ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

2019ドラフト12球団情報まとめ TOP  >  ソフトバンクのドラフト情報

ソフトバンクのドラフト情報(2019年4月)

4月17日 
国士舘大・高部瑛斗(動画)を視察。東農大戦で右前安打を放ち、東都大学リーグ2部通算100安打を達成し、ソフトバンク・荒金スカウトは「左打者としては辰己(楽天)、近本(阪神)に似たタイプ」と絶賛した。

JFE西日本・河野竜生(動画)ソフトバンクなど12球団のスカウトが視察。西濃運輸戦で7回を投げ2安打0封、自己最速を1キロ更新する149キロをマークした。

4月16日 
城北・上田龍弘をリストアップしていることが判明。ソフトバンク・福山アマスカウトチーフは「現時点で上位候補かと言われれば違うかもしれないが、スローイング、捕手としての動きの速さを含めて、高校時代の甲斐と非常に重なる」と説明した。

昌平・米山魁乙(動画)を視察。三郷北戦で登板し、2回投げ無安打無失点の投球に、ソフトバンク・福元スカウトは「きょうは最速138キロ。順調でしょう」と話した。

4月15日 
慶応大・中村健人(動画)を視察。先制2ランと2点二塁打を放つ活躍に、ソフトバンク・永井編成育成本部長は「右打者でパンチ力がある」と評した。

4月7日 
大船渡・佐々木朗希(動画)を視察。U18高校日本代表候補1次合宿の紅白戦で2回を投げ6奪三振、MAX163キロをマークし、ソフトバンク・永井編成育成本部長は「衝撃的。こんな投手、過去にいない。すぐに1軍に連れて行って投げさせてみたいくらい」と絶賛した。

4月1日 
大船渡・佐々木朗希(動画)を視察。作新学院との練習試合で今季初登板し、3回投げ6奪三振。最速156キロをマークし、ソフトバンク・福山アマスカウトチーフは「エンジンが違う。17歳3カ月の時点で、これくらいの球を投げた投手は過去にさかのぼってもいないのでは。大事な大会でもっとアドレナリンが出たら、どこまでの球が来るのか」と絶賛。

同じく、ソフトバンク・作山アマスカウトチーフ補佐も「この時期にあれだけ投げる子は見たことがない。雄星、大谷の高校時代に負けていない。徹底マークします」と高評価した。
[ 2019年04月17日 21:49 ] カテゴリ:ソフトバンクのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

ソフトバンクのドラフト情報(2019年3月)

3月29日 
ソフトバンク・永井編成育成本部長兼スカウト・育成部長がセンバツ高校野球のドラフト候補を総括。(以下スカウト評のみ抜粋)

星稜・奥川恭伸(動画)
「さらに評価を上げた。大きい割に体もフォームもバランスがいい。変化球もほぼ操れている。高校生では対応が難しいレベル」(ソフトバンク・永井スカウト)

横浜・及川雅貴(動画)
「奥川と素材は同じくらい抜群。頭の中でイメージしている動きをどう表現するか。これからゲームの中で修正できるようになればいい。(各球団での)映り方はそれぞれでしょうけども、魅力十分です」(ソフトバンク・永井スカウト)

高松商・香川卓摩(動画)
「左投手は小さくても大成する。球に切れを感じますし、筋肉がつけば面白い存在」(ソフトバンク・永井スカウト)

津田学園・前佑囲斗(動画)
「指先の感覚がいい。楽しみな素材」(ソフトバンク・永井スカウト)

石岡一・岩本大地(動画)
「球速が伸びたら、去年の吉田輝星(秋田・金足農-日本ハム)みたいになれる」(ソフトバンク・永井スカウト)

山梨学院・野村健太(動画)
「遠くへ飛ばすのは、他の選手にはなかなかまねできない」(ソフトバンク・永井スカウト)

八戸学院光星・武岡龍世(動画)
「非常に好素材」(ソフトバンク・永井スカウト)

明豊・表悠斗(動画)
「すごく振れる印象。うまく打っていた」(ソフトバンク・永井スカウト)

大分・足立駿(動画)
「遊撃もできると思うし、体を見ても、ポテンシャルがある」(ソフトバンク・永井スカウト)

筑陽学園・進藤勇也
「体が強そうで、捕手として面白い素材」(ソフトバンク・永井スカウト)


3月27日 
広陵・河野佳(動画)を視察。センバツ1回戦・八戸学院光星戦でMAX150キロをマークし3安打完封。ソフトバンク・福山アマスカウトチーフは「追いかけたい投手。うちの森みたいにロスなく、リリースに力を入れられる」と評価した。

3月24日 
星稜・奥川恭伸(動画)を視察。センバツ1回戦・履正社戦で先発し、毎回の17奪三振、3安打完封。MAX151キロをマークし、ソフトバンク・福山アマスカウトチーフは「大きく間違えないから、ゲームメーク能力が高い。田中将大投手の高校時代と遜色ない。(状態が)悪い時の奥川君も見てみたい」と絶賛した。

3月13日 
東海理化・立野和明(動画)ソフトバンクをはじめ全12球団のスカウトが視察。パナソニック戦で9回13奪三振完投。5安打、4四球、2失点に抑え、MAX149キロをマークした。

3月10日 
横浜・及川雅貴(動画)ソフトバンクなど9球団のスカウトが視察。5回を投げ1安打無失点、6奪三振。今季初登板で151キロをマークした。
[ 2019年03月29日 21:55 ] カテゴリ:ソフトバンクのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

ソフトバンクのドラフト情報(2019年1月~2月)

2月27日 
明治大・森下暢仁(動画)がホンダ熊本とのオープン戦に登板し、4回を投げ打者13人に対して、被安打3、5奪三振で無失点。ソフトバンクなど6球団のスカウトが視察した。

2月8日 
JR東日本・太田龍(動画)を目当てにソフトバンクをはじめ全12球団のスカウトがグラウンドに訪れ、野球部に新年のあいさつを済ませていることが分かった。最速153キロの速球を武器にする右の本格派投手。

1月8日
東海大・海野隆司(動画)同・原田泰成(動画)のプロ注目バッテリーが始動。ソフトバンクなど2球団のスカウトが視察に訪れた。

1月5日
横浜・及川雅貴(動画)を視察。ソフトバンク・福山アマスカウトチーフは「潜在能力が素晴らしい。夏まで楽しみ」と期待した。
[ 2019年02月27日 16:14 ] カテゴリ:ソフトバンクのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

ソフトバンクのドラフト情報(2018年11月~12月)

12月31日
来年ドラフト1位候補として大船渡・佐々木朗希(動画)創志学園高・西純矢(動画)星稜・奥川恭伸(動画)と3人の高校生投手をリストアップしていることが分かった。ソフトバンク・永井スカウト室長は「現時点で、ずっと見続けていかなければいけない3人であることは間違いない」と、高校生3投手への密着マークを来秋まで各担当スカウトに続けさせる考えを示した。

11月28日
1位指名の東洋大・甲斐野央(動画)と入団交渉を行い、契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1500万円で合意。ソフトバンク・永井スカウト室長は「真っすぐとフォークは一級品。1イニングなら今でも抑えられるんじゃないか」と話した。

7位指名の三菱日立パワーシステムズ・奥村政稔(動画)と入団交渉を行い、 契約金3000万円、年俸1000万円で合意。「統一契約書を目にして改めて実感が湧いた。(来年)2月のキャンプからアピールして結果を出したい」と話した。

11月24日
3位指名の早実・野村大樹(動画)と入団交渉を行い、契約金5000万円、年俸600万円で入団に合意。ソフトバンク・王球団会長は「広角に打てるし、そういう打撃を期待する」などと話した。

11月22日 
4位指名のR東日本・板東湧梧(動画)と入団交渉を行い、契約金6000万円、年俸1000万円で合意。ソフトバンク・宮田アマスカウトは「クレバーな投球ができる。先発や中継ぎで活躍した摂津正投手のようになってほしい」と期待した。

2位指名の三菱重工広島・杉山一樹(動画)と入団交渉を行い、契約金7000万円、年俸1200万円で合意。「しっかりと自覚を持って全てに取り組みたい。キャンプの施設はすごかった。成長できる場だと思ったし、楽しみです」と話した。

11月18日 
育成1位指名の神村学園・渡辺陸と入団交渉を行い、支度金300万円、年俸360万円で契約合意した。

11月16日 
育成4位指名の西日本短大付・中村宜聖と入団交渉を行い、支度金300万円、年俸360万円で契約合意した。

11月14日 
5位指名の石見智翠館・水谷瞬(動画)と入団交渉を行い、契約金3500万円、年俸500万円で合意。ソフトバンク・作山スカウトは「トリプルスリー(3割、30本塁打、30盗塁)を狙える素材。スケールの大きな選手になってほしい」と期待した。

11月12日 
6位指名の金沢星稜大・泉圭輔(動画)と入団交渉を行い、契約金3000万円、年俸800万円で契約合意。現在もトレーニングを欠かさず「いい状態で(来年の新人合同)自主トレに入れるようにしたい。プロでは150キロ、155キロと投げられるようになりたい」などと話した。
[ 2018年12月31日 13:54 ] カテゴリ:ソフトバンクのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

ソフトバンクのドラフト情報(2018年10月)

10月29日 
履正社の2年生・清水大成(動画)を視察。ソフトバンク・稲嶺スカウトは「上から叩けるので、体ができれば、球速はもっと出るのでは」と評価した。

10月26日 

ソフトバンクの2018ドラフト指名選手
順位選手名所属位置動画
×小園 海斗   
×辰己 涼介    
1位甲斐野 央東洋大動画
2位杉山 一樹三菱重工広島動画
3位野村 大樹早稲田実高動画
4位板東 湧梧JR東日本動画
5位水谷 瞬石見智翠館高動画
6位泉 圭輔 金沢星稜大動画
7位奥村 政稔三菱日立PS動画
育1渡辺 陸 神村学園高 
育2岡本 直也 東農大北海道動画
育3重田 倫明 国士舘大動画
育4中村 宜聖 西日本短大付高 


10月25日 
報徳学園・小園海斗(動画)を1位指名すると公表ソフトバンク・王球団会長は「1位は小園。運動能力、守備、肩、打撃もいい。将来的にチームの戦力になる選手を、ね」と説明した。

早稲田実・野村大樹(動画)花咲徳栄・野村佑希(動画)の「W野村」獲得を狙っていることが分かった。ソフトバンク・永井編成育成部長は「指名人数は5から7人獲れたらいいかな」とコメント。

10月24日 
三菱重工広島・杉山一樹(動画)倉敷商・引地秀一郎(動画)の両右腕投手にソフトバンクをはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。ともに上位指名濃厚と言われている。

八戸学院大・高橋優貴(動画)ソフトバンクをはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。リーグ新記録となる通算301奪三振を達成した左椀投手。

富士大・鈴木翔天(動画)ソフトバンクをはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。左から最速149キロの直球を武器にスライダー、チェンジアップなど多彩な変化球を操る。

東海大北海道・今川優馬(動画)ソフトバンクなど2球団から調査書が届いていることが判明。9月、星槎道都大のプロ注目左腕・福田俊から2打席連続本塁打を放ち株を上げた。

10月23日 
ドラフトを控えソフトバンク・工藤監督は「根尾君かな。いい顔してるよね。勝負師というか、やってやるという感じが伝わってくる。ああいう選手は好きです」大阪桐蔭・根尾昂(動画)を高評価。金足農・吉田輝星(動画)にも触れ「(予想外の人気薄に)新聞をみて驚いた。不思議だよね。僕は1位の素材だと思う」と気になる発言をした。

早稲田実・野村大樹(動画)をリストアップしていることが判明。ソフトバンク・王球団会長の高校の後輩にあたる。高校通算68発の大砲を35歳・松田宣の後継者としてマークしているもよう。

日大国際関係学部・続木悠登(動画)ソフトバンクなど3球団から調査書が届いていることが判明。秋季リーグは7勝1敗、防御率1・17。リーグ7季連続優勝に貢献し、最高殊勲選手(MVP)を受賞。

日本通運・生田目翼(動画)ソフトバンクをはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。最速151キロを誇る社会人ナンバー1投手でドラフト上位指名が確実視されている。

10月21日 
立命館大・辰己涼介(動画)ソフトバンクをはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。同選手は3年連続で大学日本代表に選出されているアマチュア球界屈指の外野手で各球団の評価も高くハズレ1位の有力候補と言われている。

10月19日 
金沢星稜大・泉圭輔(動画)ソフトバンクをはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。187センチの長身から長い手足を生かした角度のある直球が武器の右腕投手。

10月18日 
名城大・栗林良吏(動画)ソフトバンクをはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。最速は153キロでスライダーなど変化球を交えて勝負する右の本格派投手。

10月17日
スカウト会議を開催し、ドラフト候補を約70人に絞りこんだ。 ソフトバンク・永井スカウト室長は「(全体の候補選手は)大学生、社会人の割合が多い。今年は去年の清宮君のような絶対的な存在がいない。ドラフト前日、当日まで(他球団も1位候補が)変わると見ている」と語り、例年になく情報戦が鍵を握ると強調した。
 
注目の1位候補については「球団として投手がいいとか、野手がいいとかではなく、基本的には(今年)一番いい選手にいきたい」と方針を語った。

10月16日
トヨタ自動車、富山凌雅(動画)ソフトバンクをはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。9月に行われた阪神2軍とのプロアマ交流戦では、先発で5イニング3安打1失点。10球団のスカウトが見つめる前で好投した。

10月12日
日本生命・高橋拓巳(動画)ホンダ熊本・荒西祐大(動画)を上位候補にリストアップしていることが、分かった。現時点ではドラフト1位は野手とみられるが、リーグ連覇を逃したことから高橋、荒西ら即戦力投手の獲得も目指す。

プロ志望届を提出した金足農・吉田輝星(動画)のもとへソフトバンク・作山アマスカウトチーフ補佐が訪問。同校の中泉監督と1時間ほど面会し、作山スカウトは「志望届を出したばかりなのでまずは調査書をお渡しして、ここからドラフトに向けて調査していきたいと話した。当然1位候補の一人。甲子園の活躍から高く評価していたとお伝えしました。(吉田本人との)面談はおいおい考えたい」と話した。

10月11日
金足農・吉田輝星(動画)がプロ志望届を提出したことについて、ソフトバンク・三笠球団統括本部本部長は「プロ野球に関わる人間としてはうれしい。1位レベルの評価。球団で話し合います」と話した。

大阪桐蔭・根尾昂(動画)、藤原恭大(動画)、柿木蓮(動画)、横川凱(動画)がプロ志望届を提出したことを受け、ソフトバンクのスカウトが訪問し4選手と面談した。

10月10日
亜細亜大・頓宮裕真(動画)ソフトバンクなど12球団のスカウトが視察。1試合2本塁打、5打点と自慢の長打力をみせつけた。

10月9日
立命館大・辰己涼介(動画)ソフトバンクなど10球団のスカウトが視察。9回に右前打を放つと二盗を決め脚力も見せつけた。
[ 2018年10月30日 02:19 ] カテゴリ:ソフトバンクのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
ドラフト投票
リンク
QRコード
QR