ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
2017ドラフト
情報まとめ
ホームに
もどる

中日のドラフト情報(2017年8月)

8月23日
広陵・中村(動画)について中日・中田スカウト部長は「打てる球を確実に本塁打にしている。めったに出てくる捕手ではない。この2人(広陵・中村と早実・清宮)で悩むね」とコメント。

その中村や早実・清宮(動画)らが出場するU18W杯(カナダ開催)に日本ハム、西武、ソフトバンクはスカウトを派遣する予定だが、中日は「力は分かっている」(中田スカウト部長)として見送る方針とのこと。

8月20日
中日スポーツは「中村、竜ドラフト1位急浮上」とタイトルを打ち1面大見出しで報道。記事によると広陵・中村(動画)について中日・中田スカウト部長は「(入札)1位でいくかどうか。外れではもう取れないでしょう。欲しいかどうかと言えば、間違いなく欲しい」などと話し、大学進学も視野に入れる早実・清宮(動画)の動向次第では、1位入札で競合する可能性もありそうだ、とのこと。

8月18日
広陵・中村(動画)をテレビ中継でチェック。中日・音スカウトは「ここまで打ったら、1位指名しかないでしょう。肩もフットワークもいい。捕手として持っているものは一流。抜群でしょう」と高評価。

秀岳館・川端(動画)について中日・中田スカウト部長は「左で球に角度がある。ストレートは140キロ後半は出て右打者のヒザ元にしっかり投げ込んでいるし、カーブは昔でいうドロップみたいな感じ。直球も変化球も角度がいい」と高評価。

大阪桐蔭・藤原(動画)について中日・中田スカウト部長は「スイングはきれいにしなるような軸回転で打球も飛んでいく。打球をつかまえる技術も高い。来年のドラフトの目玉になる可能性がある」と高評価。

横浜・増田(動画)について中日・中田スカウト部長は「神奈川県大会から見ているけど、ここにこういうボールがくれば本塁打を打てるというツボを持っている。飛ばす能力は天性のものがある。しっかり甘い球を確実に一発で仕留められるタイプの打者」と高評価。

8月16日
スカウト会議を開催。中日・中田スカウト部長は早実・清宮(動画)について「志望届を出したら必ずいくでしょう」と1位指名をあらためて明言。また、「ずば抜けた素材がほしい。3年後あたりにチームの軸になる選手。野手で言ったらホームランバッターになる要素の選手。中途半端な感じでは(チームが)何も変わらない」とコメント。

8月15日
中日・中田スカウト部長が夏の甲子園ドラフト候補を総括。

高評価した選手は、広陵・中村(動画)、花咲徳栄・西川(動画)、横浜・増田(動画)、花咲徳栄・清水(動画)、秀岳館・川端(動画)、北海・阪口(動画)の計6人。「高校生は全国的に駒不足。確実に指名される選手が進学を決めているケースも多い」とのこと。

8月12日
広陵・中村(動画)を視察。中日・中田スカウト部長は「これだけの肩とパワーを持っている捕手はなかなかいない。高校、大学、社会人を含めて一番の魅力がある。素材は一級品。(ドラフトで)1位クラス」と高評価。

8月11日
花咲徳栄・西川(動画)を視察。中日・中田スカウト部長は「初球を芯でつかまえられて、レベルの高いものを持っている。走攻守でセンスが高い。元々やっていた内野手としても期待ができる」と高評価。

8月3日
早実・清宮(動画)について中日・森監督は「最近、オーナーが俺に(清宮を)獲れって言うんだよな。獲れって言われても、クジを引く(こと)しか(でき)ないだろうよ。お前なら獲れるだろって言われてもな。クジ運があればなぁ」と困惑。

また「結果を見れば分かるけど、あれだけ飛ばすんだからね。俺は(高校よりも)もっと前の小さいころから(清宮を)見てる。その辺の情報は、いろいろあるんで。もう巨人やソフトバンクとかが(1位指名で)行くのは決まっているんだろうけど、そうなってもシャクだから邪魔してやろうと思う」とコメント。
[ 2017年08月23日 12:32 ] カテゴリ:中日のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

ソフトバンクのドラフト情報(2017年8月)

8月23日
広陵の中村(動画)についてソフトバンク・王球団会長は「凄かったねぇ。あれだけ騒がれた1席目の初球でしょ?バックスクリーンまで飛ばすし、ボールの捉え方がうまいんだろう。捕手で肩も強いし、ドラフトの目玉になる。清宮のライバルになる」とコメント。

8月22日
日刊スポーツは、ソフトバンクが早実・清宮(動画)らのライバルもマークすると報道。記事によるとマークするのは清宮らも出場するU18W杯、キューバ代表選手。ソフトバンクは海外駐在スカウトも派遣予定で、球団関係者は「普段見られない国にすごい選手がいるかも」と明かしたとのこと。

8月18日
9月にカナダで開催されるU18W杯に複数のスカウトを派遣することが決定。ソフトバンク・王球団会長の後輩、早実・清宮(動画)の選出が内定済み。球団関係者は「甲子園に出場していないチームからも選手が選ばれるし、3年生をチェックできる最後の大会になる」と説明。

8月10日
ソフトバンク・王球団会長は早実・清宮(動画)について「評価? 高いですよ。プロでやる力はあると思う。1年目からどうというわけにはいかないかもしれないけど、プロで対応できるだけの広角打法もできるし、キャプテンとしてチームの先頭に立って、リーダーシップを発揮できている。特に3年になってから、すごく急に伸びた。キャプテンになって責任感も出ただろう。技術も向上していると思う。プロ向きの性格もしているみたい。プロで成功できると思う。楽しみだね」とコメント。

[ 2017年08月23日 12:22 ] カテゴリ:ソフトバンクのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

巨人のドラフト情報(2017年8月)

8月23日
広陵・中村(動画)について巨人・鹿取GMは「春の段階から1位候補。三拍子そろったとんでもない捕手。比べられる選手のいないオンリーワンの選手。大学、社会人を入れてもあんな捕手はいない」とコメント。

8月18日
通常は出場49校が初戦を終えた段階で甲子園視察終了も、2回戦もスカウト2人が甲子園に残り広陵・中村(動画)の調査続行。巨人・渡辺スカウトは「近年の高校生捕手では、3拍子そろっているという意味でも屈指の選手。肩は強いし、長打力がある。さらに足も速い。今春の地方大会から見てきましたが、甲子園の大舞台であらためて能力の高さを証明した」と高評価。

横浜・増田(動画)について巨人・岡崎スカウト部長は「(甲子園では不発に終わるも)自分たちは1試合で評価するのではない。たまたま本塁打とか打てなかったということもあるから、そのために1年間長い時間を見ている。(県大会で本塁打を量産していた点について)それが彼の力だと思う」と高評価。

8月15日
巨人・岡崎スカウト部長が夏の甲子園ドラフト候補を総括。

同部長が有望株として名前を挙げた選手は広陵・中村(動画)、北海・阪口(動画)、大阪桐蔭・徳山(動画)、木更津総合・山下(動画)秀岳館・川端(動画)横浜・増田(動画)、天理・神野(動画)盛岡大付・比嘉(動画)仙台育英・西巻(動画)明豊・三村の計10選手。「今年は進学希望の選手が多い。そういう意味では、ドラフト候補は少なかったね」とコメント。

8月12日
広陵・中村(動画)を視察。巨人・岡崎スカウト部長は「2本目は流し打ちというより、右方向へたたいた感じの当たりだった。肩も足もある。高校で1番の捕手。秋の12人(ドラフト1位)には入るようになるでしょう」と高評価。

8月9日
巨人・鹿取GMが夏の甲子園初視察。U-15日本代表監督時代に指導した横浜・増田(動画)明徳義塾・西浦(動画)について「本人たちの努力だけど、代表経験が少なからず、つながっていると思う」とコメント。

8月2日
早実・清宮(動画)を「やはり1位で欲しい選手か」と東スポ記者が単刀直入に聞くと、巨人・高橋由伸監督は笑顔でかわしながら「人気は抜群だからね」と話した。

8月1日
スカウト会議を開催。早実・清宮(動画)について巨人・岡崎スカウト部長は「トップクラスであるのは間違いない。タイミングの取り方や柔軟性、トップスイングからのインパクトの速さとか。評価は変わらない。(進路について)プロ志望届の提出期限の10月12日までどうなるか分からない。我々がどうすることもできないので、彼の判断を待つ」と特A評価は不変のもよう。

横浜・増田(動画)明徳義塾・西浦(動画)の評価も高く、同部長は「増田は外野手としてはトップクラスの評価をもともとしている。最初から西浦とか増田というのは上位候補」

また履正社・安田(動画)を同部長は「安田(履正社)、増田(横浜)も1位でおかしくない力がある」

スカウト会議とは別に、巨人・高橋監督が早実・清宮(動画)について「この夏は、打球が逆方向が多くなったね。力があるだけじゃ飛距離は出ない。体の使い方とか、コツを持っている」とコメント。
[ 2017年08月23日 12:10 ] カテゴリ:巨人のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

阪神のドラフト情報(2017年8月)

8月23日
早実・清宮(動画)履正社・安田(動画)らが選出されている高校日本代表の初練習を阪神、オリックスの2球団スカウトが視察。

8月18日
広陵・中村(動画)について阪神・熊野スカウトは「今大会ではナンバーワン。チームによっては(ドラフト1位)12人の中に入ってくるのかな。本塁打も逆方向にも打てるし、最初は長打が打ちたいと体が開いて大振りになっていたのも、試合の中でだんだんセンター中心に修正していた。あれでライト方向にも打球が飛んでる。プロでも十分やれると思う」と高評価。

8月15日
スカウト会議を開催。阪神・佐野アマ統括スカウトは「夏の大会を一回り見た中で、みんなの意見を聞いた。候補は30人ぐらい。その中でこれからプロ志望届を出すかどうかで変わってくる」と説明。進学の可能性がある早実・清宮(動画)については「一番トップクラスだし、どうなるか。これからだと思います」とコメント。

それに関連してサンケイスポーツは、阪神が広陵・中村(動画)を高評価していると報道。記事によると球団幹部は「捕手は補強ポイントのひとつ」とし、「打撃、肩の強さなど、抜けている。体も大きく、プロの練習にも耐えられるはず。(上位)12人のうちに入るだろう」と、上位候補として定めたことを明言したとのこと。

8月14日
サンケイスポーツは阪神のドラフト1位について、「早実・清宮(動画)が不動の評価ナンバー1。続くのが九州学院・村上(動画)履正社・安田(動画)。清宮がプロ野球志望届を出すのなら清宮1位。大学進学なら村上か安田が1位でしょう」と報道。

8月12日
広陵・中村(動画)を視察。阪神・田中スカウトは「本塁打は5本くらい見ましたが、右方向への一発を初めて見ました。体が強いからこそ打てるのでしょう。一番の魅力は地肩の強さです」と高評価。
[ 2017年08月23日 12:07 ] カテゴリ:阪神のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

オリックスのドラフト情報(2017年8月)

8月23日
早実・清宮(動画)履正社・安田(動画)らが選出されている高校日本代表の初練習をオリックス・阪神の2球団スカウトが視察。

8月18日
広陵・中村(動画)を視察。オリックス・柳川スカウトは「大舞台でこれだけ打てるのは、それだけの力があるということ。こんな捕手は本当に、いない。アマチュアの中でナンバー1捕手。(2本塁打した)1試合目で、(評価は)12人の中に入っているんじゃないですか」と高評価。

8月17日
スカウト会議を開催。オリックス・長村球団本部長は、今秋ドラフト候補の高校生を早実・清宮(動画)履正社・安田(動画)約50人に絞り込んだと説明した。

8月12日
広陵・中村(動画)を視察。オリックス・長村編成部長は「リストが利いたパンチ力のある打撃が魅力。肩も強いし、足もあるし、フットワークもいい、高校トップクラスです」

オリックス・柳川スカウトも「1年生のときから見てきましたが、逆方向(右方向)への本塁打は初めて。今年のアマチュアの中で1番の捕手」と高評価。
[ 2017年08月23日 12:06 ] カテゴリ:オリックスのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
ドラフト投票
リンク
QRコード
QR