ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

ドラフト12球団情報まとめ TOP  >  日本ハムのドラフト情報

日本ハムのドラフト情報(2018年11月)

11月24日 
育成1位指名のBC富山・海老原一佳(動画)と入団交渉を行い、支度金300万円、年俸260万円で合意した。

11月20日 
6位指名の成田・田宮裕涼(動画)と入団交渉を行い、契約金2000万円、年俸480万円で仮契約。日本ハム・岩館スカウトは「彼は足もあって肩も強い。打って走れる捕手になれる素質はある」と話した。

11月17日 
3位指名の日本通運・生田目翼(動画)と入団交渉を行い、契約金6000万円、年俸1000万円で仮契約。目標の投手は日本ハムOBで現日本通運・武田久投手兼任コーチ。「長くプロの世界で投げられる投手になりたい」と宣言した。

7位指名の星槎道都大・福田俊(動画)と入団交渉を行い、契約金2000万円、年俸700万円で仮契約。「北広島市に新球場ができるころには自分がしっかりと1軍で活躍できるようにがんばりたい」と抱負を語った。

11月16日 
1位指名の金足農・吉田輝星(動画)と入団交渉を行い、契約金1億円、年俸1000万円で仮契約を結んだ。日本ハム・大渕スカウト部長は「結果を残すまで、むやみに(ファンに)サインをしないように。1年目から1軍でと思っている。遠回りはさせたくない」などと話した。

11月11日 
5位指名の大阪桐蔭・柿木蓮(動画)と入団交渉を行い、契約金3500万円、年俸520万円で仮契約。ライバルに中日1位指名の根尾を挙げ「このままでは納得いかないところもある。自分もしっかり活躍したい。プロの世界で対戦できたら楽しみ」と話した。

4位指名の横浜・万波中正(動画)と入団交渉を行い、契約金3500万円、年俸520万円で仮契約。「1軍のペナントレースで活躍するのがプロ野球選手だと、自分は思っています。1日も早くそこでプレーしたい」などと目標を語った。

11月10日
2位指名の花咲徳栄・野村佑希(動画)と入団交渉を行い、契約金6000万、年俸600万円で仮契約。「世間の模範になれるような行動をするのがプロ野球選手だと言われました。周りから愛される選手になりたい」と話した。

11月4日
大船渡・佐々木朗(動画)について日本ハム・栗山監督は「俺が決めるんじゃないけど」と前置きした上で「佐々木、佐々木とずっと言ってるもん。いい投手になるのは間違いない」と来年の1位指名を示唆した。

11月3日
東海理化・立野和明(動画)日本ハムなど7球団のスカウトが視察。150キロをマークするなど12回4安打1失点、10奪三振で完投勝利を挙げ、一躍来年のドラフト1位候補に浮上した。
[ 2018年11月25日 12:03 ] カテゴリ:日本ハムのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

日本ハムのドラフト情報(2018年10月)

10月27日
創志学園の2年生・西純矢(動画)日本ハムなど7球団スカウトが視察。来年ドラフト上位指名が確実視されている。


10月26日

日本ハムの2018ドラフト指名選手
順位選手名所属位置動画
×根尾 昂   
1位吉田 輝星金足農高動画
2位野村 佑希 花咲徳栄高動画
3位生田目 翼日本通運動画
4位万波 中正横浜高動画
5位柿木 蓮大阪桐蔭高動画
6位田宮 裕涼 成田高動画
7位福田 俊 星槎道都大動画
育1海老原 一佳 BC富山動画


10月25日
スカウト会議を開催。注目の1位指名について日本ハム・吉村GMは「最終的に1人に絞りましたが、戦略上の事情で公表はしない」と説明した。さらに「サプライズはあるかもしれない」と予告し、競合となった場合に抽選役を担当する木田GM補佐も「ドラフトは常にサプライズがあるものだから」とコメント。

星槎道都大・福田俊(動画)について日本ハム・白井スカウトは「明らかに春よりキレは戻っている」とコメントした。

静岡産業大・鈴木彩隼(動画)日本ハムなど4球団から調査書が届くも、育成指名の場合、社会人野球へ進むことが分かった。

10月24日 
三菱重工広島・杉山一樹(動画)倉敷商・引地秀一郎(動画)の両右腕投手に日本ハムをはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。ともに上位指名濃厚と言われている。

八戸学院大・高橋優貴(動画)日本ハムをはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。リーグ新記録となる通算301奪三振を達成した左椀投手。

富士大・鈴木翔天(動画)日本ハムをはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。左から最速149キロの直球を武器にスライダー、チェンジアップなど多彩な変化球を操る。

10月23日 
横浜の2年生・及川雅貴(動画)を視察。日本ハム・大渕スカウト部長は「プロでも三振を取っていける、非常に将来性豊かな投手」と高評価した。

日本通運・生田目翼(動画)日本ハムをはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。最速151キロを誇る社会人ナンバー1投手でドラフト上位指名が確実視されている。

10月21日 
立命館大・辰己涼介(動画)日本ハムをはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。同選手は3年連続で大学日本代表に選出されているアマチュア球界屈指の外野手で各球団の評価も高くハズレ1位の有力候補と言われている。

10月20日 
菰野・田中法彦(動画)11球団から調査書が届いていることが判明。日本ハム、中日などは部長、チーフ級が面談に訪れたもよう。

BCリーグ富山・湯浅京己(動画)複数球団から調査書が届いていることが判明。9月17日の福井戦では151キロを記録し、日本ハムなど視察していた球団の評価は大幅アップした。

10月19日 
日本ハム・栗山監督が前日に続いて東都大学野球リーグを視察した。 東洋大・甲斐野央(動画)国学院大・清水昇(動画)らをバックネット裏から見守り「聞いていた通りみんないい選手で、これからが楽しみ。2日続けていいものを見せてもらった」と話した。この日は東洋大・梅津晃大(動画)が初勝利。「何かあるな」と笑顔で神宮球場を後にした。

金沢星稜大・泉圭輔(動画)日本ハムをはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。187センチの長身から長い手足を生かした角度のある直球が武器の右腕投手。

10月18日 
スカウト会議を開催。1位指名候補を14人に絞り、大阪桐蔭・根尾昂(動画)を最上位に位置づけているもようだ。根尾について問われた日本ハム・大渕スカウト部長は「(1位候補に)入っています。(投打での評価については)どちらも・・・ネオアキラを評価しています」と話した。日本ハム・吉村GMは「今年のナンバーワン選手を指名します。ぶれません」と方針を示した。

また日本ハム・栗山監督はスカウト会議後、東洋大-国学院大を電撃視察。東洋大・上茶谷大河(動画)同・甲斐野央(動画)らドラ1候補が活躍し「自分の目でも見ておきたかった。いいものを見せてもらった」と話した。

名城大・栗林良吏(動画)日本ハムをはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。最速は153キロでスライダーなど変化球を交えて勝負する右の本格派投手。

10月17日 
ホンダ鈴鹿・松本桃太郎(動画)日本ハム・ロッテが高く評価していることが分かった。守備に難があるが、抜群のスイングを誇る左打ちの強打者。「パ・リーグは好き。評価してもらうことはうれしいけど、ドラフトは本番までどうなるか分からない。それは、よく分かっているつもりです」と話した。

10月16日
金足農・吉田輝星(動画)に対し、日本ハム・大渕スカウト部長、白井スカウトが同校を訪れ中泉一豊監督に調査書を手渡して会談した。約40分間面談を行い、同部長は吉田について「非常に立派な受け答えだった」と話した。

トヨタ自動車、富山凌雅(動画)日本ハムをはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。9月に行われた阪神2軍とのプロアマ交流戦では、先発で5イニング3安打1失点。10球団のスカウトが見つめる前で好投した。

10月13日 
プロ志望届提出済みの聖心ウルスラ学園・戸郷翔征(動画)日本ハムなど8球団との面談を終えていることが判明した。最速149キロを誇る右の本格派で特に日本ハム、阪神、中日の評価が高く上位指名の可能性がある。

10月11日
金足農・吉田輝星(動画)がプロ志望届を提出したことについて、日本ハム・大渕スカウト部長は「たくさん悩んだ末の決断になったと思う。上位候補の一人として、再検討していくことになる」と話した。

10月10日
亜細亜大・頓宮裕真(動画)日本ハムなど12球団のスカウトが視察。1試合2本塁打、5打点と自慢の長打力をみせつけた。

10月9日
浦和学院・渡辺勇太朗(動画)を上位指名する可能性があることが分かった。日本ハム・大渕スカウト部長は「大谷クラスのスケール感。伸びしろが大きい。ケガもあったけど、甲子園ではしっかり投げられた」などと評価。スポニチは「今後のスカウト会議で最終的な絞り込みが行われるが、渡辺が最上位グループに位置づけされることは間違いない」としている。

10月7日
プロ志望届を提出する意向を固めた金足農・吉田輝星(動画)について、日本ハム・大渕隆スカウト部長は「(8月下旬から)変わらず高く評価している」と語った。

10月6日
日本ハム・吉村ゼネラルマネジャーは「現時点では誰を指名するか、どう評価しているかということは言えない。今年のナンバー1選手に入札する。それは決まっている」と方針を語った。中日スポーツは金足農・吉田輝星(動画)大阪桐蔭・根尾昂(動画)の2人が軸になりそうだとしている。
[ 2018年10月28日 19:22 ] カテゴリ:日本ハムのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

日本ハムのドラフト情報(2018年9月)

9月30日
日本体育大・松本航(動画)を視察。日本ハム・岩舘スカウトは「即戦力になる。自分の状態を理解して丁寧に投げていける」と高評価した。

9月27日
星槎道都大・福田俊(動画)日本ハムなど5球団のスカウトが視察。すでにプロ志望届を提出済みの左腕は6回投げ2安打13奪三振の好投で勝利に貢献した。

9月24日
社の2年生・藤本竜輝(動画)日本ハムなど複数球団のスカウトが視察。肩や肘に張りが残り本調子ではなかったが、6失点しながらも15奪三振で完投した。

9月23日
創志学園の2年生・西純矢(動画)日本ハムなど複数球団のスカウトが視察。来年のドラ1候補右腕は7回投げ被安打3、無失点、9奪三振と好投した。

9月15日
トヨタ自動車・富山凌雅(動画)日本ハムなど10球団のスカウトが視察。阪神2軍を相手に5回投げ3安打、1失点と好投した。
[ 2018年09月30日 04:16 ] カテゴリ:日本ハムのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

日本ハムのドラフト情報(2018年8月)

8月24日
スカウト会議を開催。全体の候補を90人程度に絞り込んだが、順位付けは行わなかった。金足農・吉田輝星(動画)について、日本ハム・大渕スカウト部長は「担当(スカウト)も非常に高い評価をしています。球団としても、僕個人も、非常に能力が高い選手だなと思います。以前は全て全力で投げていたが、今回の甲子園ではピンチでギアを上げるなど、投手としてのレベルも上がった。顔がいい。あれだけ注目されるのも、よく分かる」と話した。

大阪桐蔭・根尾昂(動画)について、日本ハム・大渕スカウト部長は「高い評価をしている。(投打)両方で見ている」と話した。

8月23日
金足農・吉田輝星(動画)について、日本ハム・山田スカウト顧問は「文句なしの大会ナンバーワン。真っすぐは現時点で最速150キロだが、もっとスピードは伸びるだろう。打者の手前でホップするような球の質が素晴らしい。制球力と変化球もまとまっているし、フィールディング、牽制の技術も高い。全体的なパッケージで見て今年の高校生では1番。(ドラフト会議では)1位で消える」と話した。

8月18日
大阪桐蔭・根尾昂(動画)について、日本ハム・山田スカウト顧問は「今宮(ソフトバンク)タイプ。坂本勇(巨人)が2年目に出てきたように、高卒ながら早く一軍に定着する可能性がある。遊撃手というポジションだけに各球団の評価は非常に高い」と評した。

大阪桐蔭・藤原恭大(動画)について、日本ハム・山田スカウト顧問は「西武の秋山や元広島の前田智を思い出させる。走攻守どれもレベルが高い。高卒外野手ながら、その能力は疑いようがない」と評した。

8月14日
大阪桐蔭・根尾昂(動画)を視察。日本ハム・栗山監督は「打者は間違いないでしょ。誰が見てもいいのは分かっている。(野手としても投手としても)頭がいいなというか、野球を知っている感じがある」と高く評価した。

報徳学園・小園海斗(動画)について、日本ハム・山田スカウト顧問は「昨年もいい選手だと思いましたが、今年はさらに成長した。打撃は引っ張るだけでなく、センターから左方向へ広角に鋭い当たりを飛ばすようになったし、体も大きくなった。何より彼は脚力がバツグンです。一塁から二塁へ向かう際のスピードに加え、遊撃手としてのフットワークには目を見張るものがある。外野の芝付近まで深く守ってカバーできるのも、脚力に自信があるからでしょう」と絶賛した。

金足農・吉田輝星(動画)について、日本ハム・山田スカウト顧問は「体に力があり、なおかつ柔らかさも備えたピッチャー。投球フォームが良い上に、マウンド度胸や落ち着きもある。投手として大切なものを持ち合わせています。得点圏で走者を背負ったときにギアを上げるピッチングも評価できる。今後ますます成長するでしょうし、将来性を加味したら1位候補の12人に入れてもおかしくない」と絶賛した。

8月13日
浦和学院・渡辺勇太朗(動画)を視察。日本ハム・大渕スカウト部長は「スケールが大きくて夢のある選手。体を柔らかく使って投げられているし、大谷に似ているね」と高く評価した。

8月12日
報徳学園・小園海斗(動画)を視察。日本ハム・大渕スカウト部長は「力強さとスピード感は素晴らしい。チームリーダーとしての振る舞いもいい。ここまで(走攻守が)そろっている選手はいない」と絶賛した。

8月11日
木更津総合の2年生・根本太一(動画)を視察。MAX149キロを計測し、日本ハム・岩舘スカウトが「球質が強い。ひと冬越えたら、150キロを超えてくる」と高く評価した。

8月9日
花咲徳栄・野村佑希(動画)を視察。高校通算57号本塁打を含む2安打2打点の活躍に、日本ハム・今成スカウトは「強引な飛ばし方じゃない。魅力は右打者ではアマNo.1」と絶賛した。

8月7日
大阪桐蔭・根尾昂(動画)を視察。日本ハム・大渕スカウト部長は「ボールを見極められている。全体が見えている」と評価した。

8月6日
中央学院・大谷拓海(動画)を視察。3打数無安打と快音は出なかったが、日本ハム・岩館スカウトは「積極的な打撃で逆方向に強く飛ばす力を持っている。きょうは体が回復途上だと思った」と評価した。
[ 2018年08月24日 18:25 ] カテゴリ:日本ハムのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

日本ハムのドラフト情報(2018年7月)

7月27日
大体大浪商・立石健(動画)日本ハムなど2球団のスカウトが視察。注目の進路について「いずれはプロに行きたい」と含みを持たせた。

7月24日
高岡商・山田龍聖(動画)日本ハムなど7球団のスカウトが視察。7回投げ6失点、10奪三振。最速142キロをマークした。

7月23日
天理・太田椋(動画)を視察。日本ハム・大渕スカウト部長は「打撃がいい。積極性もあるしね」と高く評価した。

習志野・古谷拓郎(動画)を本気モードの3人態勢で視察。日本ハム・岩舘スカウトは「バランス、球筋がいいよ。甲子園で見てみたいね」と評した。

7月21日
福知山成美・藤田希和(動画)日本ハムなど5球団のスカウトが視察。試合後、進路について「大学からの誘いはすべて断りました」と話し、プロ志望届を提出する意向を明かした。

7月19日
市岐阜商・中神拓都(動画)を視察。日本ハム・熊崎スカウトは「足と肩があり、今日のようにいいところで打つ勝負強さもある。野手として、素材がいい」と評価した。

7月18日
倉敷商・引地秀一郎(動画)を視察。9回投げ3安打1失点、13奪三振の投球に、日本ハム・大渕スカウト部長は「試合がつくれるし、完成度が高い」と高評価した。

日大鶴ヶ丘・勝又温史日本ハムなど5球団のスカウトが視察。178センチ、右投左打。投打ともに評価されている。

7月17日
北海道栄・才木海翔(動画)日本ハムなど6球団のスカウトが視察。最速143キロの直球を武器に1失点完投、10奪三振を記録した。

北九州・渡辺翔太日本ハムなど3球団のスカウトが視察。最速145キロの速球にパームボールとスライダーを織り交ぜる。身長181センチ、右投右打。

7月16日
金足農・吉田輝星(動画)を視察。16奪三振完封、MAX150キロをマークし、日本ハム・白井スカウトは「センスの高い投手。自分の担当している(北海道、北東北の)高校生で一番。ドラフト上位候補」と大絶賛した。

7月15日
湖西・水野喬日を視察。9回8安打3失点もMAX140キロ止まりに終わり、日本ハム・熊崎スカウトは「5月からこんな感じ。素材的には悪くないんだけどね」と話した。

7月9日
滋賀学園・宮城滝太(動画)が滋賀大会・安曇川戦で7連続奪三振を記録。MAX139キロ止まりも、日本ハムなど6球団のスカウトが視察した。

7月6日
旭川大高・沼田翔平(動画)を視察。2回投げ2安打無失点、4奪三振。MAX146キロを計測し、日本ハム・白井スカウトは「北大会でどんな投球をするのか期待できる内容」と評価した。

7月3日
日大鶴ケ丘・勝又温史について日本ハム・岩舘スカウトは「当然ドラフト候補。夏次第で順位も変わるくらいの素材」と話していることが分かった。

クラーク記念国際・ピダーソン和紀日本ハムなど4球団が視察。右ひじ痛の影響で球速は129キロに止まったが、2回を無失点に抑えた。

7月1日
日大鶴ケ丘・勝又温史を視察。日本ハム・岩舘スカウトは持参のスピードガンでは最速150キロを計測し「勢いのある直球を投げる。春より変化球の精度も上がった。高校生では十分すぎる」と高評価した。
[ 2018年07月27日 10:48 ] カテゴリ:日本ハムのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
ドラフト投票
リンク
QRコード
QR