ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

2020ドラフト12球団情報まとめ TOP  >  中日のドラフト情報

中日のドラフト情報(2020年7月)

7月12日 
大分商・川瀬堅斗投手(動画)を視察。中日・米村チーフスカウトは「カーブが非常にいい。足を痛めているそぶりを見せない。プロ(向きの)魂を持っている」と高評価した。

名古屋・国本航河投手を視察。中日・近藤スカウトは「柔らかくて、フォームにクセがない。テークバックは中里(元中日、巨人)のよう。もっとスピードも出ると思う」と話した。

7月11日 
明桜・橘高康太投手(動画)を視察。中日・八木スカウトは「常時140キロを超えていたし、どの球種も腕が振れていた」と高く評価。中日・松永編成部部長は「変化球もいいし、コントロールで苦しむタイプではない」と話した。

7月6日 
静岡商・高田琢登投手(動画)を視察。中日・米村アマスカウトチーフは「もう少しスピードが出てくるんじゃないか。無事に投げられていることじたいが評価」 と評した。

7月5日 
東邦・吉納翼外野手(動画)を視察。中日・近藤スカウトは「甘い球を一発でしっかり仕留める点は評価できる。肩もいい」と高く評価した。

中京大中京・中山礼都遊撃手(動画)中日など4球団のスカウトが視察した。
[ 2020年07月12日 13:25 ] カテゴリ:中日のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

中日のドラフト情報(2020年6月)

6月27日 
トヨタ自動車・栗林良吏投手(動画)を視察。中日・清水スカウトは「勝負どころで投げる球の精度が格段に上がっている。社会人では真っ先に名前が挙がる。1巡目で消えてしまうでしょうね」と高く評価した。

6月26日 
明石商・中森俊介投手(動画)同・来田涼斗外野手(動画)を視察。中日・山本スカウトは「引き続きチェックしていきます」と話した。

6月21日 
中京大中京・高橋宏斗投手(動画)を視察。中日・近藤スカウトは「強烈。えぐいね。プロ志望届を出したら、間違いなく1位でしょう」と高く評価した。

中京大中京・中山礼都遊撃手(動画)を視察。中日・中田アマスカウトアドバイザーは「力強く振れるし肩も脚もある。体の芯も強いし、素晴らしい素材」と評した。

青森山田・小牟田龍宝投手を視察。中日・八木スカウトは「初回はチェンジアップ、中盤はスライダーを多く投じ、回が進むにつれて直球に力を入れていくなど目的意識が見えた」と話した。

6月16日 
スカウト会議を開催。新型コロナウイルスの影響で、リストアップしていた約300人からの絞り込みが進んでいない。中日・米村チーフスカウトは「(選手の状態が)現状でどうなのかがわからない。高校生は進学が決まった選手もいるが、新たに評価した選手もいる。これから見ていかないといけない」と話した。1位候補選手としては、大学進学に傾いている中京大中京・高橋宏斗投手(動画)日体大・森博人投手(動画)ら十数人をリストアップしている。

6月14日 
コロナ感染拡大のため自粛していたスカウト活動が再開したことについて、中日・米村チーフスカウトは「基本的には今まで通りの活動方針に変わりはないが、高校生の成長が見極められないのは残念ですね。プロだって、開幕に向けた調整期間の短さに難儀しています。まして練習が解禁となった高校生が、すぐに本調子で動けるわけがない。各高校も6月頭から部活動が再開されていますが、そこですぐに見に行ってその場で決断・・・なんて、できませんよ。

現在、ドラフト候補に挙がっている選手は高校生から社会人まで合わせて約300人。そのすべてを、ドラフトまでに視察できるのか? といえば、正直無理です。特に高校生は3年時に急成長する選手が多いですからね」
と話した。

またどんなタイプの選手を指名するのかについて、中日・米村チーフスカウトは「例年より少ない公式戦の中で、整理選手をどう決めるか、ですね。誰かを指名すれば、誰かが戦力外になるわけですから」と話した。

6月10日 
星稜・内山壮真捕手(動画)について、中日・音スカウトは「打撃は狙って逆方向にも打てるし、面白い。走塁もセンスがある。捕手としては期間が短く、守備面の評価が難しいが、伸びしろはあると思う。ハンドリングがいいので、内野手としても楽しみ」とコメントした。

6月7日 
今月1日から12球団のスカウト活動の再開が可能となったが、中日・米村チーフスカウトは「何もしていません。プロでも開幕に向けて3週間は準備が必要。特に高校生はすぐに動くというのは難しい」と解禁直後の練習で評価を見込むことが難しく、早期の学校訪問を回避したため。各スカウトの担当エリアの行脚は今月中旬以降から本格的に始まるという。

米村チーフスカウトは「例年はチームの不足部分を補う形だが、今年はいかにいい選手を指名できるか。指名のスタイルは変わってくる。担当スカウトの目に頼る部分は大きい」 と見通しを語った。
[ 2020年06月27日 14:09 ] カテゴリ:中日のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

中日のドラフト情報(2020年4月~5月)

5月21日 
8月開催の甲子園大会が中止になったことを受け、中日・中田アマスカウトアドバイザーは「見ていない選手が大半で、判断できないケースが出てくる。春先の印象で“この選手はドラフト上位候補、この選手は段階を踏んで大事な試合を追いかけよう”と振り分けていくけど、その基本になる部分がない」

中日・米村チーフスカウトも「成長過程の高校生は、いろんなことを調査しないといけない。秋はこうだったが、どう成長したかはその1つ。それが、どこまでできるか分からない。見に行ったときに力を発揮できない子もいる。もう1回見に来ようということができるのか…。ほかの球団が良いときを見た場合、評価の差は大きくなる」と評価が難しくなると話した。

5月18日 
慶応大・木沢尚文(動画)が3月13日の日体大とのオープン戦で好投したことについて、中日・八木スカウトは「見違えた」と評価していたことが分かった。

4月3日 
コロナ感染拡大の影響で7月開催の社会人野球・日本選手権が中止になることが決定。中日・与田監督は「どういう形になるかは分からないが、ドラフトは例年通りにはやれないだろう。今年はそういう年」との見方を示した。

[ 2020年05月22日 11:32 ] カテゴリ:中日のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

中日のドラフト情報(2020年2月~3月)

3月27日 
横浜商大・藤村哲之(動画)を視察。早稲田大とのオープン戦で5回2失点の投球に、中日・小山スカウトは「(真っすぐは)力強いと思う。いいボールを投げている」と評価した。

3月22日 
慶応大・長谷部銀次(動画)を視察。仙台大との練習試合で2回を投げ1安打無失点の投球に、中日・八木スカウトは「強い球を投げる。ポテンシャルが高い。高めに浮いた球もあったが、落ちる系の決め球もいい」と高く評価した。

3月21日 
慶応大・瀬戸西純(動画)を視察。ホンダとの練習試合でバックスクリーン右へ先頭打者アーチを放ち、中日・八木スカウトは「小力がある」と評価した。

3月20日 
鷺宮製作所・平川裕太(動画)中日など3球団のスカウトが視察。国際武道大戦に先発し、7イニングを4安打2四死球で無失点に抑えた。

3月17日 
福岡大(準硬式)・大曲錬を視察。九州大戦で6回を無安打無失点に封じ、MAX151キロをマーク。中日・三瀬スカウトは「投げ方が柔らかくアウトローに決められるコントロールもいい。バランスも良くて魅力がある」と話した。

3月7日 
ホンダ鈴鹿・松本竜也(動画)について、中日・清水スカウトは「低めに強い球を投げられる。あの球質で150キロが出たら、簡単には打てない。フォームもいいし、伸びしろがある」とコメントした。

3月6日 
大阪商大・吉川貴大(動画)を視察。阪神とのプロアマ交流戦で5回2安打無失点と好投し、中日・山本スカウトは「フォークやカーブで緩急も付けられる。ボール自体はいいので、後は肩のスタミナをこれからつけていければ。まだ見ていきます」と話した。

3月5日 
センバツ高校野球が無観客で開催された場合、中日球団はテレビ視察となることも覚悟。中日・米村チーフスカウトは「球団でこれから相談することになるが、無観客なのに僕らだけが優遇されるわけにはいかない。遠慮しないといけないと思う」と私見を述べた。

いなべ総合・伊東邑航を4人態勢で視察していることが分かった。中日・清水スカウトは「真っすぐがカット気味に来るので、打者は刺される。球質もフォームのバランスもいい」と評価しているもよう。

2月21日 
近畿大・佐藤輝明(動画)中日など2球団のスカウトが視察。和歌山・田辺キャンプで今春初のランチ特打に取り組み、広角に柵越えを打ち分ける打撃で見守ったスカウト陣に改めて力を見せつけた。

2月19日 
立教大・三井健右(動画)を視察。桐蔭横浜大戦に先発出場し3安打を放ち、中日・八木スカウトは「打力では十分候補になる」と評価した。
[ 2020年03月28日 12:03 ] カテゴリ:中日のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

中日のドラフト情報(2019年12月~2020年1月)

1月15日 
スカウト会議を開催し、1位候補12人(こちら)をリストアップ。中でも中京大中京・高橋宏斗(動画)静岡商・高田琢登(動画)日体大・森博人(動画)トヨタ自動車・栗林良吏(動画)ら地元出身選手の評価が高く、中日・米村チーフスカウトは「私がやっている以上、この地区を重視する考えは変えない。ファンの皆さま愛されてこその球団。地元密着、地元の選手を大切にしたい」と話した。

高橋宏斗について、米村チーフスカウトは「勝てるピッチャー。先発、完投できる。センバツで跳ねたら、どこかの球団の1位指名が確定するかもしれない」。栗林については「ボールの威力は十分。全体として低めにコントロールできるようになったら一級品」と評した。

1月6日 
中央大・牧秀悟(動画)同・五十幡亮汰(動画)を視察。中日・正津スカウトは2人とも欲しい。十分上位(指名)もある」と高く評価した。

12月22日 
近畿大の3年生・佐藤輝明(動画)について、中日・中田スカウトアドバイザーは「素材がピカイチ。パワー、振りの強烈さはプロに入ってもヒケをとらない。サードと外野ができたら1位クラスでしょう」と高く評価した。

12月1日 
近畿大の3年生・佐藤輝明(動画)を視察。この日は2打数0安打に終わったが、中日・山本アマスカウトチーフ補佐は「大砲はどこも必要」と話した。
[ 2020年01月16日 10:00 ] カテゴリ:中日のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
アクセス
リンク
QRコード
QR