ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

佐伯成優(高岡第一高・投手)

評価した球団=なし

位置=投手  身長=186cm  投打=右投右打
所属=富山・高岡第一高


[ 2020年04月06日 11:01 ] カテゴリ:2020高校生のドラフト候補 | TB(-) | CM(-)

阪神のドラフト情報(2020年3月~4月)

4月6日 
明石商・中森俊介(動画)について、阪神・熊野スカウトは「中森君は、(高校生では)去年の奥川(ヤクルト)みたいな存在。フォーム、球速、制球力が安定しており、さらに体が大きくなればプロでエースになれる逸材。現段階のタイプとしては菰野高時代の西勇に似ています。肘の使い方が柔らかく、フォームにしなりがあり、制球力が良い。体が大きくなれば、もっと球速も上がる。将来的に、すごく楽しみな上位候補と言えます」と評価した。

4月2日 
関西大・高野脩汰(動画)阪神など7球団のスカウトが3月24日、視察していたことが判明。島根・出雲商高出身の左腕投手で最速147キロを誇る。

3月31日 
トヨタ自動車・栗林良吏(動画)を昨秋の日本選手権で視察したことが判明。阪神・畑山アマスカウト統括は「150キロを投げる力があるし、スタミナもある。即戦力として評価できる。順調にいけば上位候補でしょう。面白い素材。しっかり見て行くことになる」 と高く評価。

3月25日 
立命館大・栄枝裕貴(動画)を視察。大産大とのオープン戦にフル出場し、盗塁を2度阻止と代名詞の強肩で存在感を示し、阪神・熊野スカウトは「あれだけ肩が強い子はいない。余裕がある感じがする。(プロでも)十分いけると思う」と話した。

3月18日 
立命館大・栄枝裕貴(動画)を視察。阪神・熊野スカウトは「肩が強くて打てる大型捕手はそういない。ずっとマークしています。上位候補の見方をしていますよ。3年後に出てくる選手を、探しておかないと」と高評価した。

3月17日 
福岡大(準硬式)・大曲錬を視察。九州大戦で6回を無安打無失点に封じ、MAX151キロをマーク。阪神・田中スカウトは「硬式球で同じ球を投げられたら、上位候補にもなりえる」と話した。

3月14日 
関西国際大の3年生・翁田大勢を視察。阪神2軍との練習試合で4回投げ2安打2失点(自責0)と好投し、阪神・山本スカウトは「来年の上位候補。益田(ロッテ)の4年時の力に近い」と高評価した。

慶応大・木沢尚文(動画)を視察。日体大戦に先発して6回2失点と好投し、阪神・平塚スカウトは「(MAX150キロを計測し)この時期はこれで十分」と評価した。

3月8日 
中央大・五十幡亮汰(動画)を視察。DeNA2軍との練習試合で右中間三塁打に2盗塁、3得点と大活躍し、阪神・吉野スカウトは「結果も出たし、楽しみな存在」と評価した。

3月7日 
新型コロナウイルス感染拡大の措置対策として、アマスカウトの出張を禁止したことが6日、わかった。5日に球団内で決定し、この日までに全スカウトに自粛するよう通達。今後の被害拡大状況によっては、12日の期限を延長する可能性もある。当面は担当エリア内でのスカウト活動を限定とする。

3月6日 
大阪商大・吉川貴大(動画)を視察。阪神とのプロアマ交流戦で5回2安打無失点と好投し、阪神・渡辺スカウトは「緊張もあるから四球は仕方ない。カーブをうまく使えるから、変化球でカウントを取っていける投手だと思う」と評価した。

3月5日 
センバツ高校野球が無観客で開催される可能性が浮上。今後の対応について阪神・畑山統括スカウトは「何も決まっていない」としつつ、大会期間中にスカウトの入場規制となれば「(春の時期にスカウト陣)全員でクロスチェックする機会がなくなる」と頭を抱えた。現地観戦ができない場合、スカウトがテレビ観戦でドラフト候補のプレーを確認する事態も現実味を帯びてきている。
[ 2020年04月06日 07:05 ] カテゴリ:阪神のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

日本ハムのドラフト情報(2020年2月~4月)

4月6日 
磐田東・二俣翔一を視察。浜松修学舎高との練習試合で2打席連続本塁打、6打数6安打9打点の活躍に、日本ハム・熊崎スカウトは「以前は、肩の強さが目立つだけだったが、バットを振れる力がついてきた」と評価した。

4月3日 
コロナ感染拡大の影響で7月開催の社会人野球・日本選手権が中止になることが決定。日本ハム・大渕スカウト部長は「社会人は高校、大学からチェックしてきた貯金(資料)があるので、能力は分かるし(評価が)大崩れすることはない。一度でも公式戦を見られれば大丈夫」と話した。

3月22日 
亜細亜大・内間拓馬(動画)を視察。日体大とのオープン戦で8回を投げ5安打3失点の内容に、日本ハム・坂本スカウトは「去年は試行錯誤していたが、ひと冬を超えて、安定感が出てきた。今はフォームを固める次のステップまできたかな」と評した。

3月19日 
早稲田大・早川隆久(動画)を視察。桐蔭横浜大相手に4回投げ無安打無失点、8奪三振の投球に、日本ハム・大渕スカウト部長は「きちっと試合で投げられる左投手が少ないから、評価は当然上がってきますよね」と話した。

3月18日 
日本体育大・森博人(動画)を視察。巨人3軍との交流戦で2回投げ3安打1失点の投球に、日本ハム・坂本スカウトは「回転数のいいボール」と評価した。

立命館大・栄枝裕貴(動画)日本ハムなど2球団のスカウトが視察。龍谷大とのオープン戦で本塁打を放つと盗塁も刺し、攻守に能力の高いところを見せつけた。

3月14日 
慶応大・木沢尚文(動画)を視察。日体大戦に先発して6回2失点と好投し、日本ハム・大渕スカウト部長は「先発としてモデルチェンジに取り組んでいるという印象。もっとスケールアップできる。これから1シーズンをどう投げていくか」と期待した。

独協大・並木秀尊(動画)日本ハムなど2球団のスカウトが視察した。昨秋の日本代表候補合宿で50メートル走5秒32をたたき出した俊足選手。

3月11日 
早稲田大・早川隆久(動画)日本ハムなど4球団のスカウトが視察。巨人3軍との練習試合予定だったが、雨のため中止になり、スカウトが見守る中、40球の投球練習を行った。

3月6日 
日本高野連はセンバツ大会が無観客で開催される方針が決まったことで、プロ野球の各球団にスカウトが入場できないことを通達した。これを受け、日本ハム・大渕スカウト部長は「対応は検討中。先に大学、社会人を優先して見よう、という話は出ている。スカウト同士の連絡を密にとってやっていくことになる」と話した。

2月19日 
スカウト会議を開催し、約270人リストアップ。日本ハム・大渕スカウト部長は「各地区担当から上位候補を中心に名前を出してもらった」と説明し、地元・北海道の苫小牧駒大・伊藤大海(動画)も挙がったという。また今年のドラフト戦線について「昨年の佐々木朗希のようにずぬけた選手がいない。各球団の需要で1位が割れる可能性がある」と話した。
[ 2020年04月06日 07:03 ] カテゴリ:日本ハムのドラフト情報 | TB(-) | CM(-)

スポニチ厳選、2020高校生のドラフト候補30人

スポーツニッポンは「2020年の主なドラフト候補 高校生」と題し、以下の選手を挙げています。(4月5日紙面より)

投手(9人)
松本隆之介(横浜)187cm左左
篠木健太郎(木更津総合)175cm右右
下慎之介(健大高崎)182cm左左
高橋宏斗(中京大中京)184cm右右
笠島尚樹(敦賀気比)177cm右右
中森俊介(明石商)181cm右左
小林樹斗(智弁和歌山)181cm右右
山下舜平大(福岡大大濠)186cm右右
川瀬堅斗(大分商)185cm右右
捕手(7人)
須永武志(前橋育英)179cm右右
山田将義(二松学舎大付)176cm右左
内山壮真(星稜)172cm右右
印出太一(中京大中京)183cm右右
山下航汰(京都外大西)180cm右右
釣寿生(京都国際)180cm右右
関本勇輔(履正社)175cm右右
内野手(7人)
杉崎成(東海大菅生)178cm右右
山村崇嘉(東海大相模)180cm右左
度会隆輝(横浜)180cm右左
土田龍空(近江)180cm右左
小深田大地(履正社)176cm右左
西野力矢(大阪桐蔭)180cm右右
宗山塁(広陵)173cm右左
外野手(7人)
井上朋也(花咲徳栄) 180cm右右
西川僚祐(東海大相模)186cm右右
鵜沼魁斗(東海大相模)175cm右右
元謙太(中京学院大中京)186cm右右
早真之介(京都国際)178cm左左
来田涼斗(明石商)180cm右左
細川凌平(智弁和歌山)172cm右左
[ 2020年04月06日 06:41 ] カテゴリ:未分類 | TB(-) | CM(-)

中日のドラフト情報(2020年2月~4月)

4月3日 
コロナ感染拡大の影響で7月開催の社会人野球・日本選手権が中止になることが決定。中日・与田監督は「どういう形になるかは分からないが、ドラフトは例年通りにはやれないだろう。今年はそういう年」との見方を示した。

3月27日 
横浜商大・藤村哲之(動画)を視察。早稲田大とのオープン戦で5回2失点の投球に、中日・小山スカウトは「(真っすぐは)力強いと思う。いいボールを投げている」と評価した。

3月22日 
慶応大・長谷部銀次(動画)を視察。仙台大との練習試合で2回を投げ1安打無失点の投球に、中日・八木スカウトは「強い球を投げる。ポテンシャルが高い。高めに浮いた球もあったが、落ちる系の決め球もいい」と高く評価した。

3月21日 
慶応大・瀬戸西純(動画)を視察。ホンダとの練習試合でバックスクリーン右へ先頭打者アーチを放ち、中日・八木スカウトは「小力がある」と評価した。

3月20日 
鷺宮製作所・平川裕太(動画)中日など3球団のスカウトが視察。国際武道大戦に先発し、7イニングを4安打2四死球で無失点に抑えた。

3月17日 
福岡大(準硬式)・大曲錬を視察。九州大戦で6回を無安打無失点に封じ、MAX151キロをマーク。中日・三瀬スカウトは「投げ方が柔らかくアウトローに決められるコントロールもいい。バランスも良くて魅力がある」と話した。

3月7日 
ホンダ鈴鹿・松本竜也(動画)について、中日・清水スカウトは「低めに強い球を投げられる。あの球質で150キロが出たら、簡単には打てない。フォームもいいし、伸びしろがある」とコメントした。

3月6日 
大阪商大・吉川貴大(動画)を視察。阪神とのプロアマ交流戦で5回2安打無失点と好投し、中日・山本スカウトは「フォークやカーブで緩急も付けられる。ボール自体はいいので、後は肩のスタミナをこれからつけていければ。まだ見ていきます」と話した。

3月5日 
センバツ高校野球が無観客で開催された場合、中日球団はテレビ視察となることも覚悟。中日・米村チーフスカウトは「球団でこれから相談することになるが、無観客なのに僕らだけが優遇されるわけにはいかない。遠慮しないといけないと思う」と私見を述べた。

いなべ総合・伊東邑航を4人態勢で視察していることが分かった。中日・清水スカウトは「真っすぐがカット気味に来るので、打者は刺される。球質もフォームのバランスもいい」と評価しているもよう。

2月21日 
近畿大・佐藤輝明(動画)中日など2球団のスカウトが視察。和歌山・田辺キャンプで今春初のランチ特打に取り組み、広角に柵越えを打ち分ける打撃で見守ったスカウト陣に改めて力を見せつけた。

2月19日 
立教大・三井健右(動画)を視察。桐蔭横浜大戦に先発出場し3安打を放ち、中日・八木スカウトは「打力では十分候補になる」と評価した。
[ 2020年04月04日 00:25 ] カテゴリ:中日のドラフト情報 | TB(-) | CM(-)
スポンサーリンク
検索フォーム
アクセス
リンク
QRコード
QR