ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

2019ドラフト12球団情報まとめ TOP  >  阪神のドラフト情報

阪神のドラフト情報(2019年4月)

4月20日 
天理大・八木玲於(動画)阪神など7球団のスカウトが視察。大体大戦で先発しMAX150キロをマークするも、2回投げ5安打2失点で降板した。

4月19日 
JR東日本・太田龍(動画)を視察。伯和ビクトリーズ戦で6回途中5安打3失点(自責2)。MAX147キロ止まりだったが、阪神・畑山統括スカウトは「まだ成長過程の子。完成には時間がかかるだろうが、順調に成長している」と今後に期待した。

4月17日 
JFE西日本・河野竜生(動画)を視察。西濃運輸戦で7回を投げ2安打0封。自己最速を1キロ更新する149キロをマークし、阪神・山本スカウトは「修正能力が高くなった。安定した左投手は少ないし、順調に成長している。必ず上位候補になる」と高く評価した。

4月16日 
国際武道大・豊田寛(動画)を視察。敬愛大戦で今季2号ソロを放つなど4安打2打点をマークし、阪神・畑山統括スカウトは「フライボール革命に適したスイング。右にも長打が出る。走り方も力強い。貴重な右の外野手」と高く評価した。

4月13日 
奈良学園大・菅田大介(動画)を視察。大阪市立大戦で投手としては8回投げ4安打1失点、6奪三振の完投。打撃は1安打をマーク。阪神・山本スカウトは「投手と野手の両方やっているのでそれを見ていきます」と話した。

4月9日 
立命館大・坂本裕哉(動画)を視察。関西学院大戦に先発し7回3安打1失点。MAX147キロを計測し、阪神・熊野スカウトは「もう少し、低めの変化球を意識させることができれば、威力ある高めの直球ももっと生きてくる。今日の投球が続けば、注目度も上がってくる」と評した。

4月8日 
創志学園・西純矢(動画)を視察。高校日本代表1次候補合宿の実戦形式の練習で登板し、打者9人に2安打4奪三振。阪神・山本スカウトは「球種もたくさん持っているし、大船渡・佐々木くんとは違う直球のよさがある」と高く評価した。

日本体育大・北山比呂(動画)を視察。帝京大戦で登板し、被安打2、6奪三振で完封。阪神・平塚スカウトは「ボールが強い」と評価した。

4月7日 
大船渡・佐々木朗希(動画)を視察。U18高校日本代表候補1次合宿の紅白戦で2回を投げ6奪三振、MAX163キロをマークし、阪神・畑山統括スカウトは「すごいの一言。高校世代では抜けている気がする。近年では藤浪晋太郎、大谷以来のスケールかな」と絶賛した。

4月5日 
JFE西日本・河野竜生(動画)を視察。阪神とのプロアマ交流戦に先発、4回投げ4安打2失点、MAX142キロをマークし、阪神・山本スカウトは「悪いなりにゲームがつくれる。何も心配していないし、評価は変わらない」と話した。

4月4日 
東邦・石川昂弥(動画)をテレビ映像でチェック。センバツ決勝・習志野戦で1試合2本塁打、3安打完封と投打で活躍し、阪神・筒井スカウトは「打撃の非凡さはもともとありましたが、センターから右方向へあれだけ本塁打を打てる選手はそうはいません。全国舞台で結果を残したことは、彼の今後の野球人生にも大きな意味があるでしょう。各球団の評価はさらに高まるでしょうね。スター選手になれる資質があります」と絶賛した。

4月2日 
明治大・森下暢仁(動画)を視察。三菱日立PS戦で1イニングだけ登板し153キロをマークして無失点に抑えた。8回表の守備から遊撃のポジションにつき、阪神・平塚スカウトは「いい送球している選手がいるなと思ったら森下だった。ショートの方がいいんじゃないの」と冗談交じりで話した。

4月5日から行われるU18高校日本代表第1次候補選手の研修合宿を、阪神のスカウト陣が視察する予定。高校四天王と呼ばれる大船渡・佐々木朗希(動画)星稜・奥川恭伸(動画)横浜・及川雅貴(動画)創志学園・西純矢(動画)らが選出されている。

4月1日 
大船渡・佐々木朗希(動画)を視察。作新学院との練習試合で今季初登板し、3回投げ6奪三振。最速156キロをマークし、阪神・葛西スカウトは「秋よりもレベルアップした。内外にきっちり投げられる真っすぐはもちろん、スライダー、チェンジアップもいい。と絶賛した。
[ 2019年04月20日 15:05 ] カテゴリ:阪神のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

阪神のドラフト情報(2019年3月)

3月29日 
スカウト会議を開催。阪神・畑山統括スカウトは「1回戦を振り返って、各担当スカウトの担当選手の評価や意見を出し合った。今日は高校生の話だけです」と説明した。星稜・奥川恭伸(動画)について「高校生の中でも目玉の一人なのは間違いない。今大会でもレベルの高いところを見せてもらったし、夏までにどれだけ成長するか見ていきたい」と今後もマークを続けていくことを確認した。

智弁和歌山・東妻純平(動画)を視察。、センバツ1回戦・熊本西戦で高校通算23号となる3ランを放つなど2安打4打点。阪神・渡辺スカウトは「ホームランは、彼のポイントに来たと思いますが、1球で仕留められたことは評価できる。捕手としても中谷監督から指導を受けているし、大きな舞台にも慣れている」と絶賛した。

3月27日 
広陵・河野佳(動画)を視察。センバツ1回戦・八戸学院光星戦でMAX150キロをマークし3安打完封。阪神・山本スカウトは「去年まではリリーフで投げているとろこは見ていて、先発で投げてどうなのかなと楽しみにしていたけど、真っすぐも力強いしスライダーもキレがある。まだ伸びしろもある。当然、候補に入ってくる選手」と評価した。

3月26日 
山梨学院・野村健太(動画)を視察。センバツ1回戦・札幌第一戦で1試合2本塁打を放つなど大活躍に、阪神・平塚スカウトは「野村の本塁打は去年から何本も見ている。甘く入ったら持っていける。楽しみな存在」と評価した。

3月25日 
横浜・及川雅貴(動画)を視察。センバツ1回戦・明豊戦で先発し、2回2/3投げ5安打、5失点で降板。阪神・吉野スカウトは「左であれだけ投げられるんですから、すごいですよ。持っているものはいい」と話した。

3月24日 
星稜・奥川恭伸(動画)を視察。センバツ1回戦・履正社戦で先発し、毎回の17奪三振、3安打完封。MAX151キロをマークし、阪神・筒井スカウトは「アマチュア界の中で最高レベルの投手。初回から腕を振って強い球を投げて、終盤になってもいい高さにボールを投げられている。気持ちの強さが大きい」と絶賛した。

3月17日 
日大三・井上広輝(動画)を視察。国学院栃木との練習試合に先発し、3回投げ2安打無失点と好投。阪神・平塚スカウトは星稜・奥川、横浜・及川、大船渡・佐々木、創志学園・西の高校四天王と比較し「4人に迫る力がある」と評価した。

3月16日 
大商大・大西広樹(動画)が、1軍クラスも出場した阪神2軍相手に5回投げ2安打無失点と好投した。視察した阪神・渡辺スカウトは「変化球でカウントが取れていた。1軍を経験している選手もいるなかで2安打。きょうの投球を自信にしてほしい。リーグ戦も始まるので、見させてもらおうと思う」と、今後も動向を注視していくことを明言した。

3月13日 
東海理化・立野和明(動画)を視察。パナソニック戦で9回投げ被安打5、2失点、MAX149キロをマークし、阪神・畑山統括スカウトは「初戦としては上々。まだ高卒3年目で、この時期にしてはスピードも出ていた」と高く評価した。

3月12日 
JFE西日本・河野竜生(動画)畑山統括スカウトら3人で視察した阪神など11球団のスカウトが視察。東芝相手に6回投げ2失点、MAX150キロをマークした。
 
3月11日 
星稜・奥川恭伸(動画)を視察。光泉との練習試合戦に登板し、3回投げ2安打無失点、最速は148キロを計測。阪神・筒井アマスカウトは「スター選手になれる素質があるし、楽しみ」と高く評価した。
 
3月10日 
創志学園・西純矢(動画)を視察、5回1安打無失点に抑え最速149キロをマークし、阪神・山本スカウトは「ストレートも速いし、変化球も切れる。腕の振りも速い。間違いなく上位候補」と評価した。

創価大のドラフト候補右腕トリオ、杉山晃基(動画)小孫竜二(動画)望月大希(動画)がDeNA2軍との練習試合に登板。いずれも3回を投げ、杉山は3失点、小孫は6失点、望月は5失点と結果を出せず。阪神など6球団のスカウトが視察した。
 
横浜・及川雅貴(動画)阪神など9球団のスカウトが視察。5回を投げ1安打無失点、6奪三振。今季初登板で151キロをマークした。

東邦・石川昂弥(動画)を視察。2試合で計5安打を放つ活躍に、阪神・筒井スカウトは「初戦から結果を出せるのは、能力が高い証拠。あの体格、あの打撃で、肩と足も備えているのは素晴らしい」と評価した。

3月8日 
来年のドラフト候補・近畿大・佐藤輝明(動画)を視察。阪神とのプロアマ交流戦で4打数2安打1打点をマークし、阪神・渡辺スカウトは「今でも関西ではトップクラス。スケールが大きい。(来年の12球団の上位候補になるかと聞かれ)そうなりますかね」と評価した。

3月7日 
奈良学園大・菅田大介(動画)を視察。阪神2軍とのプロアマ交流戦に出場し、投手として5回6安打4失点、打者として4打数2安打1打点。阪神・山本アマスカウトは「スケールの大きい選手。あくまでも両面で見ていきたい」と話した。

3月3日 
横浜・及川雅貴(動画)を視察。シート打撃に登板し打者12人に4安打4失点と乱調も、阪神・吉野スカウトは「この時期で力のある真っすぐは楽しみ」と話した。
[ 2019年03月29日 01:08 ] カテゴリ:阪神のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

阪神のドラフト情報(2019年2月)

2月27日 
明治大・森下暢仁(動画)がホンダ熊本とのオープン戦に登板し、4回を投げ打者13人に対して、被安打3、5奪三振で無失点。阪神など6球団のスカウトが視察した。最速は154キロの右の本格派投手で、高校時代はU-18W杯の日本代表にも選出された。

2月11日 
奈良学園大・菅田大介(動画)阪神を含む複数球団が視察に訪れていることが分かった。3月6日の阪神とのプロアマ交流戦で対戦、腕試しの場となる。

2月8日 
JR東日本・太田龍(動画)を目当てに阪神をはじめ全12球団のスカウトがグラウンドに訪れ、野球部に新年のあいさつを済ませていることが分かった。最速153キロの速球を武器にする右の本格派投手でドラフト上位指名が有力視されている。


  
[ 2019年02月27日 12:12 ] カテゴリ:阪神のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

阪神のドラフト情報(2019年1月)

1月22日 
阪神が二刀流左腕として注目される奈良学園大・菅田大介(動画)を生チェックする。3月6日に2軍と同大がプロアマ交流戦で対戦することが判明。投打で可能性を秘める逸材を直接チェックし、今秋ドラフトへつなげる。

1月21日 
創志学園・西純矢(動画)を視察。阪神・山本スカウトは「やっぱりボールに力がある。ストレートがね。スケールが大きいね。(昨年から)成長していると思う。球種も豊富で、体を見ても魅力。(中国、四国中心の)担当している高校生ではトップだと思うので。上位候補には違いないと思うので。当然追いかける選手の1人。夏の大会まではしっかり追わないといけない」と期待した。

1月19日 
星稜・奥川恭伸(動画)を視察。阪神・筒井スカウトは「フォームもブレないし、球の軌道もブレない。下半身をうまく使って投げていましたね。担当スカウトとしては、そりゃあ欲しいですよね。後輩からも慕われていると聞きますし、頭も見た目もいいですね。彼には勝ち運や人をひきつける魅力があります。この一年間が本当に楽しみです」と期待した。

1月12日 
スカウト会議を開催。大船渡・佐々木朗希(動画)横浜・及川雅貴(動画)星稜・奥川恭伸(動画)創志学園・西純矢(動画)を1位候補に挙げた。阪神・畑山アマ統括スカウトは「西君、佐々木君、及川君、奥川君といったところは、どこの球団も当然、上位候補として見ていくことになるでしょう。ウチもそういう形で見ていくことになると思います」と説明。

その他、明大・森下暢仁(動画)東海理化・立野和明(動画)日大三・井上広輝(動画)ら実力派投手を上位候補に挙げているもよう。

1月10日 
阪神2軍は4月4日にドラフト上位候補の河野竜生(動画)が所属するJFE西日本、3月7日に村西良太(動画)が所属する近大と交流戦を行うことが分かった。即戦力を獲得するためにスカウトだけでなく、2軍首脳陣の視点も活用しながら有望な大学生、社会人を見極めていく。

1月8日 
明治大・森下暢仁(動画)が始動。視察に訪れた阪神・平塚スカウトは「森下君はまだリーグで9勝しかしていない。潜在能力はすごい。これから次第」と今後に期待した。

1月7日
阪神2軍は3月15日に大阪商業大とプロアマ交流戦で対戦することがわかった。同大学の大西広樹(動画)橋本侑樹(動画)小野寺暖(動画)と今秋ドラフト候補3人衆にもチェックを入れる。

1月5日
創志学園・西純矢(動画)を1位候補に挙げていることが判明。阪神球団幹部は「いいピッチャーですね。これからマークしていきます」と熱視線を送っていくことを明かした。
[ 2019年01月22日 11:13 ] カテゴリ:阪神のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

阪神のドラフト情報(2018年12月)

12月31日
創志学園・西純矢(動画)を年明けに視察することが決まった。阪神幹部は「いい投手ですよね。(阪神にFAで入団した)西投手の遠い親戚みたいですね。センバツには出ないですが、追いかけていくことになると思います」と話した。

社・藤本竜輝(動画)をリストアップしていることが判明。阪神球団関係者は「藤本君は来年の兵庫県では一番の投手。近畿でも屈指でしょう。バランスの取れた投手らしい体格をしている。球速もコンスタントに140キロを超えるし力を入れたら145~146キロを出す。素材は一級品です。見ていくことになります」と話した。

12月27日
駿河総合・紅林弘太郎をリストアップしていることが判明。長打力と強肩が魅力の大型遊撃手で、上位候補に浮上する可能性を秘めている逸材。阪神球団幹部は紅林について「リストには入っている。来年、見ていく選手になる」と明かした。

12月13日
JEF西日本・河野竜生(動画)東海理化・立野和明(動画)の2投手を上位候補としてリストアップしていることが分かった。河野について球団関係者は「2位までに消える」と高く評価。立野については「来年の目玉(の1人)になる」(同・球団関係者)と話しているとのこと。

12月5日
スカウト会議を開催。球団関係者は「来年は大学・社会人でも投手が豊作。(12球団1位の)12人が投手でそろうことになるかもしれない」と話し、来年ドラフトは投手を中心にマークしていく見通しとなった。JR東日本・太田龍(動画)JEF西日本・河野竜生(動画)、明大・森下暢仁(動画)東北福祉大・津森宥紀(動画)らの名前が挙がっているもよう。
[ 2018年12月31日 17:14 ] カテゴリ:阪神のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
ドラフト投票
リンク
QRコード
QR