ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

2019ドラフト12球団情報まとめ TOP  >  中日のドラフト情報

中日のドラフト情報(2019年6月)

6月17日 
星稜・奥川恭伸(動画)を視察。愛工大名電との練習試合で6回投げ8安打2失点。最速149キロを連発し、中日・中田スカウトアドバイザーは「スライダーは天下一品。直球も普通に140キロ台後半が出る。こういう投手はそうはいない」と高評価した。

6月15日 
スカウト会議を開催。候補選手を142人に絞り込み、1位候補として11人をリストアップ。中日・松永編成部長は「4人を中心に、大学、社会人も検討していくことになるでしょう」と、高校四天王と呼ばれる大船渡・佐々木朗希(動画)星稜・奥川恭伸(動画)、創志学園・西純矢(動画)横浜・及川雅貴(動画)が中心となるとの見方を示した。

他には明大・森下暢仁(動画)東海理化・立野和明(動画)東邦・石川昂弥(動画)らの評価も高く、中日・米村チーフスカウトは「1位指名の優劣は付けていない。与田監督とも相談して、決めることになる」と話した。

6月14日 
明治大・森下暢仁(動画)を視察。東洋大戦で9回投げ7安打完封、MAX152キロをマークし、中日・米村アマスカウトチーフは「即戦力右腕としてはナンバーワン。決め球となる一流のボールを持っている。タイプ的には楽天・岸。1位で競合する選手になった」と絶賛した。

6月13日 
宮崎産業経営大・杉尾剛史(動画)を視察。東海大戦で10回1/3投げ5安打2失点(自責1)に、中日・三瀬スカウトは「沈む球を有効に使いながら落ち着いた投球ができる。ゲームメークにたけた投手。今年の大学生の中でも楽しみ。昨年と同様に、評価は変わっていない」と話した。

6月11日 
大商大・大西広樹(動画)を視察。日本文理大を相手に9回4安打1失点完投勝利に、中日・米村アマスカウトチーフは「何が何でも抑えるという一番持っていないといけないものをしっかりと持っている。エースとしてのスピリットがある。(1位指名の)12人の中に入ってくる」と絶賛した。

6月8日 
青森山田・堀田賢慎中日をはじめ12球団のスカウトが視察。盛岡四戦で7回投げ5安打8奪三振、無失点。最速148キロを計測した。

6月3日 
大船渡・佐々木朗希(動画)を視察。佐久長聖との練習試合に先発し9回9安打4失点。敗戦投手も最速153キロをマークし、中日・八木スカウトは「どれくらい変化球の精度が上がってくるのか本当に楽しみです」と評価した。

6月2日 
星稜・奥川恭伸(動画)を視察。砺波工を相手に6回投げ2安打無失点、最速150キロを計測し、中日・松永編成部長は「どの球でもストライクを取れる。投げただけで十分。評価は変わりようがない」と評し、同・米村チーフスカウトは「真っすぐを狙われていると思ったら、変化球にシフトチェンジする。普通ならムキになりそうだが、センスが違う。抜群」と絶賛した。

日本航空石川・重吉翼(動画)を視察。敦賀気比戦で6回投げ4安打無失点に抑え、中日・音スカウトは「身体能力が高いし、変化球も良くなってきた。夏まで見てみたい」と期待した。
[ 2019年06月17日 22:57 ] カテゴリ:中日のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

中日のドラフト情報(2019年5月)

5月29日 
JFE西日本・河野竜生(動画)を視察。JR西日本戦で7回5安打無失点、最速151キロをマークし、中日・米村チーフスカウトは「四球で崩れることが絶対にない投手」と評価した。

5月28日 
東芝・宮川哲(動画)中日をはじめ12球団のスカウトが集結。三菱日立パワーシステムズ戦に先発し7回途中まで7安打3失点、自己最速を更新する154キロをマークした。

5月26日 
津田学園・前佑囲斗(動画)を視察。県岐阜商を7安打2失点に抑え、101球で完投。中日・中原スカウトは「状況に応じた投球ができる。間合いの取り方も、遅い球の使い方もうまい」と話した。

星稜・奥川恭伸(動画)を視察。北越との練習試合で4回投げ2安打8奪三振で無失点、最速147キロを計測し、中日・音スカウトは「真っすぐの質は今までで一番良かった」と評した。

5月23日 
東海理化・立野和明(動画)本気モードのスカウト5人態勢で視察。トヨタ自動車戦に先発。6回1/3を9安打6失点と乱れたが、 中日・中田スカウトアドバイザーは「球の質が高い。特に角度がいい。力的には1位指名の12人に入ってくる。将来性を含め、欲しい選手」と話した。

5月21日 
山村学園・橋本大樹(動画)を視察。国士舘戦で2安打1打点で勝利に貢献し、中日・小山スカウトは「肩の強さは感じるので、夏までじっくり見たい」と期待した。

知徳・栗田和斗(動画)中日をはじめ12球団のスカウトが視察に訪れていることが判明。身長187センチの長身から投げ下ろすMAX146キロの速球が武器の右腕投手。

5月19日 
東農大三・飯島一徹(動画)を視察。桐光学園戦で登板し4回途中6安打7失点と乱調も、中日・松永編成部長は「打たれてしまったが体の強さはある」と評した。

5月13日 
横浜・及川雅貴(動画)を視察。専大松戸との練習試合で5回投げ3安打、無失点。中日・小山スカウトは「左右のぶれがなく、バランス良いフォームに戻った」と評価した。

5月12日 
和歌山東・落合秀市(動画)を視察。滋賀学園戦で9回4安打、4失点(自責0)の投球に、中日・中田スカウトアドバイザーは「(高校生四天王と)ポテンシャルの高さは遜色ない」と評価した。

5月3日 
光泉・吉田力聖(動画)中日など9球団のスカウトが視察。近江兄弟社戦に登板し4回途中4安打2四球、4失点。最速144キロをマークした。

5月2日 
奈良学園大の二刀流・菅田大介(動画)中日など6球団のスカウトが視察。阪南大戦に出場し打撃は4打数1安打、投げる方は0回1/3を投げ被安打1、四球1とピリッとしなかった。
[ 2019年05月29日 20:48 ] カテゴリ:中日のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

中日のドラフト情報(2019年4月)

4月30日 
姫路南・照峰賢也(動画)を視察。社戦で9回投げ1安打、8四死球、12奪三振、3失点完投勝利。中日・中田スカウトアドバイザーは「腕を振ってチェンジアップが投げられるので三振が取れる」と評価した。

4月29日 
駿河総合・紅林弘太郎(動画)を視察。三島北高戦で8回に二塁打を放つなど4打数1安打の結果に、中日・清水スカウトは「打撃はまだまだ伸びると思う。今後も調査していきたい」と話した。

4月27日 
JFE西日本・河野竜生(動画)を視察。NTT西日本戦に先発し7回1/3投げ5安打、無四球、1失点。中日・米村チーフスカウトは「緩急が使えて四球を出さない。いい投手の条件」と評した。

4月23日 
昌平・米山魁乙(動画)を視察。庄和戦で2回を投げ2安打無失点。この日の最速は139キロ止まりも、中日・正津スカウトは「腕の振りは強く、投げっぷりもいい。今後はしなやかさがもっと出てくれば」と期待した。

4月21日 
大船渡・佐々木朗希(動画)を視察。仙台育英との練習試合に登板し3回2/3を投げて3安打2失点、4四球、5奪三振。中日・八木スカウトは「カーブとチェンジアップで空間を使おうという意図が見えた。ケガさえしなければ良い能力なので、今回はこういう投球も見られてよかった」と話した。

明治大・森下暢仁(動画)中日など12球団のスカウトが視察。立教大戦で先発し6回投げ10安打4失点と結果を出せなかった。

4月17日 
JFE西日本・河野竜生(動画)中日など12球団のスカウトが視察。西濃運輸戦で7回を投げ2安打0封、自己最速を1キロ更新する149キロをマークした。

4月15日 
津田学園・前佑囲斗(動画)を視察。海星戦に登板し7イニングを投げて7安打無失点。中日・中田スカウトアドバイザーは「ピンチになるとギアを上げてくる。素材は申し分ない」と評価した。

4月9日 
近畿大・村西良太(動画)同・谷川刀麻(動画)を視察。中日・中田スカウトアドバイザーは「(村西は)とにかく球威がある。最低でも6割を思うところに制球できるようになれば、打てない。谷川君は体は大きくないが、振る力がある。肩も悪くない」と高く評価した。

4月7日 
大船渡・佐々木朗希(動画)を視察。U18高校日本代表候補1次合宿の紅白戦で2回を投げ6奪三振、MAX163キロをマークし、中日・松永編成部長は「誰が見ても素晴らしいのは間違いない。常時150キロを簡単に投げられる。投げ方がいいからブレがない。故障もしにくそう」と絶賛した。

4月4日 
東邦・石川昂弥(動画)をテレビ映像でチェック。センバツ決勝・習志野戦で1試合2本塁打、3安打完封と投打で活躍し、中日・米村チーフスカウトは「右打ちで長打力があり、打率もいい。結果で高い評価を勝ち取ったと思う。上位候補の頭数に入ってくる。投手としても成長している」と絶賛。

同じく中日・松永編成部長も「センター方向に大きいのを打てるのは魅力。甲子園で優勝するというのは、何かを持っているということ。間違いなく評価は上がったと思う」と高く評価した。

4月1日 
大船渡・佐々木朗希(動画)を視察。作新学院との練習試合で今季初登板し、3回投げ6奪三振。最速156キロをマークし、中日・八木スカウトは「球質、伸びしろを含めて大学、社会人を含めてもドラフト候補でナンバーワン」と絶賛した。
[ 2019年04月30日 17:47 ] カテゴリ:中日のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

中日のドラフト情報(2019年3月)

3月29日 
中日スカウト陣がセンバツ高校野球のドラフト候補を総括。(スカウト評のみ抜粋)

星稜・奥川恭伸(動画)
「どんな条件でも力を発揮して勝てる。これはプロの投手として必須条件。去年の秋より、フォークの落ち具合も良くなった。成長している」(中日・米村チーフスカウト)

「真っすぐに力があるし、変化球でストライクを取れる。1位指名を検討する選手であるのは間違いない」(中日・松永編成部長)

横浜・及川雅貴(動画)
「左投手で150キロを投げられるのだから、評価は変わらない。左の先発は欲しい。今後も注目していく」(中日・米村チーフスカウト)

桐蔭学園・森敬斗(動画)
「スピートと肩の強さ、スイングの鋭さが目を引いた」(中日・中田スカウトアドバイザー)

東邦・石川昂弥(動画)
「スケールが大きい。ヒットを打つ技術があるのは分かったので、強引に打ちにいくところも見てみたい」(中日・松永編成部長)

山梨学院・野村健太(動画)
「飛ばす力はあるが、木製バットでどうか」(中日・松永編成部長)


3月27日 
東邦・石川昂弥(動画)を視察。センバツ1回戦・富岡西戦で3打数1安打2打点をマークし、中日・中田スカウトアドバイザーは「素晴らしい。大型打者なのに、穴が少ない。いつ見ても、いい内容の打撃をする。球をとらえる方を優先しているのだろうが、(3回の犠飛と6回の左飛は)本塁打を狙っていたら、どちらかは入っていたのではないか」と絶賛した。

広陵・河野佳(動画)を視察。センバツ1回戦・八戸学院光星戦でMAX150キロをマークし3安打完封。中日・中田スカウトアドバイザーは「安定感がある。腕の振りがいい。力強く、シャープ。思った以上によかった。候補になってくるでしょう」と評価した。

3月26日 
山梨学院・野村健太(動画)を視察。センバツ1回戦・札幌第一戦で1試合2本塁打を放つなど大活躍に、中日・中田アマスカウトアドバイザーは「いいパワー。振りがシャープ。コンパクトに振り抜けるので打球が飛ぶ。長打力は見るべきものがある」 と評価した。

津田学園・前佑囲斗(動画)を視察。センバツ1回戦・龍谷大平安戦では敗れはしたものの、延長11回を一人で投げ切り被安打4、失点2と好投。MAX141キロ止まりだったが、中日・中田アマスカウトアドバイザーは「直球が膝元で伸びてくる。140キロ前後(この日の最速141キロ)でも、打者は球が速く感じていると思う」。

中日・近藤スカウトも「スピードガンの表示以上に球が走っていた。本来はもっと球速も出る。いいときは、こんなものではない。地元だし、今後も十分に注目させていただく」と高評価した。

3月25日 
横浜・及川雅貴(動画)を視察。センバツ1回戦・明豊戦で先発し、2回2/3投げ5安打、5失点で降板。中日・中田スカウトアドバイザーは「投球の際にトップをつくれていないから、ばらつきが多い。技術的にはまだまだだが、素材は小笠原慎之介にも引けを取らない」中日・米村チーフスカウトも「素材がいいのは確か。まだ伸びると思うので、見守っていきたい」と将来性を評価。

中日・松永編成部長は「球に力があるし、体も大きくなった。素材としては間違いない。急に球が抜けるのは技術なのか、メンタルなのかは分からないが、それは克服していける」と話した。

3月24日 
星稜・奥川恭伸(動画)を視察。センバツ1回戦・履正社戦で先発し、毎回の17奪三振、3安打完封。MAX151キロをマークし、中日・米村チーフスカウトは「言うことがないほど素晴らしい。ベース板の上の球の強さは、今年の高校生の右投手では一番ではないか。1位指名も十分あり得る」 と絶賛。

一方、星稜OBの中日・音スカウトはやや厳しめで、「初戦にしてはまあまあ。四球を出さないのは評価できる。いろいろな球を試していたね。まだセンバツ。まだまだ上がってくると思うよ」と話した。

3月17日 
星稜・奥川恭伸(動画)を視察。近江との練習試合に登板し、7回を投げ5安打、5三振、無四球で無失点と好投。 中日・米村チーフスカウトは「強弱をつけられるので、より勝てる投手になってきた。スタミナも問題ないし条件がそろっている。大学・社会人を含めても完成度は1番じゃないか」と絶賛した。

3月13日 
東海理化・立野和明(動画)を視察。パナソニック戦で9回投げ被安打5、2失点、MAX149キロをマークし、中日・米村チーフスカウトは、「フォークがあるので三振がとれる。もちろん上位」と高評価。中日・中田スカウトディレクターも「今日は変化球の制球がよく、試合をつくれた。上位候補なのは間違いない。本来の調子で球威が出てくれば、1位候補の可能性もある。期待値は高い」と絶賛した。

3月11日 
日体大・北山比呂(動画)中日など7球団のスカウトが視察。仙台大とのオープン戦に登板し5回投げ4失点、5奪三振。MAX147キロ止まりだった。

3月10日 
星稜・奥川恭伸(動画)を視察。3回を2安打1失点(自責0)、最速147キロをマークし、中日・音スカウトは「目いっぱい腕も振れている。あれだけ投げられたら現時点では十分」と評価した。

小松・小川琳太郎を視察。5回1失点の投球に、中日・音スカウトは「小川君もいい投手と聞いていたけど、やっぱりよかった。体をしっかり作れば面白い投手になる」と評価した。

東邦・石川昂弥(動画)を視察。2試合で計5安打を放つ活躍に、中日・近藤スカウトは「いいものを持っているよね」と評価した。一方、東邦・森田監督の駒大の先輩に当たる中日・森SDは「今日は監督に会いに来ただけ。情報はいろいろ入っている。地元だしね」とコメント。

創志学園・西純矢(動画)3人態勢の中日をはじめ8球団のスカウトが視察。5回を投げ1安打無失点に抑え、最速149キロを計測した。

3月3日 
東洋大・佐藤都志也(動画)中日など2球団のスカウトが視察。二塁手までの送球到達タイム最速1.79秒の強肩を生かし、盗塁を試みた走者を1度刺し「売りは走れて守れる捕手です。出来ればプロを目指したい」と話した。

[ 2019年03月29日 21:59 ] カテゴリ:中日のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

中日のドラフト情報(2019年2月)

2月28日 
奈良学園大・菅田大介(動画)中日など2球団のスカウトが視察。パナソニックを相手に5回投げ11安打7失点とパッとせず、同投手は「今の変化球の精度では社会人には通用しない」と振り返った。

パナソニック・片山勢三(動画)中日など2球団のスカウトが視察。3打数1安打1打点2四球で今季初打点をマークし、片山は「去年より球の見え方や入り方が数段レベルアップしている」と話した。

2月21日 
同朋大・久保田淳希について、中日・中原スカウトは「バランスが良く、真っすぐも変化球も同じ腕の振りで投げられる。左投げで、試合を作れるので、価値はある」と高評価した。

2月8日 
JR東日本・太田龍(動画)を目当てに中日をはじめ全12球団のスカウトがグラウンドに訪れ、野球部に新年のあいさつを済ませていることが分かった。最速153キロの速球を武器にする右の本格派投手でドラフト上位指名が有力視されている。
[ 2019年02月28日 12:16 ] カテゴリ:中日のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
ドラフト投票
リンク
QRコード
QR