ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

2019ドラフト12球団情報まとめ TOP  >  DeNAのドラフト情報

DeNAのドラフト情報(2019年4月)

4月17日 
国士舘大・高部瑛斗(動画)を本気モードのスカウト7人態勢で視察。東農大戦で右前安打を放ち、東都大学リーグ2部通算100安打を達成し、DeNA・吉田スカウト部長は「2部でも100安打は大したもの。野球センス、スイング力を感じるし、足も肩もある」と絶賛した。

JFE西日本・河野竜生(動画)DeNAなど12球団のスカウトが視察。西濃運輸戦で7回を投げ2安打0封、自己最速を1キロ更新する149キロをマークした。

4月15日 
京都国際・酒井海央(動画)京都翔英・遠藤慎也の好投手対決をDeNAなど4球団のスカウトが視察。酒井は9回投げ7安打4失点、遠藤は7回投げ5安打5失点とともに精彩を欠いた。

4月7日 
大船渡・佐々木朗希(動画)を視察。U18高校日本代表候補1次合宿の紅白戦で2回を投げ6奪三振、MAX163キロをマークし、DeNA・吉田スカウト部長は「フォームにもアクセントがある。プロでも十分に通用する」と絶賛した。

日大三・井上広輝(動画)を視察。東京大会・修徳戦で6回から救援し、4回1安打、2四球、無失点で毎回の5脱三振。DeNA・進藤編成部長は「完成度が高い」と評価した。

4月1日 
大船渡・佐々木朗希(動画)DeNAをはじめ12球団のスカウトが視察。作新学院(栃木)との練習試合で今季初登板し、3回投げ6奪三振。自慢の直球は最速156キロをマークした。
[ 2019年04月17日 21:52 ] カテゴリ:DeNAのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

DeNAのドラフト情報(2019年3月)

3月26日 
山梨学院・野村健太(動画)を視察。センバツ1回戦・札幌第一戦で1試合2本塁打を放つなど大活躍に、DeNA・吉田スカウト部長は「打撃に癖がない。スムーズにバットが出ている。飛ばす選手なのに癖がないのは本当にいいこと」と評価した。

前日、センバツ1回戦・明豊戦で先発し、2回2/3投げ5安打、5失点で降板した横浜・及川雅貴(動画)について、DeNA・吉田スカウト部長は「いい時の彼を見ているからね。評価はまだまだ先。今後も注目して見ていく」と話した。

3月24日 
星稜・奥川恭伸(動画)を視察。センバツ1回戦・履正社戦で先発し、毎回の17奪三振、3安打完封。MAX151キロをマークし、DeNA・吉田スカウト部長は「コントロールがいい。春にこれだけ投げられれば大したもの。しいて言えば、大瀬良みたいなタイプか」と絶賛した。

3月13日 
東海理化・立野和明(動画)DeNAをはじめ全12球団のスカウトが視察。パナソニック戦で9回13奪三振完投。5安打、4四球、2失点に抑え、MAX149キロをマークした。

3月10日 
横浜・及川雅貴(動画)を視察。5回を投げ1安打無失点、MAX151キロをマークし、DeNA・稲嶺スカウトは「スピードは魅力だし、球の質もいい。投げながら修正していたし成長している」と評価した。
[ 2019年03月26日 21:47 ] カテゴリ:DeNAのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

DeNAのドラフト情報(2019年1月~2月)

2月27日 
明治大・森下暢仁(動画)がホンダ熊本とのオープン戦に登板し、4回を投げ打者13人に対して、被安打3、5奪三振で無失点。DeNAなど6球団のスカウトが視察した。

2月12日 
明治大・森下暢仁(動画)同・伊勢大夢(動画)を視察。DeNA・八馬スカウトは「森下は1位候補になってくる。伊勢も馬力がある」と評価した。

2月8日 
JR東日本・太田龍(動画)を目当てにDeNAをはじめ全12球団のスカウトがグラウンドに訪れ、野球部に新年のあいさつを済ませていることが分かった。最速153キロの速球を武器にする右の本格派投手。

1月18日 
立教大・藤野隼大(動画)が始動。DeNAのスカウトが視察に訪れた。藤野は「いけるところまで野球をやりたいです。節目の年に主将。何か縁を感じます」と春季リーグで4季ぶり14度目の優勝を目指し、卒業後にプロか社会人野球へ進む青写真を描いた。

1月8日 
明治大・森下暢仁(動画)が始動。DeNAなど5球団のスカウトが視察に訪れた。森下は「ドラフト1位で行きたい、じゃなくて、1位で行く!という気持ちでいます」と抱負を語った。

東海大・海野隆司(動画)同・原田泰成(動画)のプロ注目バッテリーが始動。DeNAなど2球団のスカウトが視察に訪れた。

1月5日
横浜・及川雅貴(動画)を視察。DeNA・稲嶺スカウトは「左でこれだけ速い球を投げる選手は他にいない。1位?。十分にある」と高評価した。
[ 2019年02月27日 15:32 ] カテゴリ:DeNAのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

DeNAのドラフト情報(2018年11月~12月)

11月17日
2位指名の立正大・伊藤裕季也(動画)と入団交渉を行い、契約金7000万円、年俸1200万円で仮契約。DeNA・吉田スカウト部長は「勝負強い。何か持っているね。新人合同自主トレまでしっかり体を管理してもらいたい」などと話した。

11月16日
3位指名の新日鉄住金鹿島・大貫晋一(動画)と入団交渉を行い、契約金6000万円、年俸1200万円で仮契約。「今まで実感はなかったけど、仮契約を終えて、新しい1歩を踏み出したなと。偉大な先輩の番号。(先輩を)超えられるように努力します」と話した。

11月14日
育成1位指名の滋賀学園・宮城滝太(動画)と入団交渉を行い、支度金280万円、年俸340万円で合意。「直球を軸に縦に割れるカーブがセールスポイント。まずは支配下登録を目指してベイスターズの顔になれるよう頑張る」とコメントした。

11月13日
6位指名のBC新潟・知野直人(動画)と入団交渉を行い、契約金2500万円、年俸600万円で仮契約。背番号60に決まり、DeNA・吉田スカウト部長は「入ったときは大きな番号でも、自分の力で好きな番号をもらって欲しい」と期待をかけ、同・進藤部長は「合流してからどう感じるか。ここからが大切」とアドバイスした。

11月11日
星稜の2年生・奥川恭伸(動画)を視察。DeNA・進藤GM補佐は「高校生の中では頭1つ抜けている。順調にいけば、来年のドラフトでは、どの球団がくじを引き当てるかという存在になる」と絶賛した。

5位指名の青藍泰斗・益子京右(動画)と入団交渉を行い、契約金3000万円、年俸500万円で仮契約。二塁送球タイムは1秒72という強肩から「益子キャノン」と言われる。 DeNA・吉田スカウト部長は「1秒台を出すだけでもすごいタイム」と驚き、同・河原スカウトも「5年後にはレギュラーをとってほしい」と将来性を高く評価した。

11月10日
4位指名の日大鶴ヶ丘・勝又温史(動画)と入団交渉を行い、契約金4000万、年俸600万で仮契約。DeNA・吉田スカウト部長は「背番号の28はいい番号。期待している選手にあげようと。期待している選手だからこの番号。(高校通算30本塁打も)ピッチャーとしての素質を買って指名した。三浦大輔が投手コーチになったし、いい話が聞けるんじゃないかな」などと話した。

11月8日
1位指名の東洋大・上茶谷大河(動画)と入団交渉を行い、契約金1億円プラス出来高5000万円、年俸1500万円で仮契約。DeNA・吉田スカウト部長は「本人は(一番の売りは)制球力といっているけど、春先は球も速かった。こんないい投手がいるのかと思っていた。秋は少し調子を落としたけど、早く(調子を)戻せよと言っています。1月の新人合同自主トレからアピールしてくれたら、ローテに入れる投手」と期待した。
[ 2018年11月17日 17:24 ] カテゴリ:DeNAのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

DeNAのドラフト情報(2018年10月)

10月28日
慶応大の3年生・高橋佑樹(動画)を視察。ロッテドラフト3位指名の小島和哉(早稲田大)に投げ勝ち、DeNA・進藤達哉GM補佐は「楽しみな存在」と評価した。

10月26日

DeNAの2018ドラフト指名選手
順位選手名所属位置動画
×小園 海斗   
1位上茶谷 大河東洋大動画
2位伊藤 裕季也 立正大動画
3位大貫 晋一新日鉄住金鹿島動画
4位勝又 温史日大鶴ヶ丘高動画
5位益子 京右 青藍泰斗高動画
6位知野 直人 BC新潟動画
育1宮城 滝太 滋賀学園高動画


10月25日
スカウト会議を開催。DeNA・三原球団代表は「きょうは何もありませんよ。話すこともありません」。1位指名は前日、三原代表、高田GM、吉田スカウト部長の3人だけで決定。ラミレス監督にもドラフト当日に伝える徹底した態勢で、あっと驚く一本釣りの気配も漂わせる。

静岡産業大・鈴木彩隼(動画)DeNAなど4球団から調査書が届くも、育成指名の場合、社会人野球へ進むことが分かった。

10月24日 
スカウト会議を開催。大阪桐蔭・根尾昂(動画)を最上位に挙げているもよう。DeNA・高田GMは「一番評価している人にいく。避けることはない。競合になるでしょう。投手としても遊撃手としても魅力的」などと説明。DeNA・三原球団代表は「当日変わることもある」と話すなど、直前まで他球団の動向を見極めて判断する構えだ。

三菱重工広島・杉山一樹(動画)倉敷商・引地秀一郎(動画)の両右腕投手にDeNAをはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。ともに上位指名濃厚と言われている。

八戸学院大・高橋優貴(動画)DeNAをはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。リーグ新記録となる通算301奪三振を達成した左椀投手。

富士大・鈴木翔天(動画)DeNAをはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。左から最速149キロの直球を武器にスライダー、チェンジアップなど多彩な変化球を操る。

10月23日 
日大国際関係学部・続木悠登(動画)DeNAなど3球団から調査書が届いていることが判明。秋季リーグは7勝1敗、防御率1・17。リーグ7季連続優勝に貢献し、最高殊勲選手(MVP)を受賞。

日本通運・生田目翼(動画)DeNAをはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。最速151キロを誇る社会人ナンバー1投手でドラフト上位指名が確実視されている。

10月21日 
明治大・渡辺佳明(動画)を視察。DeNA・吉田スカウト部長は「二塁手もできるし、最後の打席も周りがよく見えていた。バットコントロールもいい」と高く評価した。

BCリーグ富山・湯浅京己(動画)の指名を検討していることが判明。9月末に行われたDeNAの入団テストを受験。DeNA球団関係者は「まだ19歳だし、いいものを持っている。(指名の)可能性はある」と、将来性を含め評価しているもよう。

法政大・中山翔太(動画)を視察。2本の適時打を放つ活躍にDeNA・吉田スカウト部長は「打撃はいいものを持っているね」と評した。

立命館大・辰己涼介(動画)DeNAをはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。同選手は3年連続で大学日本代表に選出されているアマチュア球界屈指の外野手で各球団の評価も高くハズレ1位の有力候補と言われている。

10月20日 
明治大・渡辺佳明(動画)7球団から調査書が届いていることが判明。DeNA・河原スカウティングディレクターも「広角に打ち分けられ、選球眼もいい。内野ならどこでも守れる実戦的な選手」と注目しているもよう。

BCリーグ富山・湯浅京己(動画)複数球団から調査書が届いていることが判明。9月17日の福井戦では151キロを記録し、DeNAなど視察していた球団の評価は大幅アップした。

10月19日 
金沢星稜大・泉圭輔(動画)DeNAをはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。187センチの長身から長い手足を生かした角度のある直球が武器の右腕投手。

10月18日 
立正大・伊藤裕季也(動画)を視察。DeNA・武居スカウトは「チーム事情によっては上位に入る。井口さんと比べると守備、走塁にはまだまだ課題があるけど、打撃は良いものを持っている」と話した。

名城大・栗林良吏(動画)DeNAをはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。最速は153キロでスライダーなど変化球を交えて勝負する右の本格派投手。

10月17日 
国学院大・清水昇(動画)を視察。DeNA・吉田スカウト部長は「清水君は前回と腕の振り、体のキレが全然違った。これぐらいは投げられる投手。東洋大・梅津君同様、ドラフト1位候補と言える」と高く評価した。

10月16日
早稲田大・小島和哉(動画)を視察。DeNA・吉田スカウト部長兼GM補佐は「大学生の左投手では一番。角度が出てきて、ボールがクロスで入ってくる」と高評価した。

トヨタ自動車、富山凌雅(動画)DeNAをはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。9月に行われた阪神2軍とのプロアマ交流戦では、先発で5イニング3安打1失点。10球団のスカウトが見つめる前で好投した。

10月13日 
プロ志望届提出済みの聖心ウルスラ学園・戸郷翔征(動画)DeNAなど8球団との面談を終えていることが判明した。最速149キロを誇る右の本格派で上位指名の可能性もある。

金足農・吉田輝星(動画)のもとへ調査書を届けに訪れた。DeNA・河原スカウティングディレクターは「育成方法や二軍のグラウンド移転の話、キャンプ地など、こういうチームですよということを監督さんにお伝えしました。将来性というより、即戦力の評価。1年目から一軍ですぐにローテーションの競争に入れる。高校生ではナンバー1で、全体で見てもトップクラス。あとは(1位指名が)投手になるか野手になるかですねと話した。

10月12日
東洋大・上茶谷大河(動画)を視察。前日の9回125球に続く56球の快投に、DeNA・武居邦生スカウトは「連投を見られて良かった」と話した。

10月11日
金足農・吉田輝星(動画)がプロ志望届を提出したことについて、DeNA・吉田スカウト部長は「当然、戦略は変わってくる。1位候補に入ってくるわけだし、他球団の動向も見ながら。甲子園でものすごく成長した。順調にいけば、夏頃には1軍で出れこられるんじゃないか」と話した。

10月10日
亜細亜大・頓宮裕真(動画)DeNAなど12球団のスカウトが視察。1試合2本塁打、5打点と自慢の長打力をみせつけた。

10月9日
智弁和歌山・林晃汰(動画)の上位指名を検討していることが分かった。DeNA球団関係者は「今年のドラフト候補の中で飛ばす力は、ずば抜けている。位置づけは筒香の後継者」とし、「林は上位でなければ獲れない可能性が高い」などと話しているもよう。

10月6日
大学進学が囁かれていた金足農・吉田輝星(動画)が近日中にプロ志望届を提出することになり、DeNA・三原球団代表は「間違いなく1位候補だね。集客力も見込める選手だけど、高田GMは実力だけで評価している。体を作り、少し(フォームを)直せばすぐ上(1軍)で通用する、と話していた」と評価した。

10月3日
法政大・菅野秀哉(動画)同・中山翔太(動画)を視察。逆方向へ技ありの勝ち越し打を放った中山についてDeNA・河原スカウティングディレクターは「こういう打撃ができるのは大きい」と評価した。
[ 2018年10月29日 16:32 ] カテゴリ:DeNAのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
ドラフト投票
リンク
QRコード
QR