ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

2019ドラフト12球団情報まとめ TOP  >  中日のドラフト情報

中日のドラフト情報(2019年8月)

8月18日 
星稜・奥川恭伸(動画)を視察。甲子園3回戦・智弁和歌山戦で14回投げ3安打1失点、23奪三振、MAX154キロをマークし、中日・松永編成部長は「気持ちが入っている中でも制球ミスがない。文句のつけようがない」と絶賛。中日・米村チーフスカウトも「彼は負けない。いい状態でも悪い状態でも勝って、総合力ではNO・1。プロに入ったら勝つことが一番重要」と高く評価した。

8月14日 
星稜・奥川恭伸(動画)を視察。。甲子園2回戦・立命館宇治戦でMAX154キロを計測し、2回1/3を2安打無失点。中日・中田スカウトアドバイザーは「スライダーは天下一品。実績、経験から安定感は一番。万全じゃないかもしれないが、それで抑えるのはさすが」と話し、中日・米村チーフスカウトは「評価はこの大会でワンランク上がったでしょう」と評価した。

8月13日 
中日・米村チーフスカウトが甲子園ドラフト候補を総括した。

星稜・奥川恭伸(動画)
「重圧がある中で地方大会を勝ち抜き、勝てる投手に成長した。エースの自覚も感じられる。プロは勝たないといけない世界。そういう面も大事。けが少ない、貯金ができる投手になるのでは。10勝を何年も続けられると思う」

津田学園・前佑囲斗(動画)
「スピードもあったし、制球も良かった。変化球でストライクを取れるようになり、まとまってきた。センバツより良くなっている」

霞ケ浦・鈴木寛人(動画)
「初回に打たれて、整理ができないまま終わってしまったよう。ただ、素材はいい。評価は変わらない」

星稜・山瀬慎之助(動画)
「山瀬の地肩は超一流。打撃に課題はあっても、まずは守備を重視したい。あの肩は希少」と評価した。

またこの日はスカウト会議を開催。例年は全出場校が出そろった日に甲子園を離れるが、星稜・奥川恭伸(動画)の2回戦を全スカウトで視察することが決定。甲子園大会で1人の選手を2度視察するのは昨夏の根尾(大阪桐蔭)以来。会議では高校生候補を40人ほどにしぼり込み、1位候補には奥川や大船渡・佐々木朗希(動画)明大・森下暢仁(動画)らの名前が挙がった。松永幸男編成部長は「いい選手を取りにいくということ。上位は投手中心になると思う」と話した。

8月10日 
飯山の2年生・常田唯斗(動画)を視察。甲子園1回戦・仙台育英戦に登板し4回1/3を14安打13失点(自責9)の大乱調も、MAX144キロをマーク。中日・音スカウトは「カウントを整えられる変化球をもう一つ覚えれば全然違う。球自体はいい。新チームでも追い掛けたい素材」と評価した。

8月8日 
星稜・奥川恭伸(動画)を視察。甲子園1回戦・旭川大高戦でMAX153キロをマークし9回3安打完封。中日・松永編成部長は「力みがなく、バランス良く投げられていた。全国の好投手たちが地方大会で負けた中で、甲子園に出てきてしっかり投げられるのはすばらしい」と話した。

また奥川と大船渡・佐々木を比較して、中日・米村チーフスカウトは「素材は佐々木が断トツ。でも、総合力は奥川がBIG4の中でナンバーワン。きょうも、1-0の9回を3人であっさり抑えた。これが名門校のエースの資質。1軍で、すぐに投げられると予測はつく。ほぼ完成されていて、心配はない」と奥川を高く評価。

中日・中田スカウトアドバイザーは「佐々木は、体力面など実証されていない面がある。その点、奥川にはその不安がない。ただ、佐々木に強烈な魅力があるのは確か」と話した。

霞ケ浦・鈴木寛人(動画)を視察。甲子園1回戦・履正社戦で2回1/3を投げ7失点、3本塁打を浴びるも最速149キロをマーク。中日・米村チーフスカウトは「エンジンがかかる前に出鼻をくじかれた。本来の力を出せなかったが、高校生としては上の方」と評価した。

津田学園・前佑囲斗(動画)を視察。甲子園1回戦・静岡戦で9回7安打1失点、最速145キロ止まりも、中日・近藤スカウトは「春先から見てきて、すごい投手だと思っていた。球速のわりに、真っすぐで空振りを取れるのが魅力。コントロースさえつけば、星稜・奥川と比較しても遜色ないと思う。伸びしろも十分にある」と評価した。

8月6日 
日刊スポーツは「中日が今秋のドラフト会議で星稜・奥川恭伸(動画)をを1位指名することが有力になった」と報道。北陸地区(星稜=石川県)は親会社の中日新聞社の販売網に含まれ、地元も意識する編成方針にも合致している、としている。
[ 2019年08月18日 17:45 ] カテゴリ:中日のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

中日のドラフト情報(2019年7月)

7月30日 
駿河総合・紅林弘太郎(動画)を視察。4打数無安打に終わったが、中日・近藤スカウトは「肩が強く、バランスが良い。高校生では上位レベルであることは間違いない」と高く評価した。

7月26日 
大船渡・佐々木朗希(動画)を視察も登板しなかったことについて、中日・八木スカウトは「日本の宝になる投手。彼の人生を考えれば監督の判断に敬意を表したい」と話した。

7月25日 
星稜・奥川恭伸(動画)を視察。遊学館を相手に7安打1失点13奪三振、MAX151キロをマークし、中日・米村チーフスカウトは「勝つためには何をすべきかという投手センスに長けている」と評価した。

大船渡・佐々木朗希(動画)を視察。一関工との準決勝で15三振を奪い2安打完封し、中日・八木スカウトは「立ち上がりは体が張っている様子だったけど、徐々に良くなっていった。疲れがある中でこれだけ投げられるのは天性。凄いですね」と高く評価した。

和歌山東・落合秀市(動画)中日など12球団のスカウトが視察。市和歌山戦で9回7安打4失点、最速146キロをマークし、試合終了後、プロ志望を表明した。

7月23日 
上野学園・赤坂諒(動画)を視察。修徳を相手に9回4安打1失点、MAX149キロを計測し、中日・近藤スカウトは「真っすぐの質もいいし伸びもある。楽しみな投手」と高評価した。

7月22日 
静清・石田裕太郎(動画)を視察。この日は浜松開誠館に2-3で敗退も、中日・中田スカウトアドバイザーは「投手らしい投手でスライダーがいい。よく言えば小宮山悟投手(元ロッテ、現早大監督)のよう」と評価した。

大船渡・佐々木朗希(動画)を視察。盛岡四戦で12回投げ7安打2失点、MAX160キロを計測し、中日・山本スカウトチーフ補佐は「去年なかったフォークが大きいね。打たれたのはカウントを取りにいった球だけ。140キロ台でも良いボールが来ている。(決勝2ランは)持ってるよね」と絶賛した。

駿河総合・紅林弘太郎(動画)を視察。焼津水産の投手に4打席凡退も、4打席目は左翼ポールをかすめるように場外へ大ファウルを放ち、中日・米村スカウトは「最後にいいものを見せてもらった」と話した。

武田・谷岡楓太(動画)中日など複数球団のスカウトが視察。八回1死一、二塁で登板し、押し出し四球で1点を失い、九回は2死満塁から押し出し四球、死球、四球、死球。1回6四死球と制球に難があるも、試合後、プロ志望届を「出します」と明言した。

7月20日 
JR東日本・太田龍(動画)を視察。ヤマハ戦で5回1/3を投げ5安打1失点、最速150キロをマークし、中日・米村チーフスカウトは「無四球で投手としての味が出てきた」と評した。

7月19日 
大船渡・佐々木朗希(動画)を視察。コールド勝ちで6回参考ながらノーヒットノーランで一戸を撃破。最速155キロをマークし、中日・中田スカウトアドバイザーは「全てを出し切ってないのだろう。それでこれだけ投げられるのは驚異的。藤浪(阪神)、伊良部(元ロッテ)に似たタイプと思うが高校時の比較ならそれ以上のポテンシャルがあるかもしれない」と高評価した。

7月18日 
横浜・及川雅貴(動画)を視察。1イニングを投げ3者連続三振に仕留め無失点。中日・小山スカウトは「試合前のランニングから投げたい気持ちが伝わってきた。問題なく投げただけで十分」と話した。

JFE西日本・河野竜生(動画)を視察。日本製鉄広畑を相手に7回2/3を投げ4安打2失点。この日は最速145キロ止まりも、中日・米村チーフスカウトは「体調などにあわせた投球をするクレバーさがあるよね」と評価した。

7月17日 
中部大第一・磯貝和賢(動画)を視察。愛工大名電戦に先発し8回まで0点に抑えながら9回にまさかの5点を奪われ降板も、中日・中原アマスカウトは「うまく内外に投げ分けて丁寧に投げている。そう簡単には打てない」と好評価した。

7月16日 
有明・浅田将汰(動画)を視察。ルーテル学院戦に先発し8回投げ3安打無得点、7奪三振で完投。MAX146キロをマークし、中日・三瀬スカウトは「持ち味の直球を前面に、出し惜しみせず投げていた。いいものがある。まだ荒削りですが体の強さがあるので楽しみです。九州、沖縄では、浅田投手と興南の宮城投手が抜けている」と絶賛した。

7月15日 
和歌山東・落合秀市(動画)を視察。星林を相手に6回投げ2安打1失点、MAX147キロをマークし、中日・山本スカウトは「直球は外角にクロスに入り、両サイドにしっかりと投げ分けられる。変化球でストライクも取れるし、能力が高い」と高評価した。

日大藤沢・武冨陸(動画)を視察。湘南台戦に登板し5回投げ1安打無失点、7奪三振の好投。中日・米村アマスカウトチーフは「球の切れは申し分ない。常時140キロを超えてくれば、対象になってくる」と評価した。

7月14日 
星城・石黒佑弥(動画)を視察。センバツ優勝校・東邦を相手に8回投げ3失点完投。最速144キロを計測し、中日・近藤スカウトは「初戦より躍動感がある。制球がよく、打撃も思い切りがいい。(志望届を出せば)可能性はある」と評価した。

創志学園・西純矢(動画)を視察。岡山南との1回戦で7回を2失点10奪三振、MAX151キロをマークし、中日・米村チーフスカウトは「切り替えができるようになった。勝つことを優先して精神的に成長した。10点取られたとしても、評価は変わらない。(BIG4の中で)秋の時点で少し評価は低かったかもしれないけど、一番成長したと思う」と評価した。

7月12日 
常総学院・菊田拡和(動画)中日など10球団のスカウトが視察。鬼怒商戦で左中間2点二塁打を放つなど4打数1安打2打点をマークした。

7月11日 
光泉・吉田力聖(動画)を視察。彦根総合戦で3回1/3を投げ4安打無失点。最速141キロ止まりも、中日・中田スカウトアドバイザーは「最初の失点は投球練習不足によるもの。次のイニングには(球が)伸びており、将来性を感じさせる」と評価した。

7月10日 
九州学院・友田佑卓を視察。大津戦で高校通算11号となる先制3ランを放つ活躍に、中日・三瀬スカウトは「いい打者。構えもいいし、タイミングの取り方がいい。高校生でこれだけ打てる捕手は少ない。守りは地肩の強さはないけど、フットワークがいいし、捕ってから投げるまでが速い」と話した。

前橋商・井上温大(動画)を視察。富岡戦で8回を6安打1失点、最速142キロを計測し、中日・正津スカウトは「指先の感覚がいい。ピッチャーとしていいものを持っている」と高く評価した。

7月9日 
九州国際大付・下村海翔(動画)を視察。古賀竟成館戦で4回を投げ無安打無失点、最速144キロをマークし、中日・三瀬スカウトは「フォームがきれいだし、コントロールもいい。欠点がなく高校生としては完成度が高い。上で通用するために、もっと球速が上がれば」と評価した。

岩倉・宮里優吾(動画)を視察。東洋戦で5回を投げ無安打無失点、最速143キロをマークし、中日・小山スカウトは「変化球が低めに決まっている」と評価した。

7月8日 
京都翔英・遠藤慎也(動画)を視察。桃山戦で6回を投げ1安打無失点、最速140キロ止まりも、中日・中田スカウトアドバイザーは「しっかりコースも突けるし、球の質が良い。球速は出ていないけど、だからこそ非常に安定感がある。肩を使って目いっぱい投げれば球速も出ると思うし、そうなれば間違いなくプロのレベル」と評価した。

7月7日 
東邦・石川昂弥(動画)を視察。天白戦で高校通算54号の先制2ランを放ち、中日・中田スカウトアドバイザーは「体格もいいし、肩も強い。三塁手としてはうってつけの存在。高校生野手では文句なしのナンバーワン」と絶賛。

中日・米村チーフスカウトも「数々のスラッガーを見てきたが、最後の夏初戦の第1打席で本塁打を打つのは、なかなかない。天性の長打力があるし、運も華もある」と高く評価した。

7月1日 
大船渡・佐々木朗希(動画)を視察。由利との練習試合で3回を3安打無失点、最速153キロをマークし、中日・八木スカウトは「一番いい時を見ているから、調子がよくないように見えるだけ。直球と同じ軌道で来て曲がる変化球も一級品」と絶賛。中日・山本チーフ補佐も「取りにいくかいかないかだけ」と高く評価した。
[ 2019年07月31日 00:24 ] カテゴリ:中日のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

中日のドラフト情報(2019年6月)

6月17日 
星稜・奥川恭伸(動画)を視察。愛工大名電との練習試合で6回投げ8安打2失点。最速149キロを連発し、中日・中田スカウトアドバイザーは「スライダーは天下一品。直球も普通に140キロ台後半が出る。こういう投手はそうはいない」と高評価した。

6月15日 
スカウト会議を開催。候補選手を142人に絞り込み、1位候補として11人をリストアップ。中日・松永編成部長は「4人を中心に、大学、社会人も検討していくことになるでしょう」と、高校四天王と呼ばれる大船渡・佐々木朗希(動画)星稜・奥川恭伸(動画)、創志学園・西純矢(動画)横浜・及川雅貴(動画)が中心となるとの見方を示した。

他には明大・森下暢仁(動画)東海理化・立野和明(動画)東邦・石川昂弥(動画)らの評価も高く、中日・米村チーフスカウトは「1位指名の優劣は付けていない。与田監督とも相談して、決めることになる」と話した。

6月14日 
明治大・森下暢仁(動画)を視察。東洋大戦で9回投げ7安打完封、MAX152キロをマークし、中日・米村アマスカウトチーフは「即戦力右腕としてはナンバーワン。決め球となる一流のボールを持っている。タイプ的には楽天・岸。1位で競合する選手になった」と絶賛した。

6月13日 
宮崎産業経営大・杉尾剛史(動画)を視察。東海大戦で10回1/3投げ5安打2失点(自責1)に、中日・三瀬スカウトは「沈む球を有効に使いながら落ち着いた投球ができる。ゲームメークにたけた投手。今年の大学生の中でも楽しみ。昨年と同様に、評価は変わっていない」と話した。

6月11日 
大商大・大西広樹(動画)を視察。日本文理大を相手に9回4安打1失点完投勝利に、中日・米村アマスカウトチーフは「何が何でも抑えるという一番持っていないといけないものをしっかりと持っている。エースとしてのスピリットがある。(1位指名の)12人の中に入ってくる」と絶賛した。

6月8日 
青森山田・堀田賢慎中日をはじめ12球団のスカウトが視察。盛岡四戦で7回投げ5安打8奪三振、無失点。最速148キロを計測した。

6月3日 
大船渡・佐々木朗希(動画)を視察。佐久長聖との練習試合に先発し9回9安打4失点。敗戦投手も最速153キロをマークし、中日・八木スカウトは「どれくらい変化球の精度が上がってくるのか本当に楽しみです」と評価した。

6月2日 
星稜・奥川恭伸(動画)を視察。砺波工を相手に6回投げ2安打無失点、最速150キロを計測し、中日・松永編成部長は「どの球でもストライクを取れる。投げただけで十分。評価は変わりようがない」と評し、同・米村チーフスカウトは「真っすぐを狙われていると思ったら、変化球にシフトチェンジする。普通ならムキになりそうだが、センスが違う。抜群」と絶賛した。

日本航空石川・重吉翼(動画)を視察。敦賀気比戦で6回投げ4安打無失点に抑え、中日・音スカウトは「身体能力が高いし、変化球も良くなってきた。夏まで見てみたい」と期待した。

[ 2019年06月17日 21:57 ] カテゴリ:中日のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

中日のドラフト情報(2019年5月)

5月29日 
JFE西日本・河野竜生(動画)を視察。JR西日本戦で7回5安打無失点、最速151キロをマークし、中日・米村チーフスカウトは「四球で崩れることが絶対にない投手」と評価した。

5月28日 
東芝・宮川哲(動画)中日をはじめ12球団のスカウトが集結。三菱日立パワーシステムズ戦に先発し7回途中まで7安打3失点、自己最速を更新する154キロをマークした。

5月26日 
津田学園・前佑囲斗(動画)を視察。県岐阜商を7安打2失点に抑え、101球で完投。中日・中原スカウトは「状況に応じた投球ができる。間合いの取り方も、遅い球の使い方もうまい」と話した。

星稜・奥川恭伸(動画)を視察。北越との練習試合で4回投げ2安打8奪三振で無失点、最速147キロを計測し、中日・音スカウトは「真っすぐの質は今までで一番良かった」と評した。

5月23日 
東海理化・立野和明(動画)本気モードのスカウト5人態勢で視察。トヨタ自動車戦に先発。6回1/3を9安打6失点と乱れたが、 中日・中田スカウトアドバイザーは「球の質が高い。特に角度がいい。力的には1位指名の12人に入ってくる。将来性を含め、欲しい選手」と話した。

5月21日 
山村学園・橋本大樹(動画)を視察。国士舘戦で2安打1打点で勝利に貢献し、中日・小山スカウトは「肩の強さは感じるので、夏までじっくり見たい」と期待した。

知徳・栗田和斗(動画)中日をはじめ12球団のスカウトが視察に訪れていることが判明。身長187センチの長身から投げ下ろすMAX146キロの速球が武器の右腕投手。

5月19日 
東農大三・飯島一徹(動画)を視察。桐光学園戦で登板し4回途中6安打7失点と乱調も、中日・松永編成部長は「打たれてしまったが体の強さはある」と評した。

5月13日 
横浜・及川雅貴(動画)を視察。専大松戸との練習試合で5回投げ3安打、無失点。中日・小山スカウトは「左右のぶれがなく、バランス良いフォームに戻った」と評価した。

5月12日 
和歌山東・落合秀市(動画)を視察。滋賀学園戦で9回4安打、4失点(自責0)の投球に、中日・中田スカウトアドバイザーは「(高校生四天王と)ポテンシャルの高さは遜色ない」と評価した。

5月3日 
光泉・吉田力聖(動画)中日など9球団のスカウトが視察。近江兄弟社戦に登板し4回途中4安打2四球、4失点。最速144キロをマークした。

5月2日 
奈良学園大の二刀流・菅田大介(動画)中日など6球団のスカウトが視察。阪南大戦に出場し打撃は4打数1安打、投げる方は0回1/3を投げ被安打1、四球1とピリッとしなかった。
[ 2019年05月29日 20:48 ] カテゴリ:中日のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

中日のドラフト情報(2019年4月)

4月30日 
姫路南・照峰賢也(動画)を視察。社戦で9回投げ1安打、8四死球、12奪三振、3失点完投勝利。中日・中田スカウトアドバイザーは「腕を振ってチェンジアップが投げられるので三振が取れる」と評価した。

4月29日 
駿河総合・紅林弘太郎(動画)を視察。三島北高戦で8回に二塁打を放つなど4打数1安打の結果に、中日・清水スカウトは「打撃はまだまだ伸びると思う。今後も調査していきたい」と話した。

4月27日 
JFE西日本・河野竜生(動画)を視察。NTT西日本戦に先発し7回1/3投げ5安打、無四球、1失点。中日・米村チーフスカウトは「緩急が使えて四球を出さない。いい投手の条件」と評した。

4月23日 
昌平・米山魁乙(動画)を視察。庄和戦で2回を投げ2安打無失点。この日の最速は139キロ止まりも、中日・正津スカウトは「腕の振りは強く、投げっぷりもいい。今後はしなやかさがもっと出てくれば」と期待した。

4月21日 
大船渡・佐々木朗希(動画)を視察。仙台育英との練習試合に登板し3回2/3を投げて3安打2失点、4四球、5奪三振。中日・八木スカウトは「カーブとチェンジアップで空間を使おうという意図が見えた。ケガさえしなければ良い能力なので、今回はこういう投球も見られてよかった」と話した。

明治大・森下暢仁(動画)中日など12球団のスカウトが視察。立教大戦で先発し6回投げ10安打4失点と結果を出せなかった。

4月17日 
JFE西日本・河野竜生(動画)中日など12球団のスカウトが視察。西濃運輸戦で7回を投げ2安打0封、自己最速を1キロ更新する149キロをマークした。

4月15日 
津田学園・前佑囲斗(動画)を視察。海星戦に登板し7イニングを投げて7安打無失点。中日・中田スカウトアドバイザーは「ピンチになるとギアを上げてくる。素材は申し分ない」と評価した。

4月9日 
近畿大・村西良太(動画)同・谷川刀麻(動画)を視察。中日・中田スカウトアドバイザーは「(村西は)とにかく球威がある。最低でも6割を思うところに制球できるようになれば、打てない。谷川君は体は大きくないが、振る力がある。肩も悪くない」と高く評価した。

4月7日 
大船渡・佐々木朗希(動画)を視察。U18高校日本代表候補1次合宿の紅白戦で2回を投げ6奪三振、MAX163キロをマークし、中日・松永編成部長は「誰が見ても素晴らしいのは間違いない。常時150キロを簡単に投げられる。投げ方がいいからブレがない。故障もしにくそう」と絶賛した。

4月4日 
東邦・石川昂弥(動画)をテレビ映像でチェック。センバツ決勝・習志野戦で1試合2本塁打、3安打完封と投打で活躍し、中日・米村チーフスカウトは「右打ちで長打力があり、打率もいい。結果で高い評価を勝ち取ったと思う。上位候補の頭数に入ってくる。投手としても成長している」と絶賛。

同じく中日・松永編成部長も「センター方向に大きいのを打てるのは魅力。甲子園で優勝するというのは、何かを持っているということ。間違いなく評価は上がったと思う」と高く評価した。

4月1日 
大船渡・佐々木朗希(動画)を視察。作新学院との練習試合で今季初登板し、3回投げ6奪三振。最速156キロをマークし、中日・八木スカウトは「球質、伸びしろを含めて大学、社会人を含めてもドラフト候補でナンバーワン」と絶賛した。
[ 2019年04月30日 17:47 ] カテゴリ:中日のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
ドラフト投票
リンク
QRコード
QR