになる。12球団が(1位で)行くのではと思う。日本球界の将来を背負う選手だと分かりました」と高評価した。

7月17日 
明治大・森下暢仁(動画)を視察。アメリカ大学代表を相手に5回無失点、MAX151キロをマークした速球で毎回の9三振を奪う快投に、ソフトバンク・永井編成育成本部長は「大学選手権から調子はずっと上向き。真っすぐはガン表示以上の速さを感じたし、カーブもうまく使っていた」と高く評価した。

7月13日 
京都国際・上野響平(動画)ソフトバンクなど6球団のスカウトが視察。170センチと小柄ながら2安打4打点の活躍でプロにアピールした。

7月12日 
常総学院・菊田拡和(動画)ソフトバンクなど10球団のスカウトが視察。鬼怒商戦で左中間2点二塁打を放つなど4打数1安打2打点をマークした。

7月8日 
京都翔英・遠藤慎也(動画)を視察。桃山戦で6回を投げ1安打無失点、最速140キロ止まりも、ソフトバンク・稲嶺スカウトは「初めて見たけど、コントロールが良くてバランスが良い。ボールを離す出力も。本当に楽しみ。体が出来てきたら、自然とボールも速くなってくる」と評価した。
[ 2019年07月25日 00:46 ] カテゴリ:ソフトバンクのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
ドラフト投票
リンク
QRコード
QR