ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

2020ドラフト12球団情報まとめ TOP  >  ヤクルトのドラフト情報

ヤクルトのドラフト情報(2020年7月)

7月12日 
明石商・中森俊介投手(動画)を視察。ヤクルト・橿渕スカウトグルーブデスクは「今年初めて見たが、やはり高校生ではトップクラス。球の強さ、変化球とプロでも将来、エースになれる素材」と高評価した。

明治大・入江大生投手(動画)ヤクルトなど3球団のスカウトが視察した。

7月8日 
二松学舎大付・秋広優人投手兼一塁手(動画)浦和学院・美又王寿投手(動画)を視察。ヤクルト・中西スカウトは美又について「球の質はいい」と話した。

7月6日 
静岡商・高田琢登投手(動画)を視察。ヤクルト・中西スカウトは「緩急を使えていて良かった。左の高校生はそんなにいないから貴重だし、順調に成長している」と評した。

7月5日 
明石商・中森俊介投手(動画)智弁和歌山・小林樹斗投手(動画)を視察。ヤクルト・小川GMは「2人(中森、小林樹)とも高校生投手として完成度が高い」と評した。

ヤクルト・小川GMは中森について「生で見るのは初めて。トータルでレベルが高い投手だ。変化球の精度もあるし、ピッチングがうまい」と高評価。同じく中森についてヤクルト・阿部スカウトは「スピードもあるけど、変化球も使ってうまく打ち取っていく投手。本来のところに近づいてきている」と話した。
[ 2020年07月12日 12:49 ] カテゴリ:ヤクルトのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

ヤクルトのドラフト情報(2020年6月)

6月28日 
桐生第一・蓼原慎仁投手(動画)を視察。ヤクルト・橿渕スカウトグルーブデスクは「空振りも取れているし、素材として魅力」と評価した。

明石商・中森俊介投手(動画)ヤクルトなど3球団のスカウトが視察した。

6月22日 
仙台育英・向坂優太郎投手(動画)を視察。大学進学希望の同投手をヤクルト・斉藤スカウトは「すごく良い投手。スライダーとツーシームが良い。テークバックが小さく打者からボールが見えずらいフォームで投げている。イメージとして近いのはソフトバンク・大竹耕太郎投手。大学で直球のスピードが上げれば上位候補になると思います」と評価した。

中京大中京・高橋宏斗投手(動画)同・中山礼都遊撃手(動画)を視察。高橋についてヤクルト・橿渕スカウトグルーブデスクは「ここ2カ月十分、調整ができていないにもかかわらず、素晴らしい真っすぐがあった。ここ一番で強さが出ていた」と評した。

6月21日 
青森山田・小牟田龍宝投手を視察。ヤクルト・斉藤スカウトは「平均球速も141、2キロ出ていて高校生の中では高い方。真っすぐで押していける良い投手。これからも見ていきたい」と話した。

6月20日 
享栄・上田洸太朗投手(動画)を視察。ヤクルト・中西スカウトは「まだ実戦感覚が戻っていないようだが、柔らかさがあるし、手先も器用。将来性がある」と評価した。

6月11日 
8月に代替甲子園大会が開催されることが決定したことについて、ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは「ドラフト指名の参考になる。負けたら終わりという重圧や大観衆の中でプレーする例年と違った評価になるが、練習してきたことが100%出せる場になると思う」と話した。

6月8日 
JR東日本・伊藤将司(動画)を視察。ヤクルト・斎藤スカウトは「左打者の内角へツーシームを投げられる左投手はプロ野球でも少なく貴重。試合をつくる能力があり、榎田(現西武)に近い印象がある」と評価した。

霞ヶ浦・山本雄大(動画)ヤクルトなど2球団のスカウトが視察した。

6月4日 
JX―ENEOS・藤井聖(動画)を視察。ヤクルト・斉藤スカウトは「やはり左腕で150キロ出せるのはすごい魅力。調子も戻ってきたようだし、順調にいけば上位候補でしょう」 と高く評価した。

6月2日 
三菱日立パワーシステムズ・伊藤優輔(動画)を視察。ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは「全ての球がコントロールされ、切れがある。タイプは広島・大瀬良」と絶賛した。
[ 2020年06月28日 14:10 ] カテゴリ:ヤクルトのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

ヤクルトのドラフト情報(2020年4月~5月)

5月30日 
6月1日から高校、大学の練習や練習試合の視察が解禁されることが決定したことについて、ヤクルト・橿渕スカウトグループ次長は「待ちに待った知らせ。評価ポイントや視察のタイミングをどうするかなど模索して選手の評価を間違えないようにしたい」と話した。

5月22日 
コロナ感染拡大の影響で視察できない状態が続いているが、ヤクルト・小川GMは「うちの場合、ドラフト上位はスカウト同士がよその担当を見に行くこともあった。でも今年に関しては恐らく、それもできなくなるだろうと」とドラフト上位候補のクロスチェックができないことを嘆いた。

また夏の甲子園が中止になったことについて「甲子園で成長したっていう選手もいる。その機会さえもなくなってしまい残念です」と話した。

5月21日 
8月開催の甲子園大会が中止になったことを受け、ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは「安全第一なので判断は尊重したいが、例年並みの水準のドラフトは難しくなる。試合に向けた調整能力や、緊張感のある中で力を発揮できるかという部分。公式戦ならではのチェックが全くできない。例年とは違う判断材料を見つけてやっていくしかない」と話した。

5月18日 
慶応大・木沢尚文(動画)が3月13日の日体大とのオープン戦で好投したことについて、ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは「直球は常時140キロ台後半で、カットボールを有効に使えている。(ドラフト2位指名までの)24人には入ってくるでしょう」と高く評価していることが分かった。

5月16日 
8月に開催予定の夏の甲子園大会が中止濃厚となったことについて、ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは「高校生の成長を測る指標がなくなると、我々の判断が難しくなる。(ドラフト指名の)人数は例年並みの水準にしたいけど限度がある。今年の(候補)選手は不憫」 と話した。

5月11日 
近畿大・佐藤輝明(動画)について、 ヤクルト・阿部スカウトは「1年の時から大型で長打力が売り。ウチでいうと村上みたいな選手です。佐藤くんは三塁だけじゃなく外野も守れる。上位候補だと思う」とコメントした。
 
4月27日 
早稲田大・早川隆久(動画)について、ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは「バリエーションが豊富で、変化球の使い方も巧くなっている」とコメントした。
[ 2020年05月31日 21:29 ] カテゴリ:ヤクルトのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

ヤクルトのドラフト情報(2020年1月~3月)

3月27日 
早稲田大・今西拓弥(動画)を視察。横浜商大とのオープン戦で2回投げ無失点2奪三振の投球に、ヤクルト・山本スカウトは「これからまだまだ伸びしろがある。楽しみ」と評価した。

3月25日 
中央学院大・高瀬翔悟を視察。横浜商大との練習試合で5回を5安打2失点の投球に、ヤクルト・丸山スカウトは「横の角度がある。まだ経験値が少ないが、これから楽しみ」と評価した。
 
3月23日 
早稲田大・早川隆久(動画)を視察。巨人2軍との交流戦で5回投げ9安打4失点の投球に、ヤクルト・山本スカウトは「きょうは我々の姿に力が入ったけど、貴重な左腕だから魅力はある」と評価した。
 
3月19日 
スカウト会議を開催。260人をリストアップし、上位候補の9人には明石商・中森俊介(動画)同・来田涼斗(動画)中京大中京・高橋宏斗(動画)の名前を挙げた。高校野球はコロナ感染拡大で中止が相次ぐが、ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは「こういう状況なのでしようがない。やれる範囲でやりましょうという話をした。高校生は夏の大会だけになってしまうかもしれない。練習や練習試合で見ていくが、公式戦ならではの評価の仕方がある」と難しさを明かした。

3月18日 
日本体育大・森博人(動画)を視察。巨人3軍との交流戦で2回投げ3安打1失点の投球に、ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは「ボールの強さが最大の魅力。クロス気味に踏み出すのでボールに角度があり、右バッターは怖いはず。去年12月の大学日本代表候補合宿でも目立っていたし、上位候補に入ってくる。今後の活躍次第では(1位候補の)12人に入ってくる」と評価した。

3月17日 
ヤクルト球団内の新しい動画共有システムがスタートした。スカウト陣は携帯で撮影したドラフト注目選手のプレーをアップすることが可能に。ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは「すぐに複数の人がチェックできる」と説明した。今後、説明会を経て本格運用していく。

3月14日 
慶応大・木沢尚文(動画)を視察。日体大戦に先発して6回2失点と好投し、ヤクルト・橿渕スカウトグループ次長は「成長のあとが非常に見えた。抜ける球も少なくなっている。この状態が1シーズン続けば1位の可能性も十分あるのでは」と評価した。

独協大・並木秀尊(動画)を視察。ヤクルト・丸山スカウトは「足が速いし、打撃も当てにいかず、体の割にしっかり振っている」と評価した。

3月8日 
中央大・五十幡亮汰(動画)を視察。DeNA2軍との練習試合で右中間三塁打に2盗塁、3得点と大活躍し、ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは「積極的に振れるし、(ドラフト)2位以内でしょう」と高評価した。

1月5日 
中央大・五十幡亮汰(動画)をリストアップしていることが判明。球団関係者が「一番の魅力は足。今まで見た中でトップ。こんなに速い選手は見たことがないというレベル。最近はスラッガー系を指名してきたので、韋駄天系は補強ポイントにも合致する」と明かした。五十幡は2010年にスワローズジュニアに在籍し、12球団ジュニアトーナメントで準優勝した。

[ 2020年03月27日 15:34 ] カテゴリ:ヤクルトのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

ヤクルトのドラフト情報(2019年12月)

12月27日 
横浜の2年生・度会隆輝(動画)をリストアップしていることが判明。球団関係者が「もちろんリストに入っている。ミート力は高校生トップレベル。一芸に秀でている」と、注視していく方針を明かした。東京北砂リトルに所属した千葉・柏井小時代にはスワローズジュニアに選出された。

中京大中京の2年生・高橋宏斗(動画)高崎健康福祉大高崎の2年生・下慎之介(動画)をリストアップしていることが判明。球団関係者は「ドラフト候補の中心になる選手。春見るのが楽しみ」と説明した。

12月1日 
近畿大の3年生・佐藤輝明(動画)を視察。この日は2打数0安打に終わったが、ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは「スラッガーとしては力が抜けている」と評価した。

独協大の3年生・並木秀尊(動画)を視察。50メートル走で5秒32をマークし、ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは「アップなどのランニングや走り方を見ていても光るものがあった」と話した。
[ 2019年12月27日 08:31 ] カテゴリ:ヤクルトのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
アクセス
リンク
QRコード
QR