ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

2019ドラフト12球団情報まとめ TOP  >  ヤクルトのドラフト情報

ヤクルトのドラフト情報(2019年4月)

4月17日 
JFE西日本・河野竜生(動画)を視察。西濃運輸戦で7回を投げ2安打0封。自己最速を1キロ更新する149キロをマークし、ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは「完璧な内容。スライダーの見極めが難しいから、バッターが翻弄されている感じ」と高く評価した。

4月9日 
国学院大・横山楓(動画)を視察。立正大戦に登板し5回投げ1失点の好投。ヤクルトスカウトのスピードガンで最速147キロを計測した。

4月7日 
大船渡・佐々木朗希(動画)を視察。U18高校日本代表候補1次合宿の紅白戦で2回を投げ6奪三振、MAX163キロをマークし、ヤクルト・橿淵スカウトグループデスクは「見るたびに驚き。リリースが強い。計り知れない能力がある。衝撃度はナンバーワンですよ。タイプ的には大谷よりもダルビッシュだと思います」と絶賛した。

4月5日 
JFE西日本・河野竜生(動画)ヤクルトなど5球団のスカウトが視察。阪神とのプロアマ交流戦に先発し、4回投げ4安打2失点、MAX142キロをマークした。

4月1日 
大船渡・佐々木朗希(動画)を視察。作新学院との練習試合で今季初登板し、3回投げ6奪三振。最速156キロをマークし、ヤクルト・伊東編成部長は「初めて見たが、フォームも理想的で完成度が高いというのが第一印象。あれこれ言うことなく、ただただ、ほしいというレベルのピッチャー」と絶賛。

同じく、ヤクルト・橿淵スカウトグループデスクも「潜在能力や才能に素晴らしさを感じる。投げる、走る、打つ。球速以外の才能もある。能力があとどれだけ眠っているのか。次元が違う。(1位評価は)揺るぎない」と高評価した。
[ 2019年04月17日 21:44 ] カテゴリ:ヤクルトのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

ヤクルトのドラフト情報(2019年3月)

3月29日 
スカウト会議を開催し、センバツ高校野球に出場している選手の中から投手7人、野手8人をリストアップした。投手では星稜・奥川恭伸(動画)横浜・及川雅貴(動画)に加えて、広陵・河野佳(動画)の評価が上がった。野手では智弁和歌山・東妻純平(動画)東邦・石川昂弥(動画)山梨学院・野村健太(動画)の評価が高かった。全体では250人弱をリストアップしている。

智弁和歌山・東妻純平(動画)を視察。、センバツ1回戦・熊本西戦で高校通算23号となる3ランを放つなど2安打4打点。ヤクルト・橿渕聡スカウトグループデスクは「本塁打を打てたし、肩も強い。魅力的な選手。打つ方も力強い。将来プロでレギュラーでいける選手」と絶賛した。

3月27日 
広陵・河野佳(動画)を視察。センバツ1回戦・八戸学院光星戦でMAX150キロをマークし3安打完封。ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは「うちのスピードガンでは148キロ。小川(171センチ)がいるように、身長がどうかだけでという見方はしないので球の力とか評価していく」と高評価した。

3月26日 
山梨学院・野村健太(動画)を視察。センバツ1回戦・札幌第一戦で1試合2本塁打を放つなど大活躍に、ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは「高校生で打った瞬間分かる本塁打はなかなかない。柔軟性も兼ね備えている。振れるのは魅力。当然(今秋のドラフト)候補に入れている」と評価した。

津田学園・前佑囲斗(動画)を視察。センバツ1回戦・龍谷大平安戦では敗れはしたものの、延長11回を一人で投げ切り被安打4、失点2と好投。MAX141キロ止まりだったが、ヤクルト中西スカウトは「以前は力任せだったが(投手らしい)ピッチングができるようになってきた。下(半身)と連動してくれば」と高評価した。

3月25日 
横浜・及川雅貴(動画)を視察。センバツ1回戦・明豊戦で先発し、2回2/3投げ5安打、5失点で降板。ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは「きょうで評価が変わることはない」としながらも「自信のある直球で勝負できるようになって」と注文をつけた。

3月24日 
星稜・奥川恭伸(動画)を視察。センバツ1回戦・履正社戦で先発し、毎回の17奪三振、3安打完封。MAX151キロをマークし、ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは「昨年よりさらにスケールが大きくなった。巨人・菅野みたい。スライダーは打者の手元で曲がるから真っすぐに見える。高校生では打てない。大学、社会人の投手を含めてもトップクラス」と絶賛した。

3月17日 
駿河総合・紅林弘太郎(動画)ヤクルトなど3球団が視察も背中の痛みで試合欠場した。「ドラフト指名間違いない」といわれている遊撃手で特に守備が評価されている。

3月15日 
履正社・井上広大(動画)を視察。下級生中心の関西大との練習試合で2ランを含む4打数3安打2打点と大活躍し、ヤクルト・阿部スカウトは「右の大型外野手(187センチ、95キロ)で長打が魅力。スケールが大きい」と絶賛した。

創志学園・西純矢(動画)ヤクルトなど6球団のスカウトが視察。慶応高との練習試合に先発し5回を投げて1安打9奪三振、無失点。この日の最速は148キロだった。

3月13日 
東海理化・立野和明(動画)ヤクルトをはじめ全12球団のスカウトが視察。パナソニック戦で9回13奪三振完投。5安打、4四球、2失点に抑え、MAX149キロをマークした。

3月11日 
星稜・奥川恭伸(動画)を視察。スピードガンで148キロを確認したヤクルト・阿部スカウトによると、球速が出にくい機材だったといい「普通のガンなら150は出ていた」と直球の威力を認めた。
 
日体大・北山比呂(動画)を視察。仙台大とのオープン戦では5回投げ4失点、5奪三振。MAX147キロ止まりもヤクルト・丸山スカウトは「直球の力はもっともっと強い」と話した。

3月8日 
近畿大・谷川刀麻(動画)を視察。阪神とのプロアマ交流戦で3打数1安打をマークし、ヤクルト・阿部スカウトは「秋よりしっかり振れている。これから春も注目していく」と期待した。

来年のドラフト候補・近畿大・佐藤輝明(動画)を視察。阪神とのプロアマ交流戦で4打数2安打1打点をマークし、ヤクルト・阿部スカウトは「振れる、飛ばせるというのが彼の魅力。なかなかいないタイプ」と評価した。
[ 2019年03月29日 17:46 ] カテゴリ:ヤクルトのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

ヤクルトのドラフト情報(2019年1月~2月)

2月8日 
JR東日本・太田龍(動画)を目当てにヤクルトをはじめ全12球団のスカウトがグラウンドに訪れ、野球部に新年のあいさつを済ませていることが分かった。最速153キロの速球を武器にする右の本格派投手。

1月27日 
星稜・奥川恭伸(動画)を視察。ヤクルト・阿部スカウトは「(今年度視察はヤクルトが)12球団目なんですね。奥川はスケールが大きい。これからも見ていきます」と評価した。

1月21日 
1位指名候補として大船渡・佐々木朗希(動画)星稜・奥川恭伸(動画)横浜・及川雅貴(動画)創志学園・西純矢(動画)の高校生四天王を注視していくことが分かった。ヤクルト球団関係者は「高校生投手に好素材が多い。投手は永遠のテーマ。うちも、まだ先発ローテーションの厚みという点では他球団に劣っている。(佐々木らは)将来のエースになれるのではと思っている4人」と明かした。

その他の上位候補には木更津総合・根本太一(動画)日大三・井上広輝(動画)同・広沢優(動画)明大・森下暢仁(動画)JR東日本・太田龍(動画)東海大・海野隆司(動画)らが挙がっている模様。

創志学園・西純矢(動画)ヤクルトなど3球団のスカウトが視察に訪れた。ブルペンで80球のピッチングを行い「(ドラフトで)上位で選ばれることが目標」と話した。

1月5日
横浜・及川雅貴(動画)を視察。ヤクルト・斉藤スカウトは「右(投手)は150キロ以上がいても左は大学、社会人にも少なくナンバーワンは及川でしょう」と高評価した。
[ 2019年02月08日 13:38 ] カテゴリ:ヤクルトのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

ヤクルトのドラフト情報(2018年11月~12月)

12月1日
2位指名の法政大・中山翔太(動画)と入団交渉を行い、契約金7500万円、年俸1300万円で仮契約。ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは「奉納試合(2016年11月)から注目していた。背番号(8)は右のスラッガーを意識した」と話した。

11月28日
8位指名の明治安田生命・吉田大成(動画)と入団交渉を行い、契約金2200万円、年俸700万円で仮契約。「僕らの世代は大谷世代と言われているけど、すごい選手が多いのでそこに食い込んでいきたい」と見据えた。

11月27日
6位指名の日本文理・鈴木裕太(動画)と入団交渉を行い、契約金2200万円、年俸480万円で仮契約。担当のヤクルト・丸山スカウトを通じて「1日も早く神宮で投げたい気持ちになりました」とコメントした。

11月24日 
5位指名の新日鉄住金広畑・坂本光士郎(動画)と入団交渉を行い、契約金3500万円、年俸900万円で合意した。

11月20日 
7位指名の九州共立大・久保拓真(動画)と入団交渉を行い、契約金2000万円、年俸600万円で仮契約。ヤクルト・松田スカウトは「マウンド上のハートの強さは長所。スライダーやツーシームは通用する」と期待した。

11月19日 
1位指名の国学院大・清水昇(動画)と入団交渉を行い、契約金9000万円、年俸1400万円で仮契約。ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは「右のエース候補として期待をこめての背番号17です。今持っているものをヤクルトでも出してほしい」と期待した。

11月18日 
4位指名の明豊・浜田太貴(動画)と入団交渉を行い、契約金3500万円、年俸500万円で仮契約した。

11月16日 
3位指名の明徳義塾・市川悠太(動画)と入団交渉を行い、契約金5000万円、年俸は580万円で仮契約。ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは「魅力を感じたのはストレートの速さと強さ。市川君独自の投手像を追い求めてもらいたい。(背番号について)偶然だが、1999年に明徳高から入団した高橋一正投手も40番。いい番号は自分で勝ち取ってほしいという気持ちを込めた」と話した。
[ 2018年12月01日 23:10 ] カテゴリ:ヤクルトのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

ヤクルトのドラフト情報(2018年10月)

10月26日 

ヤクルトの2018ドラフト指名選手
順位選手名所属位置動画
×根尾 昂   
×上茶谷 大河
1位清水 昇 国学院大動画
2位中山 翔太法政大動画
3位市川 悠太明徳義塾高動画
4位浜田 太貴明豊高動画
5位坂本 光士郎 新日鉄住金広畑動画
6位鈴木 裕太 日本文理高動画
7位久保 拓真 九州共立大動画
8位吉田 大成明治安田生命動画
育1内山 太嗣 BC栃木動画
育2松本 友 BC福井動画


10月24日 
大阪桐蔭・根尾昂(動画)を1位指名すると公表した。ヤクルト・小川監督は「根尾選手を1位で指名することを決定いたしました。やっぱり1番いい選手ということ。それだけです。本当に能力の高い選手だと思う。将来的にヤクルトの中心選手になるのは間違いないと思いますし、プロ野球を(代表する選手)という印象がある」などと説明した。

三菱重工広島・杉山一樹(動画)倉敷商・引地秀一郎(動画)の両右腕投手にヤクルトをはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。ともに上位指名濃厚と言われている。

八戸学院大・高橋優貴(動画)ヤクルトをはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。リーグ新記録となる通算301奪三振を達成した左椀投手。

富士大・鈴木翔天(動画)ヤクルトをはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。左から最速149キロの直球を武器にスライダー、チェンジアップなど多彩な変化球を操る。

10月23日 
ドラフト1位は大阪桐蔭・根尾昂(動画)に一本化したこともよう。本日のサンケイスポーツ、日刊スポーツは「ヤクルト根尾1位」を1面で大きく報じている。ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは1位指名の具体名こそ明らかにしなかったが「(スカウト間では)逃げずに、いい選手を獲ろうと確認した」とコメント。

日本通運・生田目翼(動画)ヤクルトをはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。最速151キロを誇る社会人ナンバー1投手でドラフト上位指名が確実視されている。

10月22日 
スカウト会議を開催。リストアップ済みの77選手のうち下位指名候補を中心に映像を確認した。1位候補について、ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは「1位は高校生の投手か野手か、大学生の投手にいくのかの選択になる。全体指名は8人ぐらいをイメージしています」と説明。22日のスカウト会議で仮決定。23日に衣笠球団社長、小川監督の意見を聞いて最終決断を下す予定。

10月21日 
立命館大・辰己涼介(動画)ヤクルトをはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。同選手は3年連続で大学日本代表に選出されているアマチュア球界屈指の外野手で各球団の評価も高くハズレ1位の有力候補と言われている。

10月19日 
金沢星稜大・泉圭輔(動画)ヤクルトをはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。187センチの長身から長い手足を生かした角度のある直球が武器の右腕投手。

10月18日 
名城大・栗林良吏(動画)ヤクルトをはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。最速は153キロでスライダーなど変化球を交えて勝負する右の本格派投手。

10月17日 
立正大・伊藤裕季也(動画)を視察。ヤクルト・中西スカウトは「打力は大学生でもトップクラス」と高く評価した。

10月16日
トヨタ自動車、富山凌雅(動画)ヤクルトをはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。9月に行われた阪神2軍とのプロアマ交流戦では、先発で5イニング3安打1失点。10球団のスカウトが見つめる前で好投した。

10月15日 
日本体育大・松本航(動画)を視察。ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは「球のキレもいいし、三振も取れる。即戦力の1位候補という評価は変わらない」と高く評価した。

10月13日
金足農・吉田輝星(動画)のもとへ調査書を届けに訪れた。中泉監督と45分程度話したというヤクルト・斉藤スカウトは「球団の方針や育成プログラムについて話しました。1位候補の一人で、高卒では他に浦和学院の渡辺くらい。(金足農出身の)石山(泰稚)の話や、石川(雅規)も高校3年のとき、監督さんがコーチをしてらしたとのことなので、そのときの話もした。2人ともいい見本になってくれると思うし、溶け込むにはうちが一番」と語った。

10月11日
大阪桐蔭・根尾昂(動画)、藤原恭大(動画)、柿木蓮(動画)、横川凱(動画)がプロ志望届を提出したことを受け、スカウトが訪問し面談。根尾と藤原について、ヤクルト・阿部スカウトは「しっかりしている印象を持ちました」と語った。

10月10日
亜細亜大・頓宮裕真(動画)ヤクルトなど12球団のスカウトが視察。1試合2本塁打、5打点と自慢の長打力をみせつけた。

10月8日 
大阪桐蔭の1年生・西野力矢(動画)を視察。1試合5安打を放ち、ヤクルト・阿部スカウトは「広角へどこにでも打つことができる」と話した。

10月4日 
スカウト会議を開催。進路希望の情報などを確認し72人のリストを作成した。1位候補は大阪桐蔭・根尾昂(動画)同・藤原恭大(動画)東洋大・上茶谷大河(動画)日体大・松本航(動画)ら10人。評価を高めた国学院大の清水昇投手(動画)も新たに加わった。

プロ志望届をまだ提出していない金足農・吉田輝星(動画)については今後の動向を注視する。ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは「優先順位が高校生野手なのか、投手なのか。戦略次第で大きく変わると思う」と話した。

10月3日
法政大・菅野秀哉(動画)ヤクルトなど複数球団のスカウトが視察。5回投げ1安打無失点と好投し通算17勝目を挙げた。
[ 2018年10月27日 03:57 ] カテゴリ:ヤクルトのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
ドラフト投票
リンク
QRコード
QR