ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

2018ドラフト12球団情報まとめ TOP  >  中日のドラフト情報

中日のドラフト情報(2018年8月)

8月14日
大阪桐蔭・根尾昂(動画)、藤原恭大(動画)を視察。中日・中田スカウトディレクターは「藤原も根尾も打って投げてという選手としての基本は当然として、バックアップやカバーリングが素晴らしい。センスを感じたし、判断もいい」と評価した。特に根尾は地元岐阜出身ということもあり、スカウト12人態勢でチェックした。

8月13日
浦和学院・渡辺勇太朗(動画)を視察。中日・中田スカウトディレクターは「スケールの大きさは大会ナンバーワン。大谷(エンゼルス)のような球を投げる可能性がある」と高く評価した。

中日スカウト陣が夏の甲子園ドラフト候補を総括。中日・米村チーフスカウトは金足農・吉田輝星(動画)について「球のキレは大会ナンバー1」。浦和学院・渡辺勇太朗(動画)について「角度があるし、制球もいい。フィールディングも上手い。想像以上。1位候補に食い込んでくるのではないか」とコメント。

中日・中田スカウトディレクターは山梨学院・垣越建伸(動画)について「甲子園では良くなかったが、山梨大会では真っすぐで空振りを取っていた。大器という感じ」大阪桐蔭・柿木蓮(動画)には「ケガが多いようだが、甲子園では春も良かった。完成度が高い。あとは、いい時の投球をコンスタントに出せるかどうか」と話した。

8月12日
報徳学園・小園海斗(動画)を視察。中日・米村チーフスカウトは「第1打席、左中間への打球で一気に二塁を陥れたスピードは、高校生ではあまり見かけない。守備のうまさは言うまでもない」と話し、同・中田スカウトディレクターも「バットの使い方が抜群にうまい。(ドラフトは)いの一番でいかないと獲れない。立浪タイプだけど立浪より足が速い」とともに絶賛した。

8月10日
創志学園の2年生・西純矢(動画)を視察。4安打完封、16奪三振の力投に、中日・中田スカウトディレクターは「来年のドラフト1位候補なのは間違いない。特に直すところはない。今年でも1位に入る。このまま体力がレベルアップしていけば、ものすごい投手になる」 と絶賛した。

8月9日
金足農・吉田輝星(動画)を視察。MAX148キロの速球を武器に14三振を奪い、中日・中田アカウトディレクターは「ゆるんでもしっかり指に掛かった球を投げられるのが凄い。この投げ方はプロでもできる人は少ない」 と高評価した。

8月8日
近江・北村恵吾(動画)を視察。1試合2本塁打の活躍に、中日・中田スカウトディレクターは「もともと評価している選手。パワーはあるし、確率も高い。バットの出がシャープ」と高評価した。

8月7日
サンケイスポーツによると、大阪桐蔭・根尾昂(動画)をドラフト1位指名の最有力候補に挙げているもよう。中日球団首脳が「即戦力投手はほしいが、ウチの最大補強ポイントは野手でお客さんを呼べる選手。走攻守、どれをとっても彼の潜在能力は特Aランクで、地元(岐阜)出身というのも魅力」と話してるとのこと。

大阪桐蔭・根尾昂(動画)を視察。中日・中田スカウトディレクターは「遊撃、中堅の大事なセンターラインを任せられる。ウチに必要な選手という印象」。中日・米村チーフスカウトも「7回の守備は春までなら考えられなかった。打つだけでなく、守備までできるのだから、いい評価になる」とともに高評価した。

大阪桐蔭・藤原恭大(動画)を視察。中日・中田スカウトディレクターは「藤原には天性の素質を感じる。8回の右前打もそう。ヒットゾーンに行く球に手を出し、きっちりヒットゾーンに運ぶ。選球眼を含め全てが備わっている」と高く評価した。

山梨学院・垣越建伸(動画)を視察。5回1/3を投げ10失点(自責9)と打たれたが、中日・中田スカウトディレクターは「きょうは良くなかったが、ゆったりしたフォームから145、6キロが出る。肘の使い方などは悪くない」と評した。

8月6日
星稜の2年生・奥川恭伸(動画)を視察。MAX150キロをマークし、中日・米村チーフアマスカウトは「スケールの大きさ、可能性を感じさせる。あの球質は魅力だし、能力も高い」と高評価した。

8月1日
日大鶴ヶ丘・勝又温史(動画)の二刀流の可能性ついて、中日・中田スカウトディレクターは「投打ともに素材はトップだが、まだまだ投手として力を出し切れていない。球速はまだまだ伸びていくだろうね。ウチとしては150キロ以上を投げる選手は投手一本で考えたい」と話した。
[ 2018年08月14日 23:51 ] カテゴリ:中日のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

中日のドラフト情報(2018年7月)

7月27日
日大鶴ヶ丘・勝又温史(動画)を視察。投打二刀流の好素材を中日・中田スカウトディレクターは「バットの使い方がうまい。昔の藤田平さん(元阪神)を思い出した」と打撃を評価した。

7月24日
横浜・万波中正(動画)を視察。中日・山本スカウトは「きっちりとセンター返しであそこまで飛ばすのはちゃんとしたポイントで打てている証拠」 と評価した。

高岡商・山田龍聖(動画)を視察。7回投げ6失点、10奪三振の投球に、中日・中原スカウトは「これだけ腕が振れてないのに141キロも出ている。毎年5~6人しか取れないが、絶対に欲しい選手。12球団のチーム事情もあるが、3年間かけて育てたい球団もいるでしょう」と話した。

折尾愛真・野元涼(動画)同・長野匠馬を視察。ともに本塁打を放ち、中日・三瀬スカウトは「野元君の一発はビックリ。1番打者(長野)も振る力がある」と舌を巻いた。

7月23日
報徳学園・小園海斗(動画)を視察。中日・米村チーフスカウトは「プロで2000安打を打つことは約束できる。ゴールデングラブ賞も狙える。走塁もプロ向きだし、いいものを見せてもらった」と絶賛した。

7月21日
関東第一・石橋康太(動画)を視察。高校通算57本塁打を放ち、中日・中田スカウトディレクターは「文句なし。大学と社会人を含めて今年の捕手ではナンバーワンの素質。昨年の中村奨成(広陵)にもひけを取らないポテンシャル」と絶賛。中日・松永編成部長も「肩やフットワークもいい」と高評価した。

7月19日
山梨学院・垣越建伸(動画)を視察。2回投げ6奪三振と好投し、中日・八木スカウトは「変化球が打者の手元で曲がるようになった。楽しみな1人」と評価した。

7月18日
菰野・田中法彦(動画)を本気モードのスカウト4人態勢で視察。最速150キロ、平均で147キロに迫る球速を出し、中日・中田スカウトディレクターは「これだけコンスタントに球速が出る投手は全国的に見てもいない。打撃もいいし、持っている力は間違いなくいい。まだまだスピードも出そう」と絶賛。

中日・米村チーフスカウトも「7月初めに見た時より数段いい。テークバックがスムーズになって連動している。評価はさらに高くなった」と高評価した。

7月17日
大阪桐蔭・藤原恭大(動画)を視察。足で魅せ、中日・米村チーフアマスカウトは「あの足、あの闘争心。3年以内に首位打者争いもできる。藤原に根尾、報徳学園の小園、3人を獲られたら今年のドラフトは終わる」と絶賛した。

坂井・石川雅晴(動画)中日が注目していることが分かった。178センチ、87キロののガッチリ体型。自慢の肩は二塁送球で最速1秒82をマークする。

北九州・渡辺翔太中日など3球団のスカウトが視察。最速145キロの速球にパームボールとスライダーを織り交ぜる。身長181センチ、右投右打。

7月16日
大垣日大・修行恵大(動画)を視察。6イニング投げ3安打無失点、MAX141キロをマークし、中日・清水スカウトは「球の質は東海地区でトップレベル」と評価した。

7月15日
湖西・水野喬日を視察。9回8安打3失点もMAX140キロ止まりに終わるも、中日・佐藤スカウトは「打者に向かっていく姿勢を持ち合わせている」と話した。

東邦・扇谷莉(動画)が8イニングを6安打4失点。中日など複数球団のスカウトが視察した。

関東第一・石橋康太(動画)が攻守に活躍。中日など複数球団のスカウトが視察した。

7月13日
花咲徳栄・野村佑希(動画)を視察。2安打を放つ活躍に、中日・中田スカウトディレクターは「ホームランバッターとして必要なものをすべてもっている」と絶賛した。

7月12日
日大鶴ヶ丘・勝又温史を視察。投打二刀流で活躍し、中日・中田アマスカウトディレクターは「センスは打撃、素材は投手。打撃はスイングがいいですし、洗練された印象。投球ではよく腕が振れる」と評価した。

松商学園・直江大輔(動画)を視察。7回3安打1失点、MAX143キロを計測し、中日・中原スカウトは「調子が良くなくても必死に修正しようとしている。野球に対する能力や意識が高い証拠。打撃やフィールディングを見ても、やっぱりものがいい」と高く評価した。

7月11日
甲府工・渡辺涼太を視察。自己最速の142キロをマークし、中日・八木スカウトは「きょうは右打者への変化球が良かった。投球のバランスもいい」と今後の成長に期待した。

青藍泰斗・益子京右(動画)を視察。二塁送球1.72秒の強肩捕手を中日・正津スカウトは「送球の速さを評価している」と話した。

7月9日
中京大中京・沢井廉(動画)中日など7球団のスカウトが視察した。高校の先輩で昨年ドラフト5位で中日に入団した伊藤にあこがれ、自身もプロ志望を打ち明けている。

7月8日
東郷・真田拓を視察。9回6安打1失点、15奪三振の力投に、中日・清水スカウトは「真っすぐと変化球の腕の振りが一緒。変化球で空振りが取れる。4年後に上位指名される投手になるかもしれない」と将来性を評価した。

7月6日
高岡商・山田龍聖(動画)について、中日・中原スカウトは「あの真っすぐだけでも魅力がある。投げっぷりもいい。春先よりも良くなっている」と評価していることが分かった。身長182センチの本格派左腕。
[ 2018年07月27日 15:18 ] カテゴリ:中日のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

中日のドラフト情報(2018年6月)

6月30日
札幌大谷・菊地吏玖(動画)を視察。7回投げ4安打無失点、11奪三振の好投に、中日・八木スカウトは「ポテンシャルが高い、良い選手」と話した。

6月27日
菰野・田中法彦(動画)について中日・清水スカウトは「あれだけ強い球を投げられる高校生はいない。馬力は大学、社会人を含めても相当なレベル」と高く評価していることが分かった。

6月25日
未来沖縄・宜保翔(動画)を視察。中日・三瀬スカウトは「上(プロ野球)でやるチャンスは十分あると思う。遊撃手として評価をしているが、投手の能力も高くおもしろい存在」と高評価した。

高岡商・山田龍聖(動画)中日をはじめ12球団のスカウトが視察していることが分かった。身長182センチの大型左腕投手。

6月24日
東洋大・甲斐野央(動画)が大学日本代表選考合宿の紅白戦で最速153キロをマークし2三振を奪う好投。中日をはじめ12球団のスカウトが視察した。

湖西・水野喬日中日をはじめ12球団スカウトが視察に訪れていることが判明。身長177センチ、右投右打。最速145キロ。

市岐阜商・中神拓都(動画)中日をはじめ11球団スカウトが視察に訪れていることが判明。高校通算43本塁打の長距離砲で50メートルを5秒9で駆ける俊足。

6月23日
日体大・松本航(動画)を視察。球場スピードガンで最速154キロをマークし1回無失点。中日・中田スカウトディレクターは「やっぱりいい。一番安定感がある」と評価した。

6月21日
習志野・古谷拓郎(動画)について、中日・小山スカウトは「いいボールが来ている」と評した。

6月16日
スカウト会議を開催し候補選手を約200人に絞り込んだ。1位候補は東洋大・上茶谷大河(動画)同・梅津晃大(動画)同・甲斐野央(動画)大阪桐蔭・藤原恭大(動画)同・根尾昂(動画)報徳学園・小園海斗(動画)

中日・米村チーフスカウトは「投手と違って、いい野手は毎年出てくるわけではない。今年はチャンス。大学、社会人を含めても外野手なら藤原、内野手なら小園、伸びしろなら根尾が一番。東洋大の3人も評価している」と話した。また地元・岐阜県飛騨市出身の根尾について中日・松永編成部長は「甲子園であれだけ力を出せるのは何かを持っている証拠。特別な存在であるのは確か」と認めた。

6月14日
東洋大・上茶谷大河(動画)同・梅津晃大(動画)を視察。上茶谷が2回1/3を6失点、梅津が4回1/3を4失点と、ともに乱調で初戦で敗れたが、中日・中田スカウトディレクターは「梅津くんは本来の力が10としたら、まだ5ぐらい。2人(梅津と上茶谷)とも素晴らしい素材を持っているし、我々の評価は変わらない」と話した。

大阪商業大・太田光(動画)を視察。中日・中田スカウトディレクターは「スローイングもキャッチングもしっかりしている。安定感もある。全てを備えている」と高く評価した。

6月12日
立命館大・辰己涼介(動画)を視察。4打数2安打2打点と結果を出し、中日・米村チーフスカウトは「3拍子揃った野手の1位候補に入る。きれいな形とかにとらわれずにチームのためにという、精神的な面での姿勢が表れるようになっている」と高評価した。

6月9日
金足農・吉田輝星(動画)が東北大会・専大北上戦で9回投げ3安打、8奪三振、1失点。MAX146キロを計測。中日をはじめ12球団のスカウトが視察した。

6月8日
明桜・山口航輝(動画)が東北大会・磐城戦で130メートル弾を放つなど2安打3打点の活躍。中日をはじめ11球団のスカウトが視察した。

6月1日
東洋大・上茶谷大河(動画)を視察。6回投げ無失点の投球に、中日・正津スカウトは「ピッチングのコツを覚えた感じ」と評した。

パナソニック・吉川峻平(動画)がNTT西日本から12三振を奪い2失点完投。中日をはじめ12球団のスカウトが視察した。
[ 2018年06月30日 19:00 ] カテゴリ:中日のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

中日のドラフト情報(2018年5月)

5月31日
大阪商大・太田光(動画)中日など複数球団のスカウトが注目していることが分かった。二塁送球タイムは最速1秒78を誇る強肩捕手。今春は打撃も好調で2本塁打を放つなど打率・522で首位打者に輝いた。

5月27日
大阪桐蔭・藤原恭大(動画)が明石商戦で5打数5安打の大暴れ。中日をはじめ12球団のスカウトが視察した。

5月22日
湖西・水野喬日中日をはじめ12球団スカウトが視察していたことが22日、分かった。最速145キロ、身長177センチ、右投右打。

5月20日
花咲徳栄・野村佑希(動画)を視察。高校通算52号を放つなど4打数3安打の活躍に、中日・中田アマスカウトディレクターは「状況に応じた打撃ができるし、甘い球はほぼ確実に捉えている。上位候補に十分入ってくる」と高評価した。

5月13日
天理・太田椋(動画)を視察。中日・米村チーフアマスカウトは「走攻守のバランスがいい。(打席は)右と左で違うが、高校時代の川端(ヤクルトを思わせる」と評した。

5月6日
富山商・沢田龍太(動画)が高岡第一戦でMAX141キロを計測し9回0封。中日など4球団のスカウトが視察した。

高岡商・山田龍聖(動画)が南砺福野戦でMAX142キロを計測し8回3失点(自責1)、11奪三振。中日など9球団のスカウトが視察した。

5月3日
東洋大・中川圭太(動画)を視察。2試合連続本塁打を放ち、中日・正津スカウトは「打率も残せ1発も打てる。元阪神の今岡のようなタイプの選手」と評した。
[ 2018年05月31日 20:01 ] カテゴリ:中日のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

中日のドラフト情報(2018年4月)

4月24日
大阪商大・太田光(動画)が神戸学院大戦で4打数3安打と活躍。中日など6球団のスカウトが視察に訪れた。

4月23日
日体大・東妻勇輔(動画)を視察。中日・山本アマスカウト東日本統括は「球威があるし、コンスタントに140キロ台後半が出ている。球の力は(大学生で)上の方ですね」と評価した。

4月19日
近畿大の3年生・谷川刀麻(動画)を視察。外野手と投手の二刀流の逸材を中日・米村チーフアマスカウトは「身体能力が高い」と評価した。

4月18日
亜細亜大・頓宮裕真(動画)を視察。2打席連続弾を放った打撃に、中日・正津スカウトは「リストが柔らかい」と絶賛した。

近畿大の2年生・佐藤輝明(動画)が関西学院大戦で満塁弾を含む3安打5打点の活躍。中日など8球団のスカウトが視察した。

4月14日
日本通運・生田目翼(動画)を視察。MAX151キロを計測し、中日・米村チーフアマスカウトは「制球が良くなったし投球の幅が広がった。どこも(ドラフト)上位候補だろう」と話した。

4月11日
東洋大・梅津晃大(動画)を視察。MAX153キロを計測し、中日・中田アマスカウトディレクターは「160キロを出せそうだし、体形から大谷(エンゼルス)のようになる可能性もある。(1位指名で)競合必至」と高く評価した。

4月10日
東洋大・上茶谷大河(動画)を視察。16三振を奪い6安打完封した投球に、中日・中田アマスカウトディレクターは「強いボールを低めに集められる。十分、上位候補に入る」と高評価した。

4月9日
日体大・松本航(動画)を視察。12回投げ5安打、無失点の好投に中日・中田アマスカウトディレクターは「1年目から2桁勝てるかどうかという目で見ている。制球が良くなれば1位候補」と評価した。

4月8日
日体大・東妻勇輔(動画)を視察。中日・中田アマスカウトディレクターは「球の力は一級品。取るなら上位でいかないと」と話した。

東海大・飯嶋海斗(動画)を視察。中日・中田アマスカウトディレクターは「タイミング取りづらいし、三振を取れるタイプ。左だし球筋がやっかい」と高評価した。
[ 2018年04月24日 12:03 ] カテゴリ:中日のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
ドラフト投票
リンク
QRコード
QR